年金 払えない。 国民年金基金が払えなくなったら年金はもらえなくなる?

国民年金未納の恐ろしい結末とは?当てはまる人は急いで対策を

年金 払えない

最近、年金に関するニュースを目にすることが多いと感じることはありませんか。 現在既に年金をもらっている年代の方に比べて、現役世代、特に若い世代の方は「自分達は年金をもらえないかもしれないのに、払う保険料が高すぎる」と感じている方も多いでしょう。 そこでこの記事では、• なぜ年金の保険料が高すぎるのか• 年金を払っていない人はどのくらいいるのか• 年金を払わないとどうなるのか• 年金を払えない場合の対処方法 などに関して、できるだけわかりやすく解説していきます。 「高すぎる!払いたくない!」と感じている方も多いと思いますが、だからといって払わなければその分自分の将来に影響することになります。 まずは、年金に関してしっかり理解することが大切ですので、是非最後までお読みいただければと思います。 年金の保険料が高すぎると感じる主な理由の一つ目は、そもそも年金制度を含めた日本の 社会保障制度が比較的充実していることが背景にあります。 充実した社会保障を実現するためにはどうしてもコストがかかってしまい、源資となる保険料がより多く必要になってしまうからです。 また、二つ目の理由としては、 少子高齢化による影響があります。 年金は将来の自分のための貯金ではなく、現役世代が払った保険料で高齢者を支える仕組みになっています。 そのため、少子高齢化が進めば進むほど、少ない現役世代の人数でたくさんの高齢者を支えなければいけなくなるのです。 現に、 2000年では約4人の現役世代で1人の高齢者を支えていましたが、2019年には約2人で1人を支える状況になっています。 また、厚生年金保険料率は、2004年の13. 93%から18. 3%まで引き上げられています。 このように、充実した日本の社会保障を準備するために、その源資を確保しなくてはならないのに、その源資つまり保険料を払う世代の人口が減少していることが、年金の保険料が高すぎると感じる背景になっているのです。 上で少し触れた「未納者」と「滞納者」の違いについてご説明します。 まず、未納者についてですが、 「未納」の意味は、「納めるべきものを未だ納めていない」ことです。 国民年金の支払が遅れる(納めていない)と支払を求める催促の通知が送られてきますが、 支払期日までに支払えば問題ありません。 仮に払うことができない場合でも、免除制度・納付猶予制度を利用すれば、年金の受給資格期間に含めることができます。 また、免除や猶予となった保険料を後から納める追納制度を使えば、もらえる年金を増やすこともできます。 一方の 「滞納」は「期日を過ぎても納めるべきものを納めていないこと」という意味になり、上の「未納」とは若干意味合いが異なっています。 「未納」の時点で催促したにもかかわらず、期日までに納めていないということから、「滞納」の方がより厳しく、滞納処分の対象として扱われます。 段階的に催告状や督促状などを経て、それでも支払わない場合には、 最終的に財産の差し押さえまでされてしまいます。 まずわかりやすいのは、 払う年金が少なければもらう年金もそれだけ少なくなるということです。 年金を満額もらうには、40年=480ヶ月払う必要があるのですが、払っていない月数に比例してもらう年金は少なくなります。 また、年金は加入年数が10年以上ないともらうことができないため、 払った期間が10年に満たない場合は1円ももらえないことになってしまいます。 年金は終身保障ですので死ぬまでもらえるお金です。 従って減額されると、長く生きれば生きるほどその分損をしてしまうことになります。 短期的には少しの金額に見えても、年金を払って少しでも加入期間を増やしておくことが、将来の安心につながるといえるでしょう。 免除の場合、その割合に応じて年金額が保障されたり、 猶予の場合でも年金は増えませんが、10年の受給資格期間に含まれるなどのメリットがあります。 また、障害年金や遺族年金を受け取ることもできます。 申請の詳細は以下のとおりです。 【手続きに必要な書類】• 国民年金保険料免除・納付猶予申請書• 雇用保険受給資格者証の写し、または雇用保険被保険者資格喪失確認通知書など、失業していることが確認できる公的機関の証明の写し 【提出先】• 最寄の役所の国民年金担当窓口、または年金事務所 【期限】• 提出期限は特に設定されていないが、なるべく早い提出が望ましい• 最大で2年1ヶ月前までの分を申請することが可能だが、遅れると障害年金などをもらえなくなる可能性がある 国民年金保険料免除・納付猶予申請書は、日本年金機構ホームページからダウンロードまたは、提出先の窓口にもあります。 複雑な手続きではないので、年金を払うのが難しい場合は早めに手続きすることをおすすめします。 また、免除や猶予の制度を利用した場合でも、「追納」の制度を使ってその期間の年金をさかのぼって納めることが可能です。 追納することで、将来受け取る老齢基礎年金の金額を増やすことができます。 具体的には、• 追納が承認された月以前から10年以内であること• 一部免除を受けた保険料のうち、免除を受けていない残りの保険料は全て払っていること• 古い期間の保険料から払うこと などの条件があります。 手続きの方法は、• マイナンバーカード(ない場合は通知カードと、運転免許証・パスポートなど)を提示• 最寄の年金事務所に提出 します。 年金の保険料が高すぎることに関して述べてきましたが、「国民健康保険の保険料も高すぎる」と感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 国民健康保険の保険料は、前年の所得に応じて6月くらいに1年分の金額を通知されます。 従って例えば、自営業の方で前年は収入が多かったが、今年は減ってしまっている場合、前年の所得に応じた保険料となり、「高すぎる!」と感じることになってしまいます。 その場合、 減額免除制度が使えます。 国民保険の保険料は、所得割額、均等割額、平等割額によって構成されていますが、 減額免除制度とは、世帯全員の所得額が基準以下である場合に、均等割額と平等割額 の部分が減額される制度です。 具体的には、以下のように設定されています。 年金の保険料が高すぎることについてご説明してきましたが、もう一度大切なポイントをおさらいしておきましょう。 年金が高い理由は、社会保障制度にかかるコストが高いことと、少子高齢化の影響で少ない現役世代で多くの高齢者を支えなければならないから• 国民年金を払っていない人は約3割• 年金の未納は「未だ払っていない場合」、滞納は「期日を過ぎても払っていない場合」• 滞納を続けると、もらえる年金が減るだけでなく、財産の差し押さえや国から強制的に徴収される場合もある• 年金が払えない場合は、免除や猶予の制度を使う• 国民健康保険の保険料が高すぎる場合にも、減額免除制度が使える いかがでしょうか。 高すぎると感じる方の多い年金ですが、高すぎるからといってそのまま払わないでおくと、もらえる年金が少なくなったり、財産の差し押さえなど大変なことになることがわかりましたね。 高すぎると思っても、 猶予や免除の制度を使って滞納し続けることだけは回避することをおすすめします。

次の

年金を払えないフリーターは、免除か猶予をしないと最悪差し押さえです。

年金 払えない

国民年金保険料っていくら? 令和2年度の国民年金保険料は月額1万6540円です。 翌月末日までに支払わなければなりません。 この15年間で月額約3000円も上がっています。 会社員と公務員は給料からの天引きになるので、実際に月額1万6540円を支払わなくてはならないのは20歳以上60歳未満の自営業者や退職者、所得の高い主婦(夫)、配偶者が会社員・公務員以外の主婦(夫)等です。 失業中等支払うのが大変な場合は、国民健康保険や住民税の支払いが優先されがちで、国民年金保険料は後回しになることが多いようです。 【国民年金の満額についてはコチラの動画をご覧ください】 国民年金保険料を支払わない期間が長期間あるとどうなる? 国民年金保険料を支払わない(滞納)期間が長いと、デメリットは10年の期間を満たせず将来老齢年金がもらえないだけではありません。 障害年金でも保険料納付要件を満たせず、請求もできない事態や家族が遺族年金を受けられない事態もあります。 年金保険料を支払うのが大変に感じるときでも「支払わない」だけではダメなのです。 年金保険料免除・猶予、学生特例納付の申請をしましょう。 多種多様な国民年金保険料免除・猶予制度、基準の所得は? 年金保険料申請免除や猶予は所得の基準や失業や被災に対しての考慮もあります。 まずは所得による基準を確認してみましょう。 市区町村役場の国民年金課で手続きをしてみましょう。 法定免除 生活保護の生活扶助を受けている場合、障害年金1、2級の受給権者は市区町村役場へ「国民年金保険料免除理由該当届」を届け出ると、「全額免除」扱いになります。 申請月から2年1カ月前までの期間について、さかのぼって申請することができます。 前年所得の基準の目安を挙げます。 全額免除が単身で所得57万円以下、妻子1人扶養で所得127万円以下。 半額免除が単身で所得118万円以下、妻子1人扶養で所得188万円以下。 若年者猶予 50歳未満で経済的な理由(低所得等)や離職、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 所得の基準は全額免除と同じです。 学生特例納付 20歳以上の学生のための制度です。 経済的な理由(学生本人の所得が118万円以下)、災害などの特別な理由により保険料が納められないとき。 申請免除や若年者猶予よりこちらの手続きが優先です。 国民年金保険料免除や若年者猶予、学生特例納付の申請は原則、毎年行うこと! 住所地の市区町村役場に保険料の免除・猶予の申請を毎年行い、「保険料滞納期間」を無くするようにしましょう。 今年度(7月から来年6月)年金保険料の免除・猶予が認められても、来年度(来年7月以降)はわからないので忘れずに毎年7月に、保険料免除・猶予の申請をしておく必要があるので気を付けましょう。 ただし「全額免除」「納付猶予」は申請書に翌年度も同じ申請をする旨を書くと、「全額免除」「納付猶予」が認められた人に対して、翌年度は申請書の提出を省略することができます。 学生は毎年4月に学校が窓口で手続きを行っているので、20歳になったら誕生月に、その後は必ず毎年4月に学生特例納付の手続きを行いましょう。 もちろん市区町村役場でも手続きができます。 今年は新型コロナ拡大防止のため、多くの大学等で休校していることでしょう。 入学直後で学生証が発行されてない等の事情がある場合は、更新前の学生証や仮の学生証を添付すれば市区町村役場で申請手続きができます。 学生証や在学証明書等が添付できなくても学生の身分が確認できれば、添付書類なしでも受付してもらえるとのことです。 新型コロナウイルスによる雇止めや失業、廃業などは所得ゼロとして審査 今年に入り、新型コロナ感染拡大を防ぐため、休業をやむなくされた事業所や、雇止めにあったり、失業したりした方も多いことでしょう。 国民年金保険料の支払いですが、通常の状態だと免除申請は、申請者本人、配偶者および世帯主の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が審査の対象になります。 ただし、新型コロナ感染拡大により、失業、事業の廃止(廃業)または休業の届出を行っている場合の免除申請は、失業した方・事業を廃止等された方の所得は、「ゼロ」として審査されるのです。 【関連記事】.

次の

年金の未納はデメリットばかり!年金が払えないフリーターはどうする?

年金 払えない

海外で生活するといいですよ。 しかし、アメリカ・シンガポール等は医療費は100%負担ですし、将来の保障もありません。 先進国で就労ビザを取得するのは、かなり難易度が高いです。 日本が幸せすぎます。 払いたくなければ、払わない裏技はあります(生活が困窮になれば免除)が、一度大きな病気をして働けなくなれば払う気になります。 自殺したいならという人に限って絶対しませんね。 あなたの文章を見てると絶対に生きたいという感じです。 死にたかったらとっくに死んでますよ。 あと、国民年金より、社会保険がいいです。 会社を作って社会保険に加入する方法もありますよ。 ただし、設立費も沢山かかるし、社会保険(年金とセットです)は100%負担です。 就職すれば50%の負担で済みます。 だから、みんな就職したいのです。 その方がお得だからです。

次の