ドライブ モード iphone。 iOS 13の新機能36連発!

iPhone iOS11 新機能 ドライブモードの設定方法と使い方

ドライブ モード iphone

iPhoneにはiOS 11からドライブモードと呼ばれる機能があります。 この機能は利用者が運転していると判断すると、自動的に通知をオフにする機能です。 ドライブ機能自体、便利といえば便利なのですが、運転していることを検知する基準が「ある一定以上の速度で移動している」ことのため、電車やバスに乗っているときも自動的にドライブモードになってしまいます。 そのため、運転していない時、例えば電車やバスで移動中に通知が来ないなど不便な思いをすることも十分ありえます。 そこでドライブモードへの切り替えを自動ではなく、手動で切り替えることで、その不便さを解消しようというものです。 コントロールセンターでドライブモードのオン・オフを切り替える ドライブモードを手動で切り替えるには、コントロールセンターにドライブモードのボタンを追加して使います。 追加の方法は以下の通りです。 設定を開く• コントロールセンターをタップ• コントロールセンターをカスタマイズをタップ• 運転中の通知を停止をタップ• コントロールセンターに車のアイコンが追加される コントロールセンターに表示された車のアイコンをタップすると、ドライブモードのオンオフを行えるようになりました。 ロック画面でも切り替えが可能なので、手軽に切り替えることができます。 ドライブモード後に通知はロック画面に表示される ドライブモードにすると、ドライブモード中はずっと通知が来ません。 では、ドライブ中に来たメッセージやメール、アプリの通知はどうなるのか?というと、ドライブモードを解除した後、ロック画面(ロックスクリーン)に表示されます。

次の

故意に「ドライブモード設定」にしている人への連絡方法

ドライブ モード iphone

公共モード 運転中や利用を控えたい公共の場所などで着信した場合、発信者にガイダンスで応答します。 公共モード(ドライブモード)と電源OFF用の設定を使い分けできます。 お申込み: 不要 月額使用料: 無料• POINTサービスのポイント ・ 運転中や電話を控えたい公共の場所などでも安心 運転中はもちろん、図書館などの通話を控えたい場所でもご利用いただけます。 ・ 飛行機の中や病院などで、電源を切っても大丈夫 電波の影響が心配な場所(飛行機の中や病院など)でご利用いただける、電源OFF向けの音声ガイダンスを提供しています。 ・ 着信動作はありません ガイダンスによって発信者に通話をお断りし、着信動作(着信音、振動、発光など)もありません。 留守番電話や転送でんわなどのサービスとの併用も可能です。 iPhoneご購入のお客様へ 公共モード(電源のOFF)のみに対応しています。 詳細情報• 携帯電話のマナー 気配り上手は、携帯電話上手、あなたのマナーが素敵なコミュニケーションを広げます。

次の

iPhoneでドライブモードにできない(車のボタンがない)時の対処法

ドライブ モード iphone

iPhone本体には「ドライブモード」がない Apple社の人気スマートフォン「 iPhone」ですが、実は 本体には「ドライブモード」という名称の機能はありません。 ガラケーなどには標準機能として本体に設定があったりもしましたが、iPhoneにはないのですね。 しかしながら運転中となればスマートフォンを利用するのは危険ですから、何らかの対策は必要になってきます。 電源を切るというのも1つの手ですが、緊急時に出れない可能性というも考慮すべき。 ではどんな設定をしておけば良いのでしょうか。 電源を切る 安全対策としては、まずは iPhoneの電源を切ってしまうことです。 これなら着信があっても鳴らないですし、携帯電話に気をとられることもありません。 ただしこの場合は電源がOFFになっているので、着信をリアルタイムで把握できません。 例えば緊急の用事などが発生した場合に対応できないのがデメリットです。 機内モードを利用する iPhoneに搭載されている 「機内モード」をONにすれば、通話・通信ともに遮断することが可能です。 ただし通信を遮断しているので、こちらもリアルタイムで着信を把握することができません。 出典: 基本的には電源OFFとほぼ同じ効果ですが、例えば運転が終了した後にいちいち電源をONにする時間が無駄なので、そういった意味でワンタッチで設定できる機内モードは便利です。 キャリアの留守電サービスを利用する 留守番電話サービスの機能を利用すれば、電話をかけた相手は自分が出れない時に伝言を残すことが可能です。 大手キャリア3社はこういったサービスを提供しているので、もし電話に出れない場合でも伝言を残してもらえる環境を作ることで、安心してドライブが可能です。 格安SIMサービスでは留守電機能を提供している会社としていない会社があります。 ただし現在はクラウドの留守電サービスを提供している会社もありますし、転送電話をうまく活用すると月額無料で転送を行うことも可能です。 こちらの方法は別記事でまとめているので、気になる方はこちらも確認して見ましょう。 iPhoneでは、ドライブモードのかわりに「おやすみモード」を活用しよう すでに紹介した方法は「電源を切る」であったり「留守電を残してもらう」であったりと、緊急時の通話はすぐに気付くことができません。 ではどのような機能を利用すると「緊急時も対応できて、運転もしっかりできる」のでしょうか。 実際に携帯電話を使用する際には、法律や条例を守りましょう。 おやすみモードとは 出典: おやすみモードとは、名の通り寝ている時に電源をONにしながらも通知をOFFにすることが可能 正確には、通知は来ますが音をOFFにすることが可能 です。 具体的には「着信音、警告音、通知音を消音にすることができる」機能を備えています。 これはiPhone本体に搭載されている設定項目から簡単に変更可能です。 ではなぜおやすみモードがドライブ中に活用できるかというと、以下2つの機能が関係しています。 指定した相手からの着信を許可する 指定した相手から電話がかかってきたときは着信音が鳴るように設定可能。 繰り返しの着信で鳴らす 同じ相手から3分以内に2回電話がかかってきた場合に着信音が鳴るように設定可能。 例えばおやすみモードは基本通知音をシャットダウンしていますが、「指定した相手からの着信は許可をする」ことができます。 なので例えば子供の電話番号であったり、両親の電話であったり、 緊急時用に常に待ち受けておきたい番号に関しては着信と通知が可能です。 また「同じ相手から3分以内に2回電話」がかかってきた時に着信音を鳴らす設定も可能です。 これらの設定は例えば 緊急を要する電話の時、短い時間で何度か着信した場合にすぐ気付くことが可能です。 上記2つの機能を使えば、緊急を要する可能性のある通話には気付くことが可能です。 もしドライブモード「的」な機能を利用したいのであれば、タイプは違いますが運転中にも緊急の電話に気付けるとという意味では、設定しておいた方が良い場合もあるでしょう。

次の