人は考える葦である。 『パンセ』パスカル

「考える葦」を文脈から読む/パスカル「パンセ」

人は考える葦である

Contents• アオアシについて簡単に触れておきます いま、サッカーマンガ界隈めっちゃ有名なアオアシ知らない人、まさかいないと思うんですが 天文学的数字の可能性の低さで、アオアシ知らない人がいるかもしれないので 簡単にご紹介。 アオアシは、週間漫画誌スピリッツで大人気連載中のサッカーマンガ。 2015年6月号から連載中。 作者は、小林有吾さん。 愛媛で埋もれていたサッカー少年の青井葦人が東京のユース、東京シティ・エスペリオンFCでプロを目指す漫画です。 仕事も同じで、低いレベルに合わせて仕事すると自分もチームも価値が下がる。 常に上のレベルに合わせて仕事していくべきだな、と強く思う。 天才なんやで 哲学者としてだけでなく、物理学者や実業家としても有名なパスカル。 台風のとき良く聞く「ヘクトパスカル」という単位はこのパスカル由来。 39歳でなくなってしまった早熟の天才。 前述したとおり、人間は考える葦であるという言葉はパスカルの遺稿、「パンセ」に残っている言葉で下記のように記されています。 人間はひとくきの葦にすぎない。 自然のなかで最も弱いものである。 だが、それは考える葦である。 彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。 蒸気や一滴の水でも彼を殺すのに十分である。 だが、たとい宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すものより尊いだろう。 なぜなら、彼は自分が死ねることと、宇宙の自分に対する優勢とを知っているからである。 宇宙は何も知らない。 だから、われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。 われわれはそこから立ち上がらなければならないのであって、われわれが満たすことのできない空間や時間からではない。 だから、よく考えることを努めよう。 ここに道徳の原理がある。 — パスカル、『パンセ』、前田陽一、由木康訳、中公文庫、1973年、225頁。 人間はか弱く矮小な生き物である ひとくきの葦にすぎない• 人間は宇宙にも簡単に押しつぶされるか弱い存在• 様々な自然の脅威や宇宙の大きさに押しつぶされる様は まさに、風に吹かれたらすぐに折れてしまう葦そのものですが 考えることにによって様々な脅威を押し返せるのは 吹かれても強靭な根によって飛ばされない葦と一緒だとパスカルは思ったのかもしれません。 そして、この言葉は考えることの偉大さを伝えるとともに 考えることができない人間は葦以下だと言っているのかなと。。 人間を偉大さに知らしめているのは思考力ですが か弱い存在の人間の生命線もまた思考力なんですね。 これは現代社会でも一緒かもなー 人間は、考えることによって社会や世界に貢献できる。 現代社会で生き抜くにも様々な障害が立ちふさがるが 人間は考えることによって、その障害を乗り越えていける。 ただ、考えないでも生きることはできる。 人から指示もらって仕事して、のうのうと給料もらえれば死ぬことはない。 けれどそれは葦と一緒なんだよな。

次の

【アオアシ】人間は考える葦であるの意味(座右の銘にしたい人集合)

人は考える葦である

『パンセ』パスカル の主著で、『瞑想録』とも訳される。 パンセ(pensee)とは、フランス語で考えること・思考という意味。 924の断章からなる。 長くて数ページ、短いものなら1行からなる。 人びとを信仰へと導くための弁証論として書き始められ、完成することができなかった。 そして、その断片的な原稿が友人たちによって編纂され出版されるにいたる。 は、思想家、哲学者と同時に数学者、物理学者として偉大な業績をのこしており、科学者の視点で、人間の心の特徴を分析したと言われている。 当時、数学や物理学の世界では、すべては因果関係の中で、決定論的に決っていると考える傾向にあったが、パスカルは人間の心の偶然性を尊重した。 (繊細な精神と幾何学的精神) 幸福とは何か 私達の願望が、幸福な状態というものを私達の心に描き出してみせるからだ。 アキレスの亀のパラドックスと同じように私達が幸せになったと思うと同時にまた新しい幸せを作り出してしまう。 これの繰り返しで我々はいつまでたっても幸せにならない。 名声について 人間は本質的に自己愛が強く、より誰かに認められたいと思う。 それがもっとも最大な卑しさの起源である。 しかしながらその自己愛こそが人間の卓越さの印であり、経済的・物質的に満たされたとしても自己愛が満たされない限り、人は満足できないからである。 人間の最大の卑しさは名声にある。 世間での地位が上がるに従って人は真実から遠ざけられてゆくものである。 たとえば、ある王がヨーロッパ中の笑いものになっているのに、当の王はそのことを知らない、ということがしばしば起こる。 真実を伝えることは、たいていは伝える人にとって不利に働くようだ。 真実ゆえに憎まれることになるからだ。 叱責という苦い薬は相手の自己愛にとって苦いことにかわりはない。 そしてたいていは薬をくれたひとにたいして、密かな恨みを抱くようになるのだ。 自己愛の本質とは自分しか愛さず、自分しか尊敬しないことだ。 しかし次のような場合、人はどうしていいかわからなくなる。 愛してやまない自分が実は欠点だかけで悲惨のどん底に有るのに為す術がない場合である。 このような困惑の中に置かれると、人間の中に最も不正で罪深い情念が芽生えてくる。 自分の欠点を誰にも知られないよう覆い隠そうと全力を尽くすのだ。 気晴らしと人間の尊厳 は、無為と倦怠こそが人間にとっての一番の苦悩であるとした。 それを気晴らしによって解消することになるが、会話や賭けごとは一時的な逃避にすぎない。 労働すらも気晴らしにすぎない。 そして、それらすべては、死に対する気晴らしであるといえる。 人間は生まれながら死に向かっている存在であるが、その死に対して壁を作り、気晴らしを絶えず作ることによって死を考えないようにしてしまう。 さて、死を考えてしまうことは人間の固有の苦悩であり、原罪であるといえる。 しかし、は、この考える事、それ自体が尊厳であるとも言う。 考え続けることこそが人間の生きること、尊厳につながるとした。 私は人間の不幸はたったひとつのことから来ているという事実を発見した。 人は部屋の中にじっとしたままでいられないということだ。 会話や賭けごとなどの気晴らしにふけるのも、ただじっとしていられないからにすぎないからである。 「人間は考える葦である」パンセ 人間は一本の葦のように弱い存在であるが、考えることができる。 その点で人間の尊厳を見出すことができる。 私達の理性には限界があり、世界のすべてを知ることはできない。 しかし、考えることが人間の人間たる所以であるならば、我々は考え続けなければならない。 人間は一本の葦にすぎない。 自然の中でもっとも弱い生物のひとつにすぎない。 しかしそれは考える葦なのだ。 人間を押しつぶすためには全宇宙が武装する必要はない。 一滴の水でさえ、人間を殺すに足りる。 しかしたとえ宇宙が人間を押しつぶしたとしても、人間は宇宙よりも気高いといえる。 なぜなら人間は自分が死ぬことを、宇宙の方が自分よりはるかに優位であることを知っているからだ。 宇宙はこうしたことを知らない。 ゆえに私達の尊厳はすべて考えることの中にある。 私たちは、考えるというところから立ち上がらなければならない。 よく考えることに努めなければならない。 ここに道徳の真理がある。

次の

「考える葦」豊かな人生を創るために…

人は考える葦である

スポンサーリンク 考えることが大好きだった幼少期 私は子供の頃から1人でいる時は、ずっと考えるのが当たり前でした。 小学生の頃は、 『週刊かがくる』という子ども向けの科学雑誌を読むのが好きなくらい世の中のハテナについて考えるのが好きだったのです。 人間は生き物ですから、動物です。 しかし、動物と違って私達人間は考えること ができます。 これは、普通のことのように感じますが、 実はすごく素晴らしいことです。 人は考える葺である 『人間は1本の葦にすぎず、自然の中では最も弱い者である。 だがそれは考える葦である』 『パンセ』より 「人間は考える葦」これはパスカルの有名な言葉ですね。 以下、解説を入れておきます。 無限の宇宙と比較したら、人間はちっぽけな葦のように頼りない存在。 宇宙が人間を殺すことなんて一雫の露ほどの力でいいんだ。 でも、それを知っている人間は「考える葦」であって、それを知らない宇宙よりも素晴らしいんだよという事です。 解説『眠れないほどおもしろい哲学の本-富増章成より』 人間がなぜ新しい商品や技術を生み出し、世の中をもっと上手くしていけるのか、それは 考える力が備わっており、考えることを止めない人がいるからです。 バリ島の現地の人達はのんびりしています。 空港から目的地まで車を走らせる90分間、私は車の窓からたくさんのバリ人を見てきました。 道端で座っておしゃべりしている若者。 怠そうに店番をしている人。 時間が止まっているかのようでした。 この人達は何を考えて生きているのだろう? 教育水準も高いわけでもないと案内の運転手に聞いていましたし、結婚できる年齢になれば結婚して、たくさんの子どもを持つ。 そして、仕事をして暮らす。 人はそれぞれですが、皆んな同じような人生だと、少なくともあの時私には見えたのです。 知識があっても、それを使わなければ知識がないように、 考える能力があっても、それを使わないのであれば持っている意味がないのではと私は感じました。 もちろんまだ幼い子ども仕方がありませんが、成人になってもしっかり考えられない人があまりにも多いです。 考える努力をせず、感情のままで生きていて人を脅かす人をみると、なんて子どもっぽいのだろう と思ってしまいます。 考えるのがめんどくさい人は甘えてる 大学生の頃、 「人は考えることよって、ようやく人になる」と気づいた出来事 がありました。 ある授業テキストの中の会話で、マイセン ドイツのブランドの食器 が話に出てきました。 そこで、値段はいくらみたいな話になっていたのです。 その内容の予習時にある疑問が浮かんだのです。 それは、このお皿とグラスって、日本円でいくらだろう?ということです。 また、「教授もなんだか質問してきそうだぞと思いました」 私は予習時や、授業前は教授がどんな問いかけをしてくるかある程度シミュレーションしたものです。 そこで、 当時のレートを確認し、授業前に計算していたのです。 すると、狙った通り、教授が「今1ユーロ日本円でいくらか分かる人?」と聞いてきたのです。 私は手を挙げて答えたのですが、実は誰も手を挙げていませんでした。 私はなぜ他の学生は疑問に思わなかったのだろうと思いました。 「考えるのがめんどくさい」それは甘えです。 考える力が至っていないのです。 そのため、考えない人は生きることができないとも思います。 何も考えずに生きても日本では生活ができるのかもしれませんが、 仕事が覚えられず解雇されたり、人に騙されたり、行き当たりばったりになってしまいます。 シンプルにまとめると、 考える能力は人間だけに与えられたスキルだから、それに感謝して、もっと考えましょうということです。 動物のように何も考えずに感情の赴くまま生きている人の人生より、遥かに「人間の持つ力を発揮している!」と思いませんか? ちなみにこちらはすごく参考になった本です。

次の