すき家 吉野家 うなぎ。 【今度はうな丼戦争勃発】満を持して登場した松屋のうな丼とすき家のうな丼を食べ比べてみた!|ぺこちゃんねる

【楽天市場】【期間限定】すき家 うなぎ4パック入(80g×4パック) 丑の日 鰻 ウナギ冷凍食品【S8】:ゼンショーネットストア楽天市場店

すき家 吉野家 うなぎ

おいしさを逃しません。 たれ・さんしょう付き。 三度付け焼きでふっくらやわらか仕上げ。 その他注意事項 加熱後はお早めにお召し上がりください。 1度解凍したものは再凍結を行わないでください。 販売者 株式会社ゼンショーホールディングス【住所】東京都港区港南2-18-1 ご注文前に必ずお読みいただき同意の上、お申込みください。 当社の をご確認ください。 納品書・領収書について 納品書・領収書は、商品に同梱しておりません。 ゼンショーネットストア-本店- では御座いません。 全て一括払いのみ可能です。 手数料無料 楽天バンク決済 「楽天バンク決済」は楽天銀行に口座をお持ちで、楽天会員の銀行口座を登録しているお客様のみ、ご利用いただける決済サービスです。 決済手数料お客様負担となります。 代金引換 ヤマト運輸コレクト便での発送になります。 代金は商品配送時に配送員に現金でお支払いとなります。 決済手数料お客様負担となります。 予めご了承ください。 お届け時間指定は以下の時間帯をご指定いただけます。 当社の販売について お客様からいただきましたご注文につきましては、当社は責任をもって受注処理をおこないます。 なお、当社ではお客様に必ず、売買契約の成立 についての内容をご確認いただき、同意の上、ご注文いただけますようお願いしております。 返品交換について 商品の性質上、返品・交換などはお受けできないこと予めご了承ください。 商品の品質には万全の注意を払っておりますが、配送中の事故等による、破損・汚損が生じた場合や、お申し込みの商品と異なる商品がお届けされた場合等には早急に対応させていただきます。 ご注文に関しての注意事項 お客様への円滑なサービスを存続するために、当社が対応させていただく注意事項をご注文前にご確認ください。 当サイトの管理・運営・お問い合わせ窓口 株式会社ゼンショーホールディングス 〒108-0075 東京都港区港南2丁目18番1号 JR品川イーストビル 電話番号:0120-559-014 平日:10:00〜17:00(土日祝日・夏季休暇・年末年始除く) ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。 このホームページに掲載されている写真、イラスト、ロゴ及びファイル等は、株式会社ゼンショーホールディングスが著作権を所有しています。 画像、文章などの無断使用は一切お断り致します。 お客様情報の取り扱いについて.

次の

すき家のうなぎ(うな丼)産地は危険?期間いつまで?テイクアウトやカロリーも!

すき家 吉野家 うなぎ

2019年も7月中旬に入ったことで夏本番……かと思いきや、全国的に季節が逆戻り。 「土用の丑の日」に向けて うなぎ がいろんな店頭に並ぶようになってきたが、らしくない気候が続いている。 近年ではチェーン店でも提供され、より身近な存在になったうなぎ。 中には「てやんでえ!」的な商品もあるが、牛丼界から新たな刺客が登場した。 これまでなかったことが意外だが、なんと 松屋が初めてのメニューとなる「うな丼」を2019年7月9日から発売開始したのだ。 これは味を確かめてみねばなるまい! ・伝説のうなぎ屋が監修 うなぎはピンキリの激しい食べ物だけにどうなの? そう思う人も多いだろうが、なんでも松屋のうな丼はかつて伝説のうなぎ屋と言われた京橋(現在は東高円寺)の名店「小満津(こまつ)」が監修しているらしい。 同店を調べてみたら 完全予約制だったので期待度は天井を突き抜けたが、ここで求められるのは冷静な判断であろう。 目には目を、うなぎにはうなぎを。 ということで、うなぎを愛してやまない男に味を確かめてもらった。 そう、当編集部の編集長・GO羽鳥である! 「食べ物で一番うなぎが好き」というだけでなく、数々の名店に足を運んできた男の舌は松屋のうな丼をどう評価するのだろう。 あっぱれか、はたまた喝か。 ちなみにうな丼の並は830円、うな丼ダブルだと1390円という値段だ。 ・マッハで出てきたうな丼 チェーン店らしい値段設定だけに、期待と不安を胸に入店。 して買ったチケットを店員さんに渡すと、ものの30秒でうな丼が出てきた。 おいおい…… いくら何でも早すぎるだろ! と、いきなり不安になってしまったが、まぁチェーン店で焼き立てのうなぎが出てくることは考えられないから、あらかじめ準備しておいたのだろう。 うな丼にはミニお新香、山椒小袋、そして松屋ということで 当然のように味噌汁がついている。 さて、ここからはうな丼の実食である。 一口パクリ……じっくり味わった うなぎ大好きマンの第一声は「待て……待て……」だった。 いきなり不穏な空気が漂うも、「そりゃちゃんとしたうなぎ屋さんには遠く及ばないんだけど……」と前置きした上でこう続けた。 「これはですね、 あっぱれです。 ウン、あっぱれを出しましょう。 なんというか、牛丼屋さんのうなぎってダメなイメージだけど、これは割とイケる。 1番いいのはうなぎの裏面ね。 ここがプニュプニュしていると安いうなぎだなぁと思うんだけど、いわゆる本当のうなぎの部分…… 皮にゴムみたいなところがないね。 プニュプニュしていないし、これは合格。 ホントうまくやってる。 ありだなぁ、だいぶありだなぁ。 湯煎ないしチンにしては、香ばしさに関してもかなり頑張っている」 「おそらく、タレも元のお店に近いのかな。 830円という値段を考えたらあり。 でも、もうちょっと高い値段出したらうなぎ屋さんの小さいものが食べられそうではあるが……。 でもでも、1番のポイントはうなぎがブニュブニュしていないこと。 もしかしたら個体差があったのかもしれないけど、きちんとイイうなぎを使っている。 欲を言えばもう少し量を多くして欲しかったくらいかなぁ。 それでも、いやぁ美味しかった。 で、私は うなぎコンボ牛めしという商品(並)が990円で同時に発売されていたので食べたのだが、個人的な感想を言うと「ちょっと欲張ったかなぁ」といったところ。 うなぎの量を増やしたいけど、1000円をオーバーしてしまう……どうにかしてボリュームを……といった感じで作られたメニューなのだろう。 たぶん。 私としては、うなぎはうなぎだけで食べる方が美味しいだけに肉ナシの方がよかったような気がする。 ともあれ、うな丼はサイドメニュー的な感じで出されている店に比べると、高いクオリティーに仕上がっていると感じた。 なお、うな丼は一部店舗を除く全国の松屋で数量限定で発売中。 7月27日の「土用の丑の日」に食べるもよし、夏バテしないよう食べるもよしだ。 参考リンク:松屋 Report: Photo:RocketNews24.

次の

【2017年】うなぎを食べ比べして吉野家、すき家、なか卯、うな富士で一番美味しいお店がわかった【土用の丑の日】

すき家 吉野家 うなぎ

サイドメニューのお新香と完全同等品で無いとは思いますが、量的に寂しい…。 吉野家の鰻重セットには漬物が付いてきます。 こちらも 量的にすごく寂しい状態で…。 サイドメニューのお新香と完全同等品で無いとは思いますが、すき家のように完全同等品にしても良いのではないかと思いました。 吉野家の「鰻重」とすき家の「うな丼」を比較してみた 比較項目 吉野家「鰻重」 すき家「うな丼」 価格 790円(一枚盛) 790円(並盛) エネルギー 670kcal 671kcal セットメニュー 870円 安い! 930円 高い! 定期券割引 無し 860円(70円割引) 逆転! 情報発信 ほぼ無し 積極的 価格は全て消費税込み 吉野家の鰻重(一枚盛)と、すき家のうな丼(並盛)は、 価格が完全に同じ、エネルギー量もほぼ同じと、数値で比べられる部分ではほとんど差がありません。 ただし、安全性などの情報発信では、明らかにすき家の方が積極的な印象を受けます。 単品で見るとほぼ同じ(高級感の演出でやや吉野家が有利か) 吉野家の鰻重(一枚盛)と、すき家のうな丼(並盛)を単品で比較して見ると、 味の美味しさは、ほぼ同等のように思います。 個人的には、牛丼よりもはるかに味の違いが少ないように感じました…。 重量計測はしていませんが、エネルギー量が同じということは、サイズ・重量もほぼ同じと考えて良いと思います。 お重に入っている高級感の演出で、やや吉野家の鰻重に分がある状況でしょうか? セットメニューになるとすき家のお得感が出てくる 単品ではなく、セットメニューになるとちょっと変わってきます。 吉野家の鰻重セットは、漬物が専用の小鉢(ごく少量)なのに対して、 すき家のうな丼セットは通常のサイドメニューをそのまま転用しています。 その分、すき家の方がお値段も高いのですが、定期券割引(Sukipass)を適用するとお値段も逆転します。 Sukipass(すきパス)は、200円で買う割引券ですけれど、3回利用すれば回収できるという非常にハードルが低いものですから…。 セットメニューのコスパは、総合的には、すき家の方が高いと考えて良いように思います。 【食べ比べ!】吉野家の鰻重とすき家のうな丼ではどちらがお得?まとめ 吉野家の鰻重とすき家のうな丼を食べ比べてみた実食レポは、いかがでしたか? 今回紹介したこと• 毎年シーズンになると、牛丼専門店の鰻メニューが展開されています。 吉野家は鰻重、すき家はうな丼で、同じ価格で真っ向勝負しています!• 鰻重とうな丼は盛られている食器が違うのみ、ご飯にウナギの蒲焼がのっているところは同じです。 とはいえ鰻重には高級感も感じられ、単品メニューでは気分的に吉野家がやや有利でしょうか。 逆にセットメニューになると、とくにSukipass利用時には、すき家の方がコスパが高くなる感じです。 吉野家の鰻重とすき家のうな丼を食べ比べてみましたけれど、 味の差がすごく少ないように感じました…。 正直言うと、ブランドで出されたら判別がつきません。 これが牛丼ならそんなことは無いと思うんですよね。 ふみ子的にも、吉野家・すき家・松屋、この御三家ぐらいはブラインドでも完全に判別できる自信があります!(みんなそうだと思うのですが) これってやっぱり 食べてきた回数の蓄積と言うか、 舌の記憶と言うか、そういうところが影響しているのでしょうか…。 今回の結論としては 「単品なら吉野家・セットならすき家」という感じなのですが、もうちょっと食べ続けて、ウナギの経験値を積みたいと思います! なんとか編集長に取材費を出してもらわなくては…。

次の