葵そら。 蒼井そらが結婚!旦那や双子の子供&中国で人気の現在まで総まとめ

半生が小説に、蒼井そら「AVの世界だけで終わってしまうのが嫌だった」

葵そら

双子を妊娠中の元セクシー女優でタレントの蒼井そら(35)が、過去に出演したアダルト作品を販売停止にした理由を説明した。 蒼井は18日更新のブログで、1カ月ほど前にオフィシャルでダウンロード販売されていた過去の出演作を販売停止にしたことに言及。 「出産に伴い配慮してもらいました」「子どもも生まれるしオフィシャルくらい停止にできるならしてもらおうかなって感じです」と理由を説明した。 ネット上では「仕事に誇りを持っていたのに作品を販売停止にするなんて言ってることとやってることが違う失望した」といった書き込みも目にしたという。 「もちろん誇りを持ってやっていました。 ナメられたくないと思いながら仕事をまっとうしてました。 ただ、後ろめたさが無かった訳ではないし、この職業を世間から認められる為にやっていた訳でも無い。 私は私なりに頑張る こういうAV女優もいるんだよという気持ちでいました。 これはずっと言ってきたこと」と反論し、「私は過去の作品を販売停止にしたからって過去を消したとは思っていません。 無かったことにしようとも思ってません。 てか、消したくても消せないでしょうよ。 オフィシャルの販売を停止したってネットで調べれば違法でゴロゴロ出てると思ってますしね」とした。 また「ちなみに、AVは1本あたりのギャラなのでダウンロード回数や売り上げ本数が増えたからって印税みたいに入ってくる訳ではないんだよ」と説明。 「だから消さずにここまで来たことを褒めて欲しいわ(笑)昔の自分があるから今があるし だから名前もそのまま変えてませんしね。 販売停止をしたことでファンの人に申し訳ないとは思って無いです。 だって、ファンの人は作品を買ってくれてますもん」との思いをつづった。

次の

【衝撃】蒼井そらが結婚!!相手の旦那すげー奴wwwww(画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

葵そら

中国でも人気のセクシー・蒼井そら(34)が、DJ NONと結婚したことを、2日未明の自身ブログで発表した。 蒼井は 「日頃応援してくださっている皆様へ。 」のタイトルでブログに長文を掲載。 「私ごとで恐縮ですが、この度、私、蒼井そらはDJ NONさんと結婚したことをご報告させていただきます。 ファンの皆様、関係者の皆様結婚はしましたが、私は今までと何も変わらない蒼井そらです。 これからもよろしくお願い致します。 2018年1月1日 元旦 蒼井そら」と記した。 「結婚にはずっと憧れがあり子供も好きなので素敵な家庭を築く夢をずっと描いてはいました」とし、「 彼はイケメンでもないし、お金も持っていないけどアダルトをやっていたという事実や、その他全てのことに対する私の不安を一気になくしてくれる人でした」と紹介。 「私を貰ってくれるなんて本当すげー奴だなって思います」とつづった。 なお、発表日時は「 中国の11:11に合わせたので日付変わってしまいました」と中国のファンへの気づかっていた。 蒼井は恵比寿マスカッツの1期生として2008年4月から2013年4月まで活動。 中国ではソロ名義での音源リリース経験もあり、現在は恵比寿マスカッツ 1. 一方DJ NONはHALCALI、WISE(TERIYAKI BOYZ)、mihimaru GT、PES(RIP SLYME)、吉川友、AZUらのライブステージでDJおよびマニピュレーターを担当。 またトラックメーカーやアレンジャーとしても活躍している。 2018年1月2日0時38分 スポーツ報知 2018年1月2日1時16分 音楽ナタリー.

次の

DJ NONのプロフィールや年収!性格で蒼井そらが結婚相手に選ぶのも納得

葵そら

階下の住人から、騒音についてのクレームが寄せられた顛末をつづった。 10日のブログで蒼井は、息子達について「寝返りを始めて移動する様になってから カーペットではなくわざわざフローリングの上でおもちゃをカンカン叩きまくる」と説明。 息子達は「子どもだからしょうがないじゃ済まされないくらい 毎日毎日早朝からカンカンカンカンおもちゃを叩きつけている」といい、「下の階の人からやんわりクレームが」と明かした。 蒼井が「やめてーーー!!」とおもちゃを取り上げるも「また新しいおもちゃを持ってきてはカンカンカンカン」叩きつけてるといい、「やめて欲しい。 だって下階は地味にめっちゃ煩いだろう」と悩んだ結果、「遮音クッションフロア」を敷いたことを説明。 「これめちゃくちゃ良い!!」と絶賛し、「もちろん全く音が吸収されるわけじゃなく 叩けば鈍い音がするけど全く違う。 あるとないとでは雲泥の差です」と変化をつづっていた。 その後、14日のブログで階下について「おじいちゃんとおばあちゃんが暮らしていて」と明かし、「毎日朝早くから鳴るカンカンする音が打楽器かなんかを弾く音楽関係の人かと思っていたらしく それなら思った以上に音がしていることを伝えなくてはいけないということで 管理会社に話をしたみたい」とクレームが入るまでの経緯を説明。 階下の住人とたまたまマンション内で会った際に話をしたところ、「子供がたててる音なら問題ないよ。 僕らも子育て終わってね その大変さは充分分かってるつもりだから 子育て頑張ってよ」と励まされたといい、「心の中で若くはないけどと自虐しながら 涙目になったのを覚えてる」と感激した様子。 一方で、「かと言ってこの言葉に甘えるのも もちろん良くないと できる対策を取った次第です」とも説明し、「めっちゃ素敵な老夫婦なんです。 恵まれてるなぁ」と自身の置かれた環境に感謝を述べた。 これらの投稿に「いい話ですね、私も涙目になっちゃいました」「下の階の方にお会いできてよかったですね」「理解ある老夫婦で良かったですね」などのコメントが寄せられている。 外部サイト.

次の