アニア インド ミナス レックス。 【楽天市場】アニア ジュラシック・ワールド インドミナス・レックス:スカイハイ SHOP

アニア ジュラシック・ワールド インドミナス・レックス

アニア インド ミナス レックス

予めご了承ください。 ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください。 予めご了承ください。 予めご了承ください。 すべての記載情報をご確認するには、PC版ページをご覧ください。 商品コード 2B8CHFVWP3 商品名 アニア ジュラシック・ワールド インドミナス・レックス ブランド タカラトミー TAKARA TOMY 商品仕様 ・Jurassic World is a trademark and copyright of Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. LiCensed by Universal Studios. All Rights Reserved. C TOMY ・電池は使用しません。 ・対象年齢 :3才以上 アニアジュラシック・ワールドに新恐竜が登場. ・アニアは、動物の魅力や多様性を楽しく身近に体感できる1ギミック付き動物フィギュアシリーズです。 ・動きで遊べる可動ギミック、リアルな塗装&ディテール、遊びやすい手のひらサイズ、コレクションしやすい低単価などが魅力です。 ・インドミナス・レックスは、口、足、しっぽが可動します。 [セット内容]本体 1 , 商品番号 2B8CHFVWP3.

次の

「アニア恐竜バトルキングダム」買ってみた!

アニア インド ミナス レックス

一応教育方針というか? プラゴミになるおもちゃは買わない。 プラゴミが一番邪魔、それにさ、何かを捨てる時、オレは本気で断捨離できる人間なのだが、やはり心が痛む。 その辺のおばちゃんか、中国人のねーちゃんか、設計したおっさんか、モノの向こうには必ず誰かがいて、何らかの想いを持ってモノづくりをしている。 そういうの考えるとゴミになるようなものはハナから買わないほうがなぁ。 で、そこそこのクオリティのアニアシリーズはそうはならない。 飽きたらどこかに飾っておいてもいいし、売ることもできる。 またコレクション的要素や学習的な要素があるので良いですね。 そういうものは子供には無条件で与えています。 図鑑とかもね。 動画はこちらから。 2日またがってるから時系列がバラバラw.

次の

「アニア恐竜バトルキングダム」買ってみた!

アニア インド ミナス レックス

ストーリー [ ] で起こった「ジュラシック・パーク」の惨劇から22年後、インジェン社はマスラニ・グローバル社(マスラニ社)に買収され、島は サイモン・マスラニ社長の所有に渡る。 マスラニ社は、亡くなった ジョン・ハモンドが夢見た恐竜のを新たに「 ジュラシック・ワールド」として実現させ、今や世界中から毎日二万人の旅行者が訪れる人気の施設として成功を収めていた。 パークの運営責任者の クレア・ディアリングは、訪ねてきた甥の ザックと グレイに構う間もないほど多忙な日々を送っていた。 クレアは二人をアシスタントの ザラ・ヤングに任せ、オーナーのサイモンとによって生み出された新種のハイブリッド恐竜「インドミナス・レックス」について話し合う。 サイモンは、インドミナスを飼育するための防壁が適当かどうか、(ラプトル)のである オーウェン・グレイディに評価させるよう命じた。 インジェン社の警備部門長である ヴィック・ホスキンスはオーウェンに対して、ラプトルをとして軍事利用する話を持ちかけるも一蹴される。 その直後、アクシデントにより飼育員の一人が4頭のラプトル(ブルー、デルタ、エコー、チャーリー)が暮らす飼育エリアに落下してしまう。 オーウェンは自ら飼育エリアに入ってラプトル達を制し、辛くも飼育員を救い出す。 その光景を目の当たりにしたホスキンスは、改めてラプトルを人間の支配下に置くことは現実的であると確信したのであった。 クレアはオーウェンのを訪れ、マスラニからの要請を伝える。 それを受けたオーウェンはクレアと共にインドミナスの飼育エリアに到着したものの、餌が吊るされても何故かインドミナスは姿を現さなかった。 不審に思ったクレアが確認するとインドミナスの生体反応が見当たらず、さらにオーウェンの指摘で内部の防壁に真新しい爪痕が残されているのを発見する。 クレアは直ちに恐竜が脱走したとの報をパークのコントロール・ルームに連絡。 オーウェンと二人の職員も防壁の爪痕を調べるため飼育エリア内に入った。 しかし、全てはインドミナス自身が仕掛けた罠であり、最初からインドミナスは外へ逃げ出してはおらず、自らの生体反応を隠蔽し脱走したように見せかけて待ち伏せしていたのであった。 クレアはコントロール・ルームからインドミナスが飼育エリア内にいたままだったことを報されるも時すでに遅く、インドミナスは飼育エリア内にいたオーウェンらを襲撃し、職員二人を食い殺して本当に飼育エリア外へ脱走してしまう。 管理棟に戻ったクレアはACU(Asset Containment Unit - 資産管理部隊)を出動させインドミナスの追跡・捕獲作戦を開始。 だがインドミナスは自ら剥ぎ取った追跡装置を使った罠とによるカモフラージュで部隊を撹乱して返り討ちにしたのであった。 この事態を受け、サイモンがインドミナスのDNAを設計した ヘンリー・ウー博士を問い詰めた結果、様々な生物のDNAを組み込んだことでインドミナスにはカモフラージュ能力や体表からの赤外線放射を抑制し赤外線カメラを欺く能力が備わっていることが判明する。 その頃、何も知らないザックとグレイは監視役であるザラの目を盗み彼女の元を離れ、二人きりでパークを満喫していた。 インドミナス脱走を受けたクレアの指示によりパークの北半分を閉鎖、来場客全員をパーク中央のメインエリアに避難させる中、「ジャイロスフィア」と呼ばれる操縦式のカプセルで恐竜たちを間近で見るアトラクションに参加していた二人は避難指示とクレアからの電話にも構わず散策を続け、立ち入り禁止の森林エリアでインドミナスの襲撃を受ける。 兄弟は滝壺に飛び込んで危機を逃れ、旧ジュラシック・パークのビジターセンターに放置されていた古いを修理し、パーク中央への帰還を図る。 一方、インドミナスを抹殺する作戦でサイモンは兵士らを同乗させて自らヘリコプターを操縦。 発見したインドミナスに空中から攻撃を仕掛けさせるが、逃げるインドミナスはそのまま園のドームへ突進し、ガラス壁を突き破りドーム内部へと侵入する。 その結果ドーム内にいた多くのやなどの翼竜が次々と外へ逃げ出していき、サイモンらの乗るヘリコプターはその翼竜達の襲撃を受けて同乗していた兵士らを殺された挙句、同様にドームのガラス壁を破壊しながら墜落。 サイモンもそのヘリコプターと運命を共にする。 そしてその事態により、ドーム内の翼竜達が一斉に脱走し始めてしまう。 脱走した翼竜の群れはそのままパークのメインエリアに飛来し、そこに避難していた多くの来場者達やスタッフらを襲い始めたことでパークは大パニックに陥る。 ジープでの帰還を果たしたザックとグレイはザラと再び合流したものの、ザラはプテラノドンに捕らえられてがいる湖に落とされ、二人の目の前でプテラノドン諸共モササウルスに一呑みにされてしまう。 そこへ、ザックとグレイを探しに行き同様にインドミナスの襲撃を受けながらも生き延びたオーウェンとクレアが戻って兄弟と再会を果たし、翼竜の群れを掻い潜って管理棟を目指す。 管理棟では、パークの実質的指揮権を握ったホスキンスがこの混乱を好機と考えてインジェン社の兵士を呼び寄せ、ラプトルを兵器として利用する実地テストを兼ねてインドミナスを追う作戦を立てていた。 不本意ながらもその作戦に協力することにしたオーウェンは、ラプトル達の頭にカメラを付けて放ち、援軍のインジェン社兵士のチームとともにで後を追う。 そしてオーウェンらはインドミナスを発見するが、ラプトルのをも有しているインドミナスは追ってきたラプトル達と意思疎通して懐柔し追跡部隊を襲うよう仕向けた。 兵士が次々とラプトル達に襲われ殺されていく中、インドミナスはジャングルの中へと逃げ一旦は姿を消す。 直後にラプトルの一頭チャーリーは隊員の反撃によりで爆殺され、残りのラプトル三頭の内ブルーがオーウェンと攻防し、デルタとエコーが脱出を図るクレアと兄弟を乗せて走るトラックを襲撃する。 追いかけてくるラプトルをどうにか撃退した三人はオーウェンと合流、パークのメインエリアへ戻りインジェン社の遺伝子研究所へ入った。 そこで四人は証拠隠滅と逃走を図るホスキンスと鉢合わせする。 彼は既にのウーをはじめ、残りの人員全てをインドミナスのとともに島から脱出させていたのだ。 しかし突然そこへ侵入してきたデルタがホスキンスを襲い殺害。 四人はその隙に研究所から抜け出すもとうとうその出入口でブルーら三頭のラプトルに囲まれてしまう。 だがオーウェンはラプトル達に語りかけ、三頭はオーウェンとの絆を思い出し再び彼の味方に付く。 そこへインドミナスが現れラプトル達を再び懐柔しようとするが、反旗を翻されたと知るやブルーを壁に叩き付ける。 オーウェンは銃を手に、残るエコーとデルタ二頭のラプトルと共にインドミナスに立ち向かうが、その圧倒的な強さにデルタとエコーは殺され、オーウェンもザック、グレイと共にインドミナスに追い詰められてしまう。 クレアはインドミナスに対する最後の対抗策として、22年前にパークで暴れたあのを飼育エリアから解放、発煙筒でインドミナスの下へ誘導する。 相見えた二頭の肉食恐竜は激突し死闘を展開するが、インドミナスの力はティラノサウルスをも凌駕しておりそのまま圧倒。 手負いのティラノサウルスにインドミナスがとどめを刺そうとした刹那、意識を回復したブルーが現れインドミナスに飛びかかった。 その隙にティラノサウルスは反撃に転じ、ブルーと共にインドミナスに猛攻を仕掛け湖エリアの縁へと追い詰めた。 重傷を負いながら尚も二頭に対して闘志を剝き出しにするインドミナスだったが、騒ぎと血の匂いを嗅ぎつけて湖から跳び出してきたモササウルスに喰らい付かれ、水中へと引きずり込まれていったことで戦いは決着。 直後にティラノサウルスは目の前のブルーを一瞥したものの襲うことなくその場を後にし、ブルーもまた、オーウェンとの別れを惜しむかのように去っていった。 そしてオーウェンら四人は無事、の避難所に到着。 ザックとグレイは両親と再会し、オーウェンとクレアの仲も戻る。 そして朝を迎えたイスラ・ヌブラル島では、死闘を終え再び自由を取り戻したティラノサウルスが、崩壊し無人となったパークを見下ろしながら王者の如く咆哮を轟かせていた。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] オーウェン・グレイディ 演 - 「ジュラシック・ワールド」の恐竜監視員・管理人の一人。 元海軍の軍人。 のし、ブルーらラプトル達を手懐けている。 クレアよりずっと低い役職だが、かつて恋人関係にあったため、クレアの言うことを無視する時が多い。 第1作目で死亡した旧パークの恐竜監視員ロバート・マルドゥーンの役職を引き継いでおり、マルドゥーンと同じ型のを着用している。 恐竜とは対等な生物として敬意を持って接しており、同僚たちだけでなくサイモンからの信頼も厚い。 恐竜を「生体兵器」や「商品」としか捉えず、敬意を見せないホスキンスやクレアの考えには反発している。 インドミナスの脱走の際に襲われるも、においを車のガソリンで消す咄嗟の機転で生き延び、インドミナスの暴走と殺戮を止めるために奔走し始める。 クレアとは張り合いながらも協力し合い、1度はインドミナスに服従させられたラプトル達を再び自らの味方に戻し、インドミナスに立ち向かった。 しかし圧倒的な強さを前に苦戦し窮地に追い込まれるが、クレアが最後の切り札として放ったティラノサウルス、ラプトルのブルーに助けられ、九死に一生を得る。 インドミナスがモササウルスにより倒された直後、唯一生き残ったブルーを呼び戻すことはせず、静かに逃がした。 クレア・ディアリング 演 - 「ジュラシック・ワールド」のパークの管理責任者。 インジェン社のや株主資本の募集人等、様々な役職を務めている才女。 前下がりストレートボブの髪型が特徴。 融通の利かない性格で、恐竜たちのことはビジネスの道具と割り切って無関心である。 姉のカレンに観光に来た甥達の世話を頼まれたが、仕事を優先し秘書のザラに世話を押し付けた。 インドミナス脱走時もパークの損害を真っ先に心配し、インドミナスの殺処分を主張したオーウェンに反発していた。 その後、「暴走した恐竜の破壊行動を止めることより、私の行方不明になった甥たちを探すのが先よ」と警備員たちに命令し、更にジュラシック・ワールドの制御室を放棄し自ら捜索に出た。 オーウェンと共に甥達の救出に向かった道中、インドミナスに殺害されたの最期をオーウェンと共に看取ったことで、命を軽んじた己の愚行を痛感し改心。 その後はザックとグレイの捜索に奔走、再会すると空回りながらも二人を必死で守り抜こうとオーウェンと協力した。 終盤でのインドミナスとの最終決戦の際は、グレイの機転によりティラノサウルスを解き放つなどをして、勝利への一端を担う事となった。 オーウェンとはかつて交際していたが、初デートで互いに辟易して破局している。 クレアの前篇物語の小説『The Evolution of Claire(クレアの進化)』によると、に19歳の大学生であったクレアは、開園1年前のイスラ・ヌブラル島のジュラシック・ワールドでのインターンの機会を得る。 当時、クレアは学生寮で「サリーライド」と名付けたのペットを飼っていた。 クレアはパークのインターンに就き、細心の注意を払いながら恐竜の生活を改善する事を目指した。 ジャイロスフィアのテスト走行があり、クレアは同じインターンを受けていた大学生のジャスティンと一緒に乗った。 そこでクレアはジャスティンに好意を持ち、恋に落ちた。 イスラ・ソルナ島から恐竜を出荷する際、ヴェロキラプトルの事故で逃げ遅れた恋人関係を築いていたジャスティンが亡くなる。 その後、長い年月を経てクレアはついに島及びジュラシック・ワールドの頂点に昇りついたが、同時に動物を愛する初心も失った。 グレイ・ミッチェル 演 - クレアの甥。 11歳。 大の恐竜好きで、パーク内ではよくはしゃいでいる。 恐竜やジュラシック・ワールドについて、案内を必要としないほどの詳しい知識を持っている。 洞察力に優れており、両親が離婚しようとしていることに気付いて動揺していた。 終盤、「インドミナスを倒せない原因は、歯の数が少ないから、もっと多くの歯が必要!」と語り、それを聞いたクレアが歯の多いティラノサウルスを解放して、最後の勝利に導いた。 ザック・ミッチェル 演 - クレアの甥で、グレイの兄。 16歳。 パークのアトラクションにグレイと一緒に歓声を上げたりもするが、恐竜にはあまり興味がなく 、いつもスマートフォンを操作している。 恋人がいるものの、パークでは度々若い女性観光客に色目を使っていた。 ダメと言われたことをやろうとするなど、迷惑な一面もある。 車に関して博識であり、インドミナス・レックスに追われた際は旧ジュラシック・パークで使用されていた廃車同然の車を修理し、自ら運転して自力で窮地を脱し、オーウェンを驚かせた。 マスラニ・グローバル [ ] ジュラシックワールド・パークとインジェン社の親会社。 テーマパークや遺伝子研究の分野以外、通信ネットワーク・石油発掘・再生エネルギー・人工衛星など様々な産業を擁する巨大グローバル企業。 サイモン・マスラニ 演 - マスラニ・グローバル・グループの設立者で、ジュラシックワールド・パークとインジェン社両方の実質オーナー。 自らヘリを操縦して突然パークを訪れる行動派だが、ヘリの操縦免許自体はまだ交付されておらず、操縦はかなり未熟。 若く自信家ながら、利益よりも企業倫理を優先する良識や人間的な器量の大きさも持ち合わせるが、それ故に部下に対して必要以上の信頼を寄せ過ぎる傾向がある。 1970年代初期に設立されたの通信ネットワーク会社マスラニの設立者サンジェイ・マスラニの息子。 なお、父サンジェイ・マスラニはジョン・ハモンドの親友でもある。 1992年に父親が亡くなった為、父に代わってマスラニ社の後を継いだ。 通信ネットワーク以外にもで石油部門の会社を設立し、石油発掘を始め、世界各国で様々な産業を成功させる。 1997年に財政難から再建の道を探っていたインジェン社の買収に乗り出し、交渉の末1年後に買収に成功、インジェン社を傘下にした。 2002年からの3年間、「ジュラシック・ワールド」をテーマパークだけではなく、一つの会社として設立・パークの建設を行った。 クレアの前篇物語の小説『The Evolution of Claire(クレアの進化)』によるとマスラニはイスラ・ソルナ島からイスラ・ヌブラル島に恐竜が運ばれて定住するたびに教育センターの上部でシャンパンテストを開催していたという。 作中では脱走したインドミナスを殺処分しようというオーウェンの提案に対し、一度は「巨費を投じたのだから簡単には殺せない」と金銭的な損得勘定で捕獲を命じるが、後にインドミナス開発の裏にあるウーの真意を知ったことで考えを改める。 インドミナス掃討作戦には自らヘリ操縦士として兵士ら2名を同乗させて参加するも、インドミナスの策略でドームから脱走した翼竜の群れによりヘリを撃墜され爆死を遂げた。 ジュラシック・ワールド [ ] マスラニ・グローバルが2005年に、イスラ・ヌブラル島で開業した世界最大級のテーマパーク。 恐竜の展示・接触・専門知識の紹介や古代生物のアトラクションをはじめ、科学館・ホテル・ショッピングモール・レストラン・ゴルフ場も集まるリゾート地区として整備され、ゲストたちは自動式船・磁気浮上式鉄道を利用してパークを出入りする。 ザラ・ヤング 演 - クレアの個人。 イギリス人。 パークを訪れていたクレアの甥のザックとグレイの兄弟の世話を押し付けられおざなりに付き添っていたが、プライベートの電話に出ている間に逃げられてしまう。 ドームの翼竜が脱走した混乱の中、ザックとグレイをようやく見つけその場でヒステリックに叱るも、上空からプテラノドンに捕らえられてモササウルスの湖に落ち、プテラノドン共々モササウルスに丸呑みにされてしまった。 彼女はシリーズ史上初の女性の死亡者であり、このシーンの撮影時には演じたケイティ自らがスタントをこなしたという。 ロウリー・クルーザース 演 - パークで働くテクノロジーに精通したオペレーター。 大学卒業後にマスラニ社の「ジュラシック・ワールド」の仕事に就いた。 で購入した旧パーク「ジュラシック・パーク」のTシャツを着ており、デスクには恐竜のフィギュアを何体も飾っているオタク気質。 原作小説でも劇場映画版でも『ジュラシック・パーク』第1作での出来事は劇中関係者に口止め料が支払われた上で箝口令が敷かれているが、本作では既に部外者も知るところとなっている。 彼もその一人であり、子供の頃から恐竜が好きで、失敗した旧パークに興味をそそられていた。 職務に対しては誠実で、インドミナスが脱走し、他のスタッフが避難する中で一人だけコントロール・ルームに残った。 同僚であるヴィヴィアンに恋心を抱いていたものの、失恋してしまう。 ジェイク・ジョンソンのインタビューによるロウリーのキャラクター裏設定によると、「ジュラシック・ワールド」で働く従業員はホテル施設に居住しているが、ロウリーは自分の部屋があるホテル施設に住まず、旧「ジュラシック・パーク」施設がある島の北部に行ってそこに住んでいたと語る。 そこにはイスラ・ヌブラル島の先住民(Tun-Siとも呼ばれるブリブリ族)の一部が島に戻って居住し、ロウリーは彼らと親しくなり一緒に住んでいたという。 ヴィヴィアン(ヴィヴィ)・オキアミ 演 - () パークのオペレーター。 少々気弱な性格で、インドミナス脱走の際には動揺のあまり泣きだしてしまう一面も見られた。 終盤、他のスタッフとともにパークから避難する。 ロウリーとの別れ際に自分にキスしようとした彼を拒み、恋人がいることを告げた。 バリー・センベーヌ 演 - オーウェンの友人で、オーウェンと共にヴェロキラプトルの調教を務める。 に住んでいたが、友人のオーウェンに呼ばれ、『ジュラシック・ワールド』でヴェロキラプトルの調教を務める事となった。 オーウェンほど信頼関係は築けてはいないものの、彼と同様にラプトル達には敬意を払って接している。 そのためインドミナス脱走時には、恐竜たちのストレスや危険性を全く考慮していなかった上層部に「何も学んでいない」と怒りを露わにしていた。 終盤、オーウェンらとともにインドミナス討伐に向かうが、裏切ったラプトル達の襲撃から逃げ遅れて朽木の中に隠れた際、ブルーに襲われる。 育ててきた愛着からブルーを攻撃できなかったものの、オーウェンが囮になって彼女の注意を引いた事で難を逃れた。 パーク撤退後は他の職員とともに負傷した観客の手当てをしていた。 若いラプトル調教師 演 - コルビー・ブースマン・シェパード オーウェンの元で働く、新人の若いラプトル調教師。 序盤、アクシデントによりラプトル4姉妹がいる檻の中へ転落しピンチに陥るも、オーウェンに助けられ命拾いする。 その後のラプトルによるインドミナスの討伐作戦では、檻の扉を開けてラプトル4姉妹を解き放っていた。 ゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』で レオンと言う名前が付けられている。 ジャイロスフィアのオペレーター 演 - マーティ・カルバロプリー ジャイロスフィアのオペレーターを担当する若い従業員で、作中では「やる気の無いスタッフ」であった。 ザックとグレイをジャイロスフィアに乗り込ませたが、直後に非常事態宣言が発令された時は混乱していた。 映画では名前は示されていないが、ゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』で ジョシュと言う名前が付けられている。 ジミー・ファロン 演 - ジャイロスフィアと呼ばれる球体の乗り物に搭載されている端末で、訪問者を案内する教育ビデオの案内人。 ミスター・DNA 声 - 1作目で、クローン再生の概要を解説する、アニメ映画に登場したアニメキャラクター。 1作目のミスター・DNAとほぼ同じ姿だが、青と白だけの配色となっている。 パドックの監視員 演 - () インドミナスのパドック(檻)の監視員。 オーウェンと共にパドックの中の防壁の爪痕を調べていたが、待ち伏せしていたインドミナスが襲撃してきたことでパニックになり、扉を開けて外へ逃げ出したことで結果的にインドミナスをパドックから脱出させてしまう。 その直後、逃げ遅れて車の陰に隠れていたところをインドミナスに見つかり食い殺された。 映画では単に「パドックの監視員」(Paddock Supervisor)の役名だったが、マスラニ・グローバル社のオフィシャルサイトでは、演じた本人の名のままで、サイモン・マスラニが「ジュラシック・ワールド」のパドックの監視員 エリック・エデルシュタインと紹介されていた。 パドックの労働者 演 - エディ・J・フェルナンデス(ノンクレジット) インドミナスのパドック(檻)の労働者の1人。 オーウェンとパドックの監視員らと共にパドックの中の入り防壁の爪痕を調べていたが、待ち伏せしていたインドミナスに襲撃され、逃げようとするも捕らえられて食い殺された。 ゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』で エリスと言う名前が付けられている。 タカシ・ハマダ 演 - ジュラシックワールドのセキュリティ部門Asset Containment Unit(ACU)のメンバーで、パークの日本人警備管理者。 捕獲チームのリーダーも兼任している。 脱走したインドミナスの捕獲に赴くが、逆にインドミナスが仕掛けた罠にかかり、襲撃してきたインドミナスに鷲掴みにされ、他のメンバーがインドミナスを攻撃した際に地面に叩き付けられた挙げ句踏み潰されるという無残な最期を遂げた。 オースティン・クーパー・クレイグ・リー・マイヤーズ・ミラー・スピアーズ・ACUガンナー・ACUトルーパー 演 - トム・ブイ、Nico Woulard、ポール・ダーネル、ケヴィン・フォスター、ティモシー・ユーリック、その他(ノンクレジット) タカシ・ハマダと同じジュラシックワールドのセキュリティ部門Containment Unit(ACU)のメンバー達。 脱走したインドミナスの捕獲に赴いていた。 ハマダとオースティンの2人を司令官に、2つのチームに分かれて、脱走したインドミナス捕獲の任務に当たっていた。 唯一の女性メンバーであるマイヤーズ以外はインドミナスに殺害された。 クーパーも殺されるが、小説版では彼は生き残っている。 インジェン社 [ ] 1997年でマスラニ・グローバルに買収された遺伝子会社。 元ジュラシック・パークと一体化した会社であり、警備隊も所有したが、今はマスラニ・グローバルの傘下に拠って、ジュラシック・ワールドや警備隊と分離され、遺伝子操作や恐竜の創造に専念している。 ヴィック・ホスキンス 演 - インジェン社の安全と警備を担当するセキュリティ部門幹部。 元軍人で、上層部と裏でつながっており、恐竜を生体兵器として軍事利用を画策する野心家。 マスラニCEOの死を受け、ジュラシックワールドのセキュリティ部門の行動が無効化した後、代わりにインジェン社の幹部としてジュラシックワールド管理権を行使した。 『』の後、イスラ・ソルナ島から脱出して上空にやって来た3羽のの掃討を手伝い、その後「ジュラシック・ワールド」建設工事中の労働者の安全の為マスラニに雇われた。 ヴェロキラプトルの知能を研究する目的で2012年から開始された「IBRIS計画」を監督。 終盤、ラプトルによるインドミナスの討伐作戦が失敗したため、ウーに密告して研究棟で証拠隠滅を図り逃走を図っていた。 そこに避難してきたオーウェンらにインドミナスの兵器としての利用価値を告げていたところをデルタに詰め寄られ、オーウェンの様になだめようとするも伸ばした腕に噛み付かれ惨殺された。 その際、デルタに対して「Easy, boy 落ち着け、ボーイ 」と呼びかけており、ラプトル達が 雌であることすらも、理解していなかった。 ヘンリー・ウー 演 - 一作目にも登場していた「ジュラシック・パーク」の元遺伝子学者。 ジュラシック・パーク事件の後の1年後、イスラ・ヌブラル島の恐竜が、どの様に繁殖しているか確認する為、インジェン社のチームと一緒にイスラ・ヌブラル島に同行。 その後、様々な種を組み合わせる事で新しい種を造る事が出来ると主張した。 『2』の事件のインジェン社の財政危機の中、絶滅した植物のサンプルを使用して、様々な種を組み合わせた新種の植物カラコシス・ウータニス(Karacosis wutansis、ウー・フラワー)を造り、サイモン・マスラニを含め世界中から注目を集めた。 これがマスラニによるインジェン社買収の契機となり、インジェン社を傘下にした後の2000年に、マスラニは彼を昇進させ、「ジュラシック・ワールド」の建設におけるマスラニ・グローバル社(マスラニ社)の重要な遺伝子学者として活躍させることとなった。 2014年11月にインジェン社がに新しく造った「マーテル」と呼ばれる研究所に彼は勤めた。 「マーテル」の計画は、永久凍土から発掘されたの有機材料を抽出し、「ジュラシック・ワールド」の為、の動物などを造る事を目的にしており、彼は「マーテル」での研究で中心的な第一人者であった。 ワールドの新しい目玉となるインドミナス・レックスを誕生させたが、その過程で数々の生物の遺伝子を独断で組み合わせたことにより惨劇の一因を喚ぶ。 裏ではホスキンスと繋がっており、パークの混乱の中ヘリで脱出した。 ライアン・クレスト博士 演 - ブレント・カペル(ノンクレジット) インドミナスの作成に関わっていたヘンリー・ウーのハモンド・クリエイション・ラボに勤める遺伝子学者の1人。 インドミナスが逃げ出し暴れた時は他の科学者と共に避難した。 インジェン社の契約者 演 - () インジェン警備課のリーダーで、傭兵として部下とともに事件が起きたイスラ・ヌブラル島のパークに派遣された。 作戦失敗後、ヘンリー・ウーをヘリに乗せてイスラ・ヌブラル島から去った。 その他 [ ] カレン・ミッチェル 演 - ザックとグレイの母親でクレアの姉。 夫のスコットとは一見仲が良さげに見えるが、実は離婚調停中。 スコット・ミッチェル 演 - () ザックとグレイの父親。 ハル(ハロルド)・オスタリー 演 - ジェームズ・デュモン ベライゾン社の副社長で、「ジュラシック・ワールド」のパークの投資家。 ベライゾン社のジム・ドラッカー(演 - マット・バーク)とエリカ・ブランド(演 - アンナ・タラクコッテル)を連れてパークのアトラクションへ投資する為にやって来た。 ジャスティン・ヘンドリックス クレアの前篇物語の小説『The Evolution of Claire(クレアの進化)』に登場した大学生時代のクレアが好意を持った科学に興味があるビジネス専攻の大学生。 開園前の「ジュラシック・ワールド」でインターンを受ける為、イスラ・ヌブラル島に行く際、同じくインターンを受ける為やって来たクレアと飛行機で出会い、インターン参加者たちがフェリーに乗り換えてイスラ・ヌブラル島に向かった時に再びクレアと再会した。 イスラ・ヌブラル島に着いた後のジャイロスフィアのテスト走行で、クレアと一緒に乗った時、クレアが彼に好意を持つようになった。 イスラ・ソルナ島から開園前の「ジュラシック・ワールド」に新しいヴェロキラプトルが出荷されると、ヴェロキラプトルをパドックに移す際、ヴェロキラプトルがパドックにある木から壁を飛び越える事態が起きた。 作業にあたっていたインターン仲間のターニャとエリックは無事だったが、ジャスティンとクレアは全力で走って逃げたが、十分な時間がなく逃げ遅れた。 ジャスティンはクレアを走って逃がす為に自分を犠牲にした。 彼はヴェロキラプトルの攻撃による怪我で亡くなった。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 劇場公開版 版 オーウェン クレア グレイ ザック マスラニ ホスキンス ヘンリー・ウー バリー ロウリー ヴィヴィアン () ザラ カレン スコット () ハマダ ミスター・DNA 江原正士 ハル ジェームズ・デュモン ジム マット・バーク パドックの監視員 () モサ・ガイド コートニー・ジェームズ・クラーク インジェン社の契約者 () (本人役) オペレーター マーティ・カルバロプリー 男性アナウンス 女性アナウンス 演出 簑浦良平 翻訳 制作 ニュージャパンフィルム 初回放送 21:00 - 23:24 『』 本編ノーカット 21:00 - 23:24 『金曜ロードSHOW! 』 本編ノーカット 登場する恐竜・古生物 [ ] 以下のリストには劇中に登場した恐竜・翼竜・海棲爬虫類だけでなく、映画で使われるとされている公開された「ジュラシック・ワールド」のガイドマップのパンフレットに表示されている動物一覧に存在のみが確認できる恐竜も含めている。 小説によるとワールドの恐竜は体内にによりを埋め込まれており、ジャイロスフィアや立ち入り禁止地域に入り込んだ場合は気分を害するようになっている。 ただし、特別飼育されていたヴェロキラプトルや、第1作目と同一種のティラノサウルスなどの一部の恐竜にはインプラント処理が行われていない為、パーク内で自由に行動が可能である。 クレアの前篇小説『The Evolution of Claire』によると「ジュラシック・ワールド」開園の9ヶ月前までパークの生息地に組み込まれた草食動物はイスラ・ソルナ島から運ばれたアンキロサウルス、ブラキオサウルス、ガリミムス、パラサウロロフス、トリケラトプスだけだった。 肉食恐竜はティラノサウルスとディロフォサウルスだけで、約1ヶ月後にイスラ・ソルナ島からヴェロキラプトルが導入された。 劇中に登場する恐竜・古生物 [ ] 肉食恐竜 [ ]• Tyrannosaurus rex ジュラシックワールドを代表する、最も有名な大型肉食恐竜。 巨大な頭、強力な顎、凶暴な性格と、小さな手が特徴。 1作目に登場した雌の個体と同一であり、首には1作目終盤のヴェロキラプトルとの戦いで付けられた傷跡が残っている。 1990年6月生まれで、ジュラシック・ワールド建設に前後してホスキンス率いる部隊に麻酔銃で捕獲され、20年間以上生きた長寿のティラノサウルスとして、「ティラノサウルス・レックス・キングダム」にてパークの目玉として飼育されていた。 本作の序盤では、「ティラノサウルスがを食べるショー」が一つのアトラクションとして公開展示をした。 終盤でクレアは「歯の数が多いほど強い」と悟り、彼女よりインドミナスに対する切り札として解き放たれ、ブルーと共にインドミナスと死闘を繰り広げる。 知能に勝り強大な前脚を持つインドミナスに劣勢を強いられ一時絶体絶命となるが、ブルーの加勢により体勢を立て直して反撃。 長年の経験を駆使してインドミナスに猛攻を仕掛け湖の側へと追い詰めた。 モササウルスによってインドミナスが倒された後は目の前に居たブルーに視線を送り、襲うことなく去って行った。 島が無人となった後はヘリポートで廃墟と化したパークを見渡しながら、再び自由を取り戻した事への歓喜と、憎き人間たちに二度とこの地に近づくなという警告を込めて雄叫びを上げていた。 が最初に描いた1作目の映画版の絵コンテの段階では「 ロベルタ(Roberta)」と名付けていた。 公式サイト及び公式ブックによると歯の数は50〜60本。 Velociraptor 本作では獰猛ゆえに一般公開はされておらず、人間を信頼するようオーウェンらの訓練を受けている小型肉食恐竜。 ヴェロキラプトルのしていたオーウェンによって長女「ブルー」、次女「デルタ」、三女「エコー」、四女「チャーリー」と名付けられた4姉妹が登場する。 これらはブルー以外、のと、群れを形成し順位制を有する動物の個体序列のでの呼び方をダブルミーニングさせたものである。 遺伝子操作と戦闘訓練により以前の個体よりも戦闘能力が高く、加えて過去作同様に高い知能を持ち、訓練者であるオーウェンの指示を聞き分けることができる。 孵化した頃からオーウェンに育てられたため、オーウェンにとっては実の娘同然の存在である。 脱走したインドミナスに対抗するため、オーウェンと共に討伐作戦に赴く。 名前の由来は英単語のB、C、D、Eから。 オーウェンはA(アルファ)に当たる。 実際のアルファベットの並びとは異なり、B、D、E、Cとなっている。 ノベライズでは役割と最期がそれぞれ異なる。 マスラニ・グローバル社のオフィシャルサイトによると2012年から始まったヴェロキラプトルの知能を研究するIBRIS(Integrated Behavioral Raptor Intelligence Study)計画の為に産み出された。 当初は「V-2」と呼ばれるヴェロキラプトルも誕生して、最初は五姉妹のヴェロキラプトルだったが、V-2は攻撃的で危険だった為、安楽死による処分がされた。 2013年には他にもこの計画で多くのヴェロキラプトルを産み出されたが様々な原因で死んだ。 なお、シリーズの他作品同様、映画に登場するヴェロキラプトルのモデルとなっているのは、デイノニクスなど、より大型の近縁種であるとされている。 ブルー ヴェロキラプトル四姉妹の長女でリーダー。 オーウェン率いるラプトル隊ではサブリーダーのベータにナンバリングされる。 妹達の名前は個体順位の頭文字をNATOフォネティックコードに置き換えたものなので、本来彼女の名前はブラボーとなるはずであるが、例外的に体色に着目した「ブルー」となっている。 日本語吹き替え版では妹達の(ナンバリングではなく)名前を先に紹介したオーウェンが最後にブルーの名前を紹介する際、ブラボーの代わり、ではなく「ベータの代わり」と述べており、呼び名とその由来の対応が誤っている。 ノドグロオオトカゲとナイルオオトカゲのDNAを組み込まれて誕生したため、体には美しい青銀色の模様がある。 リーダーのアルファであるオーウェンはブルーに序列を覚えさせる為、餌を与える時は彼女には最後に与えるようにしている。 また、餌そのものも、妹たちの場合は肉の切り身だが、ブルーだけはをまるごと与えられている。 オーウェンに対する信頼と愛情はラプトルの中で最も強い。 特殊な遺伝子操作により誕生した為、シリーズ史上最強のラプトルであり、インドミナスとの戦いではティラノサウルスとインドミナスの体を駆け登りながら戦い、その能力の高さを見せている。 劇中では最後まで生存し、インドミナスとの戦いの後、オーウェンに名残惜しそうな一瞥をくれティラノサウルスとは逆の方向へと去って行った。 前述のとおり餌を与えられる順番は四番目。 また、イノベーションセンターにあるホログラフィック映像のヴェロキラプトルは、ブルーの特徴とされる目尻から続く太く長い模様という事から、ブルーが表示されている。 デルタ 四姉妹の次女(本来は三女だが次女のV-2が殺処分された為、繰り上げられた)でサブリーダー。 チャーリーと同様に緑に近い体色をしており、リーダーで長女のブルーには従順。 爬虫類の遺伝子を組み込まれている他の姉妹と違い、の遺伝子を多く受け継いでいる。 馴れていない人間に触れられることを嫌がり、ホスキンスに頭を撫でられた際には露骨に不快感を示していた。 インドミナス脱走騒動の最中にインドミナスに操られ、オーウェンたちを追って研究棟に侵入し、そこで自分に待てをして制止しようとするホスキンスを殺害した。 オーウェンに説得されて再びインドミナスに立ち向かうが、レストランのグリルの上に落とされバーナーが誤作動し焼死した。 ノベライズ版ではロケットランチャーで爆殺される。 餌を与えられる順番は三番目。 エコー 四姉妹の三女でオレンジ色かまたは赤色に近い体色で体にはチャーリーと同様の黒い縞模様がある。 過去にブルーとリーダーの座を巡って戦い敗れ、その時の傷が右側の鼻先にあり、目立たないが体にはそれ以外にも傷がある。 飼育員からは「エルビス」の愛称でも呼ばれている。 ノベライズではデルタと役割が逆でホスキンスを噛み殺している。 ラプトル姉妹の中では唯一、映画とノベライズでの最後が同じでインドミナスとの最終決戦時、デルタが殺されたことによりコンビネーションのバランスが崩れ、インドミナスに噛み殺され投げ飛ばされる。 餌を与えられる順番は二番目。 チャーリー 四姉妹の四女で末っ子。 オーウェンは彼女が誕生してから姉妹たちの訓練を開始した。 の遺伝子を持つ為、緑色の体色をしており黒い縞模様がある。 また瞳孔も他の姉妹とは異なり円形の形をしている。 戦闘訓練で食料を得た際には真っ先にブルーに献上するなど、ブルーへの信頼と忠誠心は姉妹の中で最も強い。 インドミナスに操られ人間を襲撃している最中オーウェンと対面し襲うのを躊躇い、直後に背後からインジェン社兵士のロケットランチャーの直撃を受けて爆死する。 チャーリーを殺害したインジェン社兵士は敵討ちに燃えるブルーに追跡されるが、寸での所でバリーの残したバギーで逃走されてしまった。 頭部に装着したカメラモニターごと爆死した為、コントロールルームのチャーリーのカメラモニターの画面のみがブラックアウトしていた。 ノベライズではインドミナスにレストランのに投げ込まれ油にが引火しフライヤーごと爆死する。 オーウェンに餌を与えられる順番は一番目。 インドミナス・レックス Indominus Rex 本作に登場する架空の、多彩な戦闘能力を持つ大型肉食恐竜。 製作段階ではディアボルス・レックス(Diabolus Rex)とも示されていた。 「インドミナス」はラテン語で「獰猛不屈・制御不能」を意味する。 ティラノサウルスのDNAをベースに、ヴェロキラプトル・・・・・・等のDNAを加えて遺伝子組み換えによって誕生させたキメラ恐竜。 や等の現存種の遺伝子も取り込まれている。 また、ティラノサウルスの遺伝子をベースとしている為、雌のほうが大型である。 ただ、その頭部容姿はティラノサウルスよりも、むしろギガノトサウルスのそれを彷彿とさせる厚みの比較的薄いものとなっている。 これは腕部が著しく肥大化したために、体のバランスを崩すことを防ぐためのデザインと推測 [ ]される(実際、ティラノサウルスの前肢が異様に小さい理由として、その巨大な頭部と釣り合いをとる為という説 [ ]がある)。 有事の際の予備として2匹の姉妹が孵化していたが、共食いで妹が姉に食い殺され、作中には姉である雌一頭のみが登場する。 ティラノサウルスを上回る巨体になるようデザインされており、現時点でも全長12mで完全体では無いが、完全に成長すれば15m以上に達すると言われている。 成長促進のために取り込まれたコウイカのDNAによりの様に体色を変える事が出来る能力を獲得している。 この特徴は、小説版『』に登場したカルノタウルスに影響を受けたとも言われている。 熱帯での発熱調節のために取り込まれたアマガエルのDNAにより赤外線放射抑制能力をもち、この能力で檻内不在を装い赤外線センサーを潜り抜けた。 テリジノサウルスのDNAによる、非常に大きく、50口径の弾丸を防ぐガラスを一撃で突き破るほどの力を誇る前肢と爪をもつ。 4本指で第一指と他の指が向かい合う構造であるため、対象を掴むことが可能。 の離着陸時の音量に相当する、140 - 160デシベルにもなる雄叫び。 檻の中でも最高時速48kmで走行可能。 驚異的な持久力も持ち合わせ、作中では立て続けの逃走、捕獲チームやアンキロサウルスとの戦闘、翼竜ドームの破壊などによって体力を消耗していながら、デルタとエコーを殺害し、ティラノサウルスをも一時的とはいえ戦闘不能寸前まで追い詰めた。 モササウルスに襲われる直前も立ち上がって咆哮をあげる力をまだ残していた。 アベリサウルスのDNAにより、皮膚が頑強な皮骨板で覆われており、ライフルの弾丸やアンキロサウルスの尾の棍棒による打撃を受けてもほとんどダメージを受けない防御力を持つ。 また眼窩の上には2本の角が生えており、前肢や首には羽毛らしきものも確認されている。 ヴェロキラプトルのDNAにより、高い知能を持つ。 施設の壁にフェイクの爪跡を刻み、体温調節とカモフラージュ能力を使って脱走したと見せかけて人間をおびき寄せたり、生まれた時に埋め込まれた追跡装置の位置を正確に記憶して体内から取り除き、更にそれすらも囮として利用する。 他の恐竜を楽しんで殺す残忍性を持ち、ヴェロキラプトルのDNAにより備わるコミュニケーション能力で群れを服従させ味方に引き込む狡猾さも併せ持つ。 歯の本数はマスラニCEOの意向を汲んで意図的に増やされており、74本。 キメラによる外観上の弊害として、歯並びがいびつである。 草食恐竜 [ ]• Apatosaurus パーク展示範囲内の最大の巨体を誇る恐竜。 草食性。 脱走したインドミナスに襲われた際、巨体ゆえに逃げ遅れてしまい群れごと虐殺されてしまう。 唯一生き残った1頭も致命傷を負い、ザックとグレイの救出にやって来たオーウェンとクレアに看取られながら息を引き取った。 なお、このシーンのアパトサウルスの頭部はアニマトロニクスで再現されている。 Ankylosaurus 中型の草食恐竜。 「生きた装甲車」とも呼ばれる鎧竜。 他の草食恐竜とは異なりジュラシックワールド来園者への展示、観覧対象とはされておらず、園外のジャングルの中に4頭が棲息している。 防衛力が高いが、肉食動物からの襲撃に対しては逃げる事を最優先とする性質を持つ。 今作では逃げ遅れた1頭が、堂々と肉食恐竜であるインドミナスを相手に交戦した。 武器である尻尾の棍棒で攻撃したり、全身の棘で身を守るなどしたがインドミナスには通じず、仰向けにひっくり返され、頭部に嚙みつかれ、そのまま棘が無い首をへし折られてしまった。 Pachycephalosaurus 小型の草食恐竜。 「パキケ・アリーナ」にて飼育されている。 劇中では施設から逃げ出した1頭が麻酔で眠らされた映像が監視カメラに登場する。 Parasaurolophus 中型の草食恐竜。 頭頂から後方へ伸びる鶏冠が特徴的。 Stegosaurus 中型の草食恐竜。 最大級の剣竜。 Triceratops 中型の草食恐竜。 最大級の角竜。 雑食恐竜 [ ]• Gallimimus 小型の雑食恐竜。 「ガリミムス・バレー」にて群れで飼育されている。 古代爬虫類 [ ]• Mosasaurus 今作で初めて登場する巨大な肉食海棲爬虫類。 歯の本数は88本。 パーク内で飼育されている肉食動物としては最大の大きさを誇り、歴代シリーズにおいても最大の肉食動物である。 学術的な分類上は恐竜とは全く異なり、の仲間が海中生活に適応進化したグループに属する。 湖エリアではのように餌のに喰らい付くアトラクションが催されている。 複数飼育され一番大型の雌の個体は、飼育員によると性格はシャイで恥ずかしがり屋とのことで、餌を与えられる時以外は水中から出てこない。 体内のインプラントの効果もあり、餌やりの際に観客に襲いかかるということはなく、またある程度人間には懐いている。 ザラ・ヤングとそれを襲うプテラノドンを諸共喰らい、終盤ではティラノサウルス、ブルー、インドミナスの戦いの最中に湖から飛び出し、インドミナスの首に喰らい付き水中に引きずり込んで絶命させ、ブルー達の勝利に間接的に手を貸す形となった。 Pteranodon 大型の翼竜。 しかしIIIの時とは大きな違いがあり、体は小さくなって、口が棘のように鋭く、相手を刺し殺すことができる。 インドミナスによって多くの個体が脱走し、パーク内に取り残された観光客を襲撃する。 本作ではなどの海鳥のように潜水して獲物を狩る姿が描かれている。 Dimorphodon プテラノドン以外では初となる小型翼竜。 プテラノドンのような巨体を持たないが、インドミナスによって多くの個体が脱走し、パーク内に取り残された観光客を襲撃する。 劇中未登場の恐竜 [ ] 以下の恐竜たちは劇中には登場しないものの、ジュラシック・ワールドで飼育されているなどの設定となっている。 Baryonyx• Edmontosaurus• Metriacanthosaurus• Microceratus• Suchomimus• Dilophosaurus に似たフリルと特徴的な頭部を持つ肉食恐竜。 パークの公式に含まれないかつてのパークで造られた恐竜だが、イノベーションセンターにあるホログラフィック映像の恐竜リストの一つとして含まれている。 威嚇する様子の立体映像映像が映し出された事で、デルタの足止めに利用された。 なお、ジュラシック・ワールドのレゴブロックにも登場しており、ジャイロスフィアに乗ったグレイがパークで道に迷い、ディロフォサウルスに追い掛けられ、Asset Containment Unit(ACU)が乗る4WDに救出されるというコンセプト内容が付けられて発売された。 Spinosaurus パークの公式に含まれない恐竜で、パークのメインストリートに標本骨格が展示されているのみ。 また、イノベーションセンターにあるホログラフィック映像の恐竜リストの中の一つとしても表示されている。 5頭目のヴェロキラプトル マスラニ・グローバル社のオフィシャルサイトにて明らかになった、インジェン社のセキュリティ部門の監守の下、行っていた「ブルー」、「デルタ」、「エコー」、「チャーリー」と共にIBRIS計画の為に産み出された5頭目のヴェロキラプトル。 愛称となる名前は付けられておらず、「ブルー」の次の2番目に誕生した為、単に「 Subject V-2(V-2)」と呼ばれている。 攻撃的で予測出来ない非常に危険な性格だった為、IBRIS計画の間に安楽死の処分にされた。 ブルーにも多少類似し、映画1作目に登場したヴェロキラプトルと似た外見をしており、茶色の体色をしている。 ステゴケラトプス Stegoceratops 映画でハモンド・クリエイション・ラボにあるヘンリー・ウーの秘密の研究部屋にあるコンピュータモニター画面上のみ示された遺伝子組み換えの架空の恐竜。 インドミナス・レックスと他の名前無しの架空恐竜と共に誕生させる予定であったとされる、とのDNAを加えたキメラ恐竜で、設定ではとの現存種の遺伝子も取り込まれていると言う。 見た目はトリケラトプスに似ているが、背中や尾にステゴサウルスの特徴である棘などがある。 コリン・トレヴォロウ監督は映画を製作する前に、ステゴケラトプスも登場させようとステゴケラトプスのコンセプトアートも制作し、オーウェンとクレアがジャングルでインドミナス・レックスとは別のハイブリッド恐竜と出会う構図も考えていたと言う。 結局、映画に登場しなかったが、から発売されたジュラシック・ワールドのおもちゃのアクションフィギュアとモバイルゲームの「ジュラシック・ワールド ザ ゲーム」にステゴケラトプスが登場している。 未確認の架空の恐竜 映画でハモンド・クリエイション・ラボにあるヘンリー・ウーの秘密の研究部屋にあるコンピュータモニター画面上のみ示された、名前不明の謎の遺伝子組み換えの架空の恐竜。 、、、他、不明の生物などのDNAを加えたキメラ恐竜で、外見はに似ているが、の特徴もあり、の様な足があり、の様に2本の指がある姿だった。 ハイブリッドのテリジノサウルス 映画でハモンド・クリエイション・ラボにあるヘンリー・ウーの秘密の研究部屋にあるコンピュータモニター画面上のみ示された、遺伝子組み換えの架空の恐竜。 長い爪を持つと未知の生物のDNAを加えたキメラ恐竜であったとされる。 また、管理されていない未開の立ち入り禁止エリアには、かつての旧「ジュラシック・パーク」で造られた一部の恐竜が生きており、野生化しているとされている。 ちなみにゲーム『レゴ ジュラシック・ワールド』では、廃墟の旧ビジターセンターにが住み着いていた。 さらにイスラ・ヌブラル島にはこれらの造られた恐竜とは別に夜行性の哺乳類ヌブラルマエガミジカ(Nublar Tufted Deer、Elaphodus cephalophus nublarus)と言う元々島に生息していた在来種のやも休憩所として島に立ち寄る。 これらの島の在来種の保護でマスラニ社はコスタリカの環境保護協会と2005年に調印されている。 舞台となった島 [ ] 舞台となった島は1作目と同じ、という架空の島である。 イスラ・ヌブラル島はマスラニ社のCFOサイモン・マスラニにより、1997年の『2』のサンディエゴ事件の後にインジェン社を買収した事から、新たにマスラニ・グローバル社(マスラニ社)が島を所有する事となる。 なお、サンディエゴ事件の後、アメリカ下院でジーンガード法(Gene Guard Act)と言う恐竜の保護と他の種の恐竜のクローニングと消滅を禁止する法案が可決されたが、マスラニ傘下のインジェンの一部の遺伝子学者のメンバーがイスラ・ソルナ島にある研究所に派遣され、秘密裏で違法なクローニング技術でインジェンのリストに載っていない幾つかの別の新しい恐竜を造っていたとされ、問題視された。 その事に関してマスラニは恐竜のテーマパークをイスラ・ヌブラル島に造る目的で新しい恐竜造りの技術の為に、規制緩和を求め、2003年にジーンガード法(Gene Guard Act)は廃止された。 そしてマスラニ・グローバル社が再び島で新たに恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を作る為、子会社のアクシス・ボルダー・エンジニアリング社(Axis Boulder Engineering)とチマック・コンストラクション社(Timack Construction)を雇いパーク建設を行った。 マスラニはパーク建設の為に建設材料として12億ドルを費やしたとされている。 『ジュラシック・パーク』の小説の原作版では島の中心にある広大な人造湖があるとされているものの、作中では描写しなかったが、映画本作では、「ジュラシック・ワールド・ラグーン(イスラ・ヌブラル・ラグーン)」という名前の湖で登場し、湖に面して「ジュラシック・ワールド」のビジターセンターなどの観光施設が作られる。 「ジュラシック・ワールド」のビジターセンターには創設者ジョン・ハモンドへの敬意を払って、彼の銅像が設置されている。 「ジュラシック・ワールド」のパークは「ジュラシック・パーク」と違い、2015年6月に開園し、開園1か月目で9万8120人の訪問客が訪れたとされている 、年間1000万人の観光客が訪れるパークとなっている。 当初は来園者がそれ以降、なかなか増えず利益も苦労していたが、さらなる訪問客を増やすため、様々な新型アトラクションを行い、訪問客は増えて行った。 島の中心の人造湖「ジュラシック・ワールド・ラグーン(イスラ・ヌブラル・ラグーン)」に面したビジターセンターを中心に島の最南端まで、パークが新たに作られており、生物学的な要素の維持、サファリ、動物園とテーマパークからなる、シーランド風のリゾート地の様な要素があるパークとなっている。 島への交通ではヘリポート や港施設などがあり、ヘリコプターやフェリーボート で島に行ける様になっている。 ビジターセンターを中心に駅、恐竜を造る為の創造ラボ、植物園、サムスンイノベーションセンター、ヒルトンホテルやレストランやゴルフコースなどの施設がある観光客領域。 パーク内での乗り物やアトラクションによる観光では、王国、鳥小屋、白亜紀クルーズ、ラグーンに面した水中観測所などの施設がある。 恐竜ショーではテリトリーとアリーナと、ラグーンで行われるの餌やりショーなどが行われ、パーク内には18種の恐竜がいる。 他インドミナス・レックスという新種の恐竜を飼育する為の檻がある。 火山のシボ山はゲームの『』でも示されており、映画本作用の「ジュラシック・ワールド」のガイドマップに載っているイスラ・ヌブラル島の地図でも火山がある事が示されている。 他の島北部及び島西部の一部には「ジュラシック・パーク」の放置されたままのビジターセンターなどの施設が今も残っているが開発されていない。 また、イスラ・ヌブラル島は千年以上前の古代からツーンシ(Tun-Si、水の男)とも呼ばれる、先住民の系の部族が1980年代まで島に定住しており、マスラニ社はかつて島に住んでいたブリブリ族の歴史と文化に貢献する事を希望しており、一部のツーンシ族の人がマスラニ社の下で島の北部に戻ったともされている。 なお、ゲーム『Jurassic Park: The Game』でも島にかつてインディオが定住していた事が言及されている。 登場する施設及びメカニック [ ] ジュラシック・ワールド イスラ・ヌブラル島に新たに建設された恐竜の。 宿泊施設、恐竜の科学施設も兼任している。 インジェン社からインドの企業「マスラニ・グローバル社」が買い取り、顧客を喜ばすために新たな新種の恐竜を創造する。 ワールドは既に開園しており、1日に2万人が来場する大人気のテーマパークとなっている。 ビジターセンター 島の中央にある「ジュラシック・ワールド・ラグーン(旧イスラ・ヌブラル・ラグーン)」と言う巨大な湖に面したパークの中心施設。 コントロール・ルーム パーク内をセキュリティー面など異常がないかモニターで監視する建物。 パーク内には監視カメラが幾つかあり、インジェン社のセキュリティ部門Asset Containment Unit(ACU)と連携している。 またイスラ・ヌブラル島の天候などもモニターでサーモグラフィーを通して映る。 サムスン・イノベーション・センター 「ジュラシック・ワールド」のメイン・ストリートにある建物。 ジョン・ハモンドの銅像があり、恐竜の歴史を扱った展示などがある。 建物には恐竜を造る為のハモンド・クリエイション・ラボと言うガラス張りの実験室があり、訪問者の見学が出来るようになっており、これは旧「ジュラシック・パーク」の見学が出来る実験室に影響されたものである。 一般公開されていない、ヘンリー・ウーの秘密の実験室もある。 フェリー・ランディング イスラ・ヌブラル島の南端の西岸にある船乗り場。 訪問者を乗せたが到着する。 すぐ隣がモノレール駅になっている。 ヘリポート ヒルトン・イスラ・ヌブラル・リゾート&スパ パークに来た訪問者が泊まる為の5つ星の高級リゾート施設。 テニスコートやゴルフなどもある。 ティラノサウルス・レックス・キングダム 1作目に登場した雌のティラノサウルスが、20年間以上生きた長寿のティラノサウルスとしてパークの目玉として飼育されている。 別名「9番パドック」 ラプター・リサーチ・アリーナー サイモン・マスラニがヴェロキラプトルの知性を調査する為に、ヴェロキラプトルを収容する為に造られた施設。 ブルー、デルタ、エコー、チャーリーの4羽 [ ]のヴェロキラプトルが収容され、オーウェンが訓練していた。 IBRIS(Integrated Behavioral Raptor Intelligence Studyの略)計画 ヴェロキラプトルの知性を研究するため2012年に開始された研究プログラム。 インジェン社のセキュリティ部門幹部のヴィック・ホスキンスが監督を担当していた。 後にラプター・リサーチ・アリーナーに収容する為に、ブルー、V-2、デルタ、エコー、チャーリーの5羽のヴェロキラプトルはこの計画の為に造られた。 V-2と呼ばれたヴェロキラプトルは非常に危険だった為、計画段階の間に安楽死された。 2013年に他にも多くのヴェロキラプトルが造られたが様々な原因で死に、最終的にはブルー、デルタ、エコー、チャーリーの4羽 [ ]だけ生き残ることとなった。 鳥小屋 翼竜のプテラノドンとディモルフォドンがいる、ガラス張りのドーム。 ジェントル・ジャイアンツふれあい動物園 飼育されたトリケラトプスなど、草食恐竜の子供とふれあえる動物園。 パキケ・アリーナー アクア・パーク 「ジュラシック・ワールド」のプール施設。 モササウルスの餌やりショーと水中観測所 「ジュラシック・ワールド・ラグーン」と言う巨大湖に面したモササウルスの餌やりショーの為の施設と水中観測所。 モササウルスの餌やりショーを見る為の客席が常設されている。 水中観測所ではガラス張りの水槽から水中を泳ぐモササウルスを見る事が出来る。 インドミナス・レックスのパドック キメラ恐竜である「インドミナス・レックス」を隔離、飼育するパドック。 当然ながら非公開で、内部はエリア別で分割管理されている。 インドミナスが脱走する日、皮肉にも壁の強化工事の話が為されていた。 オーウェンの住処 オーウェンがイスラ・ヌブラル島で住処にしていた湖畔にあるバンガローの小屋とトレーラーハウス。 施設内を移動するために使用される。 入口には、かつてジュラシックパークと同じ形の門が制作されており文字の色は青色に変わっている。 ゴンドラ・リフト 訪問者の移動で使用される。 ボタニガル・ガーデン イスラ・ヌブラル島の南西にある観光用の植物園。 約2,000種にも及ぶジュラ紀を含む植物がある。 この植物園にある植物は草食恐竜の餌として提供されている。 クレアが使用している製の。 ギャラクシー・ギア インジェン社のセキュリティ部門Asset Containment Unit(ACU)が身に着けているサムスン製の。 ジャイロスフィア 施設内の草食恐竜達の生活エリアを自由に探索できるアトラクション用につくられた透明球体の乗り物。 自動操縦ではなく、観光客の好きなように操縦が出来る。 最新鋭の技術を搭載しており、球体表面のガラスの絶対安全性を紹介するための映像 が流されていたが(なおその安全を紹介する人物の姿はのオマージュ 、作中ではザックとグレイが搭乗し立ち入り禁止の森林エリアでインドミナスの襲撃を受けた際に無残に破壊されてしまう。 ・スクランブラー オーウェンが個人所有で、パークで乗り回していたオートバイ。 パークの従業員やインジェン社のセキュリティ部門が乗る車両としてや、といったSUV・トラック・バンが劇中に登場する。 クレアはに乗っていた。 ピンツガウアー 社の6輪トラック。 後部席に訪問者が乗れるように改造され、ガリミムス・バレーのツアーで使われた。 マスラ二が「ジュラシック・ワールド」を訪れる際に操縦して来たヘリコプター。 中盤、恐竜達が脱走した際、ドアガンとしてM134 劇中では電動式ガトリングガンM134という設定 を搭載して恐竜達へ向け攻撃した。 カワサキ・ブルートフォース750、テリックス4 従業員が乗るのオフロード・バギーカー。 エンブレム部分が「ジュラシック・ワールド」のロゴなどになっている車両もある。 劇中でオーウェンとバリーが乗っていた。 また、インドミナス・レックスに破壊されたと思われるテリックス4が旧ビジターセンター近くでザックとグレイによって発見され、旧パークのジープ・ラングラーを動かす為にテリックス4からバッテリーを使用した。 、テレックス RT-シリーズ 建設車両のトラックとクレーン車。 両車共にインドミナス・レックスのパドックに止まっていた。 トラックはインドミナス・レックスに破壊された。 インジェン社のセキュリティ部門が乗る。 ジュラシック・パーク 映画第一作の惨劇となったインジェン社の跡地。 小説版ではロストワールドの時点で軍によってパーク自体が爆撃されて破壊されたが、本作では何も手つかずの状態のまま廃墟として登場する。 旧ビジターセンター 映画第一作に登場した施設。 崩壊後、噴水などの建物の正面エリアの一部はインジェン社により破壊されたが、廃墟の姿のまま残っており、建物はほぼ草木で覆われ荒れ果てている。 1993年型 映画第一作で登場した職員用のSUV。 パーク跡地である廃墟の旧ビジターセンターの地下ガレージから、保存状態のよいまま発見され、ザックによるバッテリー交換によって窮地を脱出するために再び使用される。 削除されたシーン [ ]• クレアが恐竜の糞を自らの体に塗り付け、自ら恐竜を誘き寄せようとするシーン。 枯葉に半ば埋もれた、1作目でネドリーがジープで誤って倒した、船乗り場行きのイーストドック(East Dock)の道路標識があるシーン。 当初ザックとグレイは旧ビジターセンターからジープに乗って戻る途中、映画1作でネドリーがディロフォサウルスに殺された場所に辿り着き、3匹 [ ]のディロフォサウルスと遭遇し、ザックとグレイは映画1作でネドリーが恐竜の胚が入ったシェービングクリームの缶を落として失った地点で3匹のディロフォサウルスから一時隠れて動けなくなるシーンがあった。 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:、、 ()、コリン・トレヴォロウ• 製作:、• 製作総指揮:、トーマス・タル• キャラクター原案:• 視覚効果・アニメーション:、• :レガシー・エフェクツ• 撮影:• プロダクション・デザイナー:エド・ヴェロー• 編集:ケビン・スティット• テーマ作曲:• 音楽:• 恐竜アドバイザー:• 古生物学アドバイザー:• 日本語字幕翻訳:• 日本語吹替翻訳:• 協同提供:、 制作 [ ] 6月には、自らが製作総指揮を取り、『ジュラシック・パークIII』のが監督で『ジュラシック・パーク4』の製作計画が行われると語っていた。 11月には4作目の脚本にが雇われていた。 9月には脚本に新たにが雇われ、モナハンの代わりに未完成だった4作目の脚本を書き上げた。 モナハンとセイルズが書いた4作目の脚本は軍が恐竜と人間の遺伝子を掛けあわせた兵士を作り上げるという内容で、コンセプトアートも制作されたが 、この内容のジュラシック・パーク4の製作計画は結局、後にキャンセルとなった。 その後は長く延期され、製作は遅れていた。 2007年3月には、スピルバーグからジュラシック・パークの新作に再び出演するように頼まれていた。 (2014年他界)と、は、ジュラシック・パーク4に若干の関心を示したため、再びイアン・マルコム博士とジョン・ハモンドとしての役割を果たすだろうと報告された。 にで行われたに出席したスティーヴン・スピルバーグは『ジュラシック・パーク4』の製作準備が進行中で、新しい脚本もすでに書かれている事を話した。 1月11日にユニバーサル・ピクチャーズは『ジュラシック・パーク4』はカメラで撮影され、6月13日にリリースすると発表していたが、プロデューサーのフランク・マーシャルはそのリリース日を否定していた。 そして3月14日にコリン・トレヴォロウがジュラシック・パークの4作目『ジュラシック・ワールド』の監督及びデレク・コノリーと共同でモナハンとセイルズの脚本から大幅に変更した脚本を新たに書き上げ、製作される事が明らかになった。 6月24日にのローリースタジオで撮影が始まり、映画で観光客役の数百人のエキストラを募集してオーディションを行っていた。 後にハワイので撮影が始まった。 初期の製作企画でアラン・グラント博士役のは出演に関心を示していたが、2013年5月19日に、本作『ジュラシック・ワールド』の出演について出演の可能性は極めて低いと語っていた。 1作目でデニス・ネドリーを演じたは2013年7月19日のコミコン・インターナショナルでのインタビューで『ジュラシック・パーク4』への出演の興味を示す意見を述べていた。 ネドリーは死んでおらず、眼帯で片腕の人を演じたいと彼は語った。 2013年9月10日にユニバーサル・ピクチャーズは6月12日にで公開する事を正式に発表した。 出演に2014年2月24日にが悪役で出演する事が決まり、はイスラ・ヌブラル島のパーク施設を所有するパテル社の所有者として、1作目にヘンリー役で登場したが再び、22年ぶりに同じ役で出演する事も決まった。 3月21日にがキャスティングされ、3月26日に、4月3日にとケイティ・マクグラスらの出演が決まった。 主役は11月にとの出演交渉に失敗した為、が代わりに決まった。 噂されていたの登場は無いと、トレヴォロウは自身のTwitterで否定していた。 また、脚本を書いたコリン・トレヴォロウとデレク・コノリーによると、映画に登場させる新しい恐竜の1つに「」を示していた。 本作でもテクニカルアドバイザーを務めるのによると夜行性の恐竜が登場する事を示している。 、、、、、、、、の10匹が登場するのではないか?とリストに示して噂もされていた。 なお、映画に登場する新しい恐竜の1つ「」はだとされている。 また、カルノタウルスに描写の影響を受けた様な、遺伝子組み換えによって造られた、新種のティラノサウルス、ディアボルス・レックス(Diabolus Rex)という新種の肉食恐竜が登場するとも言われ、映画で重要な役割をする恐竜になるとも言われている。 公開に向けて2014年、ユニバーサル・ピクチャーズが本作のジュラシック・ワールドのマスラニ・グローバル(Masrani Global)というバイラルサイト のオフィシャルサイトを開始した。 マスラニ・グローバルはイスラ・ヌブラル島の「ジュラシック・ワールド」を所有する架空の会社で、ユニバーサル・ピクチャーズが映画公開に向けてマスラニ社の「ジュラシック・ワールド」の歴史などをこのバイラルサイトで共有している。 また、同じくジュラシック・ワールドのパーク運営のバイラルサイトのオフィシャルサイトも開始した。 なお、第1作と第2作にジョン・ハモンド役で出演したリチャード・アッテンボロー、その2作品とゲーム『経営シミュレーション ジュラシック・パーク』でもハモンドの日本語吹き替えを担当した、第1作から第3作までの日本語吹替版に出演したはそれぞれ公開前のに死去したため、本作には未出演となった。 封切り [ ] 2015年6月12日に全米をはじめ世界各国で封切られ、オープニング週末3日間の興行成績が、全世界合計で5億2410万ドル(約630億円/1ドル120円換算)という驚異的な数字を記録。 それまでトップだった『』(11年)を抜き去り、堂々の第1位を記録した。 日本での公開予定日は当初2015年の予定だったが、世界でのメガヒットを受けて同年に繰り上げた。 よって、公開曜日は異例といえるとなった。 8月19日には公開2週間という驚異的なスピードで、日本国内での累計興行収入50億2,714万3,440円、観客動員数340万9,556人を記録した。 8月23日までの国内累計観客動員数は401万1,474人、国内累計興行収入は59億5,737万9,700円を記録、公開から19日間という早さで、8月23日時点での2015年国内公開作興収1位の座に躍り出た。 更に前作『』(2001年)の日本国内興行収入51. 3億円を上回った。 9月10日時点での国内累計興収は80億87万1,500円、累計観客動員数は535万3,143人を記録し、ハリウッド実写作品としては『PART2』(2011年日本公開)以来約4年ぶりとなる、日本国内累計興行収入80億円の大台を突破した。 2016年1月により発表された「2015年の国内映画産業統計」では95. 3億円で第1位 となった。 受賞 [ ] 年 映画賞 賞 対象 結果 2015 第33回 外国映画部門 優秀銀賞 受賞 2015 映画部門賞 受賞 2016 映画スタント・アンサンブル賞 ノミネート 2016 お気に入りの映画 未決定 お気に入りの映画俳優 クリス・プラット 未決定 2016 最優秀映画賞 未決定 最優秀男優賞 クリス・プラット 未決定 LEGO R ジュラシック・ワールド:インドミナス大脱走! [ ] 『LEGO R ジュラシック・ワールド:インドミナス大脱走! 』()は、2016年製作による短編アニメーション。 監督はが務める。 アメリカでは2016年10月18日・日本では2016年12月7日にDVDで発売された。 キャスト• オーウェン - (日本語吹き替え:)• クレア - (日本語吹き替え:)• マスラニ - (日本語吹き替え:) 特典映像• 従業員 安全対策ビデオ• LEGO? ジュラシック・ワールドの一日• Tレックスとの遭遇• 友達を救え! ゲーム [ ]• () - 「ジュラシック・ワールド」の建設に繋がるストーリー内容と示されており、映画版に基づき、プレイヤーはマスラニ社からイスラ・ヌブラル島に派遣された、セキュリティチームの部隊の隊員となり、新しい「ジュラシック・パーク(ジュラシック・ワールド)」建設の為の準備として、イスラ・ヌブラル島の恐竜達を麻酔銃で打ち倒して進んでいく内容のが、により開発され 、2014年11月25日にIAAPA Attractions Expo 2014にて出展された。 2015年3月に登場した。 日本ではから発売された。 レゴ ジュラシック・ワールド() - が開発し、、、、、 、、、PCにて2015年6月にリリース予定のレゴのジュラシック・ワールドのが発表された。 因みにジュラシック・ワールドの玩具が発表されており、それに基づいたゲーム作品となる。 として「ジュラシック・ワールド ザ ゲーム」 がリリースされた。 がジュラシック・ワールドのゲームを開発していたが、2015年6月に閉鎖された為、開発キャンセルを余儀なくされている。 と対応のゲームとしてリリース予定し、プレイヤーは映画の主人公オーウェンとなって、「」に類似したのタイプのアクションアドベンチャーゲームとして開発されていた。 3DアーティストのNate LangeとCatherine Rokitkaが雇われ、幾つかの3Dで描かれたゲームの為のキャラクターと恐竜の画像も公開され、開発していたデモ映像も公開された。 - が開発を行うに、、にて発売される『ジュラシック・ワールド』の経営シミュレーションゲーム。 ゲームは映画『ジュラシック・ワールド』と関係し、プレイヤーはイスラ・ヌブラル島と5つの島のラス・シンコ・ムエルテス諸島(イスラ・マタンセロス島、イスラ・ムエルタ島、イスラ・ソルナ島、イスラ・タカニョ島、イスラ・ペナ島)の島々の操作をして管理し、恐竜造りとアトラクション施設や恐竜の封じ込め、研究施設を建設など様々な対処に挑みながら「ジュラシック・ワールド」を構築してゲームを進めていく。 ノベライズ [ ]• 「ジュラシック・ワールド」 著 、(出版社)、 翻訳 文庫、2015年8月7日発売、ISBN-13: 978-4801904361• 「The Evolution of Claire」著で2018年6月26日に書かれた映画本作の前篇にあたる映画本編の公式設定のクレアの物語。 絵本 [ ]• コミック化 [ ]• 2016年8月にサンディエゴで開催されるからの報告によるとは2017年に本作の『ジュラシック・ワールド』に基づいたコミックを出版すると発表した。 なお、IDWパブリッシングは過去に『ジュラシック・パーク』シリーズに基づいた『ジュラシック・パーク』のコミックを幾つか出版している。 アニメシリーズ [ ]• は6月に『ジュラシック・ワールド: キャンプ・クレタセウス(Jurassic World: Camp Cretaceous)』と言うタイトルで、『ジュラシック・ワールド』ののTVシリーズを発表した。 Netflixとの共同制作で、に放送予定である。 ストーリーは『ジュラシック・ワールド』のスピンオフ的な内容で、イスラ・ヌブラル島の反対側の新しいアドベンチャー・キャンプで一生に一度のキャンプ経験をするために選ばれた主人公の恐竜専門の恐竜オタクである少年ダライアスを中心とした、6人の10代の少年少女達。 しかし、ジュラシック・ワールド事件で恐竜が島中で暴れる大災害が起きた時、6人が乗ったキャンピングカーは立ち往生してしまい、6人の少年少女達はお互い協力しながら生き残り、島からの脱出を試みると言う内容である。 地上波放送 [ ] 2017年8月4日にの「」で本編ノーカットで地上波初放送。 また、本番組オリジナルの吹替版も6年半ぶりに制作され、テレビ用に新録の吹替が製作されるのは本シリーズでは初めての事であった。 視聴率は13. テレビ放送 [ ] 回数 放送日 放送時間 放送局 吹替版 備考 1 2017年 08月 04日 金 21:00-23:24 日本テレビ 日本テレビ版 13. 映画の原題は『Jurassic Park: Extinction』だった。 パークのメインストリートのセットの撮影は2005年ので壊滅したにあると言う廃墟と化した遊園地で行われた。 ザックとグレイの家族が住む、雪が積もった住宅地はにあると言う設定だが、撮影はニューオーリンズにある住宅街で行われ、地面の雪などを作って表現されている。 またザックとグレイの家族がいる空港はで撮影されている。 CGではなく、実際に製作された。 球体の乗り物、ジャイロスフィアのアイディアはスティーブン・スピルバーグによるものである。 『1』、『2』に登場していたイアン・マルコム博士が書いた『God Creates Dinosaurs』と言う本がコントロール・ルームのロウリー・クルーザースの机にある。 映画で、クレアを演じたブライス・ダラス・ハワードはジミー・ファロンの番組『ザ・トゥナイト・ショー』にゲスト出演した時、 映画でジェントル・ジャイアンツふれあい動物園でアパトサウルスの子供を抱く少年は実際、自分の息子だと語った。 リック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーが最初に書いたオリジナルのスクリプトでは中国で発見された新しい恐竜の骨から人間と恐竜のDNAによる遺伝子組み換えで誕生した新種の人型恐竜を思いついていた。 この原案はボツになったが、トレボロウ監督は遺伝子組み換えの新種の恐竜の概念は映画でインドミナス・レックスで登場させる事となった。 ブライス・ダラス・ハワード演じるクレアが着る白い服は、1作目でリチャード・アッテンボローが演じたジョン・ハモンドの白い服装へのオマージュである。 アパトサウルスは小説版では1作目・2作目の両方に登場していたが、映画ではとに置き換えられてしまい、映像作品として登場するのは本作が初である。 ジェントル・ジャイアンツふれあい動物園に登場するトリケラトプスの子供は元々、1作目に登場するはずであったトリケラトプスの子供であるが、キャンセルされた。 映画本作にトリケラトプスの子供を新たに登場させた。 ハワイで撮影されたガリミムスが登場する「ガリミムス・バレー」は、1作目で撮影された「ガリミムス・バレー」の撮影場所から182. 88m離れたクアロア牧場で撮影された。 モササウルスの餌にサメを与える概念はコリン・トレボロウ監督のアイディアだが、スティーブン・スピルバーグが監督として制作した『』に触発されたものである。 映画でクレアの女性秘書であるザラがモササウルスに捕食されるシーンは、スピルバーグ監督の『ジョーズ』で水遊びをしている女性が捕食されるシーンへのオマージュでもある。 また本シリーズで女性キャラクターが初めて死亡するシーンとなった。 シリーズで唯一 現時点で 、雨のシーンが存在しない。 ザックとグレイが「ジュラシック・パーク」の旧ビジターセンターに行った時に乗ったジープ・ラングラーは「29」の番号が付けられている。 これは1作でハモンドが乗っていたものと同じで、旧ビジターセンターでオーウェンとクレアがインドミナス・レックスから身を潜めていたジープ・ラングラーは「18」の番号があり、1作でグランドとエリーとマルコムが乗っていたのと同じである。 ザックとグレイが「ジュラシック・パーク」の旧ビジターセンターに行った時に、1作で破壊されたティラノサウルスの標本骨格の一部と、「When Dinosaurs Ruled the Earth」と書かれた横断幕の一部を発見する。 当初ストリートボートの段階ではも登場予定であった。 とを特徴としたプレシオサウルスの池があり、訪問者はモノレール式のレールに沿ったに乗って首長竜と魚竜を見ると言うものである。 最終的にこのシーンはキャンセルされた。 クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジェイク・ジョンソンの3人はのトーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』にゲスト出演した際、トークでブライス・ダラス・ハワード演じるクレアがハイヒール履きながら走っていた事で話題となり、プラットはハワードが足首の運動をしていて「まるで私がオリンピックでいるように、踵で動作することに備えてトレーニングする」と言った。 その後、番組で用意された赤いハイヒールを、プラットが履き、映画のハワードを真似して走って笑わせた。 映画の中でインジェン社の傭兵が登場するが、ヘリに乗りながら海上の上空で理由もなく翼竜を撃つ、顎鬚を生やした傭兵が登場しているが、これは、ケナー・プロダクツ(に吸収された)から発売されたジュラシック・パークのアクションフィギュアのおもちゃ「Jurassic Park Evil Raiders」に登場する「Skinner」と言う名前の恐竜ハンターのキャラクターに基づいており、それの皮肉を込めたパロディである。 彼らを乗せたヘリが上陸した位置は、一作目でハモンド一行が上陸した位置である。 のレストランチェーン店「マルガリータヴィル」がパークのメインストリートの店にある。 やの監督として知られているが、モノレールの車内放送の声としてカメオ出演している。 劇中の中心となる施設の名前が「サムスン・イノベーション・センター」となっており、劇中で出てくるは全て製の『』になっているほか 、施設内のモニターもサムスン製品である。 サムスンとがグローバルパートナーシップを組んでおり、これにより劇中にサムスン名やサムスン製品が出てきている。 脚注 [ ]• 2016年2月6日閲覧。 2015年7月4日閲覧。 彼女曰く「展示物」。 恐竜の知識を把握しなかったことで、危機に陥った描写が実際にあった。 カメオで監督自らミスター・DNAの音声を提供する。 November 2014: InGen expands its excavations to Siberia• ふきカエル大作戦!! 金曜ロードシネマクラブ. 2015年5月13日閲覧。 2017年7月21日. 2017年7月21日閲覧。 com 2015年6月18日. 2015年6月18日閲覧。 2017年8月3日閲覧。 金曜ロードシネマクラブ. 2018年5月26日閲覧。 Protecting Nublar-Respecting local wildlife• 50口径の弾丸を防ぐことが出来ると実験映像で紹介していた。 2015年6月17日. 2016年1月26日閲覧。 版は当初の予定通り8月7日公開。 シネマトゥディ. 2015年8月21日. 2016年1月26日閲覧。 シネマトゥディ. 2015年8月24日. 2016年1月26日閲覧。 シネマトゥディ. 2015年9月12日. 2016年1月26日閲覧。 com 2015年12月2日. 2015年12月2日閲覧。 MANTAN WEB 2015年12月9日. 2015年12月9日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月8日. 2016年2月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年3月14日. 2016年3月14日閲覧。 「」2015年8月9日 関連項目 [ ]• (映画第1作、小説第1作)• (映画第2作)• (小説第2作)• (映画第3作)• (映画第5作)• ジュラシック・ワールド: キャンプ・クレタセウス(放送予定の3DアニメーションのTVシリーズ作) 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (英語)• (DVD・セル商品(2018年12月5日発売)) (日本語)• (Blu-ray・セル商品(2018年12月5日発売)) (日本語)• (4K UHD・セル商品(2018年12月5日発売)) (日本語)• NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン](4K UHD・セル商品(2018年7月4日発売)) (日本語)• NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン](4K UHD・セル商品(2018年7月4日発売)) (日本語)• (DVD・セル商品(2016年12月7日発売)) (日本語)• (DVD・セル商品(2016年10月5日発売)) (日本語)• (Blu-ray・セル商品(2016年10月5日発売)) (日本語)• (Blu-ray・セル商品(2016年2月24日発売)) (日本語)• (DVD・セル商品(2016年2月24日発売)) (日本語)• (DVD・レンタル商品(2016年2月24日発売)) (日本語)• (Blu-ray・レンタル商品(2016年2月24日発売)) (日本語)• (Blu-ray・セル商品(2016年2月24日発売)) (日本語)• (Blu-ray・セル商品(2016年2月24日発売)) (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)•

次の