プログラマー ブログ アフィリエイト。 プログラミング×アフィリエイトの組み合わせが最強な理由!

プログラミング独学勉強法!初心者に学習の始め方をプログラマーが紹介!

プログラマー ブログ アフィリエイト

Contents• マナブログが胡散臭いと言われる理由 収入源の多くがネットで稼いでいるから胡散臭いと言われています。 一般の会社員の人からしたら、ネットだけで稼ぐことができるの? って思うのも当然ですよね。 私自身、稼ぐ事に特化するならネットで稼ぐのもリアルで稼ぐのも同じ事だから収入の柱が多ければ問題ないと思いますが・・・。 マナブログの場合、アフィリエイトが収入源となっています。 アフィリエイトって、一度は聞いたことあるって言う人が多いと思いませんか? 聞いたことがあるけど、やったことない。 アフィリエイトって悪い事してお金を稼ぐの?とか勘違いされている事もあります。 一般人からアフィリエイトの評判が悪い理由は、 詐欺商材が多いからです。 稼いでもないのに、いかにも稼いでいる風を装って情報弱者からお金を搾取する人間がいるからなんですよね。 でアフィリエイトの商材がたくさんありますが、実際怪しそうなアフィリエイト商材がわんさかあるのは事実です。 どこの誰が作ったのか分からない情報商材を買うのであれば、マナブさんのアフィリエイトのyoutubeを見て勉強していった方がコストパフォーマンスがいいと思いますよ。 マナブログでは完全ロードマップも紹介されていました。 そんなあなたのために今ここで簡単にアフィリエイトについて説明させてください。 アフィリエイトとは、 成果型報酬の広告です。 大企業、中小企業がネットに広告を制作しています。 その広告を独自のサイトやブログで紹介して読者からクリック又広告商品の購入してもらいます。 そうする事で、企業から紹介料としての報酬が支払われる仕組みとなっています。 分かりにくければ、マナブログでもアフィリエイトの基礎知識を紹介されていますよ。 気になる方はを。 アフィリエイター(広告を紹介する人)ってネットにたくさんいるけど、 全員が稼げいているわけではありません。 ネットで稼ぐ事も本質があるんです。 その本質を理解していないままアフィリエイトをしてしまうと、労力だけ費やして終わってしまいます。 その本質とは、 人間理解につきます。 アフィリエイトをする上では、パソコンの向こう側にいる人の心理を 言葉で誘導する事が超超重要なんです。 マナブログ式のセールスライティング マナブさん自身、セールスライティングを学ぼうと断言されていましたよ。 これは断言しますが、セールスライティングを身につけると、それは「神の力」になりますよ。 過去の僕は「ブログ収入が3万円」で停滞していました。 しかし、セールスライティングを身につけて、半年で月100万を超えました😌— マナブ バンコク manabubannai セールスライティングを身に付けるというのは、できる営業マンになるということですよね。 めちゃくちゃ仕事ができる営業マンって売れないただの石も売れるように営業をすることができるだとか・・・。 そういう営業マンの人程、相手の悩みや不安をしっかりと傾聴しつつ売る商品を提案しています。 どうして、そんな事ができるか考えたことありますか? それは、人間の心理を上手く活用して意図的に感情へ訴えかけているからなんですよ。 人間の心理を誘導するには、言葉で人の心を動かして行動してもらわなければなりません。 人がネットの広告を見るときってどんな感情が働いているか知っていますか? それは、• 読まない• 信じない• 行動しない 人がネット上のセールス文を見た時には、無意識的に働いています。 だからこそ、パソコンの前にいる人をいかに行動させるかはセールスライティングにかかっています。 今回は、マナブさん式のセールスライティングをご紹介させて頂きます。 手順は2ステップで完結されています。 そして、継続的なアウトプットをしていくことです。 どんなに本を読んでも、セミナーに行っても、人の話を聞いても、資料を持っていても 実際にやらなければ意味がありません。 全て行動ありきです。 知識だけため込んでも、知恵として活用しなければ何も生まれないからです。 知識と知恵は常にセットとして考えていけば、インプットしたらアウトプットしていく習慣がつきやすいかもですね。 マナブさん自身も、人生を変えていきたいならと発言していましたよ。 なんだかんだで、行動する人が成果を出しますね。 行動すると批判されるし、失敗して恥かくし、勉強もシンドいですが、とはいえ、行動せずに、ずるずると現状維持する方が、心に傷はつかないけど、成長もありません。 というわけで、僕の別の景色を見たいので、批判はスルーして、鬼作業&行動します😌— マナブ バンコク manabubannai アフィリエイトを始めるならASPへ登録しよう!! ASPとは、企業広告とアフィリエイターをつなぐ仲介を担う業者のことを指します。 実際に登録してアフィリエイトをやってみよう。 アフィリエイトっていうと、ブログアフィリエイトが定番かと思います。 最近では、たくさんのアフィリエイトのやり方が出ています。 ツイッターアフィリエイト、noteアフィリエイト、LINEアフィリエイト、 オープンチャットアフィリエイトなどたくさんあります。 ASPに登録してアフィリエイトリンクを張り付ける作業は 1円もお金をかけずにできるので、ぜひやってみて損はないと思いますよ。

次の

初心者が趣味ブログで月10万稼ぐために必要な準備とコツをまとめた。|趣味ぶろ!

プログラマー ブログ アフィリエイト

最近、投稿できない日が出てきました。 やはり、毎日ブログを続けるということは大変なことですね。 話題休閑 今日、MTでまたサイトを立ち上げました(暇があったらPCに向かってしまいます。 時間にして2~3時間くらいで出来ました(大手検索エンジン登録とブログランキング登録作業等を含め)。 一度、自分なりのテンプレートを作っておくと、MTでサイトを立ち上げるという作業は本当にカジュアル(気軽)な作業になってきます。 トップアフィリエイターによると、アフィリエイトで収入を得るためのサイトは1ページだけでもいいとのことです。 1ページ1ページを売れるページにすることが大切とのこと…なるほどなと思います。 そして、この方法論を実行するのに適しているのはやはりMTかなという気がします。 問題はMTを使ってサイトを作成するのは普通かなり敷居が高いということでしょう。 本当かどうかは分かりませんが、月に百万単位で稼いでいるアフィリエイターは1日1サイト作成しているとのこと。 でも自分なりのMTのテンプレートさえあれば、別に結果が出る出ないを抜きにすれば、1日に1サイト作成するということ自体は、働きながらでも不可能なことではありません(1日2~3時間程度の時間さえ確保できるのなら)。 …と思っていたら、ちょうどメルマガで「MTのデザインテンプレート集を。。。 !」などという特集記事があったので早速そのテンプレート集を出しているサイトを覗いてみました。 …確かにそのテンプレートはプロが作成したデザインということで洒落ているし、アフィリエイトサイト作成に特化しSEO対策もされているとのふれこみ。。。 うん、うん、なかなかいいなと思っていると、…値段設定が…年間会員で特別価格(?)として28,000円!!!……個人で購入するにはちょっと高いかなという感じでした。 デザインされた自分なりのテンプレートを一度作っておけば便利なのは確か。 でも…28,000円という値段設定が妥当なのかどうかは分かりません。 私自身は というHTMLテンプレートを出しているアレンジネットのアフィプレート・ブログを時折使っています(デザインに変化を持たせるために)。 アフィプレートの値段は確か7~8,000円でした(これは、通常のホームページ用ですがアフィリエイトサイト用のテンプレートとして愛用しています。 テンプレート以外にも付加的なサービスがありますし。 MTは工夫次第では強力なツールになります。 ポイントは自分なりのテンプレートを何らかの方法で(自分の力で出来る人は自力で、そうでない人は市販のテンプレートを使うなりして)確保できるかどうかだと思います。 …こんなことを考えていると、MTの使い方にターゲットを絞ったビジネスというのも成り立つのかなという気がしてきました。 【アフィプレート】の導入事例として紹介されました。 アフィプレートとは、アフィリエイトサイトを作成するための HTMLテンプレートのことで、アレンジネットという会社が有料で提供しています。 子供の頃から賞というものに縁がなかった私としては単純に嬉しかったです。 私は、この アフィプレートとトラフィックゲートのCSV ファイル形式の商品データとの組み合わせにプログラミングを加えて巨大アフィリエイトサイトを作ってみたのですが、今思うと、90%趣味の世界でした。 Google のインデックスに登録されるのに月単位で時間がかかるのですから。 やっと、このサイトも少しずつGoogleの インデックスに登録されているようです。 ブログの世界と異なり、HP の世界ではとにかく気長に待つことが必要なようです。 それと、これは私の個人的な感想なのですが、Google の検索アルゴリズムは、YAHOO や MSN に比べて複雑というか癖があるような気がします。 YAHOO や MSN の検索エンジンでは比較的素直に、そして早くデータベースに登録されるのですが、Google ではそうはいきません。 単に相性が悪いだけなのかもしれませんが、Google サイトマップを頻繁に再送信すると、かえって インデックス化が遅れるような気がしてなりません。 サイトマップを再送信するたびに、インデックスに登録されたページが増減を繰り返しているようなのです(例えば、40ページほど登録されていたのが、突然数ページだけになるとか)。 Google サイトマップ自体が発展途上にあるので、明確な基準が分かりづらいというのが一番イヤですね。 二日酔いで出勤と思ったら、いきなり山口県まで出張ということで、昨日(今日?)は帰りが午前様になりました。 おかげで昨日もまたブログをかけませんでした。 さんから、【無料】アフィリページ自動生成ツール には色々と批判がある旨、しかし、要は使う側のモラルの問題ではないかという旨のコメントを頂きました。 今日はこの点に関する私なりの考えをまとめてみたいと思います。 確かに、このツールには怪しい雰囲気はあります。 しかし、結論から言うと決して変なツールではないと思います。 アフィリページ自動生成ツール の持つ二つの機能のうち、ページ自動生成機能は、恐らく Web サービスを利用しているもので、技術的には大変興味深いものです。 これと似た有名なツールに、「Amazon Search」がありますが、このツールも Amazon の Web サービスを利用して、物販用のアフィリページの一部を自動生成するものです。 また、もう一つの機能=被リンク数を増やす=自動相互リンク機能についても、これは、例えば、相互リンクの仲介サービスとして有名な「かんたん相互リンク」などのシステムをさらに自動化したものと見ることができます。 また、先にふれた「Amazon Search」との関連で言えば、「Amazon Search」では、このツールを使って ページを作成すると、自動的に作者様のサイトへのリンクが貼られることになります。 つまり、「Amazon Search」を無料で使わせて頂くかわりに、その作者のサイトへの被リンク数が増えることになるというわけです。 これに対して、「アフィリページ自動生成ツール」では、作者様のサイトへのリンクの代わりに、このツールを利用しているサイト同士でリンクが貼られるような仕組みにしているというだけの違いです。 追記: このツールを実際に使ってアフィリページを自動生成することは簡単にできたのですが、何故か被リンク数を増やすための手続が何回やっても上手くいきませんでした。 同じ現象で悩んでいる人は(あまりいないと思いますが)、 を参考にして下さい。 今、確かに投稿したはずなのに、記事が消えてしまいました。 こういうときはがっくりときます。 ところで、 の仕組みが分かってきました。 先にこのブログで書いたように、このツールのアフィリエイトページ 自動生成機能は結構使えると思います。 ただ、私がよく分からなかったのは、このツールのもう一つの機能である「鬼のように」 被リンク数を増やせる=SEO 上の効果がある=アクセスアップを図れる機能です。 私は MT を使用していたので最初は気がつかなかったのですが、生成されたソースをよく眺めてみると、ページ下部に同じくこのツールを使って自動生成したであろう、どこかの誰かのアフィリエイトページのリンクが貼られていました。 つまり、このツールはアフィリエイトページを自動生成しているだけではなく、 相互リンクもまた自動的に生成しているわけです。 相互リンクについては、今までも相互リンクを仲介するような Web 上のサービス・仕組みはありましたが、こうした形でランダムに相互リンクを生成していく仕組みというのはこのツールが初めてなのではないでしょうか。 この仕組みを最初に考案した人は凄いなと思いました。 仮に私がこのツールを思いついたとしても恐らく Web ページを自動生成できた段階で大満足して終わっていたでしょう(誰も見てくれなかったら意味はないのに…)。 このツールに関しては、使用上の制約・注意事項等もあるので、以下のページにレジメとしてまとめておきました。 今度は、記事をコピーしてから登録します。 お休みなさい。 ネットで検索すると、 というツールを提供しているサイトを偶然見つけることができました。 サイトには、「これはまさに【夢のようなツール】です(笑)」とか「あなたのブログの被リンク数がほったらかしで鬼のように増える……かも 笑 」、「こんなツールを無料で提供していいのか」といった刺激的なセールスフレーズが並んでいます。 ものは試しと同サイトにて登録し、早速使ってみましたが……すごかったです。 本当に驚きました。 こんなツールがあるのかという感じでした。 実際に作成してみたページは、 です。 このページは Amazon のトップセラー(和書)10冊分の記事がまとめてありますが、100冊であっても簡単に作成できるし(慣れれば、数分もかからないくらいでは)、さらに個別エントリーもちゃんと作成されています。 これは一例で、キーワード検索からページを自動生成することもでき、色々な使い道があるようです。 本当に驚きました。 技術的には恐らく Webサービス を利用しているのだと思います。 各種ブログに対応しているので、是非導入してみてはいかがですか。 今年になって新しく始まったサービスのようですが、ある程度の人数になれば、登録できなくなる可能性もあると思います。 とりあえず登録しておくだけでもいいかと思います。 具体的な使用法、使用結果、感想等について、近いうちに Web 化して整理していきます。 一応 MT をメディアとするアフィリエイト情報の発信体制が整ったので、今日も、楽天広場に日記を投稿するような感覚で、アフィリエイト用のページを作っていきました。 ・ ・ ・ このうち、「無印良品 新生活2006」と「ダイエット」は、トラフィックゲート(ASP)の HTMLテンプレートをそっくりそのまま投稿しただけのもので、ものの数分で作業は終わりです。 トラフィックゲートでは、EC サイト毎、またはテーマ毎(例えば、ダイエット)のアフィリエイト用のページ丸ごとの HTMLソース を配布してくれています。 私は、モノのデザイン(プロダクトデザイン)が好きなので、結構楽しみながら作業ができます。 コンテンツの管理は、MT にまかせっきりで、自分はコンテンツの中身に専念できます。 うーん、やはり ブログのコンテンツ管理システム(CMS)は便利ですね。 このところ、MT にはまっています。 MT で何ができるのだろう、どこまでできるのだろう、ということばかり考えています。 その一つの試みとして、MT を使って簡単にアフィリエイトサイトを作成できるかということに今チャレンジしています。 例えば、ASP の中には、1 ページ丸ごとの HTMLテンプレートを提供してくれているところもあります。 こうした HTMLテンプレート を使えば、そのソースをそっくりそのままコピーするだけでプロが作成したようなページが仕上がります。 問題は、そのページを発信できるメディアをどうするかですが、私はこれに MT を利用してみました。 やり方は単純で ASP が提供している HTML ソース丸ごとをそのまま投稿するだけです。 その実験結果が次のページです。 やったー。 「HTMLテンプレート+CSVファイルのダウンロードサービス+プログラミング=アフィリエイトサイト自動生成」に成功しました。 大筋は大体出来ていたのですが、本日微調整が完了。 プログラマー畑でデザインに自信のない私は、以前より HTMLテンプレートなるものに関心がありました。 それなりにデザインされたページを誰かが用意してくれたら、例えば、ASPのトラフィックゲートなどは商品データが入ったCSVファイルを提供してくれているので、後はプログラミングで自動的に Webページを生成できるのではないかと考えていたからです。 たまたま、ネットサーフィンしていたら、有料ですが、アフィプレートなるHTMLテンプレートを見つけ、早速購入した上、プログラム作成に取り組んでみました(今の仕事にも必ず役立つと自分に言い聞かせ、半分以上は趣味でしました)。 何度か手直しをしましたが、約10分ほどで1000ページほどのサイトが自動生成されたときは本当に嬉しかったです。 その間の事情はまだホームページ上で整理し切れていないのですが、関心のある方は、 を是非ご参照下さいませ。

次の

プロフィール

プログラマー ブログ アフィリエイト

まさに私「プログラミングできないプログラマー SE 」でした。 私の配属された部署は、IT企業なのにプログラミングを使わない部署だったんですね。 メイン業務をやるにはプログラミングができなくてもギリギリセーフだったんですが、別案件が入ってくると詰みます。 サブ業務がゴリゴリにプログラミング知識が必要で、しかも自分の触ったことのないコードを読むという無理ゲー。 サブ業務が来るたび に「ああ、またコードが読めないや…。 辞めたい…。 」となるわけです。 「定時の日」であっても定時で帰る人はほぼおらず、平気で22時~23時まで残る人が多数います。 しかも、案件によっては 休日出勤も多々あります。。 私自身、プログラマー時代は毎月2回程度休日出勤していました。 プライベートが侵食されるのでスーパーストレスフルでしたね。 特に納期間際や障害発生時は悲惨な状態。 上司に報告しようにも、話しかけるタイミングが不明でゲームオーバーということがしばしば。 頑張ってそのエラーに対処しても、今度が別の場所でエラーに…。 システム担当が変わって引き継いだ直後なんて悲惨です。 そのシステムについて何も分かっていないのに障害が起きると、手の打ちようがなくゲームオーバーです。 プログラムの構造、データベースの作り、設計書、バッチファイル…。 ありとあらゆる関連情報が必要で、分からなさ過ぎて終わります。 この時点で残業確定ですから。 特にIT業界は流れが速く、やっとの思いでマスターしたのに「もう使いませーん」というのは当たり前。 業務量も多いので色んな仕事が降ってきますが、仕事によってシステムの作りや使用言語が異なることも多く、覚えても覚えても追いつきません…。 このスピード感とボリュームに耐えられないと相当苦しいと思います。 プログラマーが向いていない人の特徴 このように、プログラマー SE はかなりハードで、生半可な気持ちで挑むと筆者みたいに撃沈します。 「こんな人はプログラマー SE にならない方が良い」という人もいます。 例えばこんな人です。 仕事外では絶対勉強したくない、という人• エラーに向き合う根気がない人• 相談できる環境にない人• 明確な目標がない人 仕事外では絶対勉強したくない、という人 なんで仕事外でも仕事のこと勉強しなくちゃいけないんだよ! という人は、絶対にプログラマーは避けるべきです。 筆者はまさにこのタイプで、業務外で勉強をしなかった結果、見事に社内でお荷物扱いになりました。 自己研鑽ができる人じゃないとプログラマーは無理です。 エラーに向き合う根気がない人 プログラミング=エラーと言っても過言じゃないほど、頻繁にエラーが起きます。 度重なるエラーに根気よく立ち向かい、システム完成の喜びを味わえる人じゃないと厳しいです。 コードは合っているのに動かない…なんてこともあり、結構詰みます。 (その場合は環境設定に問題がある場合が多いですが。 ) 相談できる環境にない人 プログラムについて相談できる人がいない、相談できる環境がないと厳しいです。 特に初心者の頃は分からないことだらけで、何から手を付けたらいいのかも分かりません。 そんな時に誰にも相談できないと、進め方も不明ですし解決の糸口も見えません。 明確な目標がない人 プログラミングを習得する上で一番大切なのが目標です。 私現役プログラマー SE なんだけど、向いてないし辞めたいです。 プログラマーを辞めたいと思ったら、辞めた方が良いです。 筆者も「辞めたい」と思いながら続けていましたが、悪いことしか起きなかったです。 怒られる回数が増える• できない自分に嫌気がさす• 毎日暗い気分になる• うつ病・適応障害 あなたにはこんな危険なルートは歩んでほしくありません。 だから、辞めたいなら辞めちゃいましょう。 続けていても上達しない 「辞めたい」と嫌々続けていても決して上達しません。 辞めたいと思っている時点で学ぶ意欲は消えているので、たとえ教えられたとしても9割頭から抜けていきます。 何回言われてもできるようにならず、ただただ怒られる回数が増えるだけ。 そのうち「こいつは無能だ」と思われて、振られる仕事のレベルも落ちていきます(体験談)。 早めに転職した方が自分のため そんな状態になるくらいなら、はやめに転職した方が自分のためです。 心身をすり減らすだけで良いことは1つもありません。 早く転職してストレスから解放されるべきです。 放置していると本当に病気になりますから。 職業はいっぱいある 人気の転職エージェント• マイナビエージェント vc• ゲキサポ a8 今すぐには辞めないという場合でも、相談・情報収集のツールとして登録しておくと便利ですよ。 まとめ:プログラマーを辞めても全く問題なく生きていける プログラマーを続けるのがつらいなら、辞めちゃっても大丈夫です。 世の中にはたくさんの仕事があるので、辞めても問題なく生きていけます。 転職が不安なら転職エージェントに相談すればOK。 辛い日々を過ごすよりも、思い切って解放された方が心身共に健康でいられます。 自分で自分を潰してしまう前に、動きましょう。 なお、会社を辞めたいと決意したら、以下の記事も読んでおくと退職~転職の流れが分かってスムーズに行動できます。 ぜひあわせてご覧ください。 関連記事:.

次の