お歳暮 の お 礼状 ハガキ。 お歳暮のお礼状の書き方は?ビジネス・個人別の例文とマナーを紹介

お礼のはがき》手紙・書き方文例・例文・お礼状・返事・ビジネス・宛名・贈り物

お歳暮 の お 礼状 ハガキ

お礼状を書くのは、「品物を受け取りました」という意味と、「感謝の気持ちを相手に伝える」という2つの意味があります。 お中元やお歳暮のお礼状は、ハガキでもOKですが、目上の方に出す場合には、手紙の方がいいでしょう。 品物が届いたら3日以内に送るようにし、遅くても1週間以内には、相手に届くようにします。 やむを得ず遅くなってしまう場合は、必ずお詫びの言葉を添えましょう。 構成としては、大きくわけて、 前文 あいさつ 、 主文 本題 、末文 結びのあいさつ 、後付け 日付、署名、宛名 となります。 ハガキの場合は、 前文、主文、末文という構成になります。 前文には、季節の挨拶や、相手の安否を伺う文や、日ごろの感謝を伝える文を書きます。 文章の最初と最後には、頭後と結語を書くのが一般的ですが、 ハガキは、手紙よりもカジュアルで、スペースが限られているので 頭語と結語は省略しても大丈夫です。 また、親戚や親しい友人には、堅苦しくなってしまうので、省略しても良いでしょう。 頭語のルール 頭語は、「こんにちは」という意味と同じです。 「拝啓」が最もよく知られている頭語ですが、より丁寧な手紙の場合には、 「謹啓」や「謹呈」を使います。 「前略」や「略啓」などは、目上の人には使いません。 挨拶のルール 頭語を書いたら、季節に応じた挨拶や、相手の安否を伺う文章を書きます。 ここで気を付けたいのは、重苦しい雰囲気や暗い雰囲気にならないようにすることです。 明るく、さわやかに、礼儀をわきまえて書くのがポイント。 例えば、 「朝顔が咲き始め、子ども達も一生懸命水やりをしています。 」や、 「猛暑が続いておりますが、お変わりございませんか?」などがいいでしょう。 主文のルール 主文には、手紙の本題を書きます。 「さて」や「この度は」などから書き始めます。 まずは、 お礼の言葉を書きましょう。 贈られた物が、食品の場合には、どのように味わったのか、家族の反応はどうだったのか、 などのエピソードを添えましょうね。 品物の場合には、相手のセンスへの賛辞や、気に入った所、 どのように使うのかなどを具体的に書きます。 しかし、あまりにオーバーに書いてしまうと、 嘘っぽくなってしまうので、気を付けましょう。 ここで、他の要件や話題を並べてしまうと、せっかくの「お礼」が 付け足しのようになってしまい、お礼状の意味合いが薄まってしまいます。 末文には、 「厳しい暑さが続きますが、体調を崩されませんよう、ご自愛ください。 」など、 季節柄などを交えながら、相手を気遣う文章を書きます。 結語のルール そして、頭語にあった結語を、行の最後より1字分程上に書きましょう。 手紙の最後に書くのは、結語と言い、「さようなら」の挨拶と同じです。 頭語と結語は、組み合わせが決まっているので、必ずペアで使いましょう。 相手との関係性にも使える物が違うので、ふさわしい言葉を選びます。 頭語が「拝啓」の場合は、「敬具」、「敬白」、「拝具」、「かしこ」を用います。 頭語が「謹啓」や「謹呈」の場合には、「敬白」、「謹言」、「謹白」、 「かしこ」を使いましょう。 どちらにも 「かしこ」という結語がありますが、これは女性しか使えません。 少し古い印象を受けるので、最近ではあまり使われていませんが、 どの頭語とも組み合わせることができます。 日付と名前を書きましょう 最後には、日付とあなたの名前、相手の名前を書いて絞めます。 日付は、末文から1行分あけ、数文字文下げて書きます。 手紙に書いた日付と、相手に届く日付の間が開きすぎないように、なるべく 投函する日付けを書きましょう。 名前は、行の最後から1文字分ほど上に収まるように書きます。 相手の名前は、行の上から1文字分下げて、文章より少し大きめの字で書きましょう。 内容は感謝の気持ちと共にぜひ近況を伝えよう 本文には、お礼の言葉の他にも、あなたの近況を交えると、内容が膨らみます。 仕事や家庭のことなど、自分を含め、家族が元気で過ごしている様子を書きましょう。 日常のエピソードなども入れると、相手にもより伝わりやすくなります。 例えば、 「お陰様で、風邪を引くこともなく、元気に過ごしております。 子ども達は、最近体操教室に通い始め、先日、逆上がりが できるようになりました。 」 などと書くと、元気で過ごしている様子が想像できるのではないでしょうか。 過ぎたことだからと、あまりよくない内容だと、 心配させてしまうことになるので避けましょう。 そして、自分の近況ばかりではなく、 「いかがお過ごしでしょうか?」など、相手の近況にも配慮するようにします。 「返事を書かなきゃ」と相手の負担になってしまわないよう、 返事を求めるような内容は避けましょう。 まとめ お礼状は、「受け取りました」という意味もあるので、 できるだけ早く出すのがマナーです。 どうしても遅くなってしまう場合には、お詫びの言葉を添えましょう。 いただいた感謝の気持ちと共に、エピソードを加えると内容も膨らみますし 相手も喜んでくれるでしょう。 文章だからこそ、より丁寧に、礼儀をわきまえて書きたいもの。 でも、だからと言って、文例に縛られ過ぎてしまうと、 あなたの気持ちが伝わりません。 上手に自分の言葉を使いながら書くようにするといいでしょう。

次の

お歳暮のお礼状【ビジネス編】はがきやメールでの例文もご紹介!

お歳暮 の お 礼状 ハガキ

先の一覧を見て気がついた人は気がついたと思いますが、 お歳暮のお礼状を書くのに最適なはがきは「ヤマユリ」か「山桜」になります。 ところでこのヤマユリと山桜、通常はがきとインクジェット用はがきに分かれていますが、これは機械による印刷方法の違いで分かれています。 多くの方があまり深く考えず「ヤマユリ」の官製はがきを購入してしまいがちなのですが、この印刷方法によるはがきの向き不向き知らないと、 「失敗しちゃった。。。 」 なんてことになりかねませんので、それぞれのはがきの用途を、次の項目から集中的に紹介します。 ヤマユリの官製はがき ヤマユリの官製はがきと言うのは、下の図の官製はがきになります。 こちらのはがきは昔からあるはがきなのですが、機械で印刷をする場合は下記の方法に適しています。 インクリボン式印刷• レーザープリンター• オフセット印刷• コピー機 手書きの場合は 万年筆とシャーペンが向いている。 とされています。 こちらの官製はがきでもインクジェットプリンターで使用できない事はありません。 しかし「インクの乾きが遅い」と言う短所があるため、複数枚を同時に印刷するには向きません。 山桜の官製はがき ヤマユリの官製はがきのインクジェットプリンターでの問題点を解消したのが、こちらの山桜の官製はがきになります。 こちらの官製はがきは ヤマユリの官製はがきと比較するとインクの乾きが早いので、現在主流となっている官製はがきになります。 機械での印刷はインクジェットプリンター専用となりますが、下の一覧のように手書きその他でかなり用途があります。

次の

お歳暮のお礼状はハガキか封書か?ビジネスで失礼にならない書き方紹介

お歳暮 の お 礼状 ハガキ

「 社会人になるといろいろ面倒~! 」 なんて思ってる方、少なくないのでは? 確かに社会に出ると、 同僚やセンパイ、上司など、 いろいろな面でお付き合いも増えて きますよね。 それを「面倒」ととらず、 「 自分も社会の一員になった 」としっかり 自覚 して、 スマートな社会人を目指しましょう。 「 仕事ができるスマートな社会人 」は、 マナーをきちんと心がけて いるものです。 その代表が「 お礼状の書き方」と言っても、 決して過言ではありません。 お中元やお歳暮をいただいたとき、 早々にお礼状が出せるかどうか で、 同期の同僚たちと差をつけちゃいましょう! <基本的なマナー> お中元やお歳暮は、 日頃お世話になっている方々に、 感謝の気持ち と、 「 これからも変わらずよろしくお願いします 」 の気持ちをこめて贈るものです。 逆に、 お中元やお歳暮をいただいたからといっても、 基本的にはそのお返しは必要ありません。 お礼状を出しましょう 最近は、電子メールや携帯電話など、 通信機器の発達でとても便利な世の中 になりました。 しかし、昔ながらの慣習であるお中元やお歳暮のお礼を、 簡単に 電子メール や 携帯メール で済ませてしまうのは、 やはり マナー違反 です。 近況報告など、細かいことをお知らせする目的でもない限り、 お中元やお歳暮のお礼は ハガキでも十分です。 定型・構成があるから心配無用! 「 ハガキとは言っても、普段書き慣れないのでやっぱり憂鬱 」 とお考えかもしれません。 しかし 心配は要りません。 ハガキでも封書の手紙でも、 ある程度 決まった形 があります。 それさえ押さえておけば、 そんなに難しいことはありません。 お礼状を出すときのポイント 長々と書く必要はありません。 季節を感じさせるようなハガキや記念切手 を使ってみましょう。 届いたことをお知らせするためにも、 品物を受け取ったら、 できるだけ早くお礼状 を出しましょう。 sponserd link 書き方とその例 書き方は、 次の点さえ押さえておけば心配ありません。 1 頭語(拝啓など) 2 季節の挨拶 3 品物の感想とお礼 4 相手が家族の健康を祈る言葉 5 結語(敬具など) 親しい間柄 では、 1と5は省略 してもいいでしょう。 その時には文末に以下のような言葉を使うといいでしょう。 「お礼まで」 「ひとことお礼のみ」 「とり急ぎお礼のみ」 「まずはお礼のみで失礼します」 「とりあえずはお礼のみ」 上の事柄にそって 例文をご紹介しましょう。 お中元のお礼状として、 設定は7月上旬から8月初旬としています。 拝啓 歳の瀬も押し迫り、一段と寒さが増してまいりました折、みなさまいかがお過ごしですか? おかげ様で、私どもは元気に過ごしております。 さて、本日はご丁寧なお心づかいをいただき、まことにありがとうございました。 いつもながら、細やかなお心づかいに大変恐縮しております。 これからますます寒さが厳しくなってまいります。 ご家族のみなさまも、どうぞご自愛くださいませ。 略儀で大変失礼とは思いつつ、書中にてお礼申し上げます。 本当にありがとうございました。 敬具 人生楽子 2例ともとても 短い文章 ですが、 5つのポイント を押さえているので、 十分に気持ちはお伝えできる内容になっています。 <LINEでのお礼は恥ずかしいかも!> さすがに、社会人になってから、 LINE 上でお中元やお歳暮のお礼 を、 センパイや上司に伝えている人はいない、 と 信じたいところですが、 よほど親しい間柄でない限り、 これは マナー違反です。 むしろ「 親しい中にも礼儀あり」ですから、 親しくても、こんなときはハガキでお礼状を出すと、 お友達や同僚たちの、 あなたへの印象はきっと変わるはず。 気難しく考えず、 5つのポイントをしっかりマスター して、 大人のお礼状を出せる、 スマートな社会人 になりましょう。

次の