てん くら 燕岳。 山の天気予報 Mountain forecast 日本語リンク

燕山荘スタッフブログ

てん くら 燕岳

ご宿泊のお客様は早くから外に出て見えました。 日中は予想以上の天気で、燕岳へ行ったり、蛙岩へ行ったりと梅雨の晴れ間を思う存分楽しんでおられました。 人気のサンルームには外から注文できる外窓口があります。 靴を脱がずに外のベンチで景色と共に楽しむことが出来ます。 この時期、テントを雪の上に張ることにびっくりされるお客様もおられます。 7月だし、街の気温からすれば驚くかもしれませんが、燕山荘ではこのテント場の雪が一番最後まで残ります。 連休に向けて、テント場の除雪も少しづつですが始めました。 テント場以外に燕山荘周りで雪が残っているのは、あとここだけでしょうか。 気のせいか、燕岳に似て見えます。 稲垣 7月7日、七夕の日はたいてい梅雨真っ只中で雨の日になることが多いです。 彦星と織姫を眺めようと思ってもかなわないことの方が多いです。 残念ながら今日はそんな一日になってしまいました。 そんな一日でしたが、今朝はガスが創り出す光景がなんとも不思議で幻想的でした。 今日の日中は濃い霧というか細かい雨が降り続き、歩くと思った以上にびっしょりになってしまいました。 これから夏山シーズンが始まりますが古い雨具をお持ちの方は撥水性が落ちている可能性もありますので防水スプレーなどで手入れをされるといいかもしれません。 ちなみに古い雨具で歩いた僕はたいして強い雨ではなかったのにびっしょりになってしまいました。 終日、濃いガスに包まれ、展望は望めませんでしたがこんな日は花の美しさがより一層引き立ちます。 今日はミヤマクワガタが咲き出しているのを発見しました。 以前よりご要望の多かった燕山荘のステッカーが完成しました。 デザインはイルカ岩をモチーフに、「夕日のらいちょう」Tシャツをデザインして頂いた山本 陽さんです。 残念ながら雨の七夕となってしまいましたが、女性スタッフが小さな七夕飾りを作りました。 お客様にも短冊に願い事を書いて頂きました。 梅雨が明けるまでもう少しですね。 河地 毎年、七夕のころは梅雨末期の大雨と重なり、天気の悪い日が続くものですが、今日はまずまずの天気となりました。 朝、安曇野側にはきれいな雲海が広がっていました。 まだ、数は少ないですが朝、縦走路に目をやると縦走されている方が小さくあちこちに見られるようになってきました。 夏の最盛期ともなれば、その数はもっと多くなるのでしょうが、こうして稜線を歩く姿を見ると夏を感じます。 晴れはしませんでしたが、雨が降ることもなく、ゴールデンウィーク以来の賑わいとなりました。 7月に入って、新しいスタッフが増えたこともあり、この新人スタッフにとっては大変な一日だったかもしれませんが、これからの夏山シーズンに向け、いい経験となったのではないでしょうか。 あと1週間で夏の最盛期が始まります。 残りの日数が少なくなってきましたが、それまでに万全の準備をして、皆様に山を楽しんでいただきたいと思います。 やはりまだ梅雨は開けてないのでしょうか。 すっきりとは晴れません。 午後になって面白いことに山頂の西側半分がガスですっぽりと覆われました。 いつもはほとんど山頂の東側にガスが湧くのですが。 その後、山荘周辺は湿ったガスに包まれ、真っ白になってしまいました。 明日の七夕は天の川を見ることが出来るのでしょうか。 河地 今朝は少しひんやりとした朝を迎えました。 それでも美しい日の出を見ることが出来、この先の天気予報を見ても梅雨明けが近いのかなと感じさせられる天気でした。 今朝はこの時期にしては珍しく、太陽の光が差し、木々の緑がとても美しい朝となりました。 この朝の時間に所用で合戦小屋まで行ったのですが、何度も歩いているこの道が時間帯を変えるだけで全く別の道のように感じられました。 朝早く歩くのは気持ちのいいものですね。 今、小屋周りではミヤマキンバイやハクサンイチゲなど、まだ夏の最初に咲く花が中心ですが、ミヤマキンポウゲやシナノキンバイなどその次に咲き出す花も咲き始めてきました。 こういった花の移り変わりからも季節の進み具合を感じ取ることが出来ます。 今日、山荘直下の夏道を開通させることが出来ました。 ここの開通時期はその年の積雪状況によって変わります。 その夏道では山荘直下に早くもミナヤキンバイのお花畑が形成され始めてきて、登りで疲れた体を癒してくれることでしょう。 この周辺の雪はほぼなくなっていますが、テント場にはこのようにまだたくさんの雪が残っています。 テントを張れるのはこの雪の上だけとなっていますので、それなりの準備をお願いします。 この雪は次の連休でもまだ残っているかもしれません。 明日は天気予報もそれほど悪くないようで、かなりの賑わいが予想されます。 駐車場もおそらく満車となるでしょうし、すれ違い等も多く、通常よりも時間がかかると思われます。 ゆとりのある計画でお越しください。 また、暑くなりそうなので水分補給もですが、塩分の補給も大切となってきます。

次の

九重連山(中岳)の天気

てん くら 燕岳

大天荘は、安曇野市最高峰の大天井岳(おてんしょうだけ・2,922m)頂上まで10分のところに建ち、眼前には槍ヶ岳、穂高連峰をはじめとする大パノラマが広がります。 槍ヶ岳と常念岳の分岐、北アルプス有数のビューポイントにあり、ライチョウを見かける機会も多く、静かでゆったり泊まれる山小屋です。 大天井岳名前の由来 安曇野から見た最高峰が大天井岳です。 高いところには神様がいるという意味で御天所(おてんしょ)。 高いという意味で大天井(おおてんじょう)の二つの意味を持ち、「オテンショウダケ」または「オオテンジョウダケ」どちらでも正しい読み方です。 DATA 所在地 長野県安曇野市 穂高有明中房国有林内 大天井岳 標高2,870m 収容200名 営業期間 新型コロナウイルス感染防止のため、2020年度の営業を以下の様にさせていただきます。 全て税込表記です。 【コロナウイルス感染拡大防止のためのご協力のお願い】• ご予約の際には同伴者の方全てのお名前をご記入願います。 その後の変更については、当日フロントでお申し出願います。 発熱、咳、風邪などの症状がある方は、登山をご遠慮願います。 日頃の疲れや睡眠不足状態で登山した場合(夜行バス等で十分な睡眠が得られないなども含む)に、稜線上で高山症状(吐き気や頭痛等)が現れやすい方は、登山の自粛をして頂くか、十分な睡眠等で体調を万全に整えられた上でお越し願います。 マスク、体温計、布団を使う時のインナーシーツ(キャンプシーツorシュラフカバーorシュラフ等)、アルコールジェル、ジップロック(ゴミ袋用:ご自身のゴミの持ち帰りにご協力ください。 )をご持参願います。 山荘内では、マスクの着用をお願いいたします。 新型コロナウィルス感染症が疑われる場合、山岳地域においては救助要請があっても、通常の救助対応が困難です。 場合によっては、マスク、手袋等の装着を頂いてからの救助となりますので、通常の救助より時間がかかることをご理解願います。 ご予約 WEB宿泊予約、または電話で承っております。 キャンセル WEB宿泊予約の場合 キャンセル・変更は、ログイン画面からご自身でお願い致します。 無連絡でキャンセルの場合、他にご希望の方にご利用頂けなくなりますので、必ずキャンセルの手続きをお願い致します。 電話でご予約の場合 燕山荘松本事務所( TEL 月~金曜日9:00〜17:00)へ、ご連絡をお願い致します。 当日キャンセルの場合 必ず電話でご連絡をお願いいたします。 WEB予約の特典 一週間前に山の状況を、二日前に燕岳周辺天気予報をメールでお送りします。 その他• 折り返しご予約確認メールを送らせていただきますが、携帯メールやYahoo、AOL、hotmail等のフリーメールをご使用の場合は確認メールが届かない場合がありますので、ご注意ください。 最近、届かないメールが沢山見受けられますので、返信メールが届かない場合は、燕山荘松本事務所に電話でお問い合わせください。 カードはご利用いただけません。 予めご了承ください。 団体のお客様 旅行会社様、11名以上の団体のお客様は、以下の団体様用宿泊予約申込書をダウンロードし、メールあるいはFAXにてお送りください。 ご予約内容を確認させていただき、折り返し返信させていただきます。 返信の書面をもってご予約成立とさせていただきます。 2020年度 個室利用料金表 個室は混雑状況により、ご用意できない場合もございます。 詳細はお問い合わせください。 約50張(張り方によります)可能です。 指定地内に協力し合って張ってください。 予約制度はありません。 テント場が一杯になった場合は指定地以外での幕営は認められませんので予めご了承ください。 テント場は特別保護地区ですので整地や水切りは出来ません。 ご注意願います。 野生動物(ライチョウ等)保護のため、ゴミ、生ゴミはお持ち帰りください。 調理後のたれ、汁なども捨てない様ご協力をお願いいたします。 水は大天荘でお求めください。 新型コロナウイルス感染防止対応としまして、密を避けるため大天荘館内のご利用はできません。 (昼食営業時間内(10:30~13:45)に限りご利用いただけますが、混み合う時は人数制限をさせていただきます)• 山荘内での夕食、朝食のご利用は承っておりません。 テントのレンタルはいたしておりません。 トイレは大天荘のトイレをお使いください。 悪天が予想される場合、大天荘テント場は、風雨が強い時の幕営が難しい状況になりますので、テントでのご来荘はお控え願います。 やわらかな灯りの、くつろぎの空間です。 TV、山のビデオ、山の雑誌や本、それに漫画も用意しています。 また、ロビー奥には乾燥室もございます。 雨の日には、どうぞご利用下さい。 携帯電話 携帯電話は、ドコモは受信可能です(天候等の状況により、不安定な場合はあります)。 au、ソフトバンクは場所により受信可能です。 飲料水 大天荘にお泊りの方は、指定の蛇口より無料で給水いただけます。 ただし、大天井岳周辺では、水は大変貴重ですので(水は、はるか400m以上、下方の湧水からポンプアップしています。 )くれぐれも、節水にご協力をお願い致します。 また、売店ではペットボトル入りのミネラルウォーターも販売いたしております。 電気 消灯:お部屋は20:00、1F談話室、食堂は21:00です。 携帯電話、デジカメなどの充電は、お気軽にフロントまでお申し出下さい。 その他 カード決済は行っておりません。 Wi-Fiの環境は整っておりません。 館内は全て禁煙となっております。

次の

【登山コラム】山に特化した天気予報サイトのリンク集

てん くら 燕岳

北海道 百名山• その他• 東北 百名山• その他• 北関東・尾瀬・日光 百名山• その他• 上信越 百名山• その他• 秩父・多摩・南関東 百名山• その他• 北アルプス周辺 百名山• その他• 中央アルプス周辺 百名山• その他• 南アルプス周辺 百名山• その他• 北陸・東海 百名山• その他• 近畿 百名山• その他• 中国・四国 百名山• その他• 九州 百名山• その他•

次の