日立 金属 不正。 西山光秋

日立金属が検査不正: 日本経済新聞

日立 金属 不正

日立金属は27日、自動車部材などに使われる特殊鋼や磁石材料の検査不正問題の責任を取る形で、佐藤光司社長(58)が5月末に退任すると発表した。 6月1日付で西山光秋会長兼最高経営責任者(CEO)=(63)=が社長を兼任する。 理由について、同社は不正問題の原因調査や対策の検討に客観性や公正性を持たせるためと説明している。 同時に発表した2020年3月期の連結決算は、売上高が前期比13. 9%減の8814億円、純損益は376億円の赤字(前期は313億円の黒字)に転落した。 21年3月期の業績予想も、新型コロナウイルス感染症による自動車の需要減などで厳しい状況が続くと見込んでおり、売上高は14. 9%減の7500億円、純損益は120億円の赤字と予想している。 日立金属は今年4月27日に検査不正を公表。 特殊鋼では自社で溶解していた材料を他社購入に変更した後も顧客に知らせず、事実と異なる製造工程を報告するなどしていた。 磁石材料では性能に関わる磁気特性の数値を書き換えるなどした。 一連の不正は数年前から継続していたとみられるという。

次の

日立金属、難路の独り立ち 品質不正で社長引責辞任 :日本経済新聞

日立 金属 不正

バルブ製品情報検索 利用規約• 本ダウンロードサービスで提供する図面は各製品の外観図となります。 施工図等を作成する場合に使用する承認図、製品寸法表は当社あるいは当社製品販売店へご用命ください。 本ダウンロードサービスにおける全ての情報は、著作権法上の保護を受けています。 このソフトウェア及びプログラムについて、日立金属株式会社株式会社からの文書による許諾を得ずに、いかなる方法においても無断で複写 、複製し、又は不正に使用し、及び第三者への譲渡を行う事はできません。 本ダウンロードサービスの改造、解析は行わないで下さい。 お客さまが無断で行われた解析や改造の結果、お客さまに損害が発生しても当社は責任を負いません。 本ダウンロードサービスを使用して発生したいかなる損害も、当社では責任を負いません。 諸般の事情により製品構造・材質について、事前の予告なしに変更する場合がありますのでご承知おきください。 本ダウンロードサービスにて提供する製品の図面は、市場で流通しているもの、及び製造時期によっては、異なる仕様、寸法、構造になっている可能性があります。 バルブのご選定にあたって バルブのご選定にあたって使用する流体、温度、圧力、配管径、使用方法さらに外部環境を基に、最適な特性を持ったバルブを選定ください。 自動弁を選定される際はさらに電源、操作回路、操作方法が必要です。 弁種別にみる特性は下記の通りです。 玉形弁、逆止め弁、ストレーナ、流量調節弁は設置方向は一方向に限定されます。 仕切弁、流量調節弁以外のボールバルブは全開もしくは全閉で使用されます。 中間開度での使用や長期放置は、エロージョンによるシート漏れの原因となります。 この状態でボールバルブを使用する場合、異常昇圧防止形ボールバルブをご指定ください。 マレブル玉形弁、仕切弁のグランドパッキン、ボンネットガスケットは、アスベストフリー品(グラフォイル系)を使用しております。 流体により材質の変更が必要な場合があります。 また蒸気で使用の場合は増締めが必要です。 蒸気、熱媒油、腐食流体、毒性ガス等に対するグランド漏れ防止用として増締め不要のベローズバルブをお薦めいたします。 電動弁は停電時には作動不能となります。 停電時に緊急閉(開)動作が必要な場合は緊急遮断(開放)弁としてハイトルクモノセーフを選定ください。 但し、長期間開(閉)で 御使用の場合、1年に1度動作確認を行って下さい。 各弁の詳細仕様、カタログ内容の御確認、引き合いに関しては、弊社最寄の支店・営業所に御問い合わせ下さい。 ご利用にあたって• 本サービスを利用できるブラウザはMicrosoft Internet Explorer 5. 0以上となります。 PDFファイルの閲覧にはAcrobat Reader4. 0以上が必要となります。

次の

日立金属、特殊鋼と磁性材料で検査不正

日立 金属 不正

フェライト磁石では顧客向けの検査データで不正な記載があったという 同社の製品は自動車や家電などに幅広く使われている。 フェライト磁石は高性能分野のシェアでは世界でもトップクラスという。 日立金属は2020年3月期の連結売上高を現時点で8950億円と予想。 うち約170社に出荷した不正品の出荷実績は約245億円だったようだ。 自動車部材などに使われる特殊鋼では、安来工場(島根県安来市)で検査データの改ざんなどが確認された。 14品種が約30社の顧客へ納入されたという。 自動車や家電のモーターなどに使う磁性材料ではフェライト磁石と、ネオジムなどから作る希土類磁石で不正が判明した。 熊谷磁材工場(埼玉県熊谷市)や佐賀工場(佐賀県大町町)のほか、韓国やフィリピンなど海外の拠点でも同様の不正を確認。 それぞれ約70社の顧客へ納入された。 西山光秋会長兼最高経営責任者(CEO)は27日、電話による記者会見で「(検査データの不正は)少なくとも10年以上継続していた」と説明。 同日付で弁護士などで構成する特別調査委員会を設置しており、再発防止策などに取り組む。 日立金属はグループでかつて「御三家」と呼ばれた中核子会社の一つ。 だが、磁石事業の不振などで業績悪化に苦しむうえ、親会社の日立は事業のシナジー(相乗効果)が乏しいとして売却を検討している。 今回の不正が日立のグループ再編に影響を及ぼす可能性もある。

次の