マトリックス 監督。 『マトリックス』のウォシャウスキー姉弟が姉妹に!

「マトリックス」ウォシャウスキー姉弟、弟も性転換してウォシャウスキー姉妹に : 映画ニュース

マトリックス 監督

来歴 [ ] ラナ・ウォシャウスキーは ローレンス・ウォシャウスキー 通称ラリー。 Laurence "Larry" Wachowski として1965年に、リリー・ウォシャウスキーは アンドリュー・ポール・ウォシャウスキー 通称アンディ。 Andrew Paul "Andy" Wachowski として、1967年にで生まれた。 母リンは看護師・画家で、俳優のは2人のおじに当たる。 父ロンはポーランド系のビジネスマンであった。 それぞれ1983年と1986年にシカゴのホイットニー・ヤング高校を卒業。 当時の在校生によると、2人は『』をプレイしたり、校内の演劇やテレビの制作に携わったりしていた。 ラナはのに、リリーはのに進んだ。 しかし2人とも中退し、で大工業を営むかたわらコミックの創作に勤しんだ。 最初に書いた脚本『』はによって購入され、によって1995年に公開された。 1996年の映画『』で監督デビューを飾り、1999年の第2作『』で名声を手にした。 以後、『』と『』の2つの続編の脚本と監督を務め、その他の媒体でも『マトリックス』シリーズの展開に携わった。 『マトリックス』シリーズの成功後、2008年にはの日本のテレビアニメ『』に基づく『』を発表するが、批評面・興行面ともに失敗に終わった。 続くと共同で脚本・監督を務めた『』はの小説の映画化で、2012年10月26日に北米で公開された。 コミック作品 [ ] 映画製作に携わる以前に2人が書いていたコミック作品には、1993年にの『 』に連載された作『 』や、『』、『』といったバーカーの映画の翻案がある。 また2人は2003年に設立したバーリーマン・エンターテインメント を通じて『』シリーズ関連のコミックを出版している。 私生活 [ ] ラナがであるとする噂は2000年代初頭からあったが、2人はこれについて直接言及してこなかった。 によると、ラナは2008年の『』後にを終えた。 2010年以降の記事で『』や『』は2人を「アンディ・アンド・ラナ 旧称ラリー ・ウォシャウスキー」と呼んでいる。 一部の公的文書には「ラナ・ウォシャウスキー」 Lana Wachowski と記されている。 2012年7月、ラナは『』の解説映像で初めて女性として公の場に姿を現した。 2012年10月、ラナはLGBT団体 ()から「認知賞」を受賞し、スピーチで初めて自身の少年時代やジェンダーにまつわる体験を明かした。 リリーは、1991年よりアリサ・ブレイジンゲームと結婚している。 2016年3月8日、性別適合手術を済ませて、「アンディ」から「リリー」と名乗ることを表明した。 姉妹共に日本のアニメファンとして知られ、ラナは『』や作品が大好きだと語っている。 過去に面会したによれば、妹は対人関係が苦手で、一切口を聞かず目も合わせなかったという。 交渉などは当時の姉に任せていたという。 でもあり、はマトリックス撮影後に初めてプレイしたゲームであり、とは文通や対談も行った。 フィルモグラフィー [ ] 映画 [ ] 公開年 タイトル 担当 備考 監督 脚本 製作 製作総指揮 1995年 Assassins No Yes No No 1996年 Bound Yes Yes No Yes 1999年 The Matrix Yes Yes No Yes 2003年 The Matrix Reloaded Yes Yes No Yes The Animatrix No Yes Yes No 脚本は「ファイナル・フライト・オブ・ザ・オシリス」「「セカンド・ルネッサンス パート1」 「セカンド・ルネッサンス パート2」「キッズ・ストーリー」のみ The Matrix Revolutions Yes Yes No Yes 2006年 V for Vendetta No Yes Yes No 2007年 The Invasion No Yes No No 追加シーン、クレジットなし 2008年 Speed Racer Yes Yes Yes No 2009年 Ninja Assassin No No Yes No 2012年 Cloud Atlas Yes Yes Yes No と共同監督 2015年 Jupiter Ascending Yes Yes Yes Yes 監督初の3D作品 Sense8 Yes Yes Yes Yes ウェブテレビジョンシリーズ ビデオゲーム [ ] 発売年 タイトル 担当 監督 脚本 2003年 Enter the Matrix Yes Yes Yes No 2005年 Yes Yes 今後の作品 [ ] ワーナーが映画化を企画している脚本にはの物語を基にした『 Hood』がある。 また、を題材に兵士の同性愛やの暗殺を描く『 CN-9』という映画の構想があったが、出資者が見つからず頓挫している。 脚注 [ ]• Silverman, Stephen M. 2004年5月19日. 2012年8月21日閲覧。 Film Reference. Advameg. 2012年8月21日閲覧。 The World of English. の2007年12月12日時点におけるアーカイブ。 2016年3月17日閲覧。 2012年8月21日閲覧。 2012年8月21日閲覧。 Wise, Damon 2008年5月3日. 2012年8月21日閲覧。 Buchanan, Jason. 2012年8月21日閲覧。 Prometheus Global Media. の2015年3月11日時点におけるアーカイブ。 2016年3月17日閲覧。 Cieply, Michael 2011年12月5日. 2012年8月21日閲覧。 Wilkinson, Peter 2006年1月12日. の2006年7月5日時点におけるアーカイブ。 2012年8月21日閲覧。 Doty, Meriah 2012年7月30日. Movie Talk. 2012年8月21日閲覧。 Abramovitch, Seth 2012年10月24日. Prometheus Global Media. 2012年10月26日閲覧。 com 2016年3月9日. 2016年3月9日閲覧。 週刊SPA! 勝つために戦え!〈監督ゼッキョー篇〉p. 316• Ike Sato, Yukiyoshi October 5, 1999. "Hideo Kojima Speaks About The Matrix". GameSpot. com. Sperling, Nicole; Spines, Christine 2007年8月10日. 2012年8月21日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語).

次の

新作『マトリックス4』について徐々に明らかに!内容にまつわる様々な”仮説”も浮上?

マトリックス 監督

来歴 [ ] ラナ・ウォシャウスキーは ローレンス・ウォシャウスキー 通称ラリー。 Laurence "Larry" Wachowski として1965年に、リリー・ウォシャウスキーは アンドリュー・ポール・ウォシャウスキー 通称アンディ。 Andrew Paul "Andy" Wachowski として、1967年にで生まれた。 母リンは看護師・画家で、俳優のは2人のおじに当たる。 父ロンはポーランド系のビジネスマンであった。 それぞれ1983年と1986年にシカゴのホイットニー・ヤング高校を卒業。 当時の在校生によると、2人は『』をプレイしたり、校内の演劇やテレビの制作に携わったりしていた。 ラナはのに、リリーはのに進んだ。 しかし2人とも中退し、で大工業を営むかたわらコミックの創作に勤しんだ。 最初に書いた脚本『』はによって購入され、によって1995年に公開された。 1996年の映画『』で監督デビューを飾り、1999年の第2作『』で名声を手にした。 以後、『』と『』の2つの続編の脚本と監督を務め、その他の媒体でも『マトリックス』シリーズの展開に携わった。 『マトリックス』シリーズの成功後、2008年にはの日本のテレビアニメ『』に基づく『』を発表するが、批評面・興行面ともに失敗に終わった。 続くと共同で脚本・監督を務めた『』はの小説の映画化で、2012年10月26日に北米で公開された。 コミック作品 [ ] 映画製作に携わる以前に2人が書いていたコミック作品には、1993年にの『 』に連載された作『 』や、『』、『』といったバーカーの映画の翻案がある。 また2人は2003年に設立したバーリーマン・エンターテインメント を通じて『』シリーズ関連のコミックを出版している。 私生活 [ ] ラナがであるとする噂は2000年代初頭からあったが、2人はこれについて直接言及してこなかった。 によると、ラナは2008年の『』後にを終えた。 2010年以降の記事で『』や『』は2人を「アンディ・アンド・ラナ 旧称ラリー ・ウォシャウスキー」と呼んでいる。 一部の公的文書には「ラナ・ウォシャウスキー」 Lana Wachowski と記されている。 2012年7月、ラナは『』の解説映像で初めて女性として公の場に姿を現した。 2012年10月、ラナはLGBT団体 ()から「認知賞」を受賞し、スピーチで初めて自身の少年時代やジェンダーにまつわる体験を明かした。 リリーは、1991年よりアリサ・ブレイジンゲームと結婚している。 2016年3月8日、性別適合手術を済ませて、「アンディ」から「リリー」と名乗ることを表明した。 姉妹共に日本のアニメファンとして知られ、ラナは『』や作品が大好きだと語っている。 過去に面会したによれば、妹は対人関係が苦手で、一切口を聞かず目も合わせなかったという。 交渉などは当時の姉に任せていたという。 でもあり、はマトリックス撮影後に初めてプレイしたゲームであり、とは文通や対談も行った。 フィルモグラフィー [ ] 映画 [ ] 公開年 タイトル 担当 備考 監督 脚本 製作 製作総指揮 1995年 Assassins No Yes No No 1996年 Bound Yes Yes No Yes 1999年 The Matrix Yes Yes No Yes 2003年 The Matrix Reloaded Yes Yes No Yes The Animatrix No Yes Yes No 脚本は「ファイナル・フライト・オブ・ザ・オシリス」「「セカンド・ルネッサンス パート1」 「セカンド・ルネッサンス パート2」「キッズ・ストーリー」のみ The Matrix Revolutions Yes Yes No Yes 2006年 V for Vendetta No Yes Yes No 2007年 The Invasion No Yes No No 追加シーン、クレジットなし 2008年 Speed Racer Yes Yes Yes No 2009年 Ninja Assassin No No Yes No 2012年 Cloud Atlas Yes Yes Yes No と共同監督 2015年 Jupiter Ascending Yes Yes Yes Yes 監督初の3D作品 Sense8 Yes Yes Yes Yes ウェブテレビジョンシリーズ ビデオゲーム [ ] 発売年 タイトル 担当 監督 脚本 2003年 Enter the Matrix Yes Yes Yes No 2005年 Yes Yes 今後の作品 [ ] ワーナーが映画化を企画している脚本にはの物語を基にした『 Hood』がある。 また、を題材に兵士の同性愛やの暗殺を描く『 CN-9』という映画の構想があったが、出資者が見つからず頓挫している。 脚注 [ ]• Silverman, Stephen M. 2004年5月19日. 2012年8月21日閲覧。 Film Reference. Advameg. 2012年8月21日閲覧。 The World of English. の2007年12月12日時点におけるアーカイブ。 2016年3月17日閲覧。 2012年8月21日閲覧。 2012年8月21日閲覧。 Wise, Damon 2008年5月3日. 2012年8月21日閲覧。 Buchanan, Jason. 2012年8月21日閲覧。 Prometheus Global Media. の2015年3月11日時点におけるアーカイブ。 2016年3月17日閲覧。 Cieply, Michael 2011年12月5日. 2012年8月21日閲覧。 Wilkinson, Peter 2006年1月12日. の2006年7月5日時点におけるアーカイブ。 2012年8月21日閲覧。 Doty, Meriah 2012年7月30日. Movie Talk. 2012年8月21日閲覧。 Abramovitch, Seth 2012年10月24日. Prometheus Global Media. 2012年10月26日閲覧。 com 2016年3月9日. 2016年3月9日閲覧。 週刊SPA! 勝つために戦え!〈監督ゼッキョー篇〉p. 316• Ike Sato, Yukiyoshi October 5, 1999. "Hideo Kojima Speaks About The Matrix". GameSpot. com. Sperling, Nicole; Spines, Christine 2007年8月10日. 2012年8月21日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語).

次の

『マトリックス4』に『ジョン・ウィック』の監督がアクション・コレオグラファーとして帰ってくる!

マトリックス 監督

ラナ・ウォシャウスキーとリリー・ウォシャウスキーのウォシャウスキー姉妹は、キアヌ・リーブス主演による『マトリックス』を監督。 同作は2作の続編とスピンオフアニメーション作品をはじめ、何作ものゲームが展開されるなど世界観の広がりを見せた。 さらに日本のアニメ「マッハGoGoGo」を実写化した『スピード・レーサー』や『クラウド アトラス』などの意欲作で、常に新たな映像世界を見せ続けたきたウォシャウスキー姉妹。 その原点ともいえるのが、2人が初監督を務めた本作だ。 窃盗で捕まったコーキー(ジーナ・ガーション)は5年の刑期を終え出所し、マフィアのメンバーが所有するアパートの空き部屋改修を任される。 隣の部屋には組織のマネーロンダリングを担当する幹部のシーザー(ジョー・パントリアーノ)とその情婦のバイオレット(ジェニファー・ティリー)が住んでいた。 コーキーと出会ったバイオレットは彼女を一目見て気に入り2人は深い仲となる。 そんななか、組織の会計士の200万ドル横領が発覚。 シーザーの部屋で会計士の拷問が行われる。 その様子に嫌気がさしたバイオレットは、コーキーにシーザーと別れたいからその金を奪い逃げようと持ちかける。 彼女に惹かれてはいたがマフィアの恐ろしさもよく知っていたコーキーは躊躇するが、取り返した金の受け渡しの話を聞いてある計画を思いつくのだった。 2人はマフィアの金を奪い逃げ切ることができるか…という物語。 出演はバイオレット役に『ライアー ライアー』などのジェニファー・ティリー。 コーキー役に『ドリヴン』のジーナ・ガーション。 シーザー役に『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のジョー・パントリアーノ。 ラナ・ウォシャウスキーは昨年『マトリックス』シリーズの新作を製作することを発表。 キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが再びネオとトリニティーを演じるという。 同作の今後に期待が高まるなか、公開当時世界に衝撃を与え、いまなおその新鮮さを失わないシリーズの原点を改めてじっくり味わいたいところ。 《笠緒》.

次の