足の爪 臭い なぜ。 足の爪が臭い…これって爪水虫?においの解消法とくさい水虫の治療法

爪垢がたまる正体は古い角質!こまめなケアで「脱!垢臭い女子」 :ネイリスト 北原千歳 [マイベストプロ愛知]

足の爪 臭い なぜ

靴を脱いだときに、足の臭いが気になることはありませんか? 知り合いの家、飲食店のお座敷など、人前で靴を脱ぐシーンは日常生活にも、ビジネスシーンにもありますので、足の臭いは男性、女性を問わず気づかいが必要です。 毎日足を洗っていても、臭ってくる場合があります、それは爪の中の垢が原因かもしれません。 爪の垢は足を洗っただけではとれません。 今回は誰もが気になる足の臭いに注目しましょう。 足の爪には垢がたまりやすい もともと足の爪は横長でゴミがたまりやすい構造となっています。 特に親指の爪はひときわ大きく、また弯曲しているため、爪の両端に垢がたまりやすくなっています。 夏場にサンダルを履いたときに、爪垢が見えたりしたら最悪ですね。 足は、靴や靴下を履くため、高温多湿で蒸れやすい環境にあり、いつも汗や皮脂がたまりやすくなっています。 さらに皮膚の新陳代謝によって剥がれ落ちた古い角質もたまります。 また、靴下を履いていると、歩くたびにつま先が前に押しつけられるため、靴下の繊維が爪の中に入り込みます。 そして、素足ならば床のホコリが入ってきます。 このように、足の爪にはいろいろなゴミがたまり、やがて垢となって臭いを発散するようになります。 足の爪の臭いの正体 細菌は私たちの汗や皮脂をエサとしています。 そのため、高温多湿の環境にある足には雑菌が繁殖しやすいのです。 そして雑菌は臭い物質を放出します。 足が蒸れると爪の垢にも湿気がたまり、雑菌が繁殖します。 なかでも強力な臭い物質は「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」で、これが足の臭いの正体です。 目に見えにくい白い垢は、放置されがちです。 放置することによって、より強い臭いを放つようになります。 巻き爪が原因の可能性もある 巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込んだ状態で、特に足の親指に見られる症状です。 深爪をしたり、窮屈な靴を履いたりして足を圧迫することによって起こります。 通常よりも爪が湾曲するため、垢もたまりやすくなります。 たまった垢を取り除くことで臭いは改善できますが、巻き爪になると、触れた時に痛みを感じる場合が多く、ケアがしにくくなるため、臭いも強くなってしまいます。 さらに巻き爪が悪化した場合、傷口が膿んで悪臭を発することもあります。 こうなると医療機関を受診する必要も出てきます。 足全体をキレイに洗おう 足全体を毎日清潔に保っておきましょう。 バススポンジをよく泡立てて、お風呂で足を入念に洗ってください。 指の間、かかとの周辺など、見逃しやすい部分も気を付けるようにしましょう。 爪の垢を除去するには 洗うだけでは爪の垢までキレイにとることはできません。 爪の垢は、爪ブラシを使って除去すると良いでしょう。 爪ブラシはドラッグストアや100円均一ショップ、通販などでも簡単に手に入るアイテムです。 使うときのコツは、よく泡立てて、やさしく一方向にブラッシングすることです。 落ちにくい場合も強くこすらず、垢がたまっている部分の皮膚を押し下げるようにして洗うと効果的です。 専用の器具を使う つまようじなどの先のとがったものでかき出したり、爪きりでかき出したりするのは、皮膚トラブルの元となるので止めてくださいね。 爪垢をとるための専用の道具もあります。 耳かきのように、先がスプーン状になった器具です。 入浴後などに使用すると、爪がやわらかくなっているため、より安全に使うことができます。 爪の切り方と頻度 足の爪は手の爪よりも伸びるのが遅いのでついつい忘れてしまいがち。 伸ばしっぱなしにすると、隙間にゴミがたまりやすくなります。 タイミングとしては3週間に一度を目安にすると良いと思います。 長さは指先と同じ程度で、もう少し切ってもいいかなと思うくらいがちょうどの長さだと思ってください。 爪の先はまっすぐになるように整え、角を少しだけ丸めましょう。 爪切りでやってはいけないこと 深爪は巻き爪の原因となるのをはじめ、爪自体の健康にも悪影響ですので、切り過ぎないよう注意してください。 また、バイアス切りといって、両端の深いところまで切ってしまうのも、巻き爪や陥入爪の原因となりますので、避けてください。 ペディキュアに注意 ペディキュアをしている方は、爪の垢がたまっているのに気づかないことが多く、結果的に悪臭を放つまで爪垢を放置することになります。 放置するとさらに臭いが強くなり、せっかくオシャレをしていても、残念な足元になります。 爪の中にもいつも気を配ってください。 緊急の場合は除菌シートを使う 市販の除菌シートは、臭いをすぐに消したいときに役立つアイテムです。 人前で靴を脱ぐ前に、指の周りや爪の周りなど、臭いがたまりやすいところを中心に、足全体を拭きましょう。 ただし、これはあくまでも応急処置的な対策ですので、根本的な解決にはなりません。 よく「頭のてっぺんから爪の先まで」などといいますが、細部まで手を抜かないことが本当の美しさにつながります。 足に爪垢にも気を付けてくださいね。

次の

足の爪が臭い…これって爪水虫?においの解消法とくさい水虫の治療法

足の爪 臭い なぜ

素足になる季節が近づくと気になるのが足の爪のケア。 ペディキュアを塗るのにも、綺麗にお手入れされた爪ならテンションもアップしますよね。 かさつきがちな人はクリームやオイルで保湿するのも大切。 足の爪ってついつい見落としがちな箇所ですが、見落としがちだからこそきちんとケアしている人も多いです。 足の爪のケアおわた 手の爪に比べて足って 立ち仕事とかでストレスかかりやすいから 手入れとかケアしても綺麗に維持するの難しいよね… — おこげもち。 どんな道具を使って、どういうふうにすればよいか具体的に知りたい!という人もいると思います。 そこで今回は、足の爪ケアに焦点をあてて、綺麗な爪を維持するためのお手入れ方法を伝授したいと思います! これを読めば自信を持って素足を出せるはず。 ぜひ、じっくり読んでみてくださいね。 足の爪のケアはなんで必要? ではケアの具体的な方法の解説の前に、まずは足の爪のケアがなぜ必要かについて解説していきたいと思います。 大きく4つにまとめました。 (ケアの方法をすぐに知りたい人は読み飛ばしても大丈夫です!) [理由1] 足の爪が綺麗だと好印象になる 足の先までお手入れが行き届いていると、清潔感を感じますし、好印象に映りますよね。 メイクが完璧でも、どんな素敵なファッションを着こなしていても、足の爪がお手入れされていないと残念な印象に。 美しい人は「先」に手入れが行き届いていると言われます。 それは「毛先」「手先(指先)」「足先」の3つ。 特に素足になる季節は、足先を見られる機会もアップするので、見られても良いようにケアしておくのは大人の女子のたしなみです。 [理由2] 足の臭いの予防になる 爪の間は意外と汚れが溜まりやすいってご存知でしたか? 靴下の糸くずや垢などが蓄積されやすく、靴の中のムレによってとても不衛生な状態になりやすい場所です。 なので、足の爪をケアせずに放置していると、気付かないうちに足の臭いの原因になってしまうんです。 綺麗に見せる見せない以前に、足先を清潔にしておくことはマストです。 [理由3] ストッキングが伝線しづらくなる 足の爪が割れていたり、整っていなかったりすると、ストッキングなどのデリケートなレッグウェアに引っ掛かりやすくなります。 よく伝線するなー・・という人は足の爪のケアをしてみるとよいかもしれません。 足の爪は程よい長さにカットして、定期的にやすりなどを使ってツルツルの状態にすることを習慣化したいですね。 なお、足の乾燥も伝線の原因になるので、クリームやオイルで表面を保湿するのもGOODです。 [理由4] 巻き爪の予防になる ついつい短く切ってしまいたくなる足爪。 特に足の指先に沿ってギリギリでカットしてしまうと、深爪してしまったり、さらには巻き爪になりやすくなってしまいます。 足先は特に体重がかかる場所。 深爪の状態で足先に力が加わると、足先の皮膚が盛り上がってきてしまいます。 そうなると皮膚が邪魔して爪がまっすぐ伸びず、巻き爪になってしまうのです。 外反母趾の人や、足に合わない靴を履いていたりする人は足先に余分な力がかかりやすく、特に注意ですね。 巻き爪が進行すると爪が肉にどんどん食い込んで、痛みを引き起こしたり、化膿する場合も。 この後、具体的な説明していきますが、足の爪を正しく切ることで防ぐことができます。 足の爪のお手入れ方法は? 足爪ケアの大事さがわかったところで、いよいよ具体的なお手入れ方法について解説していきます! 1から6までありますが、時間がない人は必ずしも全部やる必要はありません。 やれるところからやるだけでも全然違いますよー。 入浴時に足先・爪をしっかり洗う 足の爪のケアのはじまりは入浴から! 足先を手で洗うのもよいのですが、道具を使うとより綺麗になります。 足の指を洗うためのブラシを用意します(歯ブラシでOK!)• 足をお湯で濡らしておきます• 石けんもしくはボディソープを泡だてます• ブラシに泡をつけて、撫でるくらいの力で足先や爪の溝を丁寧に洗います あらかじめお湯で足をあたためておけば、皮膚や爪が柔らかくなってより汚れが取りやすくなります。 ただ、爪楊枝のような先の尖ったものを使うのはNG。 肌を傷つけて炎症を起こしてしまう恐れがあります。 フットバスのみの場合なら、40度から42度くらいのお湯に10分間ほど足を浸し、爪を柔らかくしてから切るとよいと思います。 切る時のポイントは、大きく3つ。 真ん中からバチッといきなり切るのではなく、端から徐々に切っていくこと(その方が爪が割れにくいです)• 根元まで切らず、白い部分を1ミリ程度残すようにカットすること• 爪やすり(ファイル)で丁寧に形を整えよう 足の爪をファイルで整える際は、爪を「スクエアオフ」にするのが基本です。 スクエアオフは、 【爪の先端はまっすぐで、角だけ丸い】かたちです。 足の指を動かないように利き手とは別の手で押さえます• 爪やすりを爪に90度にあてて横に滑らせ、先端部をまっすぐに整えます(ファイルは一方向にかけること)• 先端部がまっすぐになったら、(爪のまわりの皮膚をぐっと下げて押さえながら)角の部分を丁寧に丸く削ります 薄いタイプのやすりを選ぶと角が削りやすいです。 ただ、足の爪が硬い人は厚みがあるタイプの方が削りやすい場合もあります。 いろいろ使ってみて自分に合うものを見つけたいですね。 甘皮のケアも大事 甘皮をケアすると見栄えが断然違って見えるので、余裕がある人はぜひトライしてみて欲しいです。 道具は、キューティクルリムーバー、ネイルプッシャー、キューティクルニッパーの3つを準備します。 甘皮部分にキューティクルリムーバーを塗ってふやかします(数分待ってしっかり馴染ませます)• 柔らかくなった甘皮に沿って、ネイルプッシャーでくるくると円を描くように優しく押し上げます(ついでに爪の表面の角質も取り除きます)• (甘皮がうまく取れない時)もう一度1〜2をやり直します• ネイルプッシャーのケアが終わったら、キューティクルニッパーで余分な甘皮や角質を取り除きます ごっそりと余分な甘皮がとれると快感ですよ…! 終わったら湿ったガーゼで爪の表面を優しく拭いてあげましょう。 ちょっと自分には難しいかなーと思った人もいるかもしれませんが、いざやってみれば案外簡単。 基本的には手のネイルケアの延長でよいと思います。 ペディキュアを塗るのにも、綺麗にお手入れされた爪ならテンションもアップしますよね。 かさつきがちな人はクリームやオイルで保湿するのも大切。 足の爪ってついつい見落としがちな箇所ですが、見落としがちだからこそきちんとケアしている人も多いです。 足の爪のケアおわた手の爪に比べて足って立ち仕事とかでストレスかかりやすいから手入れとかケアしても綺麗に維持するの難しいよね… pic. twitter. どんな道具を使って、どういうふうにすればよいか具体的に知りたい!という人もいると思います。 そこで今回は、足の爪ケアに焦点をあてて、綺麗な爪を維持するためのお手入れ方法を伝授したいと思います! これを読めば自信を持って素足を出せるはず。 ぜひ、じっくり読んでみてくださいね。 足の爪のケアはなんで必要? ではケアの具体的な方法の解説の前に、まずは足の爪のケアがなぜ必要かについて解説していきたいと思います。 大きく4つにまとめました。 (ケアの方法をすぐに知りたい人は読み飛ばしても大丈夫です!) 足の爪が綺麗だと好印象になる 足の先までお手入れが行き届いていると、清潔感を感じますし、好印象に映りますよね。 メイクが完璧でも、どんな素敵なファッションを着こなしていても、足の爪がお手入れされていないと残念な印象に。 美しい人は「先」に手入れが行き届いていると言われます。 それは「毛先」「手先(指先)」「足先」の3つ。 特に素足になる季節は、足先を見られる機会もアップするので、見られても良いようにケアしておくのは大人の女子のたしなみです。 足の臭いの予防になる 爪の間は意外と汚れが溜まりやすいってご存知でしたか? 靴下の糸くずや垢などが蓄積されやすく、靴の中のムレによってとても不衛生な状態になりやすい場所です。 なので、足の爪をケアせずに放置していると、気付かないうちに足の臭いの原因になってしまうんです。 綺麗に見せる見せない以前に、足先を清潔にしておくことはマストです。 ストッキングが伝線しづらくなる 足の爪が割れていたり、整っていなかったりすると、ストッキングなどのデリケートなレッグウェアに引っ掛かりやすくなります。 よく伝線するなー・・という人は足の爪のケアをしてみるとよいかもしれません。 足の爪は程よい長さにカットして、定期的にやすりなどを使ってツルツルの状態にすることを習慣化したいですね。 なお、足の乾燥も伝線の原因になるので、クリームやオイルで表面を保湿するのもGOODです。 巻き爪の予防になる ついつい短く切ってしまいたくなる足爪。 特に足の指先に沿ってギリギリでカットしてしまうと、深爪してしまったり、さらには巻き爪になりやすくなってしまいます。 足先は特に体重がかかる場所。 深爪の状態で足先に力が加わると、足先の皮膚が盛り上がってきてしまいます。 そうなると皮膚が邪魔して爪がまっすぐ伸びず、巻き爪になってしまうのです。 外反母趾の人や、足に合わない靴を履いていたりする人は足先に余分な力がかかりやすく、特に注意ですね。 巻き爪が進行すると爪が肉にどんどん食い込んで、痛みを引き起こしたり、化膿する場合も。 この後、具体的な説明していきますが、足の爪を正しく切ることで防ぐことができます。 足の爪のお手入れ方法は? 足爪ケアの大事さがわかったところで、いよいよ具体的なお手入れ方法について解説していきます! 1から6までありますが、時間がない人は必ずしも全部やる必要はありません。 やれるところからやるだけでも全然違いますよー。 入浴時に足先・爪をしっかり洗う 足の爪のケアのはじまりは入浴から! 足先を手で洗うのもよいのですが、道具を使うとより綺麗になります。 足の指を洗うためのブラシを用意します(歯ブラシでOK!) 足をお湯で濡らしておきます 石けんもしくはボディソープを泡だてます ブラシに泡をつけて、撫でるくらいの力で足先や爪の溝を丁寧に洗います あらかじめお湯で足をあたためておけば、皮膚や爪が柔らかくなってより汚れが取りやすくなります。 ただ、爪楊枝のような先の尖ったものを使うのはNG。 肌を傷つけて炎症を起こしてしまう恐れがあります。 フットバスのみの場合なら、40度から42度くらいのお湯に10分間ほど足を浸し、爪を柔らかくしてから切るとよいと思います。 切る時のポイントは、大きく3つ。 本格的なつめ切りが欲しいならスワダの「つめ切り(ネイルニッパー)」がおすすめ。 お値段は少々しますが、丈夫でしっかりとした作りになっているので長く使える一品です。 口コミの良さもこの商品の素晴らしさを物語っていると言えそう。 切れ味が良く、切り口もなめらかに仕上がるのが特徴で、分厚い足の爪のカットにも向いているニッパーです。 色味はベーシックなシルバーと落ち着きのあるブラックの2種類揃っているのでお好みで。 スワダの爪切りを探す(amazon) スワダの爪切りを探す(楽天) 3. 爪やすり(ファイル)で丁寧に形を整えよう 足の爪をファイルで整える際は、爪を「スクエアオフ」にするのが基本です。 スクエアオフは、【爪の先端はまっすぐで、角だけ丸い】かたちです。 足の指を動かないように利き手とは別の手で押さえます 爪やすりを爪に90度にあてて横に滑らせ、先端部をまっすぐに整えます(ファイルは一方向にかけること) 先端部がまっすぐになったら、(爪のまわりの皮膚をぐっと下げて押さえながら)角の部分を丁寧に丸く削ります 薄いタイプのやすりを選ぶと角が削りやすいです。 ただ、足の爪が硬い人は厚みがあるタイプの方が削りやすい場合もあります。 いろいろ使ってみて自分に合うものを見つけたいですね。 硬い足の爪をやすりがけする時は結構力がいるので、面積の広いタイプが使いやすくてオススメです。 スクエア型などに整えるときもとてもやりやすいと思います。 爪切りで長さを短くするというよりもやすりで長さを調整すると爪にも負担がかからないのでGOODです。 こういったプレーンなやすりは一本持っておくと足だけではなく手の爪にも使えますし、重宝するでしょう。 EzFlowのサンドシャークを探す(amazon) EzFlowのサンドシャークを探す(楽天) コモライフ ガラス製爪やすり コモライフ ガラス製爪やすり(amazon) 評価 平均4. コモライフの「ガラス製爪やすり」は、チェコの職人さんによる手作りのもの。 amazonレビューは驚異の520件超(2019年3月時点)でしかも評価が高い! 何よりも嬉しいのがガラス製なので丸ごと水洗いがOKなところ。 ネイルケア用品は清潔に保つことが重要なポイント。 数ある爪やすりの中でも、素早くキレイに削れると人気ですね。 ロングとショートの2本セットになっています。 コモライフのガラス製爪やすりを探す(amazon) コモライフのガラス製爪やすりを探す(楽天) 4. 爪の表面の凸凹はバッファーで バッファーを使うと爪表面のでこぼこ、縦じわ・横じわなどがピカピカに仕上がります(バッファーも爪の表面を削るものなのでやり過ぎは注意)。 目の粗い方で爪表面を整えてから、細かい方で磨くとつるつるになります。 ペディキュアもより塗りやすく、艶やかに見えますよ。 ソックマ編集部 info sockma. jp Administrator ソックマ!.

次の

足の臭いは爪垢が原因?足爪の臭い対策と便利ケアアイテム

足の爪 臭い なぜ

匙状爪甲 さじじょうそうこう とは? 足の爪、または手の爪が反ってしまう症状のことを 「匙状爪甲 さじじょうそうこう 」と言います。 普通、爪は指に沿ってカーブしているものなのですが、匙状爪甲はなんらかの原因で爪が反対の方向に反ってしまい、スプーンのようになってしまいます。 なので匙状爪甲は、 「スプーンネイル」と呼ばれることもあります。 手の爪に起こることが多いですが、足の爪に起こることもある症状です。 足の爪が沿ってしまう原因 足の爪が反る匙状爪甲になってしまうのには、いくつか原因があります。 そこでまずは、自分の足の爪がなぜ反るのかという原因を理解しましょう。 次に、足の爪が反る原因について解説していきます。 乳幼児の場合は生理的なもの 赤ちゃんの足の爪が反っているとびっくりしてしまいますが、乳幼児期である1~2歳頃までの場合、足の爪が反っているのは 生理的なものが原因で、心配ないことがほとんどです。 赤ちゃんの爪はとても薄くて柔らかく、簡単に形が変わってしまうため、反り返ってしまうことも珍しくはありません。 そして、このように生理的な原因で足の爪が反る場合、自然に普通の状態に戻っていくことがほとんどです。 鉄欠乏症貧血などの病気 鉄欠乏症貧血などの 爪が弱くなる病気になると、足の爪が反るということがあります。 ちなみに鉄欠乏症貧血は、• 食生活での鉄不足• 消化器の病気などが原因で鉄の吸収がしっかりできなくなる• 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸がんなどの病気による慢性的な出血 などで発症します。 鉄欠乏症貧血で体内の鉄分が不足してしまうことにより、足や手の爪が薄く弱くなってしまい、外部の圧力に耐えられなくなって、爪が反り返ってしまうのです。 そして、鉄欠乏症貧血は他にも• 異常な眠気• めまいや頭痛、動悸や息ぎれ• 硬いものを大量に食べたくなる• 口内炎や口角炎になりやすい などの症状が出るという特徴があります。 遺伝的なもの 足の爪が反るのは、 遺伝的のものである場合もあります。 「優性遺伝」といって、両親のどちらかが爪が反っていたり、爪が薄くて柔らかく、反りやすい状態である場合などは、遺伝により足の爪が反ってしまうことがあります。 多くの場合は痛みがあるわけではなく、その他の症状も出ないため、治療の必要もありません。 職業的なもの 立ち仕事などで、常に指先に力が掛かってしまっていたりすることが原因で、足の爪が反ることがあります。 指先に力がかかってしまうと、爪に負担がかかってしまうため、爪が反ってしまうのです。 爪の切り方によるもの 足の爪を切る時に切り方を間違ってしまうと、爪が変形するリスクが高くなり、足の爪が反ることがあります。 爪の両端を短く切りすぎると、爪の一部分に負担がかかりすぎてしまい、足の爪が反ってしまうことがあるのです。 足の爪が反る場合の対処法 足の爪が反る原因は生理的なものや遺伝性のものもあり、見た目は気になるかもしれませんが、悪影響がなければ対処や治療の必要がないものもあります。 しかし病気などが原因の場合もあるので、遺伝性でない場合はしっかり対処するようにしましょう。 次に、足の爪が反る場合の対処法について解説していきます。 鉄分をしっかり摂取する 足の爪が反る原因が、鉄分が不足していて貧血の状態である場合、 鉄分をしっかり摂取するようにしましょう。 なので食事と合わせて、鉄分を補うサプリメントを飲んでいくと効果的です。 爪に負担をかけすぎない 足の爪が反る場合は、 足の爪に長時間負担がかかるようなことは、意識して避けるようにしましょう。 仕事などでやむ終えないこともあると思いますが、自分なりに工夫してみたり、しっかり休憩などを取るなどの対処が必要になってきます。 爪の両端を切りすぎない 足の爪を切る時は、 爪の両端を極端に短く切ったりしないよう気をつけてください。 足の指に負担がかかった時、爪の両端がないと、中心の一点のみに負担がかかってしまい、それが爪が反ってしまう原因となります。 なので足の指の爪は、できるだけ四角い形になるように切り、また伸ばしすぎにも注意しましょう。 病院を受診する 足の爪が反る原因が、生理的なものや遺伝性のものでない場合は、病気の可能性があります。 足の爪が反るだけでなく他にも症状がある場合や、貧血の状態がなかなかよくならないなどという場合は、大腸ガンなどの鉄分がうまく吸収できなくなるような、恐ろしい病気が隠れていることもあります。 なので、できるだけ早く 病院を受診し、医師に相談するようにしてください。 まとめ 足の爪は反らないに越したことはありませんが、気づいたら反ってしまっている場合があります。 そして爪は、健康状態を表すバロメーターでもありますので、足の爪が反ってしまった場合は、しっかり対処するようにしましょう。

次の