賢者 の 孫 スレイン。 賢者の孫が痛いといわれる理由は?主人公のシンがむかつく・イライラする?

【賢者の孫extra story】カイルの最後が想像以上に悲惨すぎた【魔人化】

賢者 の 孫 スレイン

強さランキング第6位 アペル カインとともにアールスハイド王国にやってきた魔人。 彼もまた元ゼストの部下でした。 賢者マーリンの家に入り込もうとするも結界を貼られていたために入り込めず、カインと違って有益な情報を持って帰ることはできませんでした。 なぜカインの方を上位にしたかというと、アールスハイドでアペルとカインの話し方が、それとなくアペルの方が位階が上のように感じたから、ただそれだけです。 強さランキング第5位 ダンテ クルトでの戦いでは、メッシーナ、オーグの2人と戦闘を行うもまだまだ余裕があった様子。 シンの魔道具によって均衡状態が保たれていましたが、どうも時間稼ぎしかしていなかった様子ですね。 ゼストに絶大の信頼を寄せているようで、ゼストが初めて羊を魔物化した時は、拍手をしていじるような茶目っ気も見せています。 おそらくは元々ゼストの右腕のような人物だったのではないでしょうか。 強さランキング第4位 ゼスト 元帝国の指揮官でしたが、帝国貴族のやり口に不満があり、ある事件をきっかけにん帝国貴族への復讐心を燃やします。 そんな時に、オリバー=シュトロームの魔人化の話に賛同し、自身も魔人へとなりました。 その時は、実は自分だけで魔神になるつもりでしたが、信頼のあつかったゼストに賛同して、部下達も魔人となった模様ですね。 まだアルティメット・マジシャンズとの戦いに参加していない彼の実力も早く見てみたいものですね。 案外、ダンテより弱いなんてことがあるかも!? 強さランキング第3位 賢者マーリン アペルと対峙した時は、アペルを威嚇し、退けています。 やはり年老いても賢者。 アペルもマーリンの強さを表すような一言をつぶやいていることもあり、現状はこのあたりの強さを保っているのではないでしょうか。 ただ、観測的な希望に満ち溢れていますので、案外、すでにオーグ達の方が強いなんてこともあるかもしれません。 いや、流石にそれはないのかな。 強さランキング第2位 オリバー=シュトローム 魔人の親玉で、元々帝国貴族。 アールスハイムのような国にしたいという帝国では珍しい領主でしたが、他帝国貴族の策にはまり、妻であったアリアを殺されてしまい魔人化。 その時に、帝国全てを滅ぼすことを目標とします。 それが果たされた現在は、少し腑抜けているようです。 積極的にシンたちとの戦いを行なっているような構えでもなく、今は子作りの実験に夢中のようですね。 強さランキング第1位 シン=ウォルフォード 本作主人公のシン。 オリバーとの戦いでは無事勝利を果たしていますが、今後どのような話の流れになって行くのか。 今作品も俺TUEEE系の作品であることは間違いありませんが、魔人たちとシンの力がどのくらい開いているのかもまだ明確ではありません。 この先、彼が自分自身の戦いで苦戦する日はやってくるのでしょうか? 強さランキング 最後に 今後、各キャラクター達の強さは変わって行くはずです。 特にアルティメット・マジシャンズはどんどん強くなるのではないでしょうか。 もしかしたらドラゴンボールみたいに、魔人と人間の子供は異常に戦闘力が高い!なんて話が出てくるかもしれませんね。 ますます今後が楽しみです。

次の

賢者の孫のマーリンの過去の黒歴史とは?正体についても

賢者 の 孫 スレイン

経歴 [ ] 第1巻以前 [ ] 北西部のの商人の三男として生まれたが、商売に関わることはなく家を出て、の「賢者の学院」で魔術を学び、そこで導師の資格を得る。 しかし、正義感に燃えて盗賊ギルドと戦い討ち死にした親友を止められなかったことをきっかけに賢者の学院を辞め、アラニア国北部の辺境の村ザクソンへと隠遁する。 この行為は結果的にの魔術師狩りを免れることにもなった。 ロードス島戦記 [ ] ザクソンでは村人たちから変わり者の扱いを受けていたが、同時に温和な性格と豊富な知識から村のご意見役として信頼もされており、また近隣の「」の、ギムとは親友だった。 血気にはやる村の少年、パーンをかつての親友と重ね合わせ、同じ過ちを繰り返さぬよう彼が村を出る際に彼の仲間として同行する。 はじめはパーンをたしなめる役割だったが、やがて戦士として、リーダーとして成長していくパーンを認める。 の後、パーンとともに戦いを裏から操る「灰色の魔女」との決戦に挑み、ギムを失いながらも勝利を収める。 レイリアとしての自我を取り戻した彼女にとどめを刺そうとしたパーンとディードリットを止め、しようとしたレイリアを思い留まらせる。 以降はパーン達と別れて彼女をターバ神殿に送り届け、レイリアの心のケアをした後、レイリアにした。 ザクソンで夫婦生活を営み、もうけた娘に「の愛娘」と謳われたレイリアの母から名を取ってと名づける。 セシルを弟子にとり、腐敗し内乱の続くアラニア国からザクソンを独立させるための自治運動の指導者となっていたが、パーンに乞われてに渡り、砂塵の塔や風の部族と炎の部族の戦いに関わってゆく。 このころから、「 北の賢者」と呼ばれ、名が知られるようになる。 フレイム平定後はパーンらと共にザクソン自治運動を続けていたが、を通じてたちの動きを知ったことにより、パーン達とともに「太守の秘宝」をめぐる戦いに身を投じる。 それからもしばらくはパーンとともに旅をしていたが、その旅の途上でフレイム国王の誘いを受け、旅を終えた後フレイムの宮廷魔術師となった。 以後のザクソン自治運動はセシルに任せている。 義母・大ニースの死を看取り、その際に妻と娘の宿命を知ったスレインは、フレイムの宮廷魔術師としての役目を果たした()あと、フレイム軍を離れてパーンやレイリアとともにさらわれたニースのいるマーモ島に渡り、カーラとの因縁に決着をつける。 この頃からウォートに代わり「大賢者」と呼ばれつつあり、いつの日かウォートの役目を引き受けるかもしれないとパーンに思われている。 新ロードス島戦記 [ ] 引き続きフレイムの宮廷魔術師として内政に従事し、新たに建国されたマーモ公国でマーファ教団の司祭を勤めることを決めた娘とは別居となった。 それでもまだ年若いニースにとっては心の支えであり、公国を立ち上げたばかりで味方の少なかった公王にとってはありがたい存在であった。 予断を許さぬマーモ公国の情勢に目を光らせていたが、娘が破壊の女神の教団にとらわれたことを知ると、宮廷魔術師の職を辞してマーモに渡り、教団との戦いに参加する(第二次邪神戦争)。 その後はスパーク王をはじめ多くの犠牲を払ったマーモ王国の宮廷魔術師を勤めつつ、異世界へと消えたニースとスパークを送還するための魔法を使い、1年の時を経て、それに成功した。 人物 [ ] 知識欲が旺盛で、その知識を他人に語りたがる、魔術師としては典型的な性格。 明らかに必要ない場合でも薀蓄を語ることを優先することが多い。 基本的には温厚で争いを好まない性格だが、パーンと関わることで戦いに巻き込まれることも多く、彼について旅立ったときから平穏とは無縁の日々を過ごすことになる。 気弱な面もあるが戦うべき時は意志の強さを見せ、また血気にはやるパーンを諌めた。 パーンの仲間として、「北の賢者」としてその名声はロードス中に知れ渡る。 セシルはスレインを師とあおぐが、彼は別の魔術師に師事していたため 、一番弟子という肩書きはアルド・ノーバのものとなっている。 自らを「星を探す者」と称し、「 スターシーカー」を名乗る。 レイリアこそが「星」だと確信し、熱烈なプロポーズを行う。 普段の彼からは考えられないほど必死だったらしく、最初は断っていたレイリアの心を見事に射止めた。 フレイム王国に従事してからは内政面に多大な貢献を果たし「大賢者の後継者」とまで称されるようになる。 彼自身も大賢者の後を継ぎ、近い将来「もっとも深き迷宮」の監視者となることを自らに任じている。 もし魔術師ではなく、剣の道に進んでいたならば、やを超える力を身につけていたと言われている。 イアハート フレイム宝物庫管理官。 登場作品 [ ]• 『』全7巻 著/画• 『』全6巻 水野良著/画• 『ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士』 水野良著/画• カセットブック• 『ロードス島戦記 カセットブック 幻惑の魔石』 :• 『ロードス島戦記 カセットブック2 宿命の魔術師 』 声優:塩沢兼人• 『ロードス島戦記 カセットブック3 魔獣の森』 声優:• アニメ・OVA• 『ロードス島戦記』 声優:田中秀幸• 『』 声優:• 『』声優:• テーブルトークRPG• 『RPGリプレイ ロードス島戦記I』• 『RPGリプレイ ロードス島戦記II』 - として登場。 また、同時収録のリプレイにもPCとして参加• 『RPGリプレイ ロードス島戦記III』 - NPCとして登場• 『ロードス島RPG エキスパートルール』 - ロードス島RPG対応の能力値を掲載• 『 ロードス島ワールドガイド』 - ソード・ワールドRPG対応の能力値を掲載• コミック•

次の

【賢者の孫】結局誰が強いの?強さランキング Top10

賢者 の 孫 スレイン

こんにちは、マフラーマンです。 ヤングエースで賢者の孫extra storyを愛読している管理人ですが、カイルの悲惨すぎる過去を知り愕然としました。 何故なら「 邪悪な隊長と先輩らに手柄を持っていかれその上罪を着せられてしまった」から。 冤罪なんていくらなんでも酷すぎませんか?シンのいる王国でこんなことが起きているなんてショックです。 本当に残酷すぎます。 頑張っても頑張っても報われない上に酷い仕打ちを受ける話ほど辛いことがあるのでしょうか?カイルが魔人化するのも納得がいきます。 外伝ですよ?いくらなんでも重すぎでしょう。 もはやミスミソウ並みの鬱展開。 今回は 賢者の孫extra storyで判明したカイルの最後について具体的に考察していきます。 カイルの最後が完全にバッドエンド 簡単にまとめると、 前述通り軍内の隊長や同僚や手柄を持っていかれた上に仕事を押しつけられ、その上魔物発生の冤罪を着せられ人々からの信頼を奪われたのです。 その後全てに絶望したカイルは魔人化しました。 何の罪もないカイルだけが人々に責められて罵倒されるのは酷い話。 その上味方が全くいないのが本当に残酷です。 どうして彼がこんな地獄を味わなければならないのでしょうか? 元凶は国の闇にあるのに罪を一人の男になすりつけるのは外道だと思います。 いつの世も国の闇は罪のない人に責任を押し付けるのが常。 自分達は責任を取ろうとしません。 カイルの最後は盾の勇者の1話のラストに匹敵する悲惨さ。 マインが尚文に冤罪を着せたシーンと状況がそっくりそのままです。 罪を着せた者や罵倒する者の外道度も同じクラス。 王国にも帝国すらゾッとさせるほどのどす黒い闇が存在しました。 カイルはその被害者なのです。 その腐敗ぶりはいじめがよく起きる学校に匹敵するほどです。 隊長と先輩が帝国並みに邪悪 一番最悪なのが隊長と先輩。 自分は小賢しいだけでなんの業績を上げていないのにも関わらず、カイルに全ての任務と責任をなすりつけ、彼の手柄を奪い取り自分達だけが得する非道さ。 ブルースフィアの帝国貴族どころか、ワンピースのや、盾の勇者のに匹敵するほどの邪悪ぶりです。 しかも、一番酷かったのがカイルが全ての責任を押しつけられたのに悪いことをしたであろう隊長や先輩が給料が減る程度で済んだこと。 これは明らかに隊長が仕組んだ罠でしょう。 自分が偉くカイルから搾取しているのをいいことに罪を着せるとは全く酷い奴です。 さらには 彼の行動を管理して逃げ場を確保させない汚い手段も取っています。 魔人化した後も可哀想すぎた 魔人化したカイルはその後、賢者夫婦の手によって討伐される形で命を落としました。 最後の最後まで自分の努力が報われなかったのは本当に残念です。 運命もカイルにここまで残酷になれるのでしょうか。 もう少し彼に優しくしていればあのような悲劇が起きずに済んだのかもしれません。 最も悲しいのが討伐成功した夫婦の功績が過大評価され、カイルの悲劇は歴史の闇に葬り去られたとのこと。 カイルも将来王国を担うはずだった逸材なのに、なんの賞賛も受けずむしろ罵声を浴びられてしまい、悪者扱いされるのは納得がいきません。 カイルが何か悪いことをしたのでしょうか?否全ては国の深い闇が引き起こした悲劇なのです。 それに目を背けると問題の本質は見えてきません。 小公女以上に悲しい理由 ここまでカイルの最後について考察しましたが、彼の人生はある意味小公女セーラ以上に悲惨すぎます。 何故なら、「 完全なるバッドエンドで終わってしまった」から。 反対にセーラの方は途中が鬱だったものの最後はハッピーエンドで終わっています。 カイル自身も幸せを望もうとしたものの、最後の最後までそれが報われることはありませんでした。 そりゃ闇落ちして悪役になってもおかしくです。 貧困生活に苦しむも心は折れず、最後は富豪に戻ったセーラの方が幸せだと思えるレベル。 そういった意味では、カイルの方がセーラより何倍も苦しんでいると思います。 本当に世の中というのは理不尽なものです。 カイルとシュトロームの共通点 前ながら思ったことですが、カイルとシュトロームは魔人化した背景が共通しています。 国内で一番と謳われる実力を持っていた• 国の理不尽な闇に陥られ絶望した• 自分自身が国のために誠心誠意を尽くしたのに最後まで報われなかった• この世の全てに絶望し最後の最後まで救われない点 これだけ挙げましたが、似ている部分が非常に多いです。 国は違うもの置かれていた状況はそっくり。 あれだけ苦しい思いをしたので、魔人化するのも当然でしょう。 2人にはシンに苦しみを全て食べる形で救われて欲しかっです。 カイルの悲劇はおでんの最後に似てる? 今思ったことですが、カイルの悲劇は現在進行形で話題になっているの最後を彷彿とさせる展開です。 何故なら「 両者には狡猾な悪役に陥しいられ悲劇的な最後を迎えた」共通点が存在するから。 両者を陥れた悪役はずる賢く汚い手で得をしている点でも非常にそっくりです。 ワンピースなら黒炭オロチで、賢者の孫なら隊長でしょう。 カイルの例を参考にすると、おでん様の最後が悲惨しかない展開は容易に想像できます。 こうなると本当に涙なしでは語れません。 まとめ ここまでカイルの最後について考察しました。

次の