カカロット お前 が ナンバー ワン だ。 【画像】ベジータの名言「がんばれカカロット、お前がナンバーワンだ」しかない・・・・

「なんでもいいからナンバーワンになれ」という教育を徹底的にこき下ろす

カカロット お前 が ナンバー ワン だ

【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・ 関連記事.

次の

カカロット お前がナンバーワンだといえるか評価・感想 ロードが長いバトルが単調

カカロット お前 が ナンバー ワン だ

タイプ ライバル 悪人度 6 かっこよさ度 7 強さ 7 存在感 8 作品貢献度 7 「オレは地球人やナメック星人やカカロットと手を組んで闘うぐらいなら・・・・・ひとりだけで闘って死んだほうがマシなんだ!!」 あ ら ま し サイヤ人の王子で、天才戦士。 フリーザのお気に入りであったため「惑星ベジータ消滅作戦」では難をまぬがれる。 宇宙各地で暴れまわっていたところ、僚友のラディッツが地球で孫悟空らと戦ったこと をきっかけにドラゴンボールの存在を知り、永遠の命を得ようと地球に向かう。 孫悟空 との対決では、序盤圧倒したが捨て身の三倍界王拳の前に劣勢になる。 大猿に変身して なんとか孫悟空を倒すが、孫悟飯やクリリン、ヤジロベーらの一斉攻撃の前についに退 却を余儀なくされた。 その後、フリーザに対して反乱を起こし、ナメック星でフリーザ、孫悟空一派と三つ 巴のドラゴンボール争奪戦を繰り広げる。 フリーザがギニュー特戦隊を投入すると、孫 悟空一派と共同戦線を張るが、打倒フリーザはかなわず、無念の死を遂げた。 ドラゴンボールで生き返ると、以後地球に定住し、ブルマとの間に一子、トランクス をもうける。 悲願のスーパーサイヤ人化を果たし、人造人間19号、20号を圧倒する が、18号の前に敗北。 「精神と時の部屋」で修行後、再び前線に出るとセル第二形態 を圧倒するが、今度はセル最終形態に敗北。 孫悟飯がセルを倒すのをアシストするのが 精一杯だった。 その後は息子トランクスを鍛える毎日だったが、天下一武闘会出場中に魔人ブウ事件 に巻き込まれる。 バビディにわざと魂を売り渡し、悪人に戻って孫悟空との抗争に決着 をつけようとするが勝負はつかなかった。 結局、魔人ブウに戦いを挑んで敗北。 死亡す るが、再度復活し、孫悟空と供にブウと戦う。 孫悟空の元気玉をアシストして勝利に貢 献した。 考 察 初期のベジータは、悪人そのものである。 僚友のナッパを「戦えないサイヤ人など必 要ない」と処刑、巨大化(大猿化)して孫悟空をいたぶり、ナメック星では罪のないナ メック星人を大虐殺するなど、大いにその悪人ぶりを発揮した。 このころのベジータは、 傲慢で野心家、情けがない冷徹な性格であり、悪役として申し分がない。 しかし、フリーザに対抗するために孫悟空一派と共闘するようになったあたりから、 その完全悪にかげりが見え始める。 もともとプライドの高いキャラであったが、そんな 彼が「下級戦士」の孫悟空に遅れをとり、スーパーサイヤ人になれないジレンマがクロ ーズアップされる。 悩める悪人に読者は評価を改め始める。 フリーザに殺されて孫悟空 に涙ながらにフリーザ打倒を懇願するくだりでは、もはや完全に「同情を買うキャラ」 と化していた。 それでも、しばらくは孫悟空一派とは相容れずに孤高を貫く。 生来のプライドの高さ と自信過剰さゆえしばしばトラブルメーカーとなり、人造人間を復活させるわ、セルを 完全体化させるわの困ったキャラであった。 まだ善玉ではなかったのである。 そんなベジータにはっきりとした善玉化が見られるようになるのは、息子トランクス への愛情を見せるようになってからである。 未来からやってきたトランクスがセルに殺 された時、我を失ってセルに挑んだあたりにそれが現れている。 そして、魔人ブウ編でブルマやトランクスへの家族愛をはっきりと表明するようにな り、(「トランクス・・・ブルマを・・・ママを大切にしろよ。 」のセリフが端的な例) 善玉化は決定的となった。 孫悟空と和解して吐いたセリフ「がんばれカカロット、お前 がナンバーワンだ!!」をもって、「悪役ベジータ」は終焉するのである。 名 言 「オ・・・オレは超エリートだ・・・!! あ・・・あんな下級戦士にやられるわけがない・・・!!! オレが宇宙一なんだ・・・!!!! 」 プライドの高いベジータ君を象徴するセリフ。 「オレは地球人やナメック星人やカカロットと手を組んで闘うぐらいなら・・・・・ひとり だけで闘って死んだほうがマシなんだ!!」 孫悟空一派とつるんでも一線は画すベジータ君の我がまま爆発。 「がんばれカカロット・・・おまえがナンバー1だ!! 」 上記。 ベジータが完全に「よい人」になってしまったことを象徴するセリフ。

次の

カカロット、お前がナンバーワンだ

カカロット お前 が ナンバー ワン だ

日本の教育現場において、このような思想がよく教育される。 あなたも、小学校や中学校で、似たようなことを言われてたはずだ。 大学で就職活動が始まるあたりでも、似たような思想がもう一度語られる。 そして社会人になってからも、なお言い続ける者もいる。 この思想は、 相当に特殊で危険な思想である。 目次:• この思想のいいところは、を確立させる手段としては有効である点だ。 何かを考えはじめるきっかけになるし、前に進んでより強くなろうという意志を育てることが出来るだろう。 そしてその結果成功できれば、当人に自信もつくだろう。 成功すればの話だが。 本気でやればやろうとするほど、その事実からは目をそらすことができない。 例えば、最後まで努力を続けたが、結局悟空に負けた。 じゃないよ。 そのをカスの敗者として切り捨てようという思想である。 ライバルがいないようなニッチな世界を探し、そこでナンバーワンの座に座ってしまおうという、卑怯者が育つ社会になる。 自分が戦って勝てる世界を品定めするような広い視線は育つのかもしれないが、本当の強さは育たない。 どんな科学でも人間が扱う以上は心がなければ運用できないし、社会におけるほとんどのシステムは、をすでに利用してしまっている。 完全に論理とシステムだけで生きれるほど、人類はまだ進化しきっていない。 この教育を強要する側は、必ずそう思っている。 自分は小学生のころ、TVゲームがとても得意だった。 例えばがとても上手かった。 X4ぐらいまでシリーズはやりこんでいたし、初期装備でムカデやカタツムリが倒せるのは近所では自分だけだった。 兄よりも上手かった。 でも大人たちは、それは嫌だったわけだ。 何でもいいとか口では言っていても、結局二枚舌で、選り好みされていたわけだ。 じゃあ勉強でナンバーワンになればいいのかといえば、それすらも実は違う。 例えば自分は、小学三年のころに、クラスで一番早くに、府県を全部覚えた。 先生は褒めてくれたし、最初のテストでも満点がとれた。 確かにナンバーワンになったわけだが、しかしそれまでだった。 それ以降のテストでは府県を埋めるような問題は出なかったし、社会の得点は低いままだった。 つまりこう言われた訳だ。 好き勝手に振り下ろされる暴力であり、痛みと興奮により速度が上がるかもしれない、という無茶な期待でしかなかった。 そもそも、 日教育のカリキュラムは、何かに特化できるような教育にはなっていない。 確かに理科・社会・体育・音楽と、全般的にはなぞってくれるが、特定の一つだけに傾倒すると、ほかのことを頑張れと言われる。 通知表は、最大の評価はたったの5や10であり、ちょっと成果を出せばあっという間に上限に達してしまい、あふれた分は無駄になる。 最終的には合計点で評価されるので、まんべんなくやった方が絶対に得だ。 とかとか、を一つでもやったことがあるならばすぐにわかるはずだが、ステータス的に上位互換の人間なんてものは腐るほどいる。 先の例で述べたように、悟空に負けたを否定する社会になってしまう。 そして、ナンバーワンに成れなかった者は、ナンバーワンの人間を妬み、足を引っ張ることに喜びを見出す。 力を合わせる、という人間の機能を忘れていくようになる。 こんな簡単なことを教えようとしないから、不幸な人間ばかりが増えていく。 みんなで力を合わせる場合、あるいは単純な一番じゃなくても勝利になる場合。 オフィスでも工場でもスポーツでも、こういう戦いはたくさんある。 そういうところで活躍すればそれでいいし、本当は誰しもがそのように生きている。 cLaCFF.

次の