恋じゃないから、そばにいて。 恋じゃないからそばにいて2巻や全巻無料で読む方法!ネタバレと最終回結末は?

恋じゃないからそばにいて(ひさわゆみ)全4巻感想

恋じゃないから、そばにいて

好きとはいったい……?いま、恋愛がわからない女の子が急増中! 20代なのに恋愛経験ナシ、これってヤバイ?と焦っている女の子に知ってもらいたい、恋をすると訪れる心の変化とは? 恋愛についての本当のトコロ、お伝えします。 「好きってなに?」恋愛迷子の女の子、増えています 「人を好きになるってどんな気持ち?」 「恋愛経験もないし、全然イメージが湧かない!」 そんな恋愛迷子の女の子が、今増えているんだそう。 10代20代を恋愛とともに駆け抜けた筆者としては、そっちの方がイメージ湧かないんですが……。 でもたしかに周りの女の子を見渡してみても、 「好きとか恋とか、あまり馴染みもないしよくわからないんだけど?」 という子が多いように思えますね。 人生、恋愛がすべてじゃない!とはいえ、せっかく女の子として生まれたからには、恋のドキドキやムズムズを味わってみるのも悪くはないです。 そして恋をすると、その気持ちが、相手に向かって一直線!になります。 片思い中はなかなかそばに近寄れないという、ジレンマ的な状況も多いです。 だから気持ちを見透かされないようにそれとなく、さりげなく、でも時にはガッツリと!好きな人の姿を目で追ってしまうもの。 不思議なもので、好きな人のことっていくら見ていても飽きないし、コロコロと変わる表情やちょっとした仕草を見るだけでじわ~っと幸せな気持ちが溢れて止まらなくなっちゃうんです。 なんか最近、あの人とよく目が合うな……ってこと、ありませんか? それ、あなたがよく見てるってことですからね。 それがいわゆる 恋の始まりってヤツかもしれませんよ。 男性と比べて女の子は「相手に触れたい」と思うハードルが高いので、自分にとってその人が特別な存在なのか?を診断するには「触れたいかどうか」はわかりやすいターニングポイントになるんです。 ほら、よく男の人は好きじゃなくてもあーゆーことやそーゆーことができちゃうけど、女の子は気持ちが入ってなきゃ絶対無理!とか言うでしょ? もちろん個人差はあるんですが、「この気持ちが恋なのかな?」ってときの判断材料としてはアリかと。 このとき、恋愛経験があまりない女の子にありがちなのが、 「男性に触れたいなんて、はずかしい!」 って拒否反応を起こしちゃうパターン。 たしかにちょっとはずかしいかもしれないけれど、誰の心にもある、自然な感情なんです。 好きな人のそばにいたい、もっと近づきたい、触れたいし、触れてほしい。 どれも、普通。 これっぽっちもおかしなことじゃないんですよ。 苦しかったり悲しかったり、そういうマイナスな感情も全部入りでパッケージされちゃったような感じなんですね。 当然ヤキモチを焼くこともあるでしょう。 片思いだって、彼女じゃなくたって、そんなことは関係ありません! 好きな人の一番になりたい、他の子と仲良くしてほしくない、そんなモヤモヤが心を支配していたら……それが恋ゆえのヤキモチです。 想像してみてください。 ただの男友達が誰と楽しそうに話していたって、べつに気にならないですよね? でも、とある彼だけは特別。 ・彼が他の女の子と仲よさげに話している ・昨夜LINEで盛り上がっちゃった~なんて喋ってる! ・ていうか、なんであの子はあんなに接近してるワケ?? こんな感じで、時に恋は心の中をかき乱します。 胸の中が張り裂けそうに痛んだりします。 そんなにツライなら恋なんてしたくない?まあまあ、そんなこと言わないで。 そう悪いことばかりでもないんですよ。 特に片思い期間中は、 ほんの些細な出来事にいちいち胸が高鳴ってどうしようもない……!なんて甘酸っぱさがフルスロットル! 他の人が聞いたら「なにそれ」と冷たく一蹴されてしまいそうなほど小さなことですら、キラキラときらめいて感じられるんです。 なにげなくもらったプレゼント、不意に触れた指先、なんの偶然か二人っきりになってしまった時間。 彼に関する記憶だけがやたらと心の中の容量を食って仕方ない!それはもしかして恋なのかもしれません。 どうせなら他の誰も知らない一面を、自分だけに見せてほしいなんてワガママな気持ちになったりもします。 他人から壁を作られちゃうと、ちょっとさみしい気持ちになりますよね。 それが気になる相手なら尚更 「心の距離を縮めたい」「自分にだけは心を許してほしい」と誰しもが願うものです。 ここで注意点をひとつ。 「知りたい」と思うのは当たり前ですが、その気持ちを押し付けてばかりいてはダメ。 されている方としては疲れてしまうし、もっとひどいと引かれてしまうかも……。 好きだからこそ、相手の負担にならないように気遣うことを忘れずに。 人は誰しも、さらけ出せない秘めた部分を持ち合わせているもの。 そういう部分って、隠しておきたいけれど本当は理解してもらいたい!という欲求が隠れていることもしばしば。 お互いに深く理解し合うことで、精神的な結びつきを強めたいと願うんですね。 自分のことを話す場合も、相手の反応を見ながら少しずつが鉄則です。 口をはさむ余地がないほど自分語りを続けては、相手を退屈させてしまうかもしれません。 恋?愛?それ以外?好きとは、カタチのないもの 「好き」の始まりのイメージ、なんとなく湧いてきましたか?ぼんやりとでも、好きって気持ちがどんなものなのか伝われば嬉しいです。 それでは、次のステップに進んでみましょうか。 じつは「好き」にはいろいろなカタチがあります。 恋愛という言葉ひとつ取ってみても、恋と愛では種類が違うということが想像できると思います。 ・恋とはなにか? ・愛との違いはどこにあるのか? ずっと昔、そんな哲学的なテーマに真剣に迫ってみたことがあります。 その頃集めた情報をいくつか披露すると、 ・恋は下心、愛は真心 ・恋は一人で、愛は二人で ・恋は「してほしい」愛は「してあげたい」 ・恋は一部しか見てない、愛は全体を見てる などなど、いろいろありましたね。 うーん、わかるようなわからないような? そんな感じでしょうか。 大丈夫、当時の筆者もさっぱり意味がわかりませんでした。 時を経て思うのは、「どっちでもいいじゃないか」ということです。 ……って、これでは身も蓋もないので、もう少し補足しましょうか。 愛というのは、概念がとてつもなく広くてとてつもなく深いです。 だからわかりにくい。 また男女の「好き」に限らないんですね。 家族愛、師弟愛、友愛……他にもいろいろとあると思いますが、ざっくりまとめると 「相手を大切に思う気持ち」が愛になるのかな、と思います。 それに対して、恋はすごく限定的。 いわゆる男女間での「好き」だけを指す言葉です。 姿を見るだけでドキドキしちゃうとか、ついつい目で追ってしまうとか、そういう気持ちは恋独自のものです。 大まかに分けちゃえばこんな感じにはなりますが、男女間においては恋と愛の境界線はすごくぼんやりとしています。 いくら付き合いが長くなってマンネリ化してきた間柄でも、ふとした瞬間にドキッとすることがあるんです。 数十年夫婦をやってきて、もうすっかり空気みたいな存在になったと思ったのに、ある日突然ドキドキが戻ってきた!なんて話も聞きます。 キッパリと分けられないからこそ、ひとまとめにして「恋愛」って呼ぶのかもしれないですね。 この気持ちは恋か?愛か?と悩んだときは、深く考えなくてもOKですよ。 大事なのは、 ・その人を見るとどう感じるか? ・その人とこの先、どうなっていきたいか? それだけです! それでも「好き」がわからないなら…… そうは言っても、やっぱり「好き」って気持ちがよくわからない。 そんな女の子は、無理して恋しようと頑張らなくていいんですよ。 恋愛迷子女子の中には、 「つき合っても長続きしない」「彼の価値観が合わなくて一緒にいるのが窮屈」そんなモヤモヤを抱えている人もいっぱいいます。 ドキドキできない、楽しくない、ハッピーになれない恋愛なんて、無理してまでする必要ありません。 恋愛経験が少ないと 「年齢=彼氏いない歴なんてヤバイかも……!」なんて焦りが出てしまうかもしれないけれど、変に焦ってもいいことなんて一つもなし! 実際に大人になってからはじめてできた彼と、そのまま結婚した知人だって何人も知っています。 焦らなくても大丈夫! 好きとは何か、自然にわかるときがくる! 「好きって気持ちがわからない!」 恋愛で迷子になっている女の子に向けて、好きとは?恋愛とは?というところをお話しました。 無理して好きな人を作らなきゃ、恋愛しなきゃと焦らなくても、いつか自然にわかる気が必ずきます。 10代の頃から彼氏が切れたことがなかったが、モラハラ、DV、束縛、借金などのダメ男の素質を持つ男性ばかりを渡り歩き、幸は薄め。 現在は既婚のフリーライター。 パートナーとより良い関係をつくる、ダメ男から自分自身を護る方法の他、恋愛テクニックや男性心理などを執筆。 【ライターより】 独身の頃は常に恋愛脳で突っ走り、たくさん失敗もしました。 失敗を含めた全ての経験が今の自分を形作っていると思えば、無駄じゃなかったのかなとも思えるけれど。 やっぱり中には、殴られたり借金を作られたり、しなくて良い失敗もいっぱいありました。 恋愛って本当の本当は楽しくて、ワクワクとドキドキがごちゃまぜになった素敵なコト。 そのときだけのハッピーを余すところなく堪能してもらうお手伝いができたらいいなと思っています。 【こんな人に読んでほしい】 恋愛に疲れている人、自信をなくしちゃいそうな人、もう恋なんてしない・できないって思っている人 【Twitter】 【Instagram】 【ブログ「七尾なおのブログ」】 【その他「NOTE」】.

次の

恋じゃないからそばにいて(ひさわゆみ)全4巻感想

恋じゃないから、そばにいて

読んで面白かったおすすめ社会人女子が主人公の恋愛漫画を紹介しています。 仕事になかなか慣れず、残業残業の毎日で忙しい日々を送っていたら、彼氏に振られてしまいました。 ひどく傷つき落ち込んでいる絵奈は、気を紛らわすため夜の会社に戻ると、社内には直属の厳しい上司「景山」が! いつもはビシビシしごいてくる上司ですが、悲しそうにしている絵奈を気にかけ慰めます。 その優しさにすっかりほだされた絵奈は「今日だけは ひとりにしないで」とお願いし、ホテルへ…。 まったく気のない2人だったのに、慰めの為だけにホテルまで行っちゃうなんて良いのでしょうか! そのままゆっくり、優しく、包み込むようなエッチ。 悲しさを忘れてしまうほど夢中にさせられ、時間は過ぎていきます。 可愛い絵にも関わらず、やわらかい肌や角度、喘ぎ声がやらしく表現されていて、とてもエロイ! しかし、エッチが終わると気持ちは現実に返ります。 とんでもないことをしてしまったと謝りますが、景山は「好みのタイプの相手じゃなければ、執着せずに済むだろう。 淋しさを紛らわせるだけでいいならいつでも来い」と、割り切りながらも、これからも面倒をみるというニュアンスの言葉を言ってきます。 しかし絵奈は、いくら好みのタイプじゃないとはいっても、景山がつけたキスマークや、景山の姿を見るだけで意識してしまう状態に! こうして甘く切ない、「恋じゃない恋」がはじまります!! 慰めだけのSEX。 相手は他にもいるのかも…?! 「その場しのぎでも、正しくなくても、絶望に打ちのめされて死んでしまうよりマシ」 と、絵奈に意味深なことを言った景山。 どうやら過去に何かあるよう……それは割り切った慰めだけのSEXができる理由かもしれません。 「彼女いるんですか?」と尋ねると、いないと答える景山ですが、実は家にはロングヘアの綺麗な女性が待っています。 その女性は景山がホテルに行っていることも、服の匂いで勘付いていますが、どうやら公認のよう。 この人も、景山で淋しさを紛らわしているみたいです…。 景山の過去には一体何があったのでしょうか!?一般的には、複数人に手を出している悪い男に見えますが、こうなったのには深い事情があるように見えます。 絵奈はそんな2人が楽しそうに腕を組みながら歩いているところを目撃! 「付き合っている人はいない」と言っていたのにどうして?!とショックを受け、そして初めて景山のことが好きだったことに気が付きます。 恋じゃない恋が、本当の恋に発展してしまいました!この後どうなるのでしょうか? 真実が明らかになり、関係を終わらさせたくない絵奈の行動は? 最終回結末までまだまだこの恋は終わりそうにありませんが、現在コミックスは4巻まで発売されています。 絵も可愛いし、イケメンだし、ラストまでドキドキしまくりでした! 是非、最後まで読んでみてくださいね!.

次の

好きとは?恋とは?愛とは?「恋愛迷子」女子に伝えたい真実

恋じゃないから、そばにいて

傷だらけの恋をなぐさめて、恋じゃないからそばにいて 新卒新人の橋本絵奈は鬼と呼ばれる企画課の上司の下に配属され毎日忙しい毎日。 そのおかげで彼氏とはすれ違い、久々に会えた彼氏には「別れて欲しい」と振られてしまう。 3年も付き合った彼氏との別れに傷心の絵奈をなぐさめてくれたのは、上司である影山。 彼と関係を持つうちに好きになってしまう。 しかし、影山が自分の約束を断って他の女性と街を歩いているのに遭遇した絵奈。 女性は影山の死んだ兄の妻で、夫を亡くして不安定な彼女を支えていると影山は絵奈に話す。 絵奈は自分達も割り切った関係なのだからこのまま、なぐさめるのを続けて欲しいと関係の継続を影山にお願いする。 本当の気持ちは隠し影山の側にいる事を選び、影山への気持ちは「恋じゃない」と自分に言い聞かせる絵奈。 しかし絵奈は、兄の妻とも体の関係を持ったことがあると言った影山を受け入れられなくなっていた。 ベッドで泣く絵奈を見た影山は「上司と部下に戻ろう」と絵奈から離れる。 影山と離れる事は、元カレとの別れよりも辛いと感じる絵奈。 そんな絵奈に元カレが復縁を迫ってくる。 元カレとよりを戻せば、普通に幸せになれると思いながらも影山の事を忘れられない絵奈。 そして影山は絵奈が元カレと一緒にいるのをみて密かに嫉妬を募らせ、会社で絵奈を押し倒してしまう。 「見られてもどうなってもいい」 そんな影山に絵奈は「寂しいの?」とその心を心配して。 絵奈を手放しておきながらの自分の暴走、ひどい顔色で帰宅した影山に気が付いた兄の妻は影山のためにも影山に甘えるのはやめると言ってその背を押す。 影山の初めて見せた一面をみて改めて影山の事が好きと気が付いた絵奈は元カレからの復縁を断った。 どんな形でも影山の側にいたいと願う絵奈の気持ちとは裏腹に、影山は海外への異動を受け入れドイツへ行くことに。 会社の壮行会が計画されている日の前日、二人だけで食事に行こうと誘われた絵奈。 食事をしながら楽しい時間を過ごし、はじめて影山さんが楽しそうに笑うのを見た。 別れ際「あなたに会えてよかった」と笑う絵奈を引き留めた影山は、自分の狡さを認めたうえで絵奈に「好きだ」と告白する。 ドイツに一緒についてきてほしい、という影山に絵奈はせっかく覚えた仕事をすててついてはいけないと断る。 寂しいなら自分が海外勤務をやめて転職でもすれば?と話す絵奈に影山もタジタジ。 休職中の間くらい「私が養ってあげるわよ」という絵奈に影山も「まいった」と抱きしめて。 「きみについていく 一生」 それから数か月が過ぎ、絵奈は愚痴る後輩をなぐさめながら仕事をする毎日。 そしてこの日は影山が一時帰国をする日で、絵奈は半休をとって「婚約者」の影山を空港まで出迎えたのだった。 最終話、時間は影山と絵奈の告白の夜に戻る。 告白のあと初めて影山の部屋に行った絵奈は、影山から兄の元妻との関係を聞かされる。 身体の関係は一度だけあったが、その後は罪悪感からただ側にいるだけの毎日だった事、二度と恋愛なんてできないと思っていたところに絵奈が入社してきて、失恋した絵奈をどうしても欲しいと思ってしまった事。 心をつなげた二人は別れの前に深くつながって。 影山の壮行会という名の飲み会で、絵奈が結構男性社員から人気だという声を聞いた影山は、皆の前で絵奈が自分のものであると宣言し皆を驚かせる。 そして時はたち、二人は会社の仲間達に見守られながら結婚式を挙げたのだった。 おしまい。 感想 久々にツボった作品。 切なさからのラブが良かったです。 最終話読んで、お前の方が先に惚れてたのかよ!って事実も良かった。 影山さん、実はムッツリだったんだな(笑) 序盤のクールさが嘘のように、最終話では影山が絵奈を自分のものアピールとかキャラ変わりすぎて可愛かった。 作品的には新しい展開!ってわけではなく、結構王道でご都合的な展開なのですが、 作者さんの描き方が良いからかキュンキュンポイントが多くて何回も読みたくなりました。 元カレとの別れの展開は新社会人カップルあるある。 元カレも悪い子じゃないんだけど、ヘタレでした。 かっこ悪くて愚痴なんか言えないって虚勢で彼女を傷つける方がよっぽどかっこ悪いわ。 経験あるから余計にそう思う(笑) 鬼上司の影山さんもカッコイイし主人公の子も可愛いしで文句なしです。 大人恋愛でキュンキュンするのが読みたい人にオススメ!.

次の