と ある 男 が 授業 し て みた 高校 数学。 とある男が授業をしてみた

【とある男が授業してみた】数学を丁寧に教えてくれる葉一先生で苦手を克服しよう!

と ある 男 が 授業 し て みた 高校 数学

よろしければ、家庭学習やテスト勉強・受験勉強にご利用下さい! 【動画リクエストについて】 リクエスト頂いた全員の方にお応えできる時間が無いので、 現在リクエストをお受けすることが出来ません。 申し訳ありませんが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。 とある男が授業をしてみたで最も視聴回数が多い動画• 2014年01月27日 12時 視聴回数 9万回 高評価数 363回 低評価数 10回• 2015年05月10日 20時 視聴回数 6万回 高評価数 53回 低評価数 1回• 2014年04月23日 11時 視聴回数 6万回 高評価数 381回 低評価数 2回• 2014年03月01日 13時 視聴回数 6万回 高評価数 387回 低評価数 5回• 2014年03月20日 12時 視聴回数 6万回 高評価数 277回 低評価数 2回• 2014年03月18日 13時 視聴回数 5万回 高評価数 341回 低評価数 7回 とある男が授業をしてみたの高評価動画• 2014年04月23日 11時 視聴回数 6万回 高評価数 381回 低評価数 2回• 2014年03月20日 12時 視聴回数 6万回 高評価数 277回 低評価数 2回• 2014年04月19日 15時 視聴回数 5万回 高評価数 212回 低評価数 2回 とある男が授業をしてみたの低評価動画• 2014年08月05日 13時 視聴回数 5万回 高評価数 173回 低評価数 6回• 2014年03月17日 14時 視聴回数 5万回 高評価数 175回 低評価数 6回• 2013年10月21日 10時 視聴回数 3万回 高評価数 203回 低評価数 6回.

次の

static.xtreeem.com

と ある 男 が 授業 し て みた 高校 数学

勉強をする意味がわからなくなったり、学校を休んでいるうちに授業についていけなくなったり……ちょっとしたきっかけで勉強を苦手に感じてしまうことは少なくないだろう。 自分だけではどうしていいかわからないけど、塾に行ったり家庭教師をつけてもらうのはお金もかかるし親に相談が必要だし……。 そんな君にオススメなのがYouTubeのチャンネルだ。 教育ユーチューバー葉一(はいち)さんが、小学3年生~高校生までの勉強内容の授業を動画で配信している。 「教え方がわかりやすい!」「私にとって家庭教師みたいな存在」と中高生に大人気だ。 現在チャンネル登録者は20万人以上、視聴回数は7000万回を超えている(2017年1月現在)。 葉一さんはなぜYouTubeで授業を始めたのか? 話を聞いてきた。 塾講師の仕事をしていて気づいたのが、月謝が高くて通えない子が想像以上に多くいること。 保護者の方から「楽しそうに勉強しているから続けたいけど、月謝が高くて……」という声もありました。 家庭の所得格差によって、子どもが教育を受ける機会が失われてしまうことを実感したんです。 それならより多くの人が見ることができるYouTubeに授業を投稿しようと思ったのが、ユーチューバーになったきっかけ。 YouTubeを選んだのは、僕自身YouTubeが大好きだから(笑)。 その後、塾講師の仕事を辞めて、教育関係の比較的自由に働ける仕事に転職して、副業としてYouTubeに動画投稿をしています。 もともと先生になりたい思いは強かったんですか? 僕は高校に入るまで学校や教師が嫌いでした。 中学生のときにいじめにあっていたからです。 陰口を言われたり、聞こえるように悪口を言われたりしていたので、学校に行くのがしんどかった。 先生も信頼していませんでしたね。 でも、高校に入学して素敵な先生に出会いました。 口が悪くて怖い先生でしたが、ほかの表面を取り繕っているような先生たちと違い、生徒の話を真剣に聞いてくれて、正面から向き合ってくれる人でした。 そして、何より授業がとってもわかりやすかったんです。 おかげで、数学の成績が伸びました。 そのときに「この先生のようになりたい」と思って勉強を頑張り、教育学部に進学しました。 学校の先生の仕事は生徒と触れ合う時間以外の書類作成などの事務作業がたくさんあることを知ったんです。 僕は恩師に支えてもらったように、子どもたちを精神的にフォローしたかった。 なので「学校の先生以外にも、それが叶えられる方法はあるんじゃないか」と考え、学校の教師とは違う道を進もうと決めました。 生徒たちの精神的な支えになるためには、コミュニケーションのプロになる必要があるなと。 営業の飛び込みは、コミュニケーションの能力を高めるのに最適だと思ったからです。 その後塾の講師の仕事を始めました。 授業でつまづいてしまったときやテスト前の復習、受験勉強の補助として使ってもらっているようです。 あとは学校に行きたくない、行けない子も見てくれています。 僕は自分の動画の広告を出したことがないんです。 見てくれた子や親御さんたちが、ネット上でシェアしてくれたり、学校で「この動画わかりやすいよ」と広めてくれたりして、再生数がどんどん上がっていきました。 言い間違えたら撮りなおしをしているので、収録後にはのどが痛いこともあります(笑)。 まるで学校の休み時間のようだなと思います。 そうですね、勉強の手助けや息抜きになればと思います。 勉強の悩みはもちろん、家族や友人関係の悩みを聞くことも多いです。 最近はありがたいことに個別にもらうメッセージやメールの量が増えてきたのですが、すべてに返事ができなくなってしまって……それは申し訳ないですね。 しばらくメールのやり取りをしていましたが、だんだんと相談の頻度が少なくなっていったんです。 それは悪いことでは決してなくて。 もらったメールを読んでいると「少しずつ登校できるようになって、学校が楽しくなってきた」というようなポジティブな内容が増えてきていました。 連絡がだんだんなくなっていくのは、実生活が楽しくなってきた証拠でもあるのでうれしかったですね。 2016年3月に配信した【はいちのだらだラジオ】第137回ではいじめの話も。 僕は中学生のとき、いじめられてしんどくて学校も嫌いで、「なんで生きてるんだろう」と思っていました。 みんなもそれぞれ悩みがあって、「死にたいほどつらい」と思うこともあると思う。 でも、人に出会ったり、環境が変わったりすることで、いつか笑える日は絶対に来ます。 まずは目の前のことを頑張って、前に進んでいきましょう! (松尾奈々絵/ノオト).

次の

数学の基礎を学びたい方に! 「とある男が授業してみた」の紹介!

と ある 男 が 授業 し て みた 高校 数学

先日、子供達が算数検定を受けてきました。 2人とも学齢より上のものを受けるので 自宅で先取り学習をやっているとどうしても抜ける部分が出てくるのです。 そこで思い出したのがしばらく前に見つけたこのサイト 小学校3年から6年までの算数、 中学1~3年の数学、英語、理科、歴史の授業動画がびっしりです。 お一人で千本以上の動画を作られて 無料で公開されています。 例えば小学5年生の算数は10分前後の動画が61本、 計算も図形も教科書の内容がほぼ網羅されています。 授業をされている葉一さんは元々塾の先生をなさっていたそうで 覚えるコツなどもいろいろ教えて下さっていて とてもわかりやすい授業になっています。 許可をいただいたので参考に動画を載せさせて頂きます。 小学校5年生の割合と百分率の授業です。 以前は数検を受けるために抜けている部分は 自宅で教科書を6年生の分まで一式購入し、 私が直接教えていたのですが、時間もかかるし中々進みませんでした。 この動画があればそういうのがほとんどいらない。 つかカーチャン授業がいらない!なんて楽ちんなんだ!! 子供達も面白い、わかりやすいとすごく気に入っています。 以前紹介させていただいたeboard もとてもわかりやすく子供達も気に入って勉強していたのですが 小学校算数は計算だけなのでどうしても試験を受けると知らない部分が 出てきてしまっていました。 しかしいーぼーどは1年生の算数からありますし、高校の内容まで幅広く カーンアカデミーやTEDの翻訳動画などもどんどん増えているようです。 学ぶ楽しさ、概念の理解には素晴らしい内容です。 今回、小3の娘は算数検定8級(小学4年内容)、 小1の息子は7級(5年内容)を受けてきました。 息子はほぼ5年生の内容は理解していたので抜けがないか ざっと動画を見て確認し、過去問に取り組んだので心配なく受験。 娘の方は一応チャレンジを一学年上のものをやっていますが なにせまだ1学期が終わるところで半分もやっていません。 一週間で60本ほどの動画をひとつずつ自分で問題を解きながら 詰め込みで一気にやりました。 分からないところは少しフォローしましたが 声掛けで始めるところまで持っていけばほとんど自力で勉強していました。 まだ受けたばかりで結果は出ていませんが 2人とも自己採点では合否ラインは超えていました。 動画授業のいいところは「とある男が授業をしてみた」も「いーぼーど」も わかるまで何度も見ることが出来ること。 途中で止めて問題を自分で解いてみたり、戻ったりしています。 学校の授業でわからないところがあっても授業はどんどん進んで行きます。 自分一人がわかるまで学校の先生が教えてくれることはあまりないでしょう。 特に算数は階段のように積み重ねで理解していくものですから 途中につまづきがあれば先もわからないまま授業を受けなくてはなりません。 ちんぷんかんぷんの授業を毎日受けるのは苦痛です。 勉強の面白さはやはり「わかること」から始まると思います。 このような動画授業があれば、個々の子供達のわかるところまで戻り、 そこから一歩ずつ理解を進めていくことが出来ます。 「わかる」が増えれば学ぶことの楽しさが見えてくる。 子供達はみんなそれぞれ学ぶスピードは違っていると思います。 まして発達障害があり興味の偏りや発達に凸凹が大きいと 早いにしろ遅いにしろ、学習スピードは周りとかなり違ってくることもあります。 タイプにもよるでしょうが、紙のプリントよりは音と映像の動画の方が 子供の興味は惹きつけられやすく、理解しやすいと思います。 好き嫌いや興味によって集中力の差が激しい場合も多いと思います。 うちの子供達も興味が持てないことはさっぱり動きません。 なので、いかに面白く興味を引かせて勉強につなげるかが勝負だったりします。 他にもアプリやゲームや学習まんがなど色んなものも使っていますが こういう動画授業は本当にすごく助かります。 時々、先生のペットのかわいいハムスターが動画に登場し 子供達はすごい盛り上がっていましたw 先生のお顔も時々ちらっと見えるのですが 娘が「イケメン見えた!」って喜んでいます。 先生が娘の好みのタイプのようですw まぁ、不純な動機でしょうが動画を見て勉強するモチベーションの一つに なっているようでそれはそれでいいかなと^^; 数検が終わったあと、娘がいつものように学校の宿題や チャレンジを やりながら 「なんか前よりすっごい簡単になった」と言っていました。 一週間少し無理して詰め込んだ結果、 今までめんどくせーと思っていた算数の勉強がずいぶんと楽になり すいすいできる分、楽しくなったようです。 特に面倒だった筆算が暗算で出来るものが多くなったのも 先取りの効果だったようです。 息子は6年生の動画もとっとと見終わって中学の動画に進んでいます。 娘も動画を毎日少しずつ続けています。 次は11月の算数検定で一つ上の級を目指してがんばるそうです。 葉一さんの授業が参考書になって2016年7月に発売されました!.

次の