リカ av女優。 【おすすめ】美乳のAV女優人気ランキング20選!美しいおっぱいを持つ美女を厳選!

カリビアンコム AV女優 無修正動画 探索リスト

リカ av女優

これに乗っかって書くとまた「大野さんはオレのエントリが珍しくブクマ数を稼ぐと、自分は綺麗な女の子ともアダルトビデオとも全く無関係であるのに大喜びで駆けつけて自分のエントリの宣伝を始める」とか言われそうで厭なのだが、『』を初めとしたドラマ分析を「面白いけど長過ぎる」と編集者にバッサリ切られて臍を噛んだ覚えのある者としては、一言(以上)言いたいことがあるので書かざるを得ない。 長くなるので二回に分ける。 主に80年代を検証する『若者殺しの時代』(、、2006)は、20〜30代の若い世代にとっては「なるほど、そういうことだったんだ」といった発見がたくさんあって面白いだろう。 私などは58年生まれの著者と同世代なので、「ああそうだったな」「うわ懐かしい(恥ずかしい)」という感慨の中で興味深く読んだ。 ただひっかかるところもないではない。 「若者」が消費の主体とされ搾取され「殺」されていった時代の風景は鮮やかに読み解かれているものの、この世代の男性に多い(いやあらゆる世代の男に共通したと言ってもいいかもしれない)女性に対するいささかロマンチックな、もっと言えば旧態依然とした認識もうっすらと垣間見える。 元記事で引用されていた箇所に沿って、このあたりの堀井の論理展開を再度追ってみよう。 『』分析の中で堀井は、視聴者の女性たちは「男に合わせるさとみ的人生を拒否し、自分を押し通すリカ的人生を選んだ」(p. 132)とし、「自分らしい生き方は譲ら」ず、「女性であることも手放さ」ず、男に「自分からは折れない」姿勢によって、恋愛の「レートを上げて、自分の首を締めてしまった」と言う。 このドラマ(及び赤名リカ)を「個の強過ぎる時代」(90年代)の象徴的先駆けと堀井は看做し、続いて90年代に入りAV女優の質が劇的に向上したことを指摘する。 その原因については「なぜだかわからない」としながらも、それまでのように「処女性」という「聖性の向こうに潜んで」いたら「男を女性サイドには引き込めない」(p. AVの量、質両面の拡充と写真集の氾濫。 その皮切りとも言える91年のの写真集を堀井は「ある種の破壊行為」と呼び、「おそろしい時代になった」「時代の何かがおかしかったのだろう」「意味がわからなかった」と当時の衝撃を語り、次のように結ぶ。 女性は聖性に隠れることと、性的露出とを混ぜてしまい、うまく融合させないまま、外に漏れ出させてしまった。 赤名リカが望んだ地平に到達したのだとおもう。 でも、あまりみんなが幸せにはならなかった。 赤名リカたちは解放戦線として戦い続け、敵の防御最終ラインを突破したが、そのまま突き進み、解放運動とは無縁の存在になってしまった。 横から見ていると、ただの破壊者にしか見えない。 139) 飛ぶ鳥を落とす勢いだったアイドルの、それまでの恋愛ドラマのヒロイン像を塗り替えたと言われる赤名リカ(とそれに準じる者たち)の振る舞いを、「破壊」と捉える視点。 何が「破壊」されたのか。 「みんなが幸せに」なる(と堀井が思っているような)男女関係だ。 もっとはっきり言えば、男が女に対してこうあってほしいと願うイメージ、つまり女への男の幻想だ。 それを彼女たちは「破壊」した。 ここにあるのは、60、70年代を通じて「処女性を保ち、聖性を掲げ、その向こうに隠れるようにして商品価値を保っていた」(p. 135)はずの女の子たちが、どんどん自分の見知らぬ存在になっていくことへの、男の恐れと不安である。 つまりこの本の恋愛事象に関する記述にのようにして流れているのは、「女がわからない」「女にはついていけない」という男の呟きなのだ。 それに心から共鳴できる人は一層面白く読めるだろうが、堀井と同じ時代を生きた私から見れば、ちょっと男性視点に偏り過ぎでは?という印象が否めない。 80年代はたしかに「女の時代」などと、女がやたらもてはやされた時代であった。 消費の主役として祭り上げられたことによって、何もかも手に入るのだと勘違いしたまま突っ走り、結局「幸せにはならなかった」三高願望女は少なくなかったかもしれない。 だが東ラブ効果とAV、の氾濫について、女が自分の市場価値=レートをつり上げて突き進み「自分の首を締めてしまった」とだけ結論づけるのは(そういう部分もあることは否定しないが)、一面的に過ぎると思う。 リカと恋愛関係になりながら最終的にさとみを選んだ演じる完治が、どこにでもいそうな平凡で真面目で純朴な好青年として描かれたことは重要なポイントだった。 は、このドラマについて「赤名リカは男の子に愛されるには女の子はどうあらねばならないかという「教訓」ではなく、女の子が自分に正直であっては決して男の子に愛されないのだという「真実」を教えました」と看破した。 以下、小倉の論(「『』、『』に見る結婚と愛の劇的変化」/ Mook「がわかる」(2002)に収録)から抜粋してみよう。 […] 困ったときには泣きそうな声で完治に電話をしてくるさとみのような女性を「封建的」で古いタイプと呼ぶのは間違いです。 実はこういうタイプこそ「近代的」で女性・タイプなのです。 自分が守ってやらなくては、飛んでいって慰めてやらなくては、と完治の中の「男らしさ」のスイッチを押し続けるさとみのような女の子がいればこそ、男の子は対照的な「男」のを安心して演じられるわけです。 さとみにはけっしてエゴがなく、無視無欲の存在で、男の子に尽くすことを心底望んでいると男の子に思い込ませる仕掛けが「近代結婚」です。 赤名リカの中には完治が理解できないがありました。 [中略] その重い荷物とは、女の子の「意識」のことです。 という、「女の子はかくあるべし」という規範に収まりきれない自己への「意識」のことです。 「」は女の子が「意識」の量をあまりに多く持ちすぎると、「女」のから逸脱してしまい、どんな誠実な男の子にでも選ばれることはないという「真実」を教えたのです。 平凡な意識をもった完治には幸福な家庭があり、規範と密かに戦ったリカは「孤独」を引き受けるという悲劇でありながら、リカは多くの視聴者に「赤名リカは私だ」と思わせるものを備えていました。 女の子は関口さとみが嫌いだったのです。 しかし多くの女の子にとって、関口さとみ的生き方以外の生き方が許されていたでしょうか。 リカは単に「自分からは折れない」、恋愛の「レートを下げない」女ではなかった。 彼女は心から完治を愛しており、彼を喜ばせたり、楽しみを共有しようとした。 ただその"方法"が、さとみとは違っていたのだ。 完治のような男にとってリカは最初「新鮮」ではあってもやはり翻弄される疲れる存在であり、「癒し」ではなかったという話だ。 男が選ぶのはいつの時代でもさとみである。 この「真実」の苦さと重たさを受け止めつつ、視聴者は圧倒的にリカを支持した。 このドラマが視聴者の女性を深く捉えたのは、彼女たちがリカに憧れながらも現実ではリカにはなれないという葛藤を抱えていたからだ。 「自分からは折れない」、恋愛の「レートを下げない」女は、東ラブ以前の80年代バブル期の産物である。 80年代になってan・anは恋愛特集を時々組むようになり、自分の欲望に正直に生きよ、男から欲しいものを取れ、恋愛で優位に立てと啓蒙してきた。 バブルまっただ中の89年4月には初めて「セックスできれいになる」特集号が発売され、即日完売した。 東ラブが放映されたのは91年の1月から3月。 直前である。 80年代の金と欲にまみれたゲーム的恋愛観とそれを反映した「トレンディ・ドラマ」への反省の名の元に、フジの純愛ドラマシリーズの第一弾として登場している。 男を経済力というタームで査定し、自分を高く売りつけようという80年代的価値観は、そこではきれいに払拭されている。 リカは86年の施行以降に社会に出てきたいわゆる「キャリアウーマン」の代表であり、だからこそ(小倉の言う)「意識」=自意識を多く抱え込んでいた。 女の自意識と規範は常に軋轢を起こしている。 そんな中で彼女はナイーヴにも「愛」という理想を信じ、見えない規範が張り巡らされた現実の前に敗れ去った。 そういう意味で、彼女は「破壊者」ではない。 むしろ「破壊」に失敗したのだ。 91年のリカの敗北を受けて2000年に誕生したのが、同じくフジテレビの月9ドラマ『』の神野桜子だとは分析する。 桜子はリカがもっていた「意識」と「愛」を捨て、社会で男性並みの収入を汗水垂らして得るような「キャリア」志向も、仕事と家事・育児の両立という苦しい選択も捨て、経済的に十分に保障された結婚をするためにを仮装すると言い切った。 視聴者はそのあけすけな台詞(女の本音)に「よくぞ言ってくれた」と拍手した。 小倉はこう結論づける。 赤名リカの双子の妹が神野桜子なのです。 結婚と愛との関係はわずか10年で劇的に変化しています。 しかし、底に流れるテーマは不変です。 「対等な愛の不可能性をわれわれはいかに生き抜くか」です。 未だに「理想年収は1000万円以上」などと言っているところを見ると、相変わらずレートを下げる気はない様である。 「90年代の恋愛ドラマは、バブル後の女性に対する処方箋だった」と堀井は言う。 男はもう「ついてこなくなった」というのに、それらが「女性の夢をつないでくれた。 理想を捨てなくていい、と励ましてくれたのだ」。 この20年間、女の多くはバブルの時から一貫して「相変わらずレートを下げる気はない」存在なのだろうか。 そんなわけはない。 極端な例を持ち出して「婚活」女性を揶揄したメディアを鵜呑みにした、あまりに皮相的な見方である。 堀井は、東ラブに続く90年代の恋愛ドラマを「理想を捨てないでいい、と励ましてくれた」が、「あまり幸せな世界へとは直結していなかった」と書いている。 後者は、当時を思い起こせば当たり前のことである。 91年春のから長く続く不況と閉塞感は、人々から徐々に希望とやる気を奪った。 離婚と自殺とひきこもりとが増えた。 そんな中で「幸せな世界」を夢見ようとしてもリアリティがなさ過ぎる。 90年代のテレビドラマ界を席巻していたのは、脚本のドラマである。 ラだった『』(91年)とヒューマンドラマ『ひとつ屋根の下』(93年)を除けば、かなりのシリアスタッチで容赦ない内容のものが多かった(『』(92年)、『高校教師』(93年)、『この世の果て』(94年)、『〜たとえば僕が死んだら』(94年)、『未成年』(95年)、『聖者の行進』(98年)など)。 野島ドラマ以外の恋愛ドラマでも、障害の多い深刻ムードが受けていた(『』(95年)、『』(95年)、『』(97年)、『青い鳥』(97年)、『』(99年)など)。 視聴者の女性はそこに描かれるイバラの恋愛道を「理想」と看做し、「理想を捨てないでいい、と励ま」されたのだろうか。 厳しい状況に追い込まれて苦悩する主人公に半ば感情移入しつつ、こんなふうに純粋に生きたいけれども現実には不可能だと、諦観の中で確信していたのではないかと思う。 この時代に流行った「自分探し」は結局どこにも行き着かず、均等法はと言われつつ改正を繰り返し、多彩で魅力的な女性イメージ、「女性の生き方」が消費文化の表面に浮遊してはいたが、誰もが「自由な選択」をできるわけではなかった。 だからそうした90年代の現実を通じて「幸せ」を夢見る女性たちの多くが辿り着いた回答は、を仮装し、「金」と「顔」を交換して生き延びようとする神野桜子の戦略だったのだ。 だが00年代、「愛」は諦めて「金」を求める桜子たちの要望を叶えてくれる男性など、もういなかった。 誰も彼も自分の生活の防衛で精一杯だった。 それにいち早く気づいた女性たちは現在、もっと現実的なレベルで結婚を求めている。 昨年、本に書く必要があって現代の結婚事情についての様々なアンケートを見たが、ある求人サイトのモニターリサーチによれば、相手に求める年収の第一位は500万〜700万(約4割の女性が希望)とサラリーマンの平均年収からすると高いが、第二位は300万から400万(約3割の女性が希望)と現実的な数字に近づいていた。 「三高」の中で最後まで残っていた「高収入」は、「三低」の「低リスク」()にまで後退している。 の困難な人が増えているのだからこれも当然であろう。 そして依然として、若者にとって結婚は難しいものになっていると言われる。 もしも、と私は思う。 東ラブの完治が最後にリカを選んでいたら、その選択がリアリティのあるものとして受け止められるような環境が社会にもプライベートにもその時あったら、現在の少子、晩婚化はここまで進行していただろうか? 続きは次回。 : 「24時間好きと言ってて」などという無理難題をぶつけたのは、完治の気持ちがさとみに向かってグラつき出したのを察知してからだ。 つまり煮え切らない態度の恋人に「はっきりして。 私は不安」と訴えているわけ。 : リカの直球ぶりは当時の演技や演出の加減もあってか、今見るとどこか無理しているような不自然な感じすら漂っている。 いずれにしてもリカのような女を「面白い」と、さとみを「退屈だ」と感じる男は、かなり少数派だろう。 恋愛ではリカが良くても結婚するのはさとみという男は多そうだ。 : 純愛を過激に生きるあまり、最終的に「破壊」される(あるいは自壊する)ヒロインを東ラブで一躍人気女優となったが演じて、また話題になった。 : 追記:これら以外では、キムタク主演の『』(96年)、『』(97年)なども高い視聴率を稼いだ。 : 『結婚の条件』(2003、)でのの指摘。 「結婚とは「カネ」と「カオ」の交換であり」(p. いやはや。 読まずに書いてしまうとは(しかもすごく釣れてるしw)。 小倉がその箇所で書いてるのは現実の結婚の実態ではない。 2003年までに彼女がリサーチした若い未婚男女のアンケートに見る「結婚の条件」の傾向であり、彼らが相手に求めていたことが「カネ」(女が男に)と「カオ」(男が女に)だったという話である。 もちろんあからさまにそう書いているわけではなく、小倉が端的な言葉に置き換えたものである。 当時既に散々言われていた少子、晩婚化の傾向の一要因を、小倉はこの現実を無視した高望み傾向だろうとしている。 この記事もそれに準じてドラマヒロインの願望として書いているのであって、現実の結婚について言っているのではないことは読めば明白。 ohnosakiko.

次の

三浦リカ

リカ av女優

オナニーのおかずに持ってこい! 高画質 のAV を 無料で見放題! 「」なら 50,000本以上のアダルト動画が無料で見放題! 31日間は完全無料なので、期間内に利用をやめれば1円もかからず見る事ができます。 無料キャンペーンが終わる前に今すぐ登録して、お気に入りのエロ動画を発掘しましょう…! 美乳のAV女優おすすめ人気ランキング20選 AV女優には綺麗なおっぱいを持っている方はたくさんいるので、どの女優さんを選んで良いのか分からないですよね! ここからは美乳持ちのおすすめAV女優をランキング形式で20名紹介していきます。 おっぱい好きの方には為になると思うので、是非読み進めてください! 1:水トさくら|Gカップ 引用: 名前 水トさくら 生年月日 1997年11月30日 身長 152 cm 3サイズ 79 — 52 — 78 cm デビュー年 2017年 所属事務所 MOODYZ SNS 「ミトちゃん」のニックネームで知られる水卜さくらさんは、身長152cmとやや小柄で、スリーサイズは、B79W52H78と、華奢な体形です。 ウエストが52cmで、バストがGカップ。 しかもご本人によると豊胸していないとのこと。 白くきめ細かい、柔らかい上向きのおっぱいに、小ぶりな淡い桃色の乳輪と乳首がつんと立っているので、まさにパーフェクトです。 ウエストがくびれていて華奢な分、おっぱいの美しさが一層際立っています。 身長154cmで、スリーサイズは、B96W63H86と、体全体が柔らかい感じです。 とにかく彼女の魅力は、 小柄な体にIカップという驚異のエロさです。 顔がまた癒し系のほんわかした顔なので、ギャップがすごいです。 Iカップなので服を着ている段階でも見た目がすごいのですが、素の乳はノーブラなのにハリがあり凄いです。 AV界のメガトン級爆乳と称される、必見の美乳です。 実は彼女のGカップの乳首は、やや陥没乳頭気味ですが、そこがまた魅力となっています。 色白でふっくらとしたハリのある胸は、本当に美しいです。 高橋しょう子さんは、顔・乳・全身スタイルが美しく整っているので、フィギュアにもなっています。 身長は165cmと高いですが、スリーサイズが、B104W59H89と、バストがウエストの倍近い、ありえないグラマラスさです。 顔立ちがピュアな美少女なだけに、体とのギャップが萌えます。 服を着ている段階で、服がつっぱりかつたぷたぷ感があふれているのですが、ナチュラルにポロリとなる胸の揺れ方などさすがJカップの迫力です。 身長148cmと非常に小柄で、なのにブラのサイズがHカップという、驚きのスタイルです。 スリーサイズはB88W57H85と、細いウエストにHカップと美尻です。 顔立ちも小動物系のかわいいお顔なので、ロリ系や妹系の役がよく似合っていました。 Hカップながら丸く整った胸に、ピンク色の乳首で、まさにAVでの理想の妹でした。 身長は160cm、スリーサイズはB90W55H86と、細いウエストと豊かな胸の対比が美しいです。 キレイな優しいお姉さんといった風情の桜空ももさんは、 服を着ているときはふんわりとした癒し系美女なのに、裸になって乱れて美しい乳を揺らしていると、とても色っぽく興奮させられます。 折れそうな細い腰に、ハリのあるぷるんとしたGカップは必見です。 身長156cm、スリーサイズはB84W55H86と、普通にスタイルが良くしかも 美乳です。 顔立ちも色白な体全体も透明感があふれているのですが、胸が美しいです。 おわん型の少し小ぶりに見える胸に小さめの乳輪と乳首がつんとあり、サイズ的に爆揺れはないですが、美しい胸です。 身長は160cm、スリーサイズはB88W54H89と、ウエストがとても細いです。 なのにバストサイズはFカップ。 おっぱいも色白でふんわりとしていて、まさにマシュマロみたいです。 小さめの乳輪と乳首は淡いピンク色をしていて本当に美乳です。 胸の大きさと美しさに対し、ウエストが細くてすごいくびれになっていますので必見です。 身長160cmで、スリーサイズがB92W58H88という、ウエストは細くて胸と尻が大きい、素敵な体形です。 Hカップもあるのに、上向きでハリがあり、乳輪と乳首も淡い桜色で美乳そのものです。 葵さんはお尻も美しく、その大きさと丸みは必見です。 脚もすらっとして長いので、どこから見ても美しいです。 そのうえ、目力の強い正統派美人顔なので、見つめられるとどきっとします。 身長162cmで体重47kgと、華奢なのですが、スリーサイズはB90W58H85と、くびれと胸の大きさが半端ないです。 明日花キララさんは顔立ちも美しく、ややギャル系のかわいい美人です。 出演作品が、 色白で出ているパターンと全身を焼いた黒ギャルパターンで出ているパターンとありますので、様々な作品を楽しむことができます。 身長160cmスリーサイズはB85W58H85と非常に整った体形ですが容姿も美しいです。 サラサラのストレート黒髪に切れ長な瞳の色白の美少女なのですが、胸の白さ・きめ細やかさがすごく透明感があります。 大きくてハリがあり、乳輪と乳首が淡い桜色で、まさに理想の清楚な美人といった女優さんです。 そしてバストサイズは、このランキングの中では小ぶりなCカップです。 身長155cm、スリーサイズはB84W56H85と、とてもスレンダーなので、胸の小さめなのも当然でしょう。 しかし、胸の美しさは素晴らしいです。 小ぶりながら形が本当に整った上向きのおわん型バストで、スレンダーなボディ・クールな美しい顔を持つ魅力ある女優さんです。 身長145cm、体重42kgと非常に小柄で、AV界で一番小さいのではないかと思われますが、スリーサイズはB79W53H78で、 Hカップという、小さくて華奢なのに巨乳という、素敵な女優さんです。 厚めの前髪が目力をパワーアップさせていますが、清楚な美少女要素あり、挑発的な小悪魔要素ありで目移りできません。 折れそうな腰に、迫力バストは見ごたえがあります。 cm デビュー年 2018年 所属事務所 キミホレ SNS ー 2018年にデビューした、現役女子大生AV女優の一ノ瀬梓さんは、そのプロフィールを活かした、女子大生ものをはじめ、まだデビューして年数が浅いにも関わらず、幅広いジャンルの作品に出演されています。 顔立ちは清楚な美人で、ミスキャンパスになっていても不思議のないような容姿です。 Fカップという巨乳ながら、くびれがしっかりあって美しく鍛えられた腹筋も目を引き付けます。 こんな女子が同じ大学にいたらなあと、妄想を掻き立てながら見ると、より興奮します。 妄想がふくらみますね。 身長は160cm、スリーサイズは、B88W60H85と、色っぽい体形をしています。 Hカップという驚異の美乳ですが、中学の時に既にEカップで、学生時代はバレーボールをしていたものの、バストが邪魔でさらしを巻いていたそうです。 そんな彼女は、経歴を活かした仲居さん役もやっており、着物姿が美しく、脱ぐとなお美しいです。 身長は155cmで、スリーサイズはB88W58H83と、すらっとしたスタイルのいい女優さんです。 Eカップの胸は、上向きでととのった形をしています。 顔立ちが整っていて、ある種クールなマニッシュな魅力があるのですが、そんな椎名そらさんは レズビアンものだけではなく、男の娘との絡みや女子高生ものなど幅広く活躍されています。 身長157cm、スリーサイズはB90W60H89と、ぽっちゃりグラマラスな体形です。 お顔もかわいい美人顔ですが、おっぱいの大きさがすごいです。 大きめの乳輪もチャームポイントのロケットおっぱいといった感じ。 胸もさることながら、カラダ全体もいかにも柔らかさがあふれていて、抱き心地がよさそうだと妄想が止まらなくなります。 身長は150cmとやや小柄ですが、スリーサイズはB90W60H90と、むっちりダイナマイトな体形で、バストサイズもFカップです。 AV界でのぽっちゃり系美少女として、おっとりとした天然な女子学生ものやメイドコスプレものなどが多いです。 黒髪ストレートヘアで、清純派のむちむち美少女、とてもおすすめです。 身長は162cmとやや高めですが、スリーサイズがB103W60H95と、数字が驚異的です。 顔立ちはきれいなお姉さん、お嫁さんにしたいナンバーワンといった感じの、上品な美貌です。 しかし胸を含めてボディがとくかく凄いです。 高めの身長でむっちりボディに、爆乳があるので、服を着ていてもエロいです。 女教師もの、義母ものがはまり役といった感じです。 セクシーユーチューバーとしても活躍されています。 今でも非常に惜しまれています。 身長は150cmと小柄ですが、スリーサイズはB90W58H83と非常にグラマラスで、バストサイズもGカップです。 アッシュ系の明るい茶髪だったり金髪だったりでギャル系な可愛い美人ですが、実はご本人がアニメオタクで時折舌ったらずな話し方になるのでがまたセクシーです。 キュートなのに爆乳というギャップが楽しめます。 色々な条件がありますが、まず挙げておきたいのは形です。 一般女性で手入れを怠っている人は、おっぱいがザラザラしていたり、がさついていたり、更には残念な場合はおっぱいにムダ毛があったりします。 それに対し、 美乳は肌がきめ細かくなめらかです。 あと見るからに、 美乳はマシュマロのように柔らかい、というのも条件になってきます。 形・肌の質感・柔らかさ、ここが美乳の定義のポイントになります。 乳首も美乳を語る上で重要 もうひとつ、美乳にとって重要なポイントが乳首です。 おっぱいの形がいい場合でも、乳首が黒すぎたり大きすぎたり、もしくは乳首が下向きになっていたら、魅力が半減してしまいます。 乳輪の大きさは個人差がありますが、乳首はあまり大きすぎず、淡い色で、しかもピンク色であってくれるとまさに美乳となります。 乳首が普通に存在している方が美乳ではありますが、吸うと勃起する陥没乳頭が魅力となってくる場合もあるので、そこはケースバイケースですね。 まとめ 美乳のAV女優さんの、おすすめランキングTOP20をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 巨乳・爆乳が多くなりますが、小ぶりなCカップ・Dカップの女優さんもランクインしており、幅広い美乳と美女が揃っていたと思います。 胸に対する好みは、人それぞれ結構こだわりがあったりしますが、 このTOP20の中に好みにぴったりの美乳・美女が存在していると思いますので、是非チェックしてみてください。 もしかすると、好みの幅が広がるかもしれません。 それぐらい魅力的な女優さんたちです。

次の

【おすすめ】美乳のAV女優人気ランキング20選!美しいおっぱいを持つ美女を厳選!

リカ av女優

オナニーのおかずに持ってこい! 高画質 のAV を 無料で見放題! 「」なら 50,000本以上のアダルト動画が無料で見放題! 31日間は完全無料なので、期間内に利用をやめれば1円もかからず見る事ができます。 無料キャンペーンが終わる前に今すぐ登録して、お気に入りのエロ動画を発掘しましょう…! 美乳のAV女優おすすめ人気ランキング20選 AV女優には綺麗なおっぱいを持っている方はたくさんいるので、どの女優さんを選んで良いのか分からないですよね! ここからは美乳持ちのおすすめAV女優をランキング形式で20名紹介していきます。 おっぱい好きの方には為になると思うので、是非読み進めてください! 1:水トさくら|Gカップ 引用: 名前 水トさくら 生年月日 1997年11月30日 身長 152 cm 3サイズ 79 — 52 — 78 cm デビュー年 2017年 所属事務所 MOODYZ SNS 「ミトちゃん」のニックネームで知られる水卜さくらさんは、身長152cmとやや小柄で、スリーサイズは、B79W52H78と、華奢な体形です。 ウエストが52cmで、バストがGカップ。 しかもご本人によると豊胸していないとのこと。 白くきめ細かい、柔らかい上向きのおっぱいに、小ぶりな淡い桃色の乳輪と乳首がつんと立っているので、まさにパーフェクトです。 ウエストがくびれていて華奢な分、おっぱいの美しさが一層際立っています。 身長154cmで、スリーサイズは、B96W63H86と、体全体が柔らかい感じです。 とにかく彼女の魅力は、 小柄な体にIカップという驚異のエロさです。 顔がまた癒し系のほんわかした顔なので、ギャップがすごいです。 Iカップなので服を着ている段階でも見た目がすごいのですが、素の乳はノーブラなのにハリがあり凄いです。 AV界のメガトン級爆乳と称される、必見の美乳です。 実は彼女のGカップの乳首は、やや陥没乳頭気味ですが、そこがまた魅力となっています。 色白でふっくらとしたハリのある胸は、本当に美しいです。 高橋しょう子さんは、顔・乳・全身スタイルが美しく整っているので、フィギュアにもなっています。 身長は165cmと高いですが、スリーサイズが、B104W59H89と、バストがウエストの倍近い、ありえないグラマラスさです。 顔立ちがピュアな美少女なだけに、体とのギャップが萌えます。 服を着ている段階で、服がつっぱりかつたぷたぷ感があふれているのですが、ナチュラルにポロリとなる胸の揺れ方などさすがJカップの迫力です。 身長148cmと非常に小柄で、なのにブラのサイズがHカップという、驚きのスタイルです。 スリーサイズはB88W57H85と、細いウエストにHカップと美尻です。 顔立ちも小動物系のかわいいお顔なので、ロリ系や妹系の役がよく似合っていました。 Hカップながら丸く整った胸に、ピンク色の乳首で、まさにAVでの理想の妹でした。 身長は160cm、スリーサイズはB90W55H86と、細いウエストと豊かな胸の対比が美しいです。 キレイな優しいお姉さんといった風情の桜空ももさんは、 服を着ているときはふんわりとした癒し系美女なのに、裸になって乱れて美しい乳を揺らしていると、とても色っぽく興奮させられます。 折れそうな細い腰に、ハリのあるぷるんとしたGカップは必見です。 身長156cm、スリーサイズはB84W55H86と、普通にスタイルが良くしかも 美乳です。 顔立ちも色白な体全体も透明感があふれているのですが、胸が美しいです。 おわん型の少し小ぶりに見える胸に小さめの乳輪と乳首がつんとあり、サイズ的に爆揺れはないですが、美しい胸です。 身長は160cm、スリーサイズはB88W54H89と、ウエストがとても細いです。 なのにバストサイズはFカップ。 おっぱいも色白でふんわりとしていて、まさにマシュマロみたいです。 小さめの乳輪と乳首は淡いピンク色をしていて本当に美乳です。 胸の大きさと美しさに対し、ウエストが細くてすごいくびれになっていますので必見です。 身長160cmで、スリーサイズがB92W58H88という、ウエストは細くて胸と尻が大きい、素敵な体形です。 Hカップもあるのに、上向きでハリがあり、乳輪と乳首も淡い桜色で美乳そのものです。 葵さんはお尻も美しく、その大きさと丸みは必見です。 脚もすらっとして長いので、どこから見ても美しいです。 そのうえ、目力の強い正統派美人顔なので、見つめられるとどきっとします。 身長162cmで体重47kgと、華奢なのですが、スリーサイズはB90W58H85と、くびれと胸の大きさが半端ないです。 明日花キララさんは顔立ちも美しく、ややギャル系のかわいい美人です。 出演作品が、 色白で出ているパターンと全身を焼いた黒ギャルパターンで出ているパターンとありますので、様々な作品を楽しむことができます。 身長160cmスリーサイズはB85W58H85と非常に整った体形ですが容姿も美しいです。 サラサラのストレート黒髪に切れ長な瞳の色白の美少女なのですが、胸の白さ・きめ細やかさがすごく透明感があります。 大きくてハリがあり、乳輪と乳首が淡い桜色で、まさに理想の清楚な美人といった女優さんです。 そしてバストサイズは、このランキングの中では小ぶりなCカップです。 身長155cm、スリーサイズはB84W56H85と、とてもスレンダーなので、胸の小さめなのも当然でしょう。 しかし、胸の美しさは素晴らしいです。 小ぶりながら形が本当に整った上向きのおわん型バストで、スレンダーなボディ・クールな美しい顔を持つ魅力ある女優さんです。 身長145cm、体重42kgと非常に小柄で、AV界で一番小さいのではないかと思われますが、スリーサイズはB79W53H78で、 Hカップという、小さくて華奢なのに巨乳という、素敵な女優さんです。 厚めの前髪が目力をパワーアップさせていますが、清楚な美少女要素あり、挑発的な小悪魔要素ありで目移りできません。 折れそうな腰に、迫力バストは見ごたえがあります。 cm デビュー年 2018年 所属事務所 キミホレ SNS ー 2018年にデビューした、現役女子大生AV女優の一ノ瀬梓さんは、そのプロフィールを活かした、女子大生ものをはじめ、まだデビューして年数が浅いにも関わらず、幅広いジャンルの作品に出演されています。 顔立ちは清楚な美人で、ミスキャンパスになっていても不思議のないような容姿です。 Fカップという巨乳ながら、くびれがしっかりあって美しく鍛えられた腹筋も目を引き付けます。 こんな女子が同じ大学にいたらなあと、妄想を掻き立てながら見ると、より興奮します。 妄想がふくらみますね。 身長は160cm、スリーサイズは、B88W60H85と、色っぽい体形をしています。 Hカップという驚異の美乳ですが、中学の時に既にEカップで、学生時代はバレーボールをしていたものの、バストが邪魔でさらしを巻いていたそうです。 そんな彼女は、経歴を活かした仲居さん役もやっており、着物姿が美しく、脱ぐとなお美しいです。 身長は155cmで、スリーサイズはB88W58H83と、すらっとしたスタイルのいい女優さんです。 Eカップの胸は、上向きでととのった形をしています。 顔立ちが整っていて、ある種クールなマニッシュな魅力があるのですが、そんな椎名そらさんは レズビアンものだけではなく、男の娘との絡みや女子高生ものなど幅広く活躍されています。 身長157cm、スリーサイズはB90W60H89と、ぽっちゃりグラマラスな体形です。 お顔もかわいい美人顔ですが、おっぱいの大きさがすごいです。 大きめの乳輪もチャームポイントのロケットおっぱいといった感じ。 胸もさることながら、カラダ全体もいかにも柔らかさがあふれていて、抱き心地がよさそうだと妄想が止まらなくなります。 身長は150cmとやや小柄ですが、スリーサイズはB90W60H90と、むっちりダイナマイトな体形で、バストサイズもFカップです。 AV界でのぽっちゃり系美少女として、おっとりとした天然な女子学生ものやメイドコスプレものなどが多いです。 黒髪ストレートヘアで、清純派のむちむち美少女、とてもおすすめです。 身長は162cmとやや高めですが、スリーサイズがB103W60H95と、数字が驚異的です。 顔立ちはきれいなお姉さん、お嫁さんにしたいナンバーワンといった感じの、上品な美貌です。 しかし胸を含めてボディがとくかく凄いです。 高めの身長でむっちりボディに、爆乳があるので、服を着ていてもエロいです。 女教師もの、義母ものがはまり役といった感じです。 セクシーユーチューバーとしても活躍されています。 今でも非常に惜しまれています。 身長は150cmと小柄ですが、スリーサイズはB90W58H83と非常にグラマラスで、バストサイズもGカップです。 アッシュ系の明るい茶髪だったり金髪だったりでギャル系な可愛い美人ですが、実はご本人がアニメオタクで時折舌ったらずな話し方になるのでがまたセクシーです。 キュートなのに爆乳というギャップが楽しめます。 色々な条件がありますが、まず挙げておきたいのは形です。 一般女性で手入れを怠っている人は、おっぱいがザラザラしていたり、がさついていたり、更には残念な場合はおっぱいにムダ毛があったりします。 それに対し、 美乳は肌がきめ細かくなめらかです。 あと見るからに、 美乳はマシュマロのように柔らかい、というのも条件になってきます。 形・肌の質感・柔らかさ、ここが美乳の定義のポイントになります。 乳首も美乳を語る上で重要 もうひとつ、美乳にとって重要なポイントが乳首です。 おっぱいの形がいい場合でも、乳首が黒すぎたり大きすぎたり、もしくは乳首が下向きになっていたら、魅力が半減してしまいます。 乳輪の大きさは個人差がありますが、乳首はあまり大きすぎず、淡い色で、しかもピンク色であってくれるとまさに美乳となります。 乳首が普通に存在している方が美乳ではありますが、吸うと勃起する陥没乳頭が魅力となってくる場合もあるので、そこはケースバイケースですね。 まとめ 美乳のAV女優さんの、おすすめランキングTOP20をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。 巨乳・爆乳が多くなりますが、小ぶりなCカップ・Dカップの女優さんもランクインしており、幅広い美乳と美女が揃っていたと思います。 胸に対する好みは、人それぞれ結構こだわりがあったりしますが、 このTOP20の中に好みにぴったりの美乳・美女が存在していると思いますので、是非チェックしてみてください。 もしかすると、好みの幅が広がるかもしれません。 それぐらい魅力的な女優さんたちです。

次の