水原 弘 黄昏 の ビギン。 黒い落葉/黄昏のビギン

黒い落葉/黄昏のビギン

水原 弘 黄昏 の ビギン

佐藤剛『「黄昏のビギン」の物語: 奇跡のジャパニーズ・スタンダードはいかにして生まれたか』(小学館新書) 「黄昏のビギン」という歌謡曲をご存知だろうか。 作詞は永六輔、作曲は中村八大。 そもそもは、デビュー曲「黒い花びら」で第1回レコード大賞を受賞した水原弘の、2枚目のシングルB面として1959年10月に発表されたものだが、B面ということもあり、ほとんど反響もないまま埋もれていた。 ところが、30余年を経た90年代以降、にわかに幾人もの歌手によってカバーされ始め、そして今や戦後歌謡曲屈指の名曲という評価をたしかにしつつある——「黄昏のビギン」はそんな数奇な運命を辿った歌である。 これまでカバーした人たちは、ちあきなおみ、中村美律子、憂歌団の木村充揮、石川さゆり、さだまさし、菅原洋一、中森明菜、中村中、稲垣潤一、岩崎宏美、鈴木雅之・鈴木聖美、小野リサ、松原すみれ(セルジオ・メンデスとのコラボ)、薬師丸ひろ子といったところで、いずれ劣らぬ実力派が並ぶ。 再発見の契機となったのは、ちあきなおみが91年に『すたんだーど・なんばー』という昭和の流行歌をカバーしたアルバムで取り上げたことだった。 当時はほぼ忘れられた歌だった「黄昏のビギン」を、ちあきは、幕開けの曲に選んだのである。 ちあきなおみ「黄昏のビギン」 アルバムタイトルに込められた意気込み通り、「新たなる日本のスタンダード・ソングが生まれたことが、聴いていくうちにはっきりとわかった」と著者は記す。 ただし、このカバーによってすぐさま「黄昏のビギン」がリバイバルヒットしたわけではなく、雌伏はもうしばらく続くことになる。 スタンダード・ソングとは何か。 本書の扉にその定義が書かれている。 「スタンダード・ソングとは長年にわたって歌い継がれ、演奏され続けることで親しまれるようになった楽曲のことである。 時空を超えて、国境を越えて生きているスタンダード・ソングには、歌い手や演奏家によっていつも新しい息吹が加えられている」 だが日本にはなかなかスタンダード・ソングが誕生しなかった。 戦後も音楽業界に旧弊なシステムが残り続けたのが主な原因だが、そのシステムに風穴を開けたのは他でもない永六輔と中村八大の六・八コンビであり、「黄昏のビギン」が長い時を超えスタンダード・ソングとなりおおせたことは、数奇ながら宿命めいた出来事だったのだ。 本書のタイトルが『「黄昏のビギン」の物語』となっているのはそれゆえであり、ちあきなおみ、中村八大、永六輔、水原弘、渡辺プロの渡邊晋といった登場人物たちそれぞれの物語の交わりとして、「黄昏のビギン」の誕生からスタンダード・ソングとなるまでの物語は描き出されていく。

次の

曲名:黄昏のビギンの楽譜一覧【@ELISE】

水原 弘 黄昏 の ビギン

Contents• 「黄昏のビギン」とは? 【楽曲data】 アーティスト名:水原弘 タイトル:黄昏のビギン 作詞:永六輔 作曲:中村八大 発売:1959年(昭和34年) この曲は元々、映画のためにワンコーラスだけ作られたそうで、1959年(昭和34年)に 水原弘の 「黒い落葉」のB面として発売されました。 「黒い落葉」の前作が大ヒットしたあの「黒い花びら」ですから、あやかって(?)「黒い」シリーズとして作られたのでしょう。 でもそれほど話題にはならなかったようです。 さらにそのB面だった「黄昏のビギン」は多くの人の耳に届くこともなく、昭和の時代にはそのまま忘れ去られてしまったようです。 ちあきなおみでこの曲を知ったという人のほうが、水原弘で知った人よりたぶん多いのではないかと思います。 実は私自身ははっきりとした記憶がないのですが、ちあきなおみ版の「黄昏のビギン」は多くのCMにも取り上げられたと、wikipedia(2016年7月30日 土 00:26版)にありました。 1991年には京成電鉄の「スカイライナー」、1999年 — 2003年には四期連続でネスカフェの「プレジデント」、2011年にはトヨタ自動車の「ReBORN DRIVE FOR TOHOKU」と、数多くのCMで使用された。 2000年にはちあきの作品の「かもめの街」と「黄昏のビギン」がカップリングで収録されたバージョンが発売され、オリコンチャートで週間86位にランクインした。 こうして「黄昏のビギン」に皆の目が集まったことで、さらに驚きの新事実が明かされます。 実はこの曲の 作詞は永六輔ではなく中村八大だったと、後に永六輔が暴露したのだそうです。 そのあたりの話は、「黄昏のビギンの物語 奇跡のジャパニーズ・スタンダードはいかにして生まれたか」佐藤剛著に詳しいです。 「ビギン・ザ・ビギン」と「黄昏のビギン」 ところで。 「黄昏のビギン」の 「ビギン」とは一体何でしょうか。 ビギンと聞くと思い出すのは、 ・begin (始めるという意味の英語)? ・BEGIN (石垣出身のアコースティックバンド)? いいえ、違います。 「黄昏のビギン」の「ビギン」とは、 ・ beguine ラテンアメリカ音楽のリズムの一種。 4分の4拍子で,西インド諸島のマルティニーク島の舞曲であったが,C. ポーター作曲の『ビギン・ザ・ビギン』によって広く知られるようになった。 出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 音楽のリズムのことだったんですね。 なぜそうだと分かるかというと、オリジナルの水原弘の「黄昏のビギン」の編曲がまさにこのビギンのリズムで作られているからです。 マルティニーク諸島で生まれたビギンのリズムと、後に有名になった コール・ポーターの「ビギン・ザ・ビギン」でのビギンのリズムは 実際にはちょっと違うのですが、今となっては コール・ポーターの「ビギン・ザ・ビギン」こそがビギンのリズムだという認識が広まっています。 言葉で書くと、 ウタータ・ウタ・ウタ とか ズチャーチャ・ズチャ・ズチャ とかいう感じですね。 日本語で歌っている、 越路吹雪の「ビギン・ザ・ビギン」、とっても素敵ですよ。 歌い出しに注目したい 「黄昏のビギン」は今となっては 昭和歌謡のスタンダード・ナンバーになってしまったので、たくさんのアーティストに愛されカバーされています。 聴き比べると、リズムとしての「ビギン」を尊重したものや、全く別の解釈で作られているものなど多種多様で面白いです。 わたしの好みから言わせてもらえば、やっぱり「黄昏のビギン」は、編曲がどうであろうと、根底にというか背景にはビギンのリズムを感じながら歌っているものがイイ!と思います。 逆に、歌い出しのところで、四分休符のあとパキパキと八分音符で 「ウン(四分休符)ア・メ・ニ・ヌ・レ・テ・タ-」というふうに八分音符の連続が強調され過ぎて始まると、ちょっとだけがっかりします。 (本当に好みの問題なのですみません!) ちなみに、リバイバルヒット火付け役のちあきなおみ版「黄昏のビギン」は、編曲こそシンプルにアルペジオギターで始まってますが、ちあきなおみの歌い出しはシンコペーションで 「ウ(八分休符)あ~めにぬれてたー」と歌っているので、その先にかすかなビギンのリズムを感じ取ることができ、ふんわりと柔らかい、流麗なメロディに酔いしれることができるのだと思います。 ちあきなおみの「黄昏のビギン」を堪能した後に水原弘版を聴くと、言っていることが矛盾するようですが、バックで延々と繰り返されるビギンのリズムがちょっとうるさくも感じられてしまいます。 「黄昏のビギン」はやっぱり、スロー気味に、ひそやかにビギンを感じさせつつ、あまり拍子は強調し過ぎず、でも歌い手はシンコペーションを少し意識して柔らかく歌う、というのが一番しっくりくるのかなあと考えていますが、いかがでしょうか。

次の

曲名:黄昏のビギンの楽譜一覧【@ELISE】

水原 弘 黄昏 の ビギン

作詞:永 六輔、作曲:中村八大、唄:水原 弘 1 雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影 2 夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス 《蛇足》 昭和34年(1959) 10月に東芝レコードから発売。 水原弘のデビュー曲『黒い花びら』が大ヒットしたので、同じトリオによる『黒い落葉』とこの歌が作られました。 『黄昏のビギン』はB面でしたが、こちらのほうがヒットし、その後も多くの歌手にカヴァーされています。 そのなかでもとくに好評を博したのが 、平成3年(1991) にリリースされたちあきなおみのカヴァーヴァージョン。 情感たっぷりの スローバラード風 の歌唱が多くの人の胸を揺さぶったようです。 ただし、その歌い方によって、水原弘の オリジナル 版とのニュアンスの違いが生じました。 水原弘はかなりのハイテンポで、明るく楽しげに歌っています。 これにより、この恋がなお続いているという印象を受けます。 「最初のデートが雨の夕方でさ、にじんだネオンがきれいだったよ。 その夜初めてキスしたんだ」などと吾妹子 (わぎもこ) を得た喜びを親友に語っているか、心の中で反芻しているという感じです。 いっぽう、ちあきなおみの歌い方では、この恋はすでに終わっており、何年後かに過ぎた日々のことを偲んでいるというイメージが浮かんできます。 どちらの歌い方でも、この恋は初恋と見てまずまちがいないでしょう。 初恋は破れるもの、遅かれ早かれ終わるものと相場が決まっています。 当然失恋の哀傷を引きずっている人が多いわけで、そうした人たちには、ちあきなおみの静かな歌い方が胸に染みるのでしょう。 なお、いくつかの歌詞サイトでは1番の最後の行を「あなたの瞳 うるむ星影」としていますが、原詞は「あなたの瞳に うつる星影」です。 また、現在流れているちあきなおみのYouTube映像には 「うるむ星影」と歌っているものがありますが、他の映像では原詞とおりに歌っているので、このときたまたままちがえただけでしょう。 どの曲でも、テンポは指揮者や演奏家、歌手によってかなり違うものですが、ビギン(beguine)としては水原弘の歌い方が標準的です。 ビギンは西インド諸島のマルティニーク島で生まれたダンスミュージックで、アフリカから連れてこられた黒人奴隷の労働歌カレンダがその源ですから、そうテンポの遅い音楽ではありません。 上のmp3は、水原弘版に近いテンポにしました。 (二木紘三) いい歌ですね!この曲を聴くと高校卒業2年後(だったと?)に一番親しかった人との最大のデートは松江城(千鳥城)~縁結びの出雲大社でしたが結ばれる事もなく・・・駅の近くの可愛い灯が点く喫茶店での言葉少ない二人に、ムードを誘うような「黄昏のビギン」が流れてきて暫くウットリとしていた甘い想い出が今でも浮んできます。 出雲大社の『平成の大遷宮』参拝の招待券は実家に送り姉夫婦が昨日参拝したと電話がありました。 カバーはそれなりに、しかし永六輔・中村八大・水原弘・デレクター他の方々によりこの名曲が生まれたのだと、そして選んで下さった二木先生有り難うございます。 投稿: 尾谷光紀 2013年5月26日 日 08時09分 水原弘が唄う、この垢抜けした曲を初めて聴いたとき、タイトルのイメージと違うな、という印象をもったのですが、それもそのはず、わたしは「ビギン」の意味を取り違えていたのです。 ジャズファンの方なら、「ビギン Beguine 」がカリブ海に浮かぶ西インド諸島に生まれたダンス音楽だと知っていたのでしょうが、当時、そんなことも知らないわたしは、「ビギン」をbeginと早トチリしていたのです。 恥ずかしながら、懐かしい思い出の歌です。 この歌の作詞家 永六輔が先日 7日 亡くなりました。 かれは、作曲家 中村八大とコンビを組んで、暖かな、誰にも親しまれる歌をヒットさせた作詞家ですが、この歌については「ちょっと感性が違うな、かれはこんなラブソングもつくるんだ」と、わたしは思っていました。 しかし、とくに疑問を持っていたわけではありません。 ところが、3年ほど前にある雑誌で、かれが「あれ 『黄昏のビギン』 は自分の作詞ではなく、かれ 中村八大 がつくった」ものだという記事を読み驚いた記憶があります。 詳細は覚えていませんが、大学 早稲田 の先輩である中村八大の「お前の作詞にしておくよ」という、有無を言わさぬ口調に逆らえなかったようです。 かれは、この歌が聞こえて来ると、こころ穏やかならぬ心境になったそうです。 二人は、あの世できっとこのことを話題にしていることでしょう。 永六輔が亡くなって5日後、かれに導かれるように親友の大橋巨泉が亡くなりました。 去年の4月には、愛川欣也が一足早く亡くなっています。 この3人は強烈なキャラクターを発揮しながら、お互いによきライバルとして認め合い、日本の放送界、テレビ界をリードして大きな足跡を残しました。 また、政治思想面でも、放送人・言論人として言論の自由と反戦平和を強く訴えつづけていました。 かれら3人の思想のバックボーンは、太平洋戦争中に強制された「疎開」生活で辛酸をなめた「皮膚感覚」から得られたものです。 それだけにゆるぎないものだった、という印象が強く残っています。 投稿: ひろし 2016年7月23日 土 13時49分.

次の