グリーンアテンダント 転職。 キャビンアテンダントの給料・年収

【2019年最新版】グリーンアテンダントは本当に激務?気になる倍率や採用試験について徹底解説!│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

グリーンアテンダント 転職

キャビンアテンダントの平均年収・給料の統計データ キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)は、かつては高収入と言われた職業ですが、 航空業界の競争激化により、給与水準は高いとはいえない状況になっています。 新卒で採用試験に合格しても、契約社員からのスタートとなる もあります。 その場合、給料は時給制になることが多いでしょう。 ただし、ANAやJALといった大手航空会社においては新卒採用を正規雇用するケースが増え、待遇の改善が期待されています。 キャビンアテンダントの平均年収・月収・ボーナス 賃金構造基本統計調査 厚生労働省の令和元年度賃金構造基本統計調査によると、 キャビンアテンダントの平均年収は、32歳で496万円ほどとなっています。 また、 月額給与は約34万円、年間のボーナスは約87万円です。 ・平均年齢:32歳 ・勤続年数:8. これは、全体として男性よりも女性のキャビンアテンダントのほうが圧倒的に多く、キャリアを重ねて昇給・昇進していくのも女性が中心であるためです。 各社の統計データ 職業・出典 平均年収 年収詳細 キャビンアテンダント 434万円 31歳530万円 29歳477万円 24歳293万円 キャビンアテンダント 490〜645万円 20代の給料:29万円 30代の給料:33万円 40代の給料:43万円 初任給:20~万円 客室乗務員 389万円 時給 1,283円 月給 20. 6万円 各社のデータより、キャビンアテンダントの年収は400〜650万円の間となる実態が見えてきます。 一方で、時給制の契約社員の場合は待遇面で良いとは言えない場合があり、正社員と比べると年収も低めになる傾向があることが分かります。 キャビンアテンダントの手取りの平均月収・年収・ボーナスは 各社の統計データをもとに算出すると、 キャビンアテンダントの平均年収は460万円前後です。 厚生労働省の統計調査によると、ボーナスが年間でおよそ3ヶ月とであることから、 月額総支給額は31万円、ボーナスは年間90万円ほど支給されていると考えられます。 東京都で勤務するキャビンアテンダントで、独身の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は25〜26万円ほどが見込まれます。 現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は高めです。 近年、キャビンアテンダントの待遇は改善傾向にあることが、こうした実態から垣間見えているといえるでしょう。 キャビンアテンダントの初任給はどれくらい? 初任給に関しては、 ANA(新卒)の場合は188,221円、試用期間中は157,402円(別途諸手当あり)。 地上勤務をする時間は「乗務」にならないため、この手当は支給されません。 LCC(格安航空会社)など契約社員として採用する航空会社では、初年度の年収が200万円台の人もいるようです。 20代のうちは年収300万円ほどですが、40代後半では800万円ほどです。 ただし、40代以降の年収がそれ以下と比較してかなり高いのは、過去の給与体系の名残りとも考えられるため、今後も同様に給与額が伸びていくとは限りません。 令和元年 キャビンアテンダントの年収(規模別) キャビンアテンダントの年収は、勤務先の企業の規模が大きいとやや高くなる傾向にあります。 100人〜999人規模の事業所に勤務するキャビンアテンダントの平均年収は388万円、1 000人以上規模は597万円、10人以上規模平均は496万円です。 キャビンアテンダントの福利厚生の特徴は?• 各種社会保険• 有給休暇• 懐妊・育児休職制度• 各種休職・休暇制度 などがあります。 契約社員でもこれらの制度は利用できる場合がほとんどです。 女性が中心の職場であることから、 女性が働きやすい制度を整えることが重視される傾向があります。 ただし、職務の性質上、時短勤務などの勤務体系は実現しづらいでしょう。 代わって、国内線中心のフライトに変更するなど、働きやすさを考慮した制度も導入されています。 キャビンアテンダントの給料・年収の特徴 キャビンアテンダントの給料は、 年々減り続けているといわれています。 たしかに、平成30年の平均年収は614万円程度。 平成13年には679万円だったことを考えると、かなりダウンしていることになります。 近年はローコストの航空会社(LCC)が増え、経費削減の流れが加速しています。 正社員になっても各航空会社の経営状況が厳しいのは変わらず、この先も急激に年収が増えることを期待するのは難しいといえるでしょう。 しかし、近年ではJALの業績が回復し、ボーナスが復活するなど明るいニュースも聞かれます。 また、国際線であれば、仕事でさまざまな国に行くことができるなど、給与以外の面でキャビンアテンダントならではの恩恵を受けることもできます。 採用後、数年間は正社員? 契約社員? キャビンアテンダントの雇用形態については、新卒から数年間は契約社員となることが前提だった時代があるため、現在もなお「新卒採用後、数年間は契約社員」といった情報を見かけることがあります。 しかし、2014年にANAが新卒の正社員採用を開始したことを皮切りに、JALやスターフライヤーといった航空会社が相次いで正社員化に踏み切りました。 現在でも、LCCなど一部の航空会社では契約社員からスタートの場合がありますが、 「キャビンアテンダントは契約社員からキャリアをスタート」というかつての業界の常識は崩れつつあるといえるでしょう。 国際線と国内線で給料や手当などの待遇に差がある? 国際線は国内線と比べてフライトが長時間にわたる傾向があるため、勤務時間が長くなりやすいのが特徴です。 そのため、 乗務手当が支給される時間が国内線よりも長くなりがちなことから、その分が給料に反映されるケースはあります。 また、国際線の場合は3日・4日といったロングフライトが必要になることもあります。 こうした勤務のあとには最短でも2日以上の連休を取得する制度があるなど、国際線ならではの労働条件が整備されています。 キャビンアテンダントの代表的な企業の年収 会社名 平均年収 平均年齢 日本航空(JAL) 827万円 39. 9歳 ANAホールディングス 776万円 45. 5歳 スターフライヤー 600万円 37. 7歳 出典:2019年現在(各社有価証券報告書より) 日本航空(JAL)の平均年収 JALの平均年収は827万円です。 大手航空会社の中でも人気があり、新卒採用での競争率も高くなる航空会社です。 ANA(全日本空輸)の平均年収 ANAホールディングスの平均年収は776万円です。 ただし、持株会社のためあくまでも参考値となります。 正社員前提でのキャビンアテンダント新卒採用を業界に先駆けてスタートさせるなど、女性の働きやすさに配慮する航空会社として知られています。 スターフライヤーの平均年収 スターフライヤーの平均年収は600万円です。 福岡に本社を置く航空会社で、北九州空港を本拠地としています。 JALやANAと比べると小規模ですが、独自のサービスによる高い顧客満足度で知られ、新卒採用においても人気企業のひとつとなっています。 キャビンアテンダントが収入を上げるためには? キャビンアテンダントは、かつては採用条件として身長が一定以上の高さであることなどの要件が入っていた時代もありましたが、現在では能力を公平に評価する仕組みが整えられています。 キャビンアテンダントが収入を上げるためには、大きくわけて「キャリアアップ」と「転職」の2通りの方法があります。 キャリアアップによる収入アップ 社内での勤務経験を積むことで、国内線乗務から国際線乗務、さらにファーストクラスの担当を目指します。 また、「リードキャビンアテンダント」「チーフキャビンアテンダント」といったキャリアを経て、将来的に管理職を目指す方法もあります。 役職に就けば役職手当がつきますので、年収アップに着実につながるルートといえます。 転職による収入アップ 現在の勤務先と比べて さらに待遇のよい航空会社へ移る方法が考えられます。 近年、各航空会社は発着回数を増やすことで顧客の利便性を高めるなどの試みをしていることから、キャビンアテンダントは人手不足の傾向があります。 そのため、新卒採用だけでなく中途採用も積極的に行う航空会社が増えているのです。

次の

JRのグリーンアテンダントに興味があるのですが泊まり勤務が多いと聞きまし...

グリーンアテンダント 転職

通勤や観光のお客さま、 それぞれに心地よいサービスをつくり出す。 自分のアイデアが活かせる仕事です 高校時代から憧れていた職種 グリーンアテンダントは、JR東日本の普通列車のグリーン車内で、改札や車内販売などを行う仕事です。 転職して5年。 これまでで一番長い仕事になりました。 実は高校時代から憧れていたのですが、当時は求人がなく、卒業後はバスガイドに。 でもバス酔いに悩まされ、半年で退職しました。 次は事務職にしようと、小児病院の医療事務に転職しましたが、病気と闘う子どもたちを見るのが辛くて1年で退職…。 この経験で、やはり私はお客さまの笑顔が見られる接客が好きだと再確認したんです。 グリーンアテンダントの募集を見つけたのは、そんなときでした。 次は接客を楽しみたい。 でも、私にできるだろうか。 1カ月の研修を終え、ドキドキして初日を迎えたら、何とその日、近くの私鉄で事故があり、振替輸送のお客さまで車内が大混雑。 改札も回りきれず、何とか乗務を終えた後に泣きました、初日から(笑)。 その後も、列車の遅延などでお客さまの苦情を受けるたびに落ち込んで、先輩に「辞めたい」と。 そうもらしたら、「辞めるのは、自分の仕事に満足できたとき。 それが一番だよ」と。 その言葉にハッとしたんです。 バスガイドも医療事務も、やり遂げたとは言えない。 今度は納得いくまで続けようと。 それに先輩たちも同じ体験をしているので、「わかるよ」と励ましてくれるんです。 だから今日まで来られたのだと思います。 工夫次第で車内販売の売り上げがアップ この仕事は奥が深くて、どんどん面白くなる。 続けたからこそわかったことが、たくさんあります。 通勤でよく利用するお客さまが「山中さん、いつもありがとう」と名前で呼んでくださったり、観光帰りのお客さまから旅の思い出話を聞いたり。 そんなお客さまとのやりとりもうれしいですし、車内販売の工夫を考えるのも楽しいです。 朝はコーヒーとパン、夜はビールとおつまみ、週末はお土産品を中心に。 そうして売り上げが伸びると、やりがいを感じます。 最初のころは改札と車内販売で精一杯でしたが、今は少し余裕ができて、いろいろなことに目が向くようになってきました。 グリーン車のお客さまに快適な時間を過ごしていただくことが、グリーンアテンダントの役目。 そう考えると、例えば小さなゴミも気になって、やることが本当にたくさんあって忙しい。 それが楽しいんです。 お客さまだけでなく、後輩たちが働きやすい雰囲気をつくることも、大事にしていることの一つ。 私も先輩に本当に助けられたので、何でも相談してもらえるような存在でいたいと思います。 いつも胸にあるのは、先輩の「辞めるのは自分が満足したとき」という言葉。 後輩にも、そのまま真似して使っているんです(笑)。 ある1日の流れ 9:30 出勤、乗務準備 身だしなみをチェックし、乗車前点呼。 その日乗務する列車4〜6本の行路を読み上げて確認する。 次に菓子パンなどの車内販売商品をキャリーバッグにセット。 曜日や時間帯、気温などを考え、品揃えを工夫する。 10:00 乗車 お客さまのグリーン券を確認し、車内販売を行う。 グリーン車は2階建て車両のため、カートではなく専用のバスケットを使用。 12:00 降車、ランチ 乗務の合間に、沿線の駅構内にあるグリーンアテンダントセンターで昼食。 13:00 乗車 乗り換えや運行状況などの質問にもすぐに答えられるよう、近隣の私鉄も含め、遅延などがないか常に交通情報を確認する。 17:45 降車 車内販売の売り上げを確認して納金。 乗務中の出来事などを報告し、次回の出勤時間を確認。 18:20 勤務終了.

次の

株式会社日本レストランエンタプライズの評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (5226)

グリーンアテンダント 転職

グリーンアテンダントとは? 出典: グリーンアテンダントとは、JR東日本の普通列車に設置されているグリーン車で車内販売などのサービスを行なう仕事です。 グリーンアテンダントは新幹線の勤務もある? 普通列車のグリーン車に乗務する 東京や新宿などを発着するJR東日本の普通列車(湘南新宿ライン・宇都宮線・横須賀線・東海道線・総武快速線・上野東京ライン・常盤線・高崎線)の車両にはグリーン車があります。 グリーン車は、追加料金を支払うことで乗車でき、通常の車両よりもシートが広く快適に過ごせるようになっています。 グリーンアテンダントとは、 このグリーン車で車内販売や車内改札、乗客への運行状況・乗り換えの案内などのサービスを行なう仕事です。 東京や新宿、上野や千葉など首都圏の9つの駅にグリーンアテンダントセンターと呼ばれる拠点が設置されており、それぞれいずれかのグリーンアテンダントセンターに配属されて業務につきます。 なお、新幹線のグリーン車でサービスを行なう仕事は新幹線パーサー、新幹線のグリーン車よりも上クラスの車両でサービスを行なう仕事はグランクラスアテンダントと呼ばれそれぞれグリーンアテンダントとは別の仕事をこなしています。 車内販売 普通列車のグリーン車は二階建てになっているので、グリーンアテンダントが車内販売の商品を入れて運ぶのはカートではなく手持ちのバスケットです。 車内販売の商品は、朝はコーヒーと軽食、夜はお酒とおつまみ、休日はお土産物というように時間帯によって変わります。 グリーンアテンダントは乗客が声をかけやすいように歩く速さを調節するなどの工夫をしています。 車内改札 グリーン車に乗るためには、乗車券や定期券のほかに普通列車グリーン券を買う必要があります。 このグリーン券をあらかじめSuicaで購入した乗客は、座席上部の読み取り機械にSuicaをタッチすれば車内改札を省略できます。 グリーンアテンダントはそれ以外の乗客に、グリーン券を乗客が持っていることを確認し、持っていない乗客には車内料金を支払ってもらいます。 日勤務と泊勤務 グリーンアテンダントの勤務には日勤務と泊勤務があります。 日勤務の場合は、朝、所属先のグリーンアテンダントセンターに出勤し、その駅からいくつかの電車で乗務を担当して所属先の駅に戻り退勤します。 泊勤務の場合は、朝に所属先の駅を出発して複数の車両で夜まで業務にあたった後、所属先の駅に帰らずに会社が用意する宿泊施設に泊まります。 そして、その翌朝も複数の電車で業務を担当しながら所属先の駅に帰り、退勤するという一泊二日の出勤システムです。 泊勤務は体力的にきついこともありますが、泊勤務の後は二日間休みになるので有給と合わせればまとまった休みが取れるというメリットもあります。 気になる給料や年収はどのくらい? グリーンアテンダントの基本給は、最終学歴によって異なります。 大学院卒で204,500円、大学卒で200,500円、専門短大卒で196,500円、そして高卒で190,500円です。 これに一律6,000円の手当がつき、さらに乗務した日につき1日あたり1,500円の手当が支給されます。 このほか、深夜や年末年始の出勤などにも手当がつくので実際の手取りは基本給よりも多くなると考えておいていいでしょう。 また、経験を積んでリーダーやサブリーダーなどの役職につけばその分の手当もあり昇給が望めます。 グリーンアテンダントになるにはどうすればいい? グリーンアテンダントの雇用について グリーンアテンダントは、JR東日本サービスクリエーションが採用しています。 そのため、グリーンアテンダントになりたい場合は、JR東日本サービスクリエーションのアテンダントから応募してください。 また、以前は基本的に契約社員としての雇用でしたが、2016年の4月から原則正社員雇用となりました。 この正社員化によりグリーンアテンダントの長期雇用が保証され、待遇は良くなったと言えるでしょう。 グリーンアテンダントには採用試験があった! グリーンアテンダントに応募すると、三段階の選考が行われます。 一次選考の書類選考を通過した応募者は、二次選考・三次選考の試験を受け、合格すれば採用です。 試験内容 二次選考の試験内容は作文とグループ面接です。 二次選考に合格すると三次選考の面接を受けることになります。 二次選考の作文では、「理想とする車内サービス」「どのようなグリーンアテンダントになりたいか」などのお題が出されるようです。 車内サービスのことや自分がグリーンアテンダントとしてどのように頑張りたいかについて、前もって文章にしておくと本番で焦らずにすむでしょう。 また、面接やグループ面接の内容は定かではありませんが、グリーンアテンダントという仕事や志望理由などについて考えをまとめておくといいでしょう。 採用後には研修がある グリーンアテンダントとして採用されると、まずは約一ヶ月間の新人研修を受けることになります。 この研修は三段階に分かれています。 集合研修 まず初めの集合研修は、同時期に採用された人と一緒に、約1週間研修をします。 集合研修では、グリーンアテンダントとしての心構えや見だしなみ、言葉遣いなどの接客の基本や業務上必要になる知識などを学びます。 集合研修の講師は、グリーンアテンダントとして勤務した後に、本社やグリーンアテンダントセンターに配属された社員です。 また、この研修では護身術も習います。 配属先研修 集団研修を終えると、次は自分の配属されたグリーンアテンダントセンターで配属先研修を受けます。 配属先研修も約1週間で行なわれ、内容はグリーンアテンダントとしてのメイクの講習や担当する路線、設備の見学などがあります。 また、いろいろな乗客への対応の仕方をロールプレイ形式で何度も練習する講座もあるようです。 OJT 配属先研修が終わったら、いよいよ実際にグリーン車に乗務してOJTと呼ばれる2週間の研修を受けます。 OJTとは「On-the-Job Training」の略で、先輩グリーンアテンダントの仕事を見習って業務を行ないます。 泊勤務なども体験して、一人で仕事ができるように経験を積むのです。 新人研修後の研修 新人研修を受け終え、一人で業務を行うようになってからも、定例勉強会やブラッシュアップ研修などスキルを磨く機会が多くあります。 常により良いサービスを提供できるよう勉強を続けることが大切です。 グリーンアテンダントのやりがいと苦労 グリーンアテンダントのやりがい グリーンアテンダントが乗務する普通車のグリーン車には、通勤・通学から旅行までさまざまな目的で利用する人がいるため、たくさんの乗客と接する機会があります。 浮かない顔をしている乗客に対して笑顔で接客することで元気になってくれたり、以前接客した乗客が顔や名前を覚えてくれていたり、子どもが自分の接客する姿に憧れてグリーンアテンダントを目指してくれたりと、とてもやりがいを感じる仕事です。 また、セールストークや歩く速さなど、細かい部分まで工夫することで車内販売の売り上げが伸びることもあり、自分が努力した結果が目に見える形で返ってくるでしょう。 乗客の中には、鉄道ファンだけでなくグリーン車そのものが好きな人や、グリーンアテンダントのファンになる人もいます。 自分の接客次第でファンが増えることもモチベーションにつながるでしょう。 グリーンアテンダントは、常により質の高いサービスを追求し続けることのできるとても奥の深い仕事と言えます。 採用特典として、JR東日本グループの宿泊・レジャー施設を安くで利用でき、さまざまな関連商品を割引価格で購入できるようになるというメリットもあります。 グリーンアテンダントは激務で苦労する? グリーンアテンダントは、シフト制・交番制での勤務です。 勤務時間は1日あたり7時間40分で、年間1,955時間と定められています。 乗務の合間に昼食をとる時間や休憩時間はきちんと設定されています。 しかし、泊勤務がランダムに入るほか、深夜や早朝の出勤もあるため、かなり不規則な生活をすることになるでしょう。 また、揺れる車内を移動しながら車内販売を行なうことになり、立ち仕事でもあるので体力が必要な仕事です。 グリーンアテンダント暴行事件について グリーン車は早朝から深夜まで、さまざまな乗客が利用する車両です。 そのため、中には泥酔して暴れる乗客やグリーンアテンダントに無茶を言ったり、横柄な態度をとったりする乗客もいます。 2008年に、早朝のグリーン車でグリーンアテンダントをトイレに引き込み乱暴した男性が逮捕されるという事件が起き、問題になりました。 警察の調べでは、早朝のグリーン車は他の乗客が少なく、人目につきにくいため狙われたということです。 この後、JR東日本は乗務するグリーンアテンダントを二人体制にし、警備を強化するなどの対策を講じました。 対応の難しい乗客にも、変わらず接客をしなければならないという苦労は常にあります。 グリーンアテンダントに向いているのはこんな人! グリーンアテンダントの仕事に求められるのは、何よりもまず笑顔を絶やさず丁寧に接客することです。 また、常により質の高いサービスを提供するためにはどうすれば良いか考え、試行錯誤を続ける向上心のある方に向いています。 そのほか、業務を円滑に遂行する能力やリーダーシップ、電車の遅延などのトラブルにも臨機応変に対応する能力も必要です。 グリーンアテンダントは乗客に笑顔を届ける素敵な仕事 グリーンアテンダントは、丁寧な接客でグリーン車の乗客に笑顔を届ける素敵な仕事です。 不規則な勤務時間や立ち仕事など苦労することも多いですが、たくさんの乗客と接することができる奥深い仕事なので、ホスピタリティがあり接客が好きな女性にはぴったりと言えるでしょう。 正社員化によって以前より安定した生活が保証されているので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。 参考サイト.

次の