バーキンソンの凡俗法則。 パーキンソンの法則

どうしようもないムダな会議がある理由: サラヒン 〜 サラリーマンの仕事のヒント

バーキンソンの凡俗法則

1957年の政治学者 C. が『』に発表した。 のやの数は減っているのに,のの数が大幅にふえている事実などから「ラインの仕事量は同じであっても,スタッフは年 5. 17~6. こういったスタッフ機能の増殖は,運営上の非効を生み出すだけでなく,現場情報からの かいり を引起し,市場に対する適切で素早い対応を妨げるようになる。 そこで企業は,スタッフ部門を独立採算化したり,本社機能を意識的に縮小させるなどさまざまな対策を試みている。 その第一「法則」は、公務員の数は、なすべき仕事の軽重とか仕事の有無に関係なく、上級公務員が出世するために部下の数を増やす必要があることから、一定の割合で増加するというもので、それを数式で表現している。 第二「法則」は、国の財政では、個人の家計と異なり、まず支出を決定してから収入を定める悪慣行があるため、課税は無限にあがるというもの。 彼はこれを「かねは入っただけ出る」と表現している。 そのほかにも、委員会の定員は5人に限ることが必要で、20人以上になれば運営不能である、とか、公務員はお互いのために仕事をつくり合う、などの、数多くの「法則」が説かれ、皮肉たっぷりな表現で官僚機構の弊害が指摘されている。

次の

パーキンソンの法則

バーキンソンの凡俗法則

1957年の政治学者 C. が『』に発表した。 のやの数は減っているのに,のの数が大幅にふえている事実などから「ラインの仕事量は同じであっても,スタッフは年 5. 17~6. こういったスタッフ機能の増殖は,運営上の非効を生み出すだけでなく,現場情報からの かいり を引起し,市場に対する適切で素早い対応を妨げるようになる。 そこで企業は,スタッフ部門を独立採算化したり,本社機能を意識的に縮小させるなどさまざまな対策を試みている。 その第一「法則」は、公務員の数は、なすべき仕事の軽重とか仕事の有無に関係なく、上級公務員が出世するために部下の数を増やす必要があることから、一定の割合で増加するというもので、それを数式で表現している。 第二「法則」は、国の財政では、個人の家計と異なり、まず支出を決定してから収入を定める悪慣行があるため、課税は無限にあがるというもの。 彼はこれを「かねは入っただけ出る」と表現している。 そのほかにも、委員会の定員は5人に限ることが必要で、20人以上になれば運営不能である、とか、公務員はお互いのために仕事をつくり合う、などの、数多くの「法則」が説かれ、皮肉たっぷりな表現で官僚機構の弊害が指摘されている。

次の

パーキンソンの法則(ぱーきんそんのほうそく)とは

バーキンソンの凡俗法則

第1法則 [ ] パーキンソンの法則は、英国のを幅広く観察した結果に基づくもので、たとえば、が縮小していたにもかかわらず殖民地省の職員数は増加していたとパーキンソンは指摘している。 パーキンソンによれば、このような結果は、• 役人はライバルではなく部下が増えることを望む• 役人は相互に仕事を作りあう という2つの要因によってもたらされる。 コンピュータへの応用 [ ] パーキンソンの法則には、に関するバリエーションもあり、それは「量は与えられたのスペースを満たすまで膨張する」というものである。 システムに組み込まれるメモリー容量の増加は、より多くのメモリーを必要とする技術の発展を促すのである。 過去10年間の傾向として、システムのメモリー使用量はおおむね18ヶ月ごとに倍増している()。 幸いなことに単価当りのメモリー量も12ヶ月ごとに倍増してきたが、この傾向には物理的な限界があり、永遠に続くことはない。 パーキンソンの法則は、より一般的に、「ある資源に対する需要は、その資源が入手可能な量まで膨張する」という形で述べることもできる。 わかりやすい例を挙げれば、「どんなに大きなを買っても、必ず満杯になる」。 パーキンソンの凡俗法則 [ ] 詳細は「」を参照 『パーキンソンの法則』で提唱された法則には、(第1・第2法則とは内容の関連が低い)「組織はどうでもいい物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く」というものもあるが、こちらは区別してと呼ばれる。 脚注 [ ]• 文献 [ ]• パーキンソン 『パーキンソンの法則』、訳 至誠堂、1961年。 パーキンソン 『パーキンソンの法則 部下にはよませられぬ本』、訳 至誠堂〈至誠堂新書〉、1965年。 パーキンソン 『かねは入っただけ出る パーキンソンの第二法則』、訳 至誠堂、1962年。 パーキンソン 『パーキンソンの第2法則 かねは入っただけ出る』、訳 至誠堂〈至誠堂新書〉、1965年。 パーキンソン 『新編パーキンソンの法則 先進国病の処方箋』、訳 、1981年3月。 関連項目 [ ]•

次の