デブス婚カツ。 県で主宰している、婚カツパーティーに、思い切って参加してみたいと思

婚活・結婚活動(本人) 人気ブログランキング

デブス婚カツ

中堅の家電製品卸「カツデン㈱」(東京・江戸川区)が今月17日で営業を終了する。 その情報を得て先月26日、坂田雅敏社長を取材すると、苦渋の表情を浮かべながら廃業手続きに入ることを認めた。 カツデンは1958(昭和33)年、アルミ製テレビアンテナの製造販売を目的に創業し、業歴62年を数える老舗の家電卸である。 家電商社的な位置づけで、家電調理器具・音響機器・季節商品・家電製品など幅広く扱い、大手家電量販店や地元の家電小売店など約200社と取引していた。 ピークだった1993年3月期の売上高は、78億8800万円。 東京でも中堅クラスに成長した。 だが、大手家電量販店の急成長期に入ると様相が一変する。 それまで取引のあった大手家電量販店は独自の仕入れルートを築き、カツデンとの取引量を縮小、主力取引先だった家電小売店も家電量販店の勢いにのみ込まれていった。 こうして直近の2019年3月期の売上高は15億7200万円とピーク時の5分の1まで減少。 3400万円の赤字を計上し、2期連続の赤字決算となった。

次の

婚活・結婚活動(本人) 人気ブログランキングとブログ検索

デブス婚カツ

この記事でわかること• 気持ち悪い婚活男性の特徴 まずは女性にとって「気持ち悪い婚活男性」とはどういった言動をする人なのか、外見がどのような人なのかについてご紹介します。 婚活中の男性は、自分が女性から気持ち悪い対象として見られていないか、ぜひチェックしてみてください。 清潔感ゼロの男性 何といっても女性が真っ先にチェックするポイントは、その男性に 清潔感があるかどうかという点です。 特に結婚相手の男性となると、一緒に生活する上では清潔感があるという点は絶対に譲ることができないでしょう。 女性にとって、最も気持ち悪い男性の象徴ともいえるのが清潔感のない男性です。 男性は常に清潔感のある人でいることができるよう婚活中は十分に注意すべきだといえます。 挙動不審で落ち着きがない、なよなよしている 緊張のあまり挙動不審になってしまったり、恋愛経験が少なかったりすると女性に対する免疫がなく、いざというときになよなよしてしまうという男性も少なくありません。 しかし結婚相手探しをしている女性にとって、こういった男性との結婚は不安や心配しか想像することができず、婚活対象としてみることができなくなります。 これまで女性と関わってくるチャンスの少なかった男性にとっては、女性の前で堂々として落ち着いた態度をとることが難しいこともあるでしょう。 しかし婚活女性は、相手の男性に対して頼りがいや懐の深さ、落ち着きを求めています。 緊張していても挙動不審にならないよう、そして女性に対してなよなよした態度をとらないよう、紳士的な男性でいられるように普段から行動にも気を付けてみましょう。 ネガティブすぎる 自信がないあまり、発言や行動が ネガティブになってしまう男性も多いものです。 また普段から、ものの考え方が後ろ向きでついついマイナスな思考に偏ってしまう、言動がネガティブになってしまうという男性もいます。 婚活中の女性はこうしたネガティブすぎる男性にも、全く魅力を感じません。 婚活女性は、何事も前向きにポジティブに考えることができ、自分に自信を持って婚活しているという男性に魅かれるのです。 自己陶酔が過ぎるナルシスト、過去の武勇伝ばかり どんなに好条件やイケメンでも、自己陶酔が過ぎるナルシストは、全く女性から相手にされないでしょう。 口からついて出てくる言葉は武勇伝ばかり、昔取った杵柄の話題ばかりを自慢げに話す男性をよく見かけますが、女性は全く魅力的に感じていません。 男性はむしろ、女性の話を聞く方に回るという役割を重視したほうが婚活が上手くいくでしょう。 すぐに自分の自慢話になってしまう、いつの間にか武勇伝の話題に内容が変わってしまうという人は、気持ち悪い男性として女性から白い目で見られていますので注意しましょう。 会話の内容がバカっぽい 年相応の会話の内容、言葉遣いができない男性も、女性からは気持ち悪い男性として見られます。 敬語をTPOに合わせて使い分けることができ、会話の内容もある程度教養のあることを話すという事は婚活においては最低条件だといえるのです。 話す言葉もバカっぽければ、内容もくだらないとなると、どのような婚活をしても女性には相手にされないでしょう。 服装がダサい、TPOをわきまえていない 女性にとっては、男性の服装もかなり重要なチェックポイントといえます。 まず服装がダサい男性は気持ち悪い男性として、婚活対象から即座に外されてしまうでしょう。 さらに趣味コンやイベントの場合、TPOをわきまえない服装をしている男性も、女性にとっては全く魅力のない、気持ち悪い男性になってしまいます。 婚活に参加するときには、ある程度ファッションの勉強をして参加すること、さらに参加する内容によって服装を変えるなどの努力が必要です。 男性なのに受け身すぎる 受け身すぎて待ってばかりの男性も、女性にとっては魅力ゼロです。 いつまでも女性から声をかけられるのを待っている、気になる女性をじっと見つめているだけという男性は、女性にとっては気持ちが悪く陰湿な印象を与えてしまうでしょう。 判断力がなければ婚活もスムーズに進めていくことができませんし、物事に対してはっきりと意見を言える男性の方が女性からの人気も高いといえます。 女性から誘ってもらうのではなく、男性は常に自分から行動することを心がけましょう。 会話をするときに目を見ない、表情が乏しい 女性はしっかりと目を見て相づちを打ってくれ、自分の話を真剣に聞いてくれる男性に魅かれます。 女性にしてみれば、会話をするときに相手の目を見ない、表情に変化がない男性は、結婚相手の対象には絶対になりません。 目を見ることができないのは何かやましいことがあったり、人の話を聞いてくれない、自分が一番かわいい気持ちの悪い男性だということになるからです。 結婚後も夫婦間で会話が少なくなるのは目に見えていますし、自分の意見を聞き入れてもらうことができないという、辛い結婚生活が透けて見えてしまいます。 無表情の男性は気味が悪いですし、相手の顔を見ては無しができない男性はつまらないと判断されるでしょう。 高圧的、上から目線 話を聞いてくれたとしても、その内容に対して高圧的な意見を言ったり、上から目線で意見するという男性も、女性にとっては腹の立つ気持ち悪い男性です。 高圧的にものをいう男性は、女性よりも男性の方が上だという男尊女卑の古い考え方を捨てきれない勘違い男です。 また、何でも自分の方が優れているかのような上から目線の物言いをする男性も、女性を対等に扱うことができない時代錯誤も甚だしい卑怯者です。 下心がみえみえ、自分の立場を理解していない 婚活で下ネタを言ってきたり、すぐに連絡先を聞いたり、仲良くなろうとしつこくデートに誘ってくる男性も少なくありません。 しかし女性には、積極的に婚活をしているのか、下心があって誘っているのかはすぐにわかってしまいます。 下心みえみえの男性は非常に気持ち悪く、不潔な男性として女性から嫌われてしまいます。 また婚活していると女性側にも選ぶ権利がある事をすっかり忘れてしまっていたり、そもそも婚活に参加しているという事は自分も結婚相手に困っているという立場を理解していなかったりという男性も多いものです。 婚活に参加する男性は、すぐに女性と関係を持ちたい、自分に優先的に選ぶ権利があるなどの考え方を捨ててから参加するべきだといえるでしょう。 相手からの返信を待つことができない 返信が来ないからと言って、しつこく女性にアプローチをしてくる男性も、女性からしてみると非常に気持ちが悪く、ストーカーのような扱いをされることになるでしょう。 返信しないのは忙しいから、また興味がないから、複数の人を掛け持ちしているからと様々な理由がありますが、相手から返信が来てから返事を返すというのは、言葉のキャッチボールをするうえで最低限のルールです。 返信が待てずにしつこくメッセージを送ってくるような気持ちの悪いストーカー男は、誰からも相手にされず、婚活が上手くいくことはないでしょう。 すぐに彼氏面したがる、プライベートに突っ込んで来すぎる 一般的な「交際」と、婚活における「交際」は、決して同じような意味合いというわけではない場合もあります。 むしろ婚活中は、複数人と「交際中」となる事が望ましく、「交際」しているからと言って決して恋人関係になったという事ではないのです。 しかし婚活男性の中には、マッチングしてやり取りが始まったからと言って、すぐに彼氏面したがる人も少なくないのが現状です。 まるで自分の彼女になったかのような振る舞いをすると、女性から気持ち悪いと思われ、せっかくマッチングしたのにお断りをされてしまう人も多いのです。 真剣交際に発展するまでの交際では、あくまでも結婚相手候補の一人というスタンスなのですから、すぐに彼氏面してなれなれしい言動をしないように気を付けましょう。 一旦嫌われてしまうとその女性との縁は無理 婚活で相手女性から一度でも気持ちが悪いと思われしまい、嫌われてしまうようなことになると、その女性とはもう二度と仲良くなることができないと考えておきましょう。 一旦女性から嫌われてしまうと、再び信頼を取り戻すことは不可能に近いといえます。 自分のことだけでなく相手の話を聞く姿勢を持つ 男性は、自分のことを少しでも魅力的、好条件の相手だと認識してもらおうとするあまり、自分のことばかりを話す傾向が多く見受けられます。 相手の女性の話を聞く耳を持たない、自分のことばかりに一生懸命になってしまい、相手の気持ちをおもんばかることができない男性が多いのです。 気持ち悪い婚活男性と思われないこと、相手の女性に好感を抱かせるためには、まず自分のことよりも相手のことを尊重し、聞き役に回るような態度で接しましょう。 何でも他人や環境のせいにしない 自分が今まで結婚できなかったのは、周りの環境や周囲、仕事のせいだと言う男性も魅力的な男性とは言い難いでしょう。 結婚だけでなく、仕事やプライベートがあまり上手くいかないことを、親や他人のせいにする人を良く見かけますが、女性に対してはマイナス印象となってしまいます。 自分の境遇を人のせいばかりにして嘆くのではなく、さまざまな事柄に感謝したり、どんな小さなことにでも感動することができる男性の方が、女性にとっては魅力的な存在となることは言うまでもありません。 常に誠実に、紳士的な態度で婚活する 相手の立場を考え、自分の人生に責任が持てるようになると、男性は自然と女性に対して誠実になることができる上、紳士的な態度も身につくようになります。 そして常に誠実で紳士的な男性の元には、黙っていても女性が集まってくるようになります。 自慢話をしなくても、しつこくアプローチしなくても、気持ち悪いと思われてしまうくらいなれなれしく接することがなくても、女性の方からお誘いが来るようになるのです。 婚活では男性は常に女性に対して誠実に、相手の立場を考えて行動できるようになりましょう。 また女性の気持ちを理解し、女性を優先させるような紳士的な態度を忘れないようにしましょう。 まとめ 婚活男性が気持ち悪いと思われてしまうのには、それなりの理由があり、すべての人に当てはまるわけではありません。 女性が感じる気持ちの悪い男性にならないよう、婚活をしている男性は、自分の言動をもう一度振り返り、女性の求める素敵な男性になるように努力してみてください。 気持ち悪い婚活男性にならないように注意することで、今後の婚活がさらにスムーズに進んでいくようになるでしょう。

次の

県で主宰している、婚カツパーティーに、思い切って参加してみたいと思

デブス婚カツ

先日、ある取材の仕事に出向いたのですが、終わり際に取材対象のUさんという女性から「この後、一杯どうですか?」と言われたので、ホイホイ付いて行っちゃいました。 この女性、傍目にも美人とは言いがたい人物だったのですが、話が妙に面白く、なんとなく色々と人物像を掘り下げてみたいと思ったのです。 「そうだ松本さん、私のこと記事にしてよ。 タイトルは……『ブスは何故恋愛ができないのか?』がいいね」 いきなり自分で自分をブスと言ってしまうUさんについ笑ってしまったのですが、聞けばブスと恋愛の距離感について、前々から思うところがあったそうで。 曰く、何故ブスは恋愛と遠ざかるのか考えて過ごしてきたけど、どういうルートを通っても、基本的に恋愛の核心に触れる機会が少ないと言うのです。 これは一体、どういうことなのでしょうか。 が、ここのくだりは全然面白くないのでカットします。 大幅に時は流れ、Uさんは大学生になりました。 高校ではパッとしなかったUさんは、大学デビューを目指してファッションに気を遣ったりしたそうです。 しかし、結局男子たちは自分に目をくれず、その辺の可愛い女の子ばかりがチヤホヤされる姿を目にするばかりの日々でした。 「まるで磁石のSとNが引き寄せあうように、対して接点もない男女があっという間に仲良くなるのを見るのは辛かったです」とはUさんの弁。 そして彼女は、いつしか恋愛と自分のようなブスは、磁石で言うところのS極同士で、よほど無理に引っ付けないと交わることすらないのではないか、と思うようになります。 Uさんは「その強引な引っ付け方が、昔で言うところのお見合い。 今で言う婚活なのかな」と、例えてくれました。 これについては筆者もほとんど同じように考えます。 こう言ってはアレですが、いくら話が面白かろうと、社交性があろうと、ルックスが悪いだけで世間的には恋愛対象からは除外されるものです。 筆者も決してルックスは良くないですし、若い頃は相当コンプレックスもありました。 ふて腐れた自分の前の前で、美男美女が付き合っている様子は、いまだに夢に見るほど嫌な思い出です。 自分と恋愛は、磁石のS極同士。 引かれ合うどころか相反し、食い合わせがとにかく悪い。 これは、男女問わないブス・不細工の共通ジレンマのようなものでしょう。 美男美女はその辺に突っ立ってるだけで、周囲から勝手に恋愛対象と見なされます。 まあ、それが必ずしも素晴らしいことかと言われれば、きっとそうじゃないんですけどね。 美男美女には彼らにしか分からない苦悩があるでしょうし、それこそブスよりもよっぽど思い悩んでいることもあることでしょう。 ただ、ブスはそもそも誰からも好意の視線を浴びません。 これは真理です。 この世は「ブスは見えていない」という人ばかりです。 だから、ただただ白馬の王子様を「いつかきっと」と思って待ち続けても、絶対に報われることがありません。 それはもう、生まれ持ったルックスの宿命のようなもので、能動的に動かない限りは甘んじて受け入れる他ないのです。 ブスでも恋愛をしたいと願い、今の状況を変えたいのなら、後先考えずに動くしかないわけです。 筆者の経験上、本人が思っていることって、周囲の人間も必ず同じことを思っているので、まさに掛ける言葉も見当たりませんでした。 まるでお通夜のようなしんみりとした雰囲気。 ブスと不細工の消沈するテーブル。 「ああ、美男子に……」 「ああ、美女に……」 「生まれたかったなぁ」 二人は同時にこのように呟き、解散したのでした。 (松本ミゾレ/ライター).

次の