ほっかほっか亭 ほっともっと。 「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」の争いに最高裁が判断

奇跡の店舗発見!分裂したほっともっと・ほっかほっか亭が仲良く営業!弁当はどっちがおいしいかも比較

ほっかほっか亭 ほっともっと

皆さんご存知ですか? 『ほっともっと』が 元々は 『ほっかほっか亭』であったという事を……。 みなさんが一度は食したことがあるであろうこの2つのお弁当屋さん 『ほっかほっか亭』と 『ほっともっと』を比較してみたいと思います! どうして「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」に分かれてしまったのか? ざっくり説明します。 「ほっかほっか亭総本部」という会社があり、九州と山口県以外の西日本エリアを 「株式会社ハークスレイ」が地区本部として店舗を運営し、東日本エリアと、九州と山口県エリアを 「株式会社プレナス」が地区本部として店舗を運営していました。 しかし、経営上の対立で2008年「株式会社プレナス」が「ほっかほっか亭総本部」とのフランチャイズ契約を解約しました! その契約の解除により「株式会社プレナス」が運営していた東日本エリアと、九州と山口県エリアの店舗が 『ほっともっと』という新ブランドで展開することになりました! ここで疑問が生じます。 九州エリアの店舗を運営する株式会社プレナスが 『ほっともっと』をつくったので、九州には 『ほっともっと』だけしか存在しないはずなのです。 ではなぜ? 九州エリアの福岡に 『ほっかほっか亭』が存在するのか? というと、 『ほっともっと』(株式会社プレナス)とフランチャイズ契約することを拒んだ店舗がそのまま 『ほっかほっか亭』として残ることになったという事です! 以上の理由から、福岡に 『ほっかほっか亭』が存在するのです。 まぁーどんな理由があったにしろ、僕達消費者には関係ないですよね! 安くて美味しければ、どちらでもよいのです! 一方 『ほっともっと』はより広い層にアピールするような、ポップさが感じられますね! では、次にお店の見た目を見てみようと思います。 店の外観を比較します ほっかほっか亭 ¥440 (税込)(写真左) ほっともっと ¥490 (税込)(写真右) 『ほっかほっか亭』のビーフ弁当は、牛肉と玉ねぎが入っています。 七味唐辛子が付いています。 錦糸たまごは鮮やかな黄色でいかにも既製品の錦糸たまごって感じです。 紅ショウガはご飯の上に直にのっていています。 牛肉は細切れ肉を使っていて、甘めの味付けです。 普通においしくいただきました。 『ほっともっと』のビーフ弁当は、玉ねぎは入っておらず、牛肉もロースを使っており牛肉たべてるなーって感じがします。 錦糸たまごも見た目では、手作りのような既製品の錦糸たまごです。 紅ショウガも仕切られた所に入れられていて味がご飯につかない仕様です。 こちらの弁当の正式名称は「九州醤油仕立てビーフ弁当」という名前で、醤油も九州醤油特有の香りが良く、コクのある甘さの醤油ダレです。 レモンがついているので、タレがこってりしているがレモン汁を絞るとあっさりと食べることができます! ご飯が何杯もいける感じの味付けで大変うまいです! ほっかほっか亭¥500 (税込)(写真左) ほっともっと¥450 (税込)(写真右) 『ほっかほっか亭』は、ご飯とおかずがひとつになっています。 ポテトサラダとブロッコリー付き。 チキンの下にパスタあり。 チキン南蛮は、はじめからソースがかかった状態です。 黒酢あんで仕上げたチキン南蛮に、具がたっぷりのドロっとしたタルタルソースがかかっています。 黒酢あんもタルタルソースも酸味は感じず甘いです。 とにかく衣も肉もやわらかいです。 『ほっともっと』は、ご飯とおかずが別々に分かれています。 ポテトサラダと漬物付き。 チキンの下にパスタあり。 ソースは別添えで食べる直前にかけます。 甘酢ソースとタルタルソース風のチキン南蛮ソースの2つです。 チキン南蛮は、鶏の胸肉がカラっと揚がっています。 甘酢ソースをかけてから南蛮ソースをかけます。 さらさらしたソースです。 ほどよい酸味が感じられます。 衣はカリッとしていて、肉はやわらかいけどかたさもあります。 2つを比べると、まずソースが全然違います。 『ほっかほっか亭』は普通にタルタルソースなんですが、 『ほっともっと』の方は、タルタルソース風味のドレッシングのような感じです。 『ほっかほっか亭』はこってり甘めで、 『ほっともっと』の方は、さっぱりとした感じでした。 パスタの量は 『ほっかほっか亭』の方が多めでした。 いらないですけど w チキン南蛮でもこんなに違うものなんですね~。 そのほかのメニューの比較 ほっかほっか亭メニュー メニューは 『ほっともっと』より少なめですが、たくさんのメニューがあります。 あと、白ご飯を色んなカスタマイズして自分の好みにできるのです! 白ご飯のカスタマイズ• のり、おかか +50円• 高菜のせ +100円• とりめし +150円• 大盛 +30円• ほっともっとメニュー メニューに関しては、 『ほっともっと』の方が多いです。 メニューは 3つのシリーズに分かれております。 定番ワンプレート :種類も豊富なワンプレートシリーズ• プラスベジ :おかずにフレッシュサラダがついたシリーズ• 定番セパレート :ご飯とおかずが別々になっているシリーズ すべてのメニューのご飯が +30円でもち麦ご飯に変更できます! 大盛 +50円、小盛 ー20円です。 おかずだけにするのなら ー100円になります! サイドメニューの比較 『ほっかほっか亭』は、とん汁、とん汁うどん の2つだけしかありません! これには正直驚きました! とん汁、とん汁うどん はもちろん、汁もの、トッピングのようなもの(揚げ物・焼魚など)、ポテトサラダやサラダ、キムチなどなど沢山あります。 支払い方法の比較 『ほっかほっか亭』は各種支払いに対応しており、QRコード決済では 「PayPay」「R Pay」「メルカリPay」など沢山使えます。 クレジットカードも使えますし、電子マネーや交通系の電子マネーも使えます。 かなり支払方法が充実していると言えるでしょう! これはありがたいですね! がしかし 『ほっともっと』の方は、ネットの注文じゃないとクレジットカードは使えません! 因みに、お互いの店に良い所と劣っている所があり、甲乙つけがたい! と言いたいですが… 『ほっともっと』の方がほとんどの面で優れていると感じました! しかし人気のメニューや、支払い方法によっては『ほっかほっか亭』も優れている所がある、というのが正直なところです。 家の近くには両方のお店があるので幸せやな~。 おすすめの記事です! 他にもポルはこんな記事を書いています 最後までこの記事を読んで頂きありがとうございます! 今後の励みになりますので読者になるボタン、ツイッターのフォロー、ブックマークをポチリとして頂き、コメントなど頂けたらもうー俄然はりきります!!

次の

「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の味や会社の違いを比較してみた。

ほっかほっか亭 ほっともっと

皆さんご存知ですか? 『ほっともっと』が 元々は 『ほっかほっか亭』であったという事を……。 みなさんが一度は食したことがあるであろうこの2つのお弁当屋さん 『ほっかほっか亭』と 『ほっともっと』を比較してみたいと思います! どうして「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」に分かれてしまったのか? ざっくり説明します。 「ほっかほっか亭総本部」という会社があり、九州と山口県以外の西日本エリアを 「株式会社ハークスレイ」が地区本部として店舗を運営し、東日本エリアと、九州と山口県エリアを 「株式会社プレナス」が地区本部として店舗を運営していました。 しかし、経営上の対立で2008年「株式会社プレナス」が「ほっかほっか亭総本部」とのフランチャイズ契約を解約しました! その契約の解除により「株式会社プレナス」が運営していた東日本エリアと、九州と山口県エリアの店舗が 『ほっともっと』という新ブランドで展開することになりました! ここで疑問が生じます。 九州エリアの店舗を運営する株式会社プレナスが 『ほっともっと』をつくったので、九州には 『ほっともっと』だけしか存在しないはずなのです。 ではなぜ? 九州エリアの福岡に 『ほっかほっか亭』が存在するのか? というと、 『ほっともっと』(株式会社プレナス)とフランチャイズ契約することを拒んだ店舗がそのまま 『ほっかほっか亭』として残ることになったという事です! 以上の理由から、福岡に 『ほっかほっか亭』が存在するのです。 まぁーどんな理由があったにしろ、僕達消費者には関係ないですよね! 安くて美味しければ、どちらでもよいのです! 一方 『ほっともっと』はより広い層にアピールするような、ポップさが感じられますね! では、次にお店の見た目を見てみようと思います。 店の外観を比較します ほっかほっか亭 ¥440 (税込)(写真左) ほっともっと ¥490 (税込)(写真右) 『ほっかほっか亭』のビーフ弁当は、牛肉と玉ねぎが入っています。 七味唐辛子が付いています。 錦糸たまごは鮮やかな黄色でいかにも既製品の錦糸たまごって感じです。 紅ショウガはご飯の上に直にのっていています。 牛肉は細切れ肉を使っていて、甘めの味付けです。 普通においしくいただきました。 『ほっともっと』のビーフ弁当は、玉ねぎは入っておらず、牛肉もロースを使っており牛肉たべてるなーって感じがします。 錦糸たまごも見た目では、手作りのような既製品の錦糸たまごです。 紅ショウガも仕切られた所に入れられていて味がご飯につかない仕様です。 こちらの弁当の正式名称は「九州醤油仕立てビーフ弁当」という名前で、醤油も九州醤油特有の香りが良く、コクのある甘さの醤油ダレです。 レモンがついているので、タレがこってりしているがレモン汁を絞るとあっさりと食べることができます! ご飯が何杯もいける感じの味付けで大変うまいです! ほっかほっか亭¥500 (税込)(写真左) ほっともっと¥450 (税込)(写真右) 『ほっかほっか亭』は、ご飯とおかずがひとつになっています。 ポテトサラダとブロッコリー付き。 チキンの下にパスタあり。 チキン南蛮は、はじめからソースがかかった状態です。 黒酢あんで仕上げたチキン南蛮に、具がたっぷりのドロっとしたタルタルソースがかかっています。 黒酢あんもタルタルソースも酸味は感じず甘いです。 とにかく衣も肉もやわらかいです。 『ほっともっと』は、ご飯とおかずが別々に分かれています。 ポテトサラダと漬物付き。 チキンの下にパスタあり。 ソースは別添えで食べる直前にかけます。 甘酢ソースとタルタルソース風のチキン南蛮ソースの2つです。 チキン南蛮は、鶏の胸肉がカラっと揚がっています。 甘酢ソースをかけてから南蛮ソースをかけます。 さらさらしたソースです。 ほどよい酸味が感じられます。 衣はカリッとしていて、肉はやわらかいけどかたさもあります。 2つを比べると、まずソースが全然違います。 『ほっかほっか亭』は普通にタルタルソースなんですが、 『ほっともっと』の方は、タルタルソース風味のドレッシングのような感じです。 『ほっかほっか亭』はこってり甘めで、 『ほっともっと』の方は、さっぱりとした感じでした。 パスタの量は 『ほっかほっか亭』の方が多めでした。 いらないですけど w チキン南蛮でもこんなに違うものなんですね~。 そのほかのメニューの比較 ほっかほっか亭メニュー メニューは 『ほっともっと』より少なめですが、たくさんのメニューがあります。 あと、白ご飯を色んなカスタマイズして自分の好みにできるのです! 白ご飯のカスタマイズ• のり、おかか +50円• 高菜のせ +100円• とりめし +150円• 大盛 +30円• ほっともっとメニュー メニューに関しては、 『ほっともっと』の方が多いです。 メニューは 3つのシリーズに分かれております。 定番ワンプレート :種類も豊富なワンプレートシリーズ• プラスベジ :おかずにフレッシュサラダがついたシリーズ• 定番セパレート :ご飯とおかずが別々になっているシリーズ すべてのメニューのご飯が +30円でもち麦ご飯に変更できます! 大盛 +50円、小盛 ー20円です。 おかずだけにするのなら ー100円になります! サイドメニューの比較 『ほっかほっか亭』は、とん汁、とん汁うどん の2つだけしかありません! これには正直驚きました! とん汁、とん汁うどん はもちろん、汁もの、トッピングのようなもの(揚げ物・焼魚など)、ポテトサラダやサラダ、キムチなどなど沢山あります。 支払い方法の比較 『ほっかほっか亭』は各種支払いに対応しており、QRコード決済では 「PayPay」「R Pay」「メルカリPay」など沢山使えます。 クレジットカードも使えますし、電子マネーや交通系の電子マネーも使えます。 かなり支払方法が充実していると言えるでしょう! これはありがたいですね! がしかし 『ほっともっと』の方は、ネットの注文じゃないとクレジットカードは使えません! 因みに、お互いの店に良い所と劣っている所があり、甲乙つけがたい! と言いたいですが… 『ほっともっと』の方がほとんどの面で優れていると感じました! しかし人気のメニューや、支払い方法によっては『ほっかほっか亭』も優れている所がある、というのが正直なところです。 家の近くには両方のお店があるので幸せやな~。 おすすめの記事です! 他にもポルはこんな記事を書いています 最後までこの記事を読んで頂きありがとうございます! 今後の励みになりますので読者になるボタン、ツイッターのフォロー、ブックマークをポチリとして頂き、コメントなど頂けたらもうー俄然はりきります!!

次の

「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」の違いを教えてください。

ほっかほっか亭 ほっともっと

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年1月) を皮切りに、"Honesty"(まじめに)"Hot"(つねにあたたかいお弁当)"Heart"(こころをこめて)の『3H』を基本理念として、銘柄米を使った炊きたてのと作りたてのという、それまでの弁当販売の概念を覆すメニューを提供した。 (昭和53年)4月に株式会社化。 (昭和56年)に 株式会社を設立し、各事業会社が同社のフランチャイジーとして店舗を運営する形態に変更した。 2008年(平成20年)5月時点では、株式会社ハークスレイが・以外ので、・九州地方・山口県エリアでは株式会社が、として店舗を運営(直営ないし加盟店への委託)していた。 しかしプレナスが2008年(平成20年)5月14日をもってフランチャイズ契約を解消した。 (詳しくは「」の項目を参照のこと)。 これにより、同社の直営・加盟店を合わせて3,294店あった店舗のうちの2,028店と、サンコー株式会社が運営する茨城地区の50店の、合わせて2,078店が新ブランド「」に転換したため 、(平成20年)5月15日時点での店舗数は1,363店となった。 約2,300店を展開していたが持ち帰り弁当業界首位に浮上し、ほっかほっか亭は業界3位に転落した。 しかしプレナスのエリアから完全に店舗がなくなったわけではなく、一部の店舗がほっかほっか亭として存続したほか、解約後、当エリア内にほっかほっか亭としての新規出店も行われている。 ほっかほっか亭は2018 年現在も持ち帰り弁当店の店舗数は3位である。 なお、(平成27年)10月現在、・・・・・・には店舗がない。 エリアフランチャイズにより地域ごとに運営会社が異なっているため、メニューなども地域ごとに違っている。 2008年(平成20年)より新ブランドロゴへ一新された(ブランドカラーの赤と黄色は以前と同様継続し、「3H」を模した3つの「H」が描かれている)。 以前は、ほっかほっか亭の頭文字の「H」をデザイン化し、側面には「HOKKAHOKKATEI」と書かれていた。 店頭のブランドロゴは順次、新ブランドロゴへ入替中ではあるが、現在 [ ]でも旧ブランドロゴで営業している店舗もある。 にほっかほっか亭総本部はハークスレイの完全子会社となり、同年に同社に合併され消滅した。 これによりほっかほっか亭は、かつてフランチャイジーだったハークスレイがフランチャイザーとなって運営する店舗に移行した。 各地区本部 [ ] 2015年(平成27年)9月30日以前の各地区本部については「」を参照 東日本(旧・株式会社ほっかほっか亭総本部直轄)・山口県・九州エリアはかつてプレナス直営・加盟店だった。 プレナスがフランチャイズ契約を解約したため、鹿児島県にある鹿児島食品サービスは総本部直轄の地区本部となり、他地域は総本部が、直営店を含めたほっかほっか亭へ残留した店舗の運営・管理指導を行ってきた(解約当時は、熊本県にあるマルコフーズがほっかほっか亭熊本地区本部を設立し運営していたが、自己破産を申請したためハークスレイの運営となった)。 2008年(平成20年)4月、はほっかほっか亭総本部と新規契約しほっかほっか亭宮崎地区本部を設立、同年7月には西日本畜産株式会社とも新規契約し、前述の2社とあわせて九州地区の各地区本部となった。 運営会社 地区 株式会社ハークスレイ (直轄) 当初から運営 、、、、、 、、(除く)、、 、、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭総本部ほか 、、、、、、 、、、、、 株式会社ハークスレイ福岡支店 (旧・株式会社ほっかほっか亭総本部福岡支店) 、、 連結子会社 株式会社鹿児島食品サービス (ほっかほっか亭鹿児島地区本部) 業務提携 株式会社ほっかほっか亭京滋地区本部 、 株式会社ほっかほっかフーヅ (ほっかほっか亭四国地区本部) 、、、、兵庫県(淡路島のみ) 株式会社みちのくジャパン (ほっかほっか亭岩手地区本部・青森地区本部) 、 西日本畜産株式会社 (ほっかほっか亭大分地区本部) 株式会社ほっかほっか亭宮崎地区本部 弁当メニュー [ ] メニューやキャンペーンは、運営会社・地区により異なっている。 岡山県のラジオ局の場合は四国の一部や兵庫県の一部でも受信できる為に「四国・淡路島は対象外となります」というアナウンスが最後に入る。 問題 [ ]• (平成19年)11月10日 - 山梨県の山梨万力店(旧プレナス管理店)にて、店長の指示によるの改竄が行われていたことが、同店に勤務していたパート店員のにより発覚。 パート店員は店長に対して改竄をやめるよう進言したところ、店長により解雇された。 ほっかほっか亭は、同店店長を無期出社停止にすると同時に、内部告発したパート店員を別店舗にて再雇用すると発表した [ ]。 脚注・出典 [ ].

次の