ファルコン ラン。 ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン|ライド&アトラクション|ディズニーランド・パーク|ディズニーランド・リゾート

ファルコ・ランバルディ

ファルコン ラン

概要 [ ] シリーズの主人公、のチームメイトとして登場するキャラクターのひとり。 青い鳥の姿をしており、「ファルコ」という名前からファルコン、すなわちをモチーフにしたものと思われがちだが、実際は昔話に登場するような鳥としてをモチーフにデザインされている。 エース・パイロットとして非常に優秀な腕を持っており、の操縦に関してはフォックスと1、2を争う程の腕前であるが、自信が強いあまりに単機特攻など無茶な戦闘を行いがちで、たまに致命的な操縦ミスや機体の不調をやらかすなど局所的な盲点も抱えており、総合的な実力は安定しない。 また、戦車「ランドマスター」や潜水艦「ブルーマリン」といった飛行性能を持たないメカや、戦闘機を使用しない戦闘を非常に毛嫌いしており、『アサルト』においても、フォックス、スリッピー、クリスタルがブラスターを手に出撃する機会があるのに対し、ファルコだけ全ミッションを通じてアーウィンのみで戦っている。 ぶっきらぼうな言動でクールな印象を与えているが、実際は誰よりも仲間思いな熱血漢であり 、口には出さないもののチームメイトを家族と思っている模様。 64版の頃は協調性を欠く言動が多かったが、後の作品になるにつれ素直になってきている。 また、『コマンド』でフォックスに「いつも遅れてやって来る」と評されており、実際フォックスに危機がせまりギリギリのところで現れるという展開が多い。 身体的特徴としては、他のメンバーより最も身長が高い。 『アサルト』では骨格や筋肉が職業軍人らしい筋骨逞しい体になっている。 シリーズを通しての服装デザインは差ほどフォックスと変わらないが、『アドベンチャー』ではスターフォックスを脱退していたため、それまで着ていた制服を脱ぎ、パンクスタイルの様な普段着(らしきもの)に着替えている。 サングラスをかけており、復帰の際にはずしている。 何故か頭部を負傷しており、頭に包帯を巻いている。 『アサルト』でもデザインが新調され、赤を基調とした戦闘服に変更されている。 作品ごとの設定、行動など [ ] 自身の元ライバル であるフォックス・マクラウドらと共に宇宙義賊として活動しており 、フォックス達と共にペパー将軍にスカウトされ、軍が所有する戦闘機「アーウィン」に乗り、共にアンドルフ軍討伐に向かう。 単独で先行し別のレベルのボスを撃破したりする等、メンバーの中では最も腕が優秀。 かつて宇宙暴走族「FREE AS A BIRD」のヘッドとして宇宙を飛び回っていた過去を持つ。 19歳 の時にやとわれ遊撃隊「スターフォックス」の創設者を父に持つフォックス・マクラウドらと共に新生スターフォックスを結成し、ペパー将軍からの依頼により共にベノムへ向けて出撃する。 メンバーの中では最も積極的に敵機を攻撃する他、ルート分岐のヒントを教えてくれたりその援護を行う。 ゾネスにて、かつての暴走族仲間のキャット・モンローとの再会を果たす。 フォックスの腕を認めてはいるもののリーダーとしてはまだ未熟と思っている節があったが、フォックスが本物のアンドルフを倒して来た際には彼をリーダーと呼び迎える。 『』において、4年前にスターフォックスを脱退し行方をくらませていたが、フォックスが相手に苦戦しているところに現れ、アンドルフを倒すために必要なスマートボムを供給し続け、フォックスのサポートを務める。 アンドルフが倒れ、ダイナソープラネット(サウリア)が元に戻った際にチームに復帰する。 元スターウルフのアンドリュー・オイッコニー率いる反乱軍、そして突如現れたを殲滅するために共に出撃する。 金のためにチームにいると言っているが、で記しているように実際はチームメンバーを家族のように思っており、前作のように道中にスマートボムを投下したり、フィチナではピンチに陥ったフォックスの元にアーウィンで駆けつけ、警備ロボを蹴散らしそのまま建物内部に強引に着陸しフォックスを回収するなどといった活躍を見せる。 バトルモードでは固有キャラクターとして使用できる。 体力は最も低いが足のスピードが速く、アーウィンの操縦能力に長けており本編同様空中戦を最も得意とする。 スターフォックスに舞い込む仕事が雑用ばかりで飽々し、平和続きの影響でスターフォックスの経営が火の車であることもあって、退屈しのぎに元暴走族仲間と飛び回るために再脱退している。 早い段階でフォックスやナウスに重要戦力として目を向けられており、実際の参戦タイミングはルートにもよるが概ね中盤となり、フォックスをメインに進むルート全てで仲間になる。 アステロイドベルトでは他の仲間では分が悪い残存の敵やボスを簡単に撃退できる戦力として増援に登場する(ボスのみ残った状態にすると「美味しいところだけいただいていく」と言うため、遅刻常習犯の自覚はあるらしい)。 搭乗機体は「スカイクロー」、アーウィンを原型としたデザインで鳥の翼のようなウィング、嘴のような細長い機首が特徴的。 ブーストが高いがシールドが低い機動力重視の設計、兵装はマルチロックを装備しており対複数戦にて特に力を発揮するがレーザーはシングルで低いシールドと相まって接近戦には不向き。 タイムボーナスとブーストが高いため滞空時間を稼ぎやすい機体でもある。 ストーリーによってはキャット、アッシュと共に遊撃隊を結成したり、フォックスの息子たちと共に新たにスターフォックスを結成したりするなど、様々な結末を迎える。 スターフォックスシリーズ以外の出演作品 [ ] 『』、『』、『』『』にそれぞれ隠しキャラクターとして登場。 『DX』では『スターフォックス64』をベースにしたデザインとなっており、『X』及び『for』では『コマンド』のデザイン、『SP』では『ゼロ』のデザインとなっている。 『DX』ではフォックスのモデル替えキャラクターとして作成されたという経緯があり、多少特徴が異なるもののフォックスとほとんど同じワザを使用していたが、『X』以降ではクチバシや羽(手刀)を用いて攻撃したり、リフレクターを蹴り飛ばして攻撃に使ったりするなど、フォックスとの差別化が図られている。 また、スピードタイプのキャラクターで上方向に飛ばすワザが得意という位置付けのフォックスに対し、ファルコはシリーズを通してジャンプ力が高く横方向に飛ばすワザが得意なキャラクターという位置付けになっている。 ブラスターはいずれの作品でも『64』のフォックスが使っていた「連射性がやや低く、相手がひるむ」タイプのものを使用しており、銃を横に寝かせて撃つという特異な構え方をする。 レーザーのカラーは『DX』ではフォックスと同じくレッド、『X』からはブルーとなっている。 『X』から追加された「最後の切りふだ」は、フォックスと同じく「」。 ファルコが使用するランドマスターについてはリンク先を参照。 『SP』ではフォックス同様アーウィンで一斉攻撃するものに変更され、フォックスとは演出が多少異なる。 フォックスと同様にファルコにも「スマッシュアピール」が用意されており、『スターフォックス』シリーズを題材にしたステージで下アピールボタンを短く押すことにより仲間やライバル達の通信を聞くことができる。 『X』のアドベンチャーモード『亜空の使者』では、原作同様にフォックスの危機を救う形で登場。 登場ムービーにのみ、ブラスターのを披露している。 その後はによってフォックスとともに救出に無理矢理付き合わされてしまうが、アーウィンでディディーコングをドンキーコングの元へ送るなどといった協力を行い、その後はにてデュオンと対峙していたフォックス達に加勢した。 追加有料コンテンツで入手できる用の帽子の一つとして、ファルコの頭部を模した「ファルコのぼうし」が登場。 に『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』のamiiboが発売された。 に発売。 、にも発売されたタイトルだが、版のみ『スターフォックス』コラボをしている。 フォックスのパイロットアビリティによって援軍として登場する。 操作可能なパイロットとして使用するにはDLCの購入が必要となっている。 声優 [ ] 日本語音声• - 『スターフォックス64 3D』以降の関連作品 英語音声• ビル・ジョーンズ - 『スターフォックス64』• - 『大乱闘スマッシュブラザーズDX』 、『スターフォックス アドベンチャー』• マイク・メディオイ - 『スターフォックス アサルト』• デックス・マンリー - 『大乱闘スマッシュブラザーズX』• マーク・ランド - 『スターフォックス64 3D』以降の関連作品 参考文献 [ ]• 『スーパーファミコン必勝攻略ブック スターフォックス 完全版』、1993年。 『任天堂公式ガイドブック スターフォックス ライラット防衛作戦指令書』、1993年。 『任天堂公式ガイドブック スターフォックス64』小学館、1997年。 脚注 [ ] [].

次の

ファルコン・ランチとは (ファルコンランチとは) [単語記事]

ファルコン ラン

ジョギングが楽しい習慣になる、魅力的なランニングシューズ【ファルコンラン W 】。 丈夫で通気性のあるメッシュと合成皮革のアッパーをあしらい、中足部にホールド感を高めるケージを備えている。 軽いクッショニングが、快適な走りをもたらす。 サイズ:24. 5cm• アッパー素材:合成皮革・合成繊維• アウトソール素材:ゴム底• 重量:232g(24cm片足重量)• ミッドソールドロップ:9. 5mm(ヒール:27. 9mm• 推奨される用途:マルチスポーツトレーニング• アーチタイプ:ノーマル ジャンルから探す• お店から探す•

次の

『スター・ウォーズ』実物大・完成度100%のミレニアム・ファルコン号試乗記

ファルコン ラン

『スターウォーズ:エピソード7 フォースの覚醒』の劇中には、旧三部作(オリジナルトリロジー)ファンへ捧げる オマージュ要素が、たくさん散りばめられています。 特に旧三部作の中でも1977年公開の第一作『エピソード4 新たなる希望』からの引用が多く見られ、今作を監督したJJエイブラムスが、何を目指して製作していたか、そこからもよく分かります。 さて、エピソード7の物語序盤、 号船内にての、 と主人公レイの出会いの場面でこんなやり取りがあります。 自分達が借用したポンコツ船が、かつての銀河戦争で大活躍した伝説のミレニアム・ファルコン号だと知らなかったレイ。 「この船がミレニアム・ファルコン?ケッセルランを14パーセクで飛んだ船?」 それを聞いたハン・ソロ 「12だ!・・・14だと?」と少し気分を害した様子。 エピソード4を未見の方にはなんのことやら、あんまりわからないこの掛け合いもまた、エピソード4からのオマージュの一つです。 日本語字幕や吹き替えだと意訳されて本来の意味とは違ってしまうことも多いのですが、この個所は英語でも、ほぼこの通りのやり取りをしています。 パーセクという単位について パーセクとは、秒速の「per second」の略ではなく、 「parsec」と表記する天文学で用いる 「距離」を表す単位です。 wikipediaによると、「年周視差が1秒角になる距離を1パーセクと定義」と、記載されております。 何言ってるかわからないので要点だけかいつまむと、「1パーセクは 約3.26光年」ということらしいです。 キロメートルとマイルみたいなものですかね。 そうすると、先ほどのやり取りはこんな感じになります。 「この船がミレニアム・ファルコン?ケッセルランを46光年で飛んだ船?」 「39光年だ!」・・・はて。 ハン・ソロは何に対して怒ってるのか全くわかりませんよね?ただ、旧三部作の熱心なファンはこのやり取りに込められた監督の粋なメッセージに、思わずニヤリとしたのでした。 元ネタ スターウォーズ劇場公開第一作、『 エピソード4 新たなる希望』のやはり序盤、主人公ルークとオビワンが、ハン・ソロと初めて出会う場面で、こんなやり取りがあります。 帝国軍の捕縛を逃れオルデラーンへ行くため密輸業者ハン・ソロと交渉するルークたち。 ハン・ソロ「俺がハン・ソロ、ミレニアム・ファルコンの船長だ。 オルデラーンまで行きたいんだって?」 オビワン「そうだ。 君の船は速いのか?」 ハン・ソロ「速いかだって?ミレニアム・ファルコンの名を聞いたことがないのか?」 オビワン「ないね」 ハン・ソロ 「俺の船はケッセルランを12パーセク(39光年)で飛んだんだぜ?」 速度を聞かれているのに、距離で答えるハン・ソロ。 受け答えとして不自然ですよね?これは ジョージ・ルーカス監督が脚本を書いた時点で、「パーセク」を速度の単位と勘違いしてしまっており、そのまま訂正されることなく撮影されてしまったというのが事の起こりです。 ただの「間違い」だったのですが、スターウォーズの熱狂的なファンは、これを「間違い」として受け入れるのを良しとせず、何とか整合性がとれるような理屈をひねりだしました。 いわく、ケッセルランというのはスパイスが採れる惑星ケッセルへの航路のことで、この航路はブラックホールやらアステロイドベルトやらで、ひどく危険で不安定であった。 密輸業者や腕利きのパイロットの間では、この航路をワープなどを駆使して「最短距離で走破」することを競いあっていた、という理屈です。 それは船の性能と言うより、パイロットの腕の話じゃね?とは思うものの、一応は理屈が通った形になります。 JJエイブラムス監督は、わざわざレイに「14パーセク」と言わせて、ハン・ソロに訂正させ、 このファンの間での通説を採用してますよ、僕もエピソード4のあのシーンが大好きなんですよ、と観客にメッセージを送っていたのです。 ありがとう!JJ!日本でも受け取ったよ! 今も昔も、スターウォーズの世界は、どうかしてるファンたちの手によってがっちり支えられ、受け継がれていく、というお話でした。 Eyecatch Image:.

次の