豆腐 解凍。 冷凍豆腐の作り方と解凍方法!唐揚げなど人気の肉代わりの使い方レシピ3選

豆腐干糸(かんす)の解凍方法&美味しく食べるコツ、ダイエットの主食に最適な豆腐麺

豆腐 解凍

豆腐皮はトウフーピー、ドウフーピーなどと読むようです。 内容量は500gで、ちょうどまな板をはみ出るサイズのシート状の豆腐皮が7枚ほど折り畳まれています。 常温に少し置き、半解凍して使う分だけカットしたあと、さっと茹でるかレンチンで解凍するのが便利でしょうか。 ちなみに100g当たりの栄養値は、熱量198kcal、たんぱく質20. 3g、脂質10. 8g、炭水化物5. ちょいカロリーはありますが、原材料はほぼ大豆オンリーで、立派にダイエット向きの低糖質高たんぱく食材なんです。 ざっくりカットして炒め物やサラダなどに使うのが鉄板ですが、その用途だと『豆腐皮スライス』という既に切れてる商品もあるので、本品は真っ直ぐカットして代替麺に使う用途がおすすめ。 大豆の風味の主張が強いので、焼きそば、麻婆、担々麺、パスタならカルボナーラなど、濃いめの味付けに向いています。 意外にちゃんと噛みごたえがあり、見た目以上に腹持ちも良し。 低糖質グルメ用に確保しておくと、メニューの幅が広がりますよ! 特徴をまとめると以下のようになります。 薄く豆腐を固めて旨味が凝縮された中華食材• 硬めにしっとりした独特の食感で、炒め物や煮物に入れても崩れづらい• 低糖質麺よりもしっかり風味と歯ごたえがあり、代替麺として優秀• 好きな太さにカットできるので、パスタ、素麺、つけ麺など活用度高め•

次の

こんな使い方あり?業務スーパーの豆腐皮の価格、カロリー、栄養成分は?

豆腐 解凍

こんな使い方あり?業務スーパーの豆腐皮の価格、カロリー、栄養成分は? 【筋トレ飯】筋肉トレーニングの食事の全て ども!!管理人です!! 低糖質目的で、冷凍大豆麺のソイドルや台湾の食材である大豆干糸を食べてからというものすっかり大豆食材にハマってしまっている僕です。 日本には納豆、豆腐、味噌、きなこなど素晴らしい大豆食材は多数ありますが、馴染みがある分、大豆食材は受け入れやすいですよね。 大豆麺などは、大豆製品が好きな人でダイエット死体人には最適だと感じています。 今回は、節約の鬼でもある管理人が愛用している業務スーパーで大豆麺の代用品となる食品を見つけたので紹介したいと思います。 業務スーパーでは豆腐皮スライス(豆腐皮)として売られていて、値段もお手頃です。 今回はそんな豆腐皮スライスの価格、カロリー、栄養成分などの商品詳細と実際に料理に使ってみた調理例をまとめました! Contents• 豆腐皮スライス(豆腐皮)とは? 豆腐皮とは業務スーパーで販売されている冷凍食品です。 堅めの豆腐を1cm程の幅の帯状に切ってあり解凍すればすぐに料理に使えます。 中国や台湾などでは乾燥させた豆腐などは一般的な食材で、炒めものや前菜などによく使われているそうです。 業務スーパーの豆腐皮はシート型の冷凍食品も売っていて、こちらはスライスされていない状態です。 豆腐皮の使い方・利用注意 完全解凍してしまうと水分が抜けるので再解凍は避けたほうが良さそうです。 また、解凍しても加熱が必要な食材となります。 豆腐皮の原材料・調理例 大豆のみです。 豆腐皮のカロリー・栄養成分 豆腐皮スライスの方には栄養成分が記載されていなかったのですが、シートタイプの方には記載があったのでそちらを掲載します。 カロリー:198kcal• たんぱく質:20. 脂質:10. 炭水化物:5. 食塩相当量:0. 02g 原材料が大豆なので高タンパク質で低糖質ですね。 大豆がメインなので脂質は多少高いですが気になる程ではないです。 料理大好き管理人が豆腐皮スライスを使って料理してみた! それでは、実際に調理に使ったので説明していきます! 冷凍時はガッチガチなので、少量使いたい場合は半解凍にして取り分けます。 豆腐皮以外の材料はこちら! ひき肉・たまねぎ・トマトです。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを低温から入れてじっくり炒めます。 にんにくを炒めたら、ひき肉を入れてさらに炒めます。 タマネギは大きめのサイコロ切りにして入れます。 よく炒めましょう。 塩コショウで下味を付けます。 トマトも角切りにして入れます。 コンソメとトマトジュース、ケチャップを入れます。 ケチャップが多めだとナポリタンぽくなりますが、トマトジュースが多めだとミートソースっぽくなります。 好みで比率を変えましょう。 僕はハーブ類が大好きなのでバジルなども加えました。 ソースを味見して良ければ豆腐皮スライスを投入します。 ソースと良く絡めて完成です。 粉チーズと相性すごくいいです!! 業務スーパーの豆腐皮を味や食感などのレビュー 噂では知っていた業務スーパーの豆腐皮を食べてみた感想ですが、他の豆腐麺系の製品と同じく歯ごたえが少しあり小麦麺と違って味が染み込みにくいという点があります。 そこはメリットでもデメリットでもあるので、好みによると思います。 パスタや中華麺のようなモチモチ食感を期待している人にとっては少し食感に違和感があるかもしれませんね。 僕は逆に歯ごたえがある食品が好きなので、豆腐皮はかなり好きです。 今度は炒めものでも使ってみようと思っていますが、間隔としては油揚げのように使えそうです。 幅があるので炒めものや肉代わりでも良いでしょうね! より麺っぽい大豆製品が良ければソイドルや豆腐干糸がおすすめです! 現在iHerbで使えるキャンペーンコード一覧です。 現在MyProteinで使えるキャンペーンコード一覧です。

次の

冷凍豆腐は「まるで肉」!豆腐を凍らせるだけの神食材で作る絶品「肉風」レシピ

豆腐 解凍

豆腐皮はトウフーピー、ドウフーピーなどと読むようです。 内容量は500gで、ちょうどまな板をはみ出るサイズのシート状の豆腐皮が7枚ほど折り畳まれています。 常温に少し置き、半解凍して使う分だけカットしたあと、さっと茹でるかレンチンで解凍するのが便利でしょうか。 ちなみに100g当たりの栄養値は、熱量198kcal、たんぱく質20. 3g、脂質10. 8g、炭水化物5. ちょいカロリーはありますが、原材料はほぼ大豆オンリーで、立派にダイエット向きの低糖質高たんぱく食材なんです。 ざっくりカットして炒め物やサラダなどに使うのが鉄板ですが、その用途だと『豆腐皮スライス』という既に切れてる商品もあるので、本品は真っ直ぐカットして代替麺に使う用途がおすすめ。 大豆の風味の主張が強いので、焼きそば、麻婆、担々麺、パスタならカルボナーラなど、濃いめの味付けに向いています。 意外にちゃんと噛みごたえがあり、見た目以上に腹持ちも良し。 低糖質グルメ用に確保しておくと、メニューの幅が広がりますよ! 特徴をまとめると以下のようになります。 薄く豆腐を固めて旨味が凝縮された中華食材• 硬めにしっとりした独特の食感で、炒め物や煮物に入れても崩れづらい• 低糖質麺よりもしっかり風味と歯ごたえがあり、代替麺として優秀• 好きな太さにカットできるので、パスタ、素麺、つけ麺など活用度高め•

次の