ポルシェ 718 スパイダー。 【海外試乗】「ポルシェ 718 スパイダー」復活したフラット6のビートに酔いしれる!

新型 ポルシェ 718 スパイダー 緊急年内超最速ファーストロッド 1台限定本気で購入検討のお客様必見!! 国内正規では手に入れられない左ハンドル!! Porsche 718 Spyder

ポルシェ 718 スパイダー

ポルシェがミッドシップオープン「718ボクスター」のハイパフォーマンスモデルとなる、「718スパイダー」を発表しました。 独自の外観と高性能を持つ新型718スパイダーについて、スペックや発売日、価格などを最新情報からご紹介します。 ポルシェ新型718スパイダーは、以前モデル名が「ボクスター」とされていたときに、ポルシェのミッドシップオープンのハイパフォーマンスモデルとして製作されたマシンの進化バージョンとなります。 発表された新型718スパイダーは、前モデルからさらにスペックをアップすることで718ボクスターをさらなる次元に持っていく設計とされ、クーペバージョンとなる「718ケイマンGT4」もあわせて発表されています。 新世代の水平対向6気筒4L自然吸気エンジンを搭載• 手動式のオープンルーフを採用することでベースモデルから軽量化• ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントシステムにより、ベースモデルから車高を30mmダウン• 機械式ディファレンシャルを採用する、トルクベクタリングシステムを搭載 ポルシェ新型718スパイダーの外装(エクステリア)デザイン ポルシェ新型718スパイダーの外装は、新設計のデザインにより走行性能がアップされています。 新型718スパイダーでは、リアのサイレンサーを小型化しダウンフォースを向上。 ルーフはソフトトップルーフに変更され、起伏のある専用リアカウルに向かって伸び、そのスタイルを楽しむことができるようになっています。 このルーフは軽量化のため自動開閉機構が除去され、手動でオープンにすることができるようになっています。 しかし細部のデザインは見直され、アップするスペックにあわせた空力性能に強化されています。 ポルシェ新型718スパイダーの内装(インテリア)デザイン ポルシェ新型718スパイダーの内装は、前モデルから引き継いだデザインが採用されています。 シートは専用の軽量モデルとなり、軽さがマシンの魅力となることからドアハンドルをストラップにするなど軽量化。 アルカンターラを使用することで、質感の高いインテリアに仕上げられています。 エンジン:水平対向6気筒4L自然吸気• 最高出力:420ps• 最大トルク:42. 9kgm• トランスミッション:6速MT• 駆動方式:MR ポルシェ新型718スパイダーには、新開発された4L水平対向6気筒自然吸気エンジンが搭載されました。 718ボクスター 水平対向4気筒 2L ターボ 最高出力:300ps 最大トルク:38. 8kgm• 718ボクスターS 水平対向4気筒 2. 5L ターボ 最高出力:350ps 最大トルク:42. 8kgm• 718ボクスターGTS 水平対向4気筒 2. 5L ターボ 最高出力:365ps 最大トルク:43. 8kgm ベースモデルのポルシェ718ボクスターは、モデル名の変更にあわせ前モデルの水平対向6気筒エンジンから4気筒のターボエンジンに変更しダウンサイジング。 高出力化と環境性能のアップが行われていました。 ハイパフォーマンスモデルとなる新型718スパイダーでは、新世代モデルが発表されている「911」シリーズからくる新しいエンジンファミリーを搭載し、前モデルの3. 8Lから200cc排気量をあげ、出力を385psから420psまで出力を向上。 8000rpmまで鋭く回転をあげる大排気量NAエンジンの魅力と、燃費の改善が両立されています。 足回りには、車高をベースモデルから30mmダウンする「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント」を採用し、サーキット走行でのパフォーマンスを重視。 走行システムには、機械式ディファレンシャルを備えた「ポルシェ・トルク・ベクタリング」が搭載され、コーナリング性能が引き上げられています。 トランスミッションはマシンコンセプトにあわせ、操る楽しさを感じることができる6速MTのみとされています。 パワートレインに新世代のエンジンを搭載することで、スペックをアップしながらも環境性能が改善されています。 1215万円 ポルシェ新型718スパイダーの日本価格は、1215万円からとされました。 この価格は、前モデルの1012万円から価格のアップが抑えられており、フラッグシップスポーツの911シリーズより手に入れやすくなっています。 ポルシェ新型718スパイダーの発売日は? ポルシェ新型718スパイダーは、2019年6月17日に欧州で発表され、2019年7月から日本での受注が開始されました。 納車の開始は2020年となる予定です。 ポルシェはハイパフォーマンスエンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせる新型718スパイダーをラインナップすることで、ミッドシップスポーツのドライビングフィールをアピールしていく考えです。 車名の由来は、ポルシェが伝統的に採用する水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer)と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster)を組み合わせた造語になっています。 以前販売されていた「ポルシェ968」の後継モデルとなりますが、直列4気筒エンジンとFRレイアウトの組み合わせから、水平対向エンジンとMRレイアウトに大きく変更され、20年ぶりに登場したポルシェのミッドシップスポーツとなりました。 フラッグシップスポーツに設定されているポルシェ911に配慮し、ブランドのエントリーラインとなるエンジン出力とされていますが、ミッドシップ2シーターのスポーツカーに適したパッケージから独自のファンを獲得しています。 2004年に登場した2代目では、ボクスターをベースに製作されたクーペボディの初代ケイマンを2006年にラインナップし、ポルシェのエントリーラインを充実。 3代目として2012年に登場した現行モデルの981型は2016年のマイナーチェンジにあわせ、ボクスターとケイマンをポルシェ「718シリーズ」として統一し、エンジンもそれまでの水平対向6気筒自然吸気から、水平対向4気筒のターボチャージャーつきに変更。 同時に、ボクスターからケイマンが製作された経緯からコストがかかるオープンカーが安くなっていた価格設定を見直し、ケイマンのほうが低価格とされました。 「ポルシェ 718」の名前は、1958年のル・マン24時間レースでクラス優勝をはたしたレースマシンに由来しています。 ハイパフォーマンスモデルとなるボクスタースパイダーは、2代目と3代目前期モデルで設定され、ハイスペックなエンジンと軽量な車体によりピュアな走りを楽しむことができるモデルとなっています。 新型718スパイダーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

【ポルシェ図鑑】「ポルシェ718 W

ポルシェ 718 スパイダー

タイプ987で登場したボクスタースパイダーはエアコンレスを標準とし、徹底的に軽量化を図ったモデルだった。 2代目となるタイプ981のボクスタースパイダーでは幌の開閉が一部電動化し、エアコンも標準装備とされた。 今回、その後継モデルとなる718スパイダーが登場。 早速、その内容と実力を報告しよう。 ボクスター系では初のリアマイナスリフト 見ての通り、新たに718スパイダーを名乗るニューカマーは、位置付けとしては従来のボクスタースパイダーのフェイスリフト版である。 しかし開発が新たにポルシェのGTモデルラインに託されたことで、その美しくスポーティなフォルムの内側の部分は、完全に刷新されたと言っていい。 一番の注目は、やはりエンジンだろう。 ミッドにマウントされるのは新開発の水平対向6気筒4L自然吸気ユニット。 噂されていたGT3用とは別物の、911用3Lターボ用をベースにジャーナル径を拡大したクランクシャフト、ローラーカムフォロワーを用いた新設計のシリンダーヘッド等々の採用により、レブリミット8000rpmを実現した逸品だ。 最高出力は420ps、最大トルクは420Nm。 アダプティブシリンダーコントロールと呼ばれる気筒休止システムも搭載する。 718スパイダーは軽量のソフトトップを採用。 手動折りたたみ式のトップは、数ステップでトランクリッドの下に収納が可能だ。 トランスミッションは6速MTのみ。 パワーとトルクの増強に合わせて内部パーツは再設計されている。 そんなパワートレインと同様、いやそれ以上に大きく手が入れられたのがシャシーだ。 従来のボクスタースパイダーとは異なり、フロントサスペンションの多くのコンポーネンツを911GT3から流用し、リアサスペンションもサブフレームやアーム類に至るまで専用設計とした、718ケイマンGT4とまったく同内容のシャシーが奢られたのである。 PASMも装備されるし、何とスプリングレートまで共通だという。 確かに、車重は両車一緒なのだ。 空力も大幅なアップグレードが図られている。 注目は、マフラー形状の工夫により実現したリア大型ディフューザーの搭載だ。 これによりボクスター系初のリアマイナスリフトを実現したという。 シャシーはよりダイレクトにするためにボールジョイントを採用。 30mm車高を低めるPASMは車両の重心を下げ、コーナリング性能を向上させている。 それにしても、ロックのみ電動であとは手動の簡易的なソフトトップやヘッドレスト後方パワーバルジのような盛り上がりなど、スパイダー特有のデザインは実に切れ味がいい。 オープンにするにはロックを外したあと車外に出て、ソフトトップ左右のテンショナーフィンを巻き取り、リアリッドを開けてソフトトップを収納し、最後にリッドを閉じる。 1人の時にはちょっと難儀するが、それも軽量化のための割り切りである。 キーを捻って始動させると、低速域ではエンジン音より補機類のヒュンヒュンという音が目立って、空冷時代を彷彿とさせる。 エンジン音は低音域が強調されていて、ややドライな印象。 回転が高まるほどに勢いが増してきて、もっともっと回したくなるのは、高回転型自然吸気ユニットならではだ。 8000rpmまで回すチャンスは公道ではなかなかないが、隙を見てはシフトダウンを繰り返し、アクセルを踏み込んでしまう。 フットワークも、やはり素晴らしい出来栄えだ。 剛性感に満ちたステアリングを切り込むと、ほとんどロールを許さずクルマ全体が鋭く向きを変えていく。 スタビリティ、トラクションも十分。 ハードなスプリングレートに心配した乗り心地も、もちろん硬派ではあるが十分許容範囲内で、ドライブを思う存分楽しめた。

次の

ポルシェ 2020 718スパイダー

ポルシェ 718 スパイダー

2020 Porsche 718 Spyder 718スパイダーもなかなか簡単に手に入れられなそうであるということを、ちょこちょこ聞いたり、見かけたりする今日この頃。 出典: 水平対向6気筒エンジンが復活 2012~2016年に販売されていた3代目の981ボクスターは、2. 7リッターの水平対向6気筒エンジンであったものの、その次の4代目である982ボクスター つまりは現行の718ボクスター では、エンジンは2. 5リットルの、水平対向4気筒ターボエンジンに。 それが、今回発表された718スパイダーでは、また水平対向6気筒NAエンジンへと復活をとげたわけですね。 しかも4リットル。 2020年モデルである、718スパイダーの最も重要なアップグレードは、とにかくこの素晴らしい&新しいエンジンで、これはもう、市場の需要をしっかりと読み取って導入されたと絶賛されています。 市場に出回るライバル車となりえるモデルたちが、ほぼすべてターボチャージ化されているなか、この新しいNAエンジンは、高い回転数とスロットルレスポンスの速さにより、718スパイダーに比類のない魅力を与えている、と。 718スパイダーのリアディフューザーには、大口径のエグゾーストがあり、これがとにかく素晴らしいフラット6のサウンドを奏で、また、2020年モデルのパフォーマンスも向上させているとのこと。 4リットルの水平対向6気筒エンジンの出力は420馬力、309lb-ftのトルク 420Nm。 718スパイダーでは、ライトについても変更がされ、リアのテールライトはスリムなLEDのラインのライトとなっていて、車をより魅力的に。 …って、あれ、今さらですが、718スパイダー あと718ケイマンGT4も は、リアのライトが1本でつながっているラインに見えるようで、実は違ったのですね。 てっきり、新型のモデルはどれもリアは1本のつながったラインのライトになったのかと思い込んでいました…^^ 718スパイダーの後部のデッキエリアには、もう1つ、リアにある左右にふくらんだ形状のところにかかるよう取り付けられているLEDのブレーキライトが。 これがあることにより、雨や悪天候の際にも、車がよりわかりやすくなる為、安全性も向上。 718スパイダーは完全なるスポーツカーであり、後部座席がないミッドシップ。 この構成は、ポルシェの卓越した重量配分とハンドリングの軽快さをもたらすそう。 計器たちもまた伝統的であり、過剰なデジタル表示ではなく、アナログの魅力を残しているとのことで、確かに新型ポルシェ911などに比べて、よりアナログ感があります。 さらには、自然吸気だからこそ可能となっているという、レッドラインが8,000rpmであるタコメーター。 ポルシェ718スパイダー ボディカラーリスト ボディカラー一覧 ボディとトリムにおいても、718スパイダーでは色々なカラーが用意されていて、多様な組み合わせが可能になっているそうです。 ちなみに、現在コンフィギュレーターから選択できるボディカラーは以下の9種類。 わかりやすいように以下、9色を並べてみました。 これに、幌の色のオプションは「黒」か「赤」です。 その中でもシンプルで強いコントラストを出すには、シルバーのボディに赤の幌と、赤のブレーキキャリパーではないか…と、この記事では言われています^^ グリップや、コーナリングの信ぴょう性と安全性は、モデル特有のタイヤと、ブレーキの組み合わせ。 ミシュランタイヤは718スパイダーの重量配分に合わせて、特別なCup2タイヤを提供。 20インチのホイールの奥に隠れているのは、大きな15インチのブレーキ&レッドキャリパー。 とにかく「運転することに夢中になれる」。 これが718スパイダーのすべて。 自然吸気の6速マニュアルトランスミッションで、もう、ドライバーが夢中にならないことの方が無理!って^^ いいな~、運転してみたい!! 最高時速は187マイル 300km 、価格がアメリカで97,640ドル 約1,032万円 の水平対向6気筒の718スパイダーは、その希少な仕様と将来的な価値から考えても、素晴らしいバリューがある車だ、と大絶賛されています。 "Perfectly Irrational" 718スパイダー、いいですね! ポルシェはこの718スパイダー と718ケイマンGT4 のキャッチフレーズとして『Perfectly irrational』という言葉を使っています。 これ、直訳では「完全に非理性的」。 これをポルシェジャパンでは『理性に従う考えはありません』とも表現しています。 わかるような。 わからないような。 でもきっと、理性なんて飛ばしてしまうほどの楽しさを与えてくれる車なのだと思います^^ Perfectly Irrational。 いいな。 いやいやホント、とりあえずは、現在すでに欲しいと購入に本気な、本当に欲しいと思っている方のところに、割り当てがいきますように~^^!• Rika 911supercars. com on Katsu様 ご無沙汰しております!アベンチュリングリーンのスポエキは良い音になってこられましたか~^^?? エアロキット、以前も…• Katsu on Rikaさん、ご無沙汰しております。 エアロの情報参考になります。 自分の992はアベンチュリングリーンなので、画像を見て凄く欲し…• Rika 911supercars. com on カート好きな還暦様 こんにちは~^^ ブースターケーブル自体を現在、持っていないのですよ~。 だから、今回ジャンプスタートする際に、…• カート好きな還暦 on こんばんは! ジャンプスターターにブースターケーブルを延長コード代わりというのはNGでしょうか? 接続部は絶縁するとして。 急がな…• Rika 911supercars. com on カート好きな還暦様 私にしてはディープな領域でした 笑 ! そして、初めてポルシェ911のバッテリーを見て、カレラの方のバッテリー…• Rika 911supercars. com on craft様 こんにちは、大変有益なコメントありがとうございます! 今後、バッテリーが完全に上がってしまわれた方の為にも、頂きまし…• カート好きな還暦 on おおっ、段々とディープな領域に入ってきましたね。 多分大半の911ユーザーはバッテリーなど拝んだこともないでしょう。 911好きも….

次の