モバイル suica チャージ 方法。 入金(チャージ)|利用方法|Suica:JR東日本

Suica(スイカ)チャージ方法まとめ!コンビニやクレジットカードでもできる?

モバイル suica チャージ 方法

あなたはSuicaにチャージをするとき、どのような方法を使っていますか? クレジットカードでチャージ、オートチャージ、銀行口座からチャージ、現金からチャージ、ポイントからチャージ…などと方法はたくさんありますが、お得にポイントを貯められて、かつ便利なのはクレジットカードかオートチャージです。 反対に、現金チャージにはメリットといえるようなものがないことがわかりました。 それでも「クレジットカードは持ちたくない。 」「ぜったい現金派!」という人もいるでしょう。 この記事ではSuicaへの現金チャージの方法をご紹介します。 その上でクレジットカードでのチャージのお得度もご紹介しますので、現金派の人もぜひ見てみてください。 現金でSuicaにチャージする方法 SuicaにはICカードタイプとモバイルタイプがあります。 SuicaICカードの場合 ICカード型の場合は、Suicaが誕生した頃から使っている人にとっては現金チャージが当たり前のことでしたが、今後は反対に「現金チャージしたことない」という人が増えてくるかもしれません。 そのくらい現金よりも電子マネーやクレジットカード決済をする場面が増えてきましたよね。 ICカード型の現金チャージは、駅にある券売機「自動券売機」「多機能券売機」「のりこし精算機」にSuicaを差し込み、現金を入れてチャージするという方法です。 ご参考までに、手順を載せておきましょう。 自動券売機・多機能券売機にて現金投入前にカードを入れます。 画面表示に従って500円・1,000円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円の中から入金額を選択し、現金を投入します。 チャージが完了し、カードがもどってきます(お釣りがある場合ももどります)。 なお、定期券を購入する際にチャージを併せてすることも可能です。 そのほか、次の項目でご紹介しているコンビニやスーパーなどでも現金チャージが可能です! モバイルSuicaの場合 モバイルSuicaの場合、ICカードSuicaよりもクレジットカードからのチャージやオートチャージが基本的なチャージ方法ですが、現金でもチャージすることができます。 以下のコンビニやスーパー、電器店、駅に設置してあるモバイルSuica対応のチャージ機でも可能です。 NEWDAYS• サークルKサンクス• セブンイレブン• ファミリーマート• ミニストップ• ローソン• イオン• ピーコックストア• まいばすけっと• ピアゴ• コジマ• ソフマップ• ビックカメラ Suicaでの支払いには対応していても、「現金チャージ」にも対応しているとは限りません。 おそらく店員さんに聞いてしまった方が早くて確実かもしれません。 レジで店員さんに「チャージしたい」旨を伝え、現金を支払い、電子マネータッチセンサーにモバイル端末をのせるだけでチャージしてもらえます。 しかしこれには専用のアプリが必要になります! 手順をご紹介します。 こちらののページから、AndroidもしくはApple対応の「モバイルSuica」アプリをインストールします• アプリのトップ画面(Suica一覧)で「Suica発行」をタップします• Suica発行画面で発行するSuicaの種別を選択し、「発行手続き」をタップします• 「モバイルSuica会員規約」「モバイルSuicaによる鉄道利用に関する特約」を読んだ上で「同意」し、「会員登録」をタップします。 会員登録画面で必要事項を入力します。 「金額を選ぶ」からSFチャージ(入金)金額を設定後、決済方法を選択します。 店員さんが準備してくれた電子マネータッチセンサーにタッチしてチャージ完了。 という流れになっています! アプリの設定が必要なので、前もってインストールや設定をしておきましょう。 ここでは分かりやすくSuicaポイントという名称を使用しています。 Suicaポイントを貯めている・もしくは貯めたいと思っている人へ、残念ながら現金チャージではSuicaポイントを貯めることはできません。 Suicaポイントを貯めるのであれば、クレジットカードによるチャージがお得です! 詳しくは次項にてご紹介します! クレジットカードチャージでポイントを貯めてお得にチャージできます。 その差とは? Suicaクレジットカードは提携店でのクレジット決済によってポイントを貯められるというお得がありますが、さらにはSuicaチャージによってもポイントを貯めることができるのです! 毎日通勤や通学、お出かけに利用しているSuicaのチャージでポイントを貯められるだなんて、まさに一石二鳥としか言いようがありません。 ではクレジットカードチャージと現金チャージ、どのくらいお得度の差が出てしまうのでしょうか? まず、どのSuica付きクレジットカードでもお得度が高いというわけではないので、「Suica付きビューカード」(viewというマークがあるもの)を選んでください。 Suica付きビューカードにはこちらのような種類があります。 Suica付きビューカードなら、クレジットカードによるチャージ、定期券の購入、オートチャージなどによって1. お仕事や通学でSuicaを利用している人は、1ヶ月に20,000円以上チャージするのが普通という人もいるでしょう。 そうなるとポイントはかなりあっという間に溜まってきます。 ビューカードの種類によっては、年会費が獲得ポイントで相殺できてしまうこともさほど難しくありません。 こんなに魅力的なクレジットカードチャージは現金チャージ同様、アプリから行うことができますが、それにはクレジットカードを登録しておくことが必要です。 先ほどご紹介した「モバイルSuicaアプリ」が必要になります。 手順はこちらを参考にしてください。 最後に 普段の生活に欠かせないSuicaへのチャージ方法をクレジットカード利用にすることで、ポイント1. クレジットカードの利用に慣れてしまうと、どれくらい利用したかわからなくなってしまって、ときには使いすぎてしまうこともありますよね。 そのような点で見ると現金でのチャージは「どのくらい使ったか」というのが目に見えるお金として出ていくので分かりやすいですが、うっかりチャージをし忘れていて改札でストップしてしまうということもあります。 便利さやポイント還元についてはクレジットカードでのチャージが断然お得です! 現金派の人も、この機会にクレジットカードチャージを検討してみてはいかがでしょう?.

次の

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaを使う>SF(電子マネー)>入金(チャージ)

モバイル suica チャージ 方法

モバイルSuicaも現金チャージに対応 JR東日本の「モバイルSuica」は、スマホ内蔵のICカード機能を使うタイプのSuicaです。 チャージやSuicaグリーン券の購入は、専用アプリをダウンロードしアプリ上から行う仕組みで、登録したクレジットカードまたは銀行口座から引き落としとなります。 駅の券売機を使わずモバイルSuicaアプリでチャージするため、携帯電話がつながる場所であれば全国どこでもチャージ可能。 これが、交通系ICカードのなかでモバイルSuicaが圧倒的に便利といわれる理由でもあります。 とはいえ、クレジットカードが利用限度額を超えてしまった、といった事情などで現金でモバイルSuicaへチャージしたい、といったケースも当然考えられます。 意外と知られていませんが、モバイルSuicaにはこうしたユーザー向けに、現金でチャージする方法が用意されているのです。 モバイルSuica現金チャージ方法2つ モバイルSuicaの現金チャージ方法は2つあります。 1つはチャージ対応の店舗に行って手続きをするものです。 対応しているのは、JR東日本のキオスクや駅ビル、そしてセブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンといったコンビニです。 こうした対応店舗では、レジの店員に「チャージしたい」と告げてモバイルSuicaとチャージ分の現金を手渡すと、レジを使いチャージ作業を行ってくれます。 また、セブン-イレブンの場合は同社のデビットカード「nanaco」用のチャージ端末を使い、現金チャージを行うことも可能です。 そして、2つめの方法はJR東日本の駅にある、モバイルSuica対応のチャージ専用機から行うというもの。 すべての駅に設置されているわけではありませんが、Suicaを置いてチャージを行うタイプの機種の場合、モバイルSuicaもカード式Suicaと同様の操作で、現金チャージを行うことができます。

次の

モバイルSuicaに現金でチャージする方法

モバイル suica チャージ 方法

マルチな機能でいろいろ使える交通系電子マネー!Suica基本概要 まずはSuicaの基本概要を確認しておきましょう。 SuicaはJR東日本が取り扱う決済サービスです。 電子マネー(SF)機能に加えて、定期券機能やグリーン券・特急券機能、さらには東海道新幹線などに対応しているエクスプレス予約サービスなどマルチな機能を備える交通系電子マネーとなっています。 加盟店も多数あり、エキナカから街中までオールマイティに使えるサービスと言えるでしょう。 カード型(クレジットカード一体型含む)• (Androidスマホ)• (iPhone)• 一部のフィーチャーフォン Suicaの形態は上記のように豊富で、幅広い方が利用しやすくなっています。 Suicaはプリペイド型!利用時には事前チャージが必要 Suicaの決済方式はプリペイド型になっていて、利用にあたっては事前のチャージが必要となります。 1回の入金額は原則500円単位で10,000円まで指定可能となっており、チャージ上限額はSuica内の残高と合わせて20,000円です。 なお、夜間の2:00~4:00の時間帯はシステム上チャージ不可能な時間となっているので、その点は注意してください。 次章よりSuicaチャージの方法を紹介するのでSuicaを利用する方は是非確認してね。 都合に合わせて選べる!Suicaの6つのチャージ方法 プリペイド型の電子マネーを利用する上で気になるのが、チャージの手間ですよね。 必要なタイミングでチャージができなければ、せっかくの便利な電子マネーも意味がなくなってしまいます。 その点、Suicaにはなんと6種類ものチャージ方法が用意されており都合に応じて選ぶことができます。 ただしSuicaのタイプによって、対応しているチャージ方法が一部異なるので、その点はよく確認が必要です。 Suicaのチャージ方法と各タイプの対応状況を一覧でまとめて見てみましょう。 交通系電子マネーならでは!券売機での現金チャージ Suicaのような交通系電子マネー特有のチャージ方法と言えるのが、駅の券売機などでのチャージです。 Suicaは以下のマークのある自動券売機や多機能券売機、そしてのりこし精算機で現金チャージすることが可能です。 1回の操作でチャージできる金額は500円・1,000円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円のいずれかと単位が制限されてはいますが、チャージ上限額の20,000円までであれば何度でも入金できます。 モバイルSuicaに関しては、通常の券売機などでチャージをすることはできず、一部の駅に設置されているモバイルSuica対応チャージ機でのみチャージ可能となっています。 コンビニやガソリンスタンドでチャージができる!店舗で現金チャージ Suicaの加盟店の中でも、一部のお店では店頭レジでの現金チャージが可能となっています。 こちらのチャージ方法はカードタイプ、モバイルSuicaともに同じように利用することができますよ。 主要な対応店舗をジャンルごとにご紹介しましょう。 ジャンル 店名 コンビニ ・セブンイレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・ミニストップ など スーパー・ショッピングセンター ・イオン ・ピアゴ など 電気製品・雑貨など ・ビックカメラ ・コジマ ・ツルハドラッグ など ガソリンスタンド エッソ・モービル・ゼネラル エキナカ・駅ビル ・New Days ・キオスクNew Days ・S-PAL ・テルミナ など 駅だけでなく、主要なコンビニや小売店、ガソリンスタンドなど街中のお店でもチャージが可能というのは心強いですよね。 モバイルSuicaならクレジットカードでいつでもチャージOK スマホ・携帯電話で利用するモバイルSuicaの場合、あらかじめクレジットカードを登録しておいてチャージに利用するクレジットカードチャージが可能です。 クレジットカードチャージの基本的な手順をご紹介しておきましょう。 ほぼいつでもどこでも好きなタイミングでチャージすることができるので、非常に便利ですよね。 パソコンからもSuicaにチャージできる なお、カード型SuicaでもSuicaインターネットサービスという会員向けサービスを利用してパソコンからクレジットカードチャージを行うことが可能となっています。 ただしSuicaインターネットサービスからのチャージを行う場合には、SuicaのようなFeliCaシステムを利用した非接触ICカードの専用端末であるFeliCaポートまたはパソリという機器が必要です。 カード型Suicaを利用していて、自宅などで気軽にチャージしたいという方は、用意しておくとよいでしょう。 残高不足の心配なし!オートチャージ ビューカードならクレジットカードチャージよりもさらに便利なオートチャージが可能になります。 オートチャージサービスを利用すると、チャージ残額が一定金額以下になったときに、自動改札機の入出場の際に自動的にあらかじめ設定した金額のチャージをクレジットカード決済で行ってくれるようになるのです。 このオートチャージサービスが使えれば、残高不足で改札で止められてしまった…なんていう恥ずかしいミニトラブルとは無縁ですよ。 なお、このオートチャージ機能に対応している改札は、首都圏、仙台、新潟のSuicaまたはPASMOエリアの自動改札機となっています。 新幹線の自動改札や他の鉄道との連絡用改札など、一部非対応の改札機もあるのでその点は注意してくださいね。 Suicaへのチャージはクレジットカードが断然お得 現金でチャージするよりもクレジットカードを活用した方がポイントを獲得できる分、断然お得ですね。 Suicaへのチャージでポイントが獲得できるクレジットカードを活用すれば、チャージ&利用でポイントの2重取りも可能となりますよ。 Suicaを利用するならチャージでお得にポイントを獲得できるクレジットカードを是非活用してくださいね。 ここで、オートチャージサービスが利用できる上に、Suicaチャージでポイントを3倍獲得できるお得なクレジットカードをご紹介していきましょう。 Suicaのオートチャージでポイント3倍!ビックカメラSuicaカード Suicaを利用する方に一押しなのが、Suicaへのオートチャージでポイントが3倍(還元率1. 5%)獲得できるビックカメラSuicaカードですね。 このカードは、通常の利用でJREポイント(0. 5%)とビックポイント(0. 5%)の両方が獲得できる為、基本還元率も1%と高くお得なクレジットカードなのです。 年会費も年に1度利用すれば無料ですし、Suicaチャージでポイントが3倍獲得できる上に旅行保険も付帯するスペックが高いカードですよ。 5%+ビックポイント0. 5%) ・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1. 5% ・JREポイント加盟店にてポイント還元率1% ・ビックポイントをSuicaにチャージ可能 ・モバイルSuica年会費無料 ・最高500万円の海外旅行傷害保険付帯 ・最高1,000万円の国内旅行傷害保険付帯 JALマイルを貯めたい方ならJALカードSuica JALカードSuicaもオートチャージに対応していて、SuicaチャージでJREポイントが3倍(還元率1. 5%)貯まるクレジットカードです。 通常のショッピングでJALマイルが貯まり、SuicaチャージではJREポイントが貯まる、マイルもポイントも両方貯めることができるクレジットカードです。 JAL航空便の搭乗でボーナスマイルも貯まりますから、JALマイルを貯めたい方にはこちらのカードがおすすめですね。 JALカードSuicaは空も陸もお得に利用できる万能カードですよ。 年会費 初年度無料、次年度以降2,000円(税別) スペック ・フライトやショッピングでJALマイルが貯まる ・Suicaチャージや定期券の購入でポイント還元率1. 5% ・最大5,000マイルのフライトボーナスマイルが貯まる ・JALカード提携特約店でショッピングマイル2倍 ・JREポイント加盟店にてポイント還元率1% ・JALマイルをSuicaにチャージできる ・JREポイントをJALマイルに交換可能 ・最高1,000万円の国内・海外旅行傷害保険付帯 ANAマイルを貯めている方ならANA VISA Suicaカード ANAのマイルを貯めたい方なら、ANA VISA Suicaカードがおすすめです。 ANA VISA Suicaカードは三井住友が発行しているカードですが、提携カードですのでSuicaのオートチャージに対応しています。 Suicaチャージでポイントを貯めることはできますが、先の2枚とは貯まるポイントが異なり、『ワールドプレゼント』が貯まります。 年会費 初年度無料、次年度以降2,000円(税別) スペック ・入会時から毎年1,000マイルプレゼント ・貯まったポイントをANAマイル移行できる ・ポイントはSuicaチャージに利用可能 ・ANAカードマイルプラス提携店でポイントとANAマイルの二重取りが可能 ・ANA関連サービス割引など優待特典多数付帯 ・最高1,000万円の海外旅行傷害保険付帯 ・最高1,000万円の国内航空傷害保険付帯 ・年間最高100万円のショッピング保険付帯 モバイルバンキングでどこでもチャージ!銀行チャージも便利 銀行口座からモバイルバンキングを介してチャージを行う銀行チャージは、モバイルSuicaでのみ利用できるチャージ方法です。 利用にあたっては、取り扱い対象となる銀行の口座があり、モバイルバンキングの契約手続きが済んでいることが条件となります。 対象の銀行は以下の3行です。 みずほ銀行• 三菱UFJ銀行• じぶん銀行 各銀行のサービス停止時間と手数料の有無を一覧で確認しておきましょう。 こちらもチャージ手順を簡単にご紹介しておきましょう。 ポイント貯めてSuicaにチャージ!JREポイントチャージ Suicaにチャージする方法としては、もう1つ、JREポイントチャージがあります。 JREポイントというのは、JRが取り扱う関連サービスの共通ポイントシステムです。 Suicaを対象店舗で利用するほか、ビューカードのクレジット決済やJR東日本運営のショッピングサイト『JRE MALL』の利用などでもポイントを貯めることができます。 このJREポイントを、Suicaのチャージ残高に交換して決済に利用することが可能になっているのです。 ただしポイントを貯めたりSuicaにチャージしたりするには、モバイルSuicaの情報を利用してJREポイントの会員登録をする必要があるので注意してください。 貯まったJREポイントをSuicaにチャージするにあたっては、JREポイントのWEBサイトからチャージ申し込みを行うことになります。 換算レートは1ポイント=1円です。 還元率はポイントの貯め方によってポイント付与レートが異なるので一概には言えませんが、Suica利用に限って言えば、お店によって100円または200円に1ポイントのペースでポイントが貯まっていきます。 したがって、還元率0. 5~1%ということになるでしょう。

次の