ギラティナ ハイパー リーグ 個体 値。 【ポケモンGO】ギラティナ(アナザー・オリジン)の個体値・CP早見表

【ポケモンGO】ギラティナアナザーのハイパーリーグおすすめ技と対策:いぶき型とシャドクロ型があり|ポケらく

ギラティナ ハイパー リーグ 個体 値

わざ選びについて ギラティナ-アナザーフォルムが覚えるわざは以下のとおりです。 ノーマルアタック• りゅうのいぶき• ドラゴンクロー スペシャルアタック• げんしのちから• かげうち• ドラゴンクロー ノーマルアタックはどちらも優秀で、どちらを選ぶかで対応できるポケモンが変わってきます なので、どちらを選ぶかは自分のパーティによって選んでいく形になります。 りゅうのいぶきを選ぶと、 ミラー対面で有利になりやすい ゴーストタイプが3重耐性のタチフサグマとも戦える フェアリータイプのポケモンへの通りが悪くなる メルメタルに弱くなる などのメリット、デメリットがあり、 シャドークローを選ぶと、 わざの回転が早い はがねタイプのポケモンへの通りが良くなる りゅうのいぶき型のギラティナに弱い タチフサグマに弱くなる などのメリット、デメリットがあります。 対戦していても、りゅうのいぶきだったら…シャドークローだったら…といったケースも多いと思います。 自身のパーティや環境をよく見て考えて選びましょう。 スペシャルアタックは、ドラゴンクローは必須として、げんしのちからの威力が下がったのでかげうちが基本となります。 しかし、げんしのちからのバフが発動すると止められるポケモンはほとんどいなくなるので、一発逆転を狙ってげんしのちからを選ぶのも悪くはないと思います。 個体値厳選について ギラティナの厳選は一長一短あって難しいですが私の考えは、 SCP重視のシャドクロ型、こうげき特化のいぶき型の2匹欲しい となります。 こちらのシミュレーターを見ていただきたいのですが、 レイド産で1番こうげき力が高い(14-10-10)ギラティナとSCPが1番高い(1-12-15)ギラティナですが、 どちらも与えるダメージが一緒で、最終的に同時発動でこうげき特化のギラティナが勝っています ただし、これは個体差でダメージが変わっていないのではなく、こうげき特化のギラティナは与ダメが上昇し、結果耐久が下がったことで被ダメも上昇したため、最終的に一緒になったということです。 耐久は下がっているので、シールド1枚同士だとSCP特化のギラティナが勝ちます。 こういった点からここぞの時に耐久が足りず負けるケースもあるため、一長一短あります。 私が調べられる範囲で調べた結果ですが、シャドークローはハイパーリーグでよく見るポケモンに対してダメージが変わらず対戦内容が大きく変わらないと判断したので、SCP重視の個体をシャドークロー型にして、ダメージが変わり対戦内容に影響が出たりゅうのいぶき型をこうげき特化にするのが良いかなと思いました。 ちなみにどこまでこうげきに特化すべきかですが、できればレイド産で1番こうげきが高い14-10-10を狙うべきだと思います せっかくSCPを犠牲にしているので、ミラー対面での同時発動勝負には絶対勝ちたいからです。 もしいない場合は、SCP1位のラグラージに対してりゅうのいぶきのダメージが4になるかを厳選基準にしてみてください。 レイド産SCP1位のギラティナ VS SCP1位のラグラージ レイド産こうげき1位のギラティナ VS SCP1位のラグラージ りゅうのいぶきのダメージが3から4にあがることで、ラグラージはじしんを3回撃てなくなるため、結果に大きな差が出ています。 また、りゅうのいぶきのダメージが3しか入らない場合、シールドなし対面だとじしんを2回撃たれて負けています。 SCP1位のラグラージにりゅうのいぶきのダメージが4になる個体は以下のとおりです。 ただし、ラグラージがぼうぎょ特化(0-15-1)だと、レイド産こうげき特化(14-10-10)でもりゅうのいぶきのダメージが3になるので注意が必要です。 ハイパーリーグでよく見られると思われるポケモンに絞っての調査になるので、他にもメリットやデメリットがあると思います。 あくまで私の基準として参考にしていただければと思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 レイド産のこうげき特化をりゅうのいぶき型、SCP重視の個体をシャドークロー型がおすすめ とまとめさせていただきます。 こうげき特化は同じギラティナ同士の戦いでドラゴンクローを先制できたり、りゅうのいぶきのダメージを上げて有利に戦えるメリットがありますが、耐久力を下げることでここぞの勝負で耐久力のなさが原因で負ける場合があるデメリットもあります。 ギラティナといった優秀なポケモンはあらゆるケースを想定してSCP重視の個体とこうげき特化した個体の2匹持っておいたほうが良いです。 まずは、レイド産でも厳選可能なこうげき特化を作ってみて、余力があればSCPを重視したギラティナを作ってみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

【ポケモンGO】PvP個体値ランク表

ギラティナ ハイパー リーグ 個体 値

の生放送中、コメントで何度も何度も質問されててかわいそうだった。 と言うか、同じ質問多過ぎて見てるこっちまで鬱陶しかった ド直球 ので書きます。 ぶっちゃけ必要ない。 彼は何度もそう答えていました。 僕もそう思います。 が、彼に質問している方々は藁にもすがる思いでしょうし、 「質問してんだから真面目に答えろや…」 とか思ってるんだろうなぁと。 僕が気になったので調べちゃいました。 😋 コレを書いてる僕はハイパーリーグ素人です。 高レートの猛者たちに 「低レートのカスは引っ込んでろ!」とか言われそうで怯えています。 ブルブル。 色々やるとキリが無いですし、色々やるだけ厳選が過酷になるので、一瞬で厳選を終了させるために ミラーに限って話をします。 SCPランクを重視すると、ミラーでいぶきのダメージが1減って負けます。 防御特化のを使っているプレイヤーは存在しないと思いますが、 4096通りので防御が最も高い「171. 2」の個体にもダメージ5を与えられる個体は ミラーにおいて 最強なのではないでしょうか。 必要攻撃力137. 418超 ご丁寧に全てURLにまとめて確率まで出しときました。 万が一計算が間違っていたら確率もデタラメです。 やルギア 用 の時に得た知見から、仲良し度が上がるにつれて良個体を引く確率は下がっていくイメージがありましたが、友になっても確率が変わりません。 これは自分でも驚きです。 まぁ受けるいぶきのダメージも大抵5になるんですけどね 被ダメ考慮するとキリがないので無視します。 攻撃実数値をある程度確保してあるおかげで、SCPランク重視で厳選してる相手とのドロの同時発動に勝てるメリットが大きいです。 148以上の個体は、1番硬い防御「171. 2」の個体にシャドクロの与ダメが7になります。 同じだったことに気が付いたので修正しました。 この項いらなかったわ。 明け方に1時間弱で書き上げるのは良くない 戒め は理想個体を使ってる人が ほとんど いないので、の時と違って理想個体に勝てるか確認しても無駄です。 結局はHPや攻撃実数値が高い方が勝ってしまいます。 「最低でも攻撃実数値はこのくらい欲しいよね〜〜」って話でした。 やってるYouTuberとかで色々教えてくれる人たちに似た質問連投して疲れさせませんように。 個体くらい自分で選べ。 ここまで修正追記 今回は以上! 参考になったと思ったら高評価もチャンネル登録も不要、のフォローも別にしなくて構わないので、を作ってみました。 買わなくて結構ですので、面白かったり参考になったと思ったらまた覗いてください。 この間、とある人の覗いたらオーブンレンジとか家電が大量に入ってて衝撃でした。 世界は広いなぁ。 また何か思い付いたら書きます。 それでは ykcisor.

次の

【ポケモンGO】ギラティナ厳選勢はハイパーリーグで勝ち組になるのか?評価はかなり高い!

ギラティナ ハイパー リーグ 個体 値

ドラゴンタイプを持つためタイプ耐性数も8と多いです。 「みず・くさ・ほのお」と御三家進化系の強力特別技に耐性があるのも魅力的です。 多くのポケモンに通る攻撃 「ギラティナ・アナザー」は主にタイプ一致となる「ドラゴン」あるいは「ゴースト」タイプの攻めが主力です。 これらのタイプの技で 弱点を突くことができるポケモンは多くないですが、逆に見ると耐性(与えるダメージが減る)となるタイプ・ポケモンも少ないです。 どんなポケモンでもダメージを与えることができるという安定感があります。 フェアリー・あく・こおり技に要注意 攻撃に安定感はあると言っても 「ドラゴン」タイプの技で攻める場合は、 「フェアリー」タイプのポケモンには2重耐性となりダメージを与えることができません。 「フェアリー」タイプポケモンは天敵に近い存在なため、 ギラティナ・アナザーを選出するときはパーティ構成も含めて「フェアリー」対策をしていきましょう。 また、 ハイパーリーグでよく選出されるポケモンや技では 「あく」タイプ技や「こおり」タイプ技も効果抜群のダメージとなるため要注意です。 入手が難しいところが難点 そんなハイパーリーグで絶大な強さを誇る「ギラティナ・アナザー」ですが、 伝説のポケモンとなるためいつでも入手できるわけではありません。 これまで2回ほど一定の期間伝説レイドボスとして登場しましたが、現在持っていなければゲットするには次の登場を待つしかありません。 どうしてもほしければ 既に持っているフレンドさんとポケモン交換で入手する方法があります。 しかし、図鑑未登録のポケモン交換は大親友でも「ほしのすな」が4万ほど必要なので要注意です。 げんしのちからの弱体化に注意 これまでスペシャルアタックの開放技は能力アップ(バフ)効果があり威力もそこそこ高い「げんしのちから」がおすすめでした。 しかし により、 「げんしのちから」の威力が約35%減と大きな弱体化となっています。 これを考慮すると、開放技は 「かげうち」がおすすめです。 5倍上昇)」で無敵の強さとなるため、ロマン枠としての採用はアリです。 対面有利なポケモン ハイパーリーグによく選出されるポケモンの中から、 「ギラティナ・アナザー」が有利にバトルできる主なポケモンです。 「ゴースト」技がギラティナに効果抜群• 逆に ギラティナの「ゴースト」技は2重耐性あり アロベト・ハガネールの「あく」技攻撃が有効 「アローラベトベトン」はタイプ一致で「ギラティナ・アナザー」の弱点となる「あく」タイプ技で攻撃できます。 他にもアローラベトベトンは「アーマードミュウツー」や「クレセリア」などの「エスパー」タイプにも優位にバトルできます。 「ハガネール」は耐久力が高く覚える技構成が優秀なためギラティナ・アナザーに対して優位にバトルできます。 ただし、ギラティナ・アナザーに弱点を突くことができる技をタイプ一致で撃てないため火力(与えるダメージ)は低めです。 「フェアリー」タイプもおすすめ 「フェアリー」タイプのポケモン・技は ギラティナ・アナザーの「ドラゴン」技に2重耐性を持つため対策として非常におすすめです。 攻撃側でも 非常に高威力のノーマルアタック「あまえる」がガンガン刺さるので、 「トゲキッス」や「ピクシー」に覚えさせて攻めましょう。 「カビゴン/ベロベルト」も攻撃・防御面優秀 「カビゴン」と「ベロベルト」はノーマルタイプなため ギラティナの 「ゴースト」技に2重耐性があります。 「したでなめる」が有効であり、 さらに「ベロベルト」はスペシャルアタックで覚える 「シャドーボール」がギラティナに効果抜群となるため攻撃・防御面どちらも有利にバトルができます。 ただし ギラティナのノーマルアタックが「りゅうのいぶき」だった場合は互角近くのバトルとなることもあるため要注意です。 GOバトルリーグ情報.

次の