セルスター csd 790fhg。 気になるデュアル・カメラのドラレコ セルスター「CSD

【楽天市場】セルスター工業 セルスター CSD

セルスター csd 790fhg

セルスターのドラレコ・• 中でも注目すべきが、この CSD-790FHGという機種。 フムフム。 どこがスゴイの?• カンタンに言うと、 リア用ドライブレコーダーとしても最適化されたモデル、ということです。 ほほう。 最近は、ドライブレコーダーを車の進行方向だけでなく、リアに取り付けて、 煽り運転対策で、後方も録画したいというニーズが高まっています。 それに対応するために作った、2カメラモデルなんですねコレ。 普通のやつをリアにも付ければいいって、話じゃなくて?• このCSD-790FHGはね、フロント用カメラを含む本体と、リア用カメラが分離されているのよ。 普通のドライブレコーダーをリアに取り付ける、となると「どうせ液晶画面は見えないから」と液晶画面ナシモデルを付けたりするけれど……• それだと、イザ映像を確認したい時に不便……という話もあったわねぇ。 そうそう。 それでDIYラボ的には、という技を、紹介したりしているのですが……• このリア用カメラ分離型のドラレコなら、問題ないってことか〜。 ついでに言うと、普通のフロント用ドラレコをリアに付けると、映像の左右が逆になってしまいます。 なるほどねェ。 発売は春頃を予定しているそうです。 セルスターのドラレコ・• こっちは、普通のドライブレコーダーになるのね。 そうなんだけど、春にこれが発売されれば、セルスターのフラッグシップモデルとなる機種なので、機能面ではバリバリの最新型ドライブレコーダーです。 最新型のドラレコってどのへんがスゴイの? なんか、ドラレコっていっぱいあって、違いがよくワカラナイ。 まさにいろいろあるけど、トレンドとして注目なのはやっぱり安全運転支援機能らしい。 時代の流れね〜。 たとえば、さっき紹介した2カメラモデルのCSD-790FHGと、フロント用のCSD-750FHGで初搭載されたのが、 高速道路逆走注意エリアのお知らせ機能。 ドラレコがそこまでするのか!• ドラレコに地点情報が登録されていて、今回の2機種はともにGPSを内蔵しているので、そういうことが可能なんだって。 逆走事故はドラレコがなくす。 エライなードラレコは。 それと「前方車両発車」「車線逸脱」「車間距離保持」……このあたりの警告。 これはまあセルスターに限らず、今どきのドライブレコーダーのトレンドなんだけど……• ドラレコも大変ねぇ。 ただ、しかし、この手の機能は、ドライブレコーダー購入時は喜んで選んだものの……• ……ん?• 一般道では、警告がうるさくて仕方ない、というのもよくある話。 ……なるほど。 例えば「一般道を走行中、黄色のセンターラインを逸脱したら警告する」のは当然としても「コーナー内側の白線を踏んだくらいで警告される」と、うっとおしい面もある。 黄色線の実線を踏んだときだけ、警告すればいいのに。 それはできないのよ。 カメラは色を識別できないから、どちらも〈線〉として認識してしまうらしい。 なるほど。 そこでセルスターのドライブレコーダーは、「車線逸脱」と「車間距離保持」への警告だけは、40〜100キロまで10キロ単位で速度設定できるようにしているんだって。 どういうこと?• 100キロ近い速度に設定しておけば、高速道路でしか鳴らないようにできる、ということですね。 いろいろ考えてるなァ。 以上、ドラレコ最新事情を、セルスターブースよりお届けしました。

次の

「CSD

セルスター csd 790fhg

CSD-790FHG 18. なお、リアカメラのCMOSセンサーはの「HD CMOS」と書かれていますね。 初めて耳にするブランドですが、どうやら韓国の会社のようです。 CMOSセンサーの型番までは分かりませんが、Youtubeで同社のCMOSセンサーの動画を探した限り、なかなか画質が良さそうな感触です。 フロントカメラは「CSD-750FHG」がベース 「CSD-790FHG」のフロントカメラ筐体は、先に発売されている「」がベースになっているようで、見た目はほとんど区別がつきません。 レンズもCMOSセンサーも同様かと思いますし、細かい機能の面でも2カメラ対応である点以外は違いが見つけられません。 駐車監視中の解像度も30万画素に落ちる部分も共通ですので、純粋に「CSD-750FHG」の2カメラバージョンと見て良いでしょう。 リアカメラは小型で角度の調整も幅広い この点に関しては現状はともかく、将来的には可能性を感じる部分ではありますが、リアカメラの取り付け位置と角度の調整範囲が広い為、既に取り付けてあるドライブレコーダーを活かしての3カメラ構成などが組み易くなっています。 物凄く極端な組み合わせだと、「CSD-790FHG」を2セット購入してフロント筐体を前後のガラスに設置し、リアカメラを左右のクオーターガラスに設置する方法なども考えられますね。 ただし、リアカメラのダイナミックレンジが広くないと白飛びすると思いますが、場合によっては夜間特化型の4カメラ構成が最安値で組める可能性もあります。 他社の2カメラモデルとの差別化ポイントは3つ 最近は市場に2カメラドラレコが続々と出て来ていますが、「CSD-790FHG」の他社モデルとの差別化ポイントは以下の3点かと思います。 フロントのみだが夜間特化型のCMOSセンサー搭載• タッチパネル液晶で簡単操作が可能• microSDカードのメンテナンスフリーで運用が楽チン 主要な競合モデルは、スマートレコ「WHSR-510」、コムテック「ZDR-015」、パパゴ「GoSafe S36GS1」辺りになって来るでしょう。 この4モデルは似ているようで意外と特性が異なるので、走行中の証拠能力・駐車監視の利便性・駐車監視の証拠能力・全体的な運用面での親切さなど、何を優先したいのかを良く考えてから購入した方が良さそうです。 セット内容とデザイン 「CSD-790FHG」のセット内容は以下の通りです。 液晶は2. 4インチとドライブレコーダー全般の中ではやや大き目ではありますが、最近の2カメラモデルはWiFi対応か大型液晶を売りにしているものが増えており、3. 5インチモデルなどと比べるとかなり小さく感じます。 ボタンがちっこくて押しにくいかも…。 また、タッチパネルについては感圧式の為、ボタンが小さい事も相まって操作性は思ったほど良くはありませんでした。 しかも、個体の問題なのか分からないですが、マウントのボールジョイントの部分を奥までしっかり閉めても固定が甘く、液晶の操作の際にカメラの角度が変わってしまいます。 静電式のように軽く触れただけでは反応せず、かと言って少し強めに押すとカメラの角度が変わってしまうので、ちょっと面倒くさいです。 年配者向けかな~と思ってはいるのですが、アイコンが小さくて押しにくいところもあります。 リアカメラは通常の2カメラモデルとは異なる正方形タイプで、マウントも含めると縦長になります。 マウントの可動範囲が広い為、リアガラス以外の場所にも設置が可能なのがセールスポイントの一つになっていますね。 なお、マウントについてはボールジョイントの大小2つのタイプが2個ずつ同梱されていますが、小さい方は稼働範囲が狭くフロントカメラ向き、大きい方は稼働範囲が広い比べると垂直面にも設置が可能となっていますので、こちらはリア向きと言えるでしょう。 起動時間がかなり長いのが気になる これは想定外でしたが、「CSD-750FHG」はACCオンから録画開始までの時間が30秒程度掛かります。 10~15秒くらいなら他にも結構あると思うのですが、30秒となるとなかなかありませんね。 従ってエンジンを掛けてすぐ発車したい、せっかちな人には向いてないかも知れないです。 録画視野角はスペック表記とほぼ同等ですね。 ナンバー認識精度については、このモデルはビックリするぐらいフロントカメラの動画にモザイク状のブロックノイズが出ており、フルハイビジョンクラスとしては最低ランクかと思います。 かつてコムテックの「HDR-352GH」がトンネル抜けの逆光補正時にこのようにブロックノイズが出ていましたが(ファーム修正済み)、「CSD-790FHG」のフロントカメラは常にこのような状態になっていますので、ファームウェアでの修正が必要だと感じます。 (スマホで見ても分からないと思います) 暗い場所では前後ともに他社モデルよりも明かに明るくなりますので、バランス的にはなかなか良いのではないかと感じます。 なお、先行車のナンバーににヘッドライドがガッツリ当たっている状態だと、結構真っ白になりますね。 【CSD-790FHR】 【ZDR-015】 【DR02D】 【DR03】 なお「CSD-790FHG」の画質については、以下のモデルとも比較を行っています。 西日本エリアでのLED信号の映り方 西日本エリアでのLED信号の映り方は、以下のようにフロントはそこそこ高速点滅、リアについては同期が見られます。 ナンバー認識については、フロントリアともに正面から当てられれば問題ないかと思いますが、角度微妙だったり、ノーズやトランク部分が長い車の場合には厳しい事もあるかも知れません。 因みに他のモデルと比較するとこんな感じです。 衝撃感度については、最高設定でドアの通常の開閉には反応しますが、検知させないように気を付けて閉めると反応しませんでした。 駐車監視からの復帰時にはイベントアナウンスがありますが、乗車・降車時のイベントキャンセルタイマーはありませんので、ドアの開閉の衝撃検知分はイベントにカウントされます。 なお、駐車監視モードの起動にはこちらの専用ケーブルが必要です。 電波干渉はゼロではないと思いますが、それほど強くはない印象です。 使用可能なmicroSDカードの最大容量 mircroSDカードについては仕様上は64GBまでとなっていますが、ドライブレコーダーのフォーマット機能で以下200GBまでのmicroSDカードで1時間の正常な録画が確認出来ました。 完全な全画面再生は不可ですが、そこそこ大き目のウィンドウで再生も可能です。 なお、ファイル形式は1つのAVIコンテナに前後のMP4ファイルが格納されている形になっていますので、汎用の動画再生ソフトではフロントの動画のみしか再生出来ません。 パソコンでリアの動画を再生したいなら、こちらのと言うフリーソフトを使用します。 リアの動画を編集したい場合には動画を分割する必要がありますが、こちらはコムテックの「ZDR-015」と同様に「X Media Recode」と言うフリーソフトを使用します。 (androidでカードを認識させるとカードにandroid用の管理ファイルが作成されますが、そのファイルが不具合を引き起こす可能性があるのかも知れません) スマホでの再生は、Anodroid端末の場合はmicroSD内蔵スロット、または外部ストレージ用のUSBリーダーを使用する事で可能となります。 セルスターのAVケーブルはドラレコ側のピンジャックが2. 5mmなので、手持ちの3. 5mmでは口径が合わず未テストです。 因みにフルハイビジョン以上の動画再生が可能なカーナビではmicroSDカードをUSBやSDカードリーダー経由でカーナビに認識させれば動画再生が可能な場合があります。 今のところ、フルハイビジョン以上の動画の再生が可能なのは、パイオニアのサイバーナビとケンウッドの彩速ナビの一部くらいしかないかと思います。 2016年モデルのサイバーナビではフロント分のみの動画再生が可能でしたが、音声コーデックが非対応のようで音が出ませんでした。 「CSD-790FHG」の総評 「CSD-790FHG」はナンバー認識を目的とした「高画質」を追求したモデルではなく、走行中の状況証拠を幅広い状況下で記録する事に特化したモデルであり、性格的にはコムテックの「ZDR-015」と非常によく似ています。 何れも駐車監視の利便性はそこそこ高いものの、精細感については敢えて捨てていると感じる部分がありますので、駐車監視が第一の目的であればおすすめしません。 一方で走行中の状況証拠と言う1点においては、「ZDR-015」よりも白飛びに弱い部分はあるものの、前後ともに「ZDR-015」よりも暗い場所での限界値が高く、優れていると感じました。 また、操作性については感圧式のタッチパネルで液晶がそれほど大きくない為、思ったほど操作性は良くはありませんが、microSDカードのフォーマットフリー機能など、ガジェット系に詳しくない人の為の便利機能なども搭載されており、全体的にはなかなか高いレベルでバランスの取れたモデルであると思います。 問題点としては、常にブロックノイズを吐く状態で、折角の高性能イメージセンサーの性能を殺している部分が見受けられますので、今後のファームアップデートでの修正を期待します。 コスト度外視で、駐車監視はしない前提での2カメラモデルと言う事でしたら、「ZDR-015」よりも「CSD-790FHG」をおすすめしますね。 管理人Omi さん、こんにちは。 1か月ほど前から参考に繰り返し読ませてもらっています。 2カメラが欲しいのでZDR-015かこのCSD-790FHGで検討しています。 後発のCSD-790FHGも日々値下がりしてきて当初よりは値段もこなれて差は縮まってきました。 さて、この記事の最後で2機種の勝負は、コスト度外視したらCSD-790FHGに軍配があがるという結論になっていました。 ZDR-015の記事や本記事の内容からは、CSD-790FHGはお勧めしませんと来るのかと予想したところで何か最後に大逆転した印象があります。 (起動が遅い、ブロックノイズ、液晶タッチ操作が難しい、夜間明るい所が白とび、文字解像度もイマイチなど)私などはフロントカメラの圧迫感が無い、そこだけでCSD-790FHGが一歩リードなのですが、その点についてはOmiさんはあまり高評価立場ではないような気がします。 どちらかというと、街頭もヘッドライトも点けてない暗闇での映像性能や動体検知があることなど駐車監視に役立ちそうな機能でリードという評価に思えたりもします。。 あらためて価格差がほぼ無い、かつ暗闇までは求めないという前提だったら、ZDR-015とCSD-790FHGのどちらを勧められますか?2記事を何回も読んだ末、どうしても確認したくてコメントさせていただきました。 よろしくお願いします。 ドラレコ映像が裁判証拠になるならないと同じで色んな意味でケースバイケースだと思います。 私でも、架空の話で会社の業務用PCに市販ソフト入れていいですか?と聞かれたら業務規則で禁止されているのでNGです、とお答えします。 基本ルールは業務PCに勝手にソフトを入れてはいけないとなっていて当然なので架空の質問にはそう答えざるを得ないことは十分あると思います。 すぎたろう様 CSD-790FHGの最大の弱点は、走行中からナンバー認識精度は弱くさらに駐車監視が30万画素となる点ですね。 サイズの面については本体が大きくても画面が大きい方が良いと感じる方、コンパクトなものが良い方と、それぞれの価値観で異なる為、どちらが優れているなどの評価は敢えてしていません。 その他の項目については… 録画視野角~ZDR-015>CSD-790FHG~そこまで大きな差はない 白潰れ耐性~ZDR-015>CSD-790FHG~大きな差がある ナンバー認識精度ZDR-015>CSD-790FHG~大きな差がある 走行中の夜間の明るさ~CSD-790FHG>ZDR-015…リアは大きな差がある 操作性~CSD-790FHG>ZDR-015~タッチパネルとフォーマットフリーの優位性がある 従って駐車監視を行う前提であるなら「ZDR-015」、駐車監視をせずに走行中の当て逃げなどのレアケースをあまり気にしないなら「CSD-790FHG」となるでしょうか。 状況証拠を抑える為の駐車の能力のバランス面では、トータルだと「CSD-790FHG」の方が若干上であろうと考えています。 「CSD-790FHG」の「弱点はナンバー認識精度」ですので、ここをどう捉えるかで変わってきますねぇ。 >警察は本当にいざ事件と認識した上で解決に役立つと判断すればエスカレーションして方法を検討すると思いますよ。 これ重要です。 私なら刑事事件でも同じ対応なのか、県警本部に確認しますね。 一体誰の裁量で決めているのかと! Omiさん 早速ありがとうございます。 詳しく聞いてますます悩ましくなりました(笑)それぞれの価値観で最終評価は変わりますもんね。 私はフロントの圧迫感が気になるので2つのフロントカメラの大きさを段ボールでモックアップ作ってみたのですが、やはり比べるとZDR-015は大きくて厚いのでCSD-790がリードかなぁ。 コメント参考に検討させていただきます。 ソフトの件は一次窓口で県あるいは県警のセキュリティポリシーを無視あるいは軽視した回答はできないはずですからね。 どこまでの専用ソフトを可として決めておくのかも難しいと思うので多分県警それぞれで前例の積み重ねになっていくのではないでしょうか。 セルスターやコムテックが協力して警察庁とあらかじめ握っておくのがベストですがそういう業界でもないのかな。 こんにちは。 ご意見を参考にして悩んで悩んで、最終的にZDR-015に決めました!とにかく一時偏執狂のように大きさだけに頭が行っていたのですが、逆にでも大きさは慣れるんじゃね?と思い直して。。 そのきっかけとなったのはOmiさんの「コムテックはどのモデルもコンパクトさを敢えて殺してその他の特性に振ってます」という見解でした。 なるほど、小さくて機能も詰め込むセルスターと美学が違うのかと。 おそらく筐体設計にも余裕あって丈夫そう。 そう考え直すと、大きささえ慣れればコムテックの・起動の速さ、・白とばず性能、・文字認識性能、ボタン操作による確実性、・たまで使えるワンタッチ駐車録画、・毎回のアラーム回避、逆に大きくてカメラがあることが相手によく伝わる効果(特にリアカメラ!)などの方が一気に魅力的になってきました。 常時駐車監視はしないので、ヘッドライトも点けない暗闇の性能は必要ないので。 ちなみに、ちょっと後ろ髪引かれたCSD-790のGPS警告機能は、正式版でセルスターのGR-91を差額で買うことにしました。 (十分おつりが来ます笑)そりゃ正式版の方が何かと上のはず。 ということで、CSD-790のスレに入れるようなコメントではなくなりましたが、成行きなのでこちらに入れておきます(笑い)。 Omiさんお世話になりました。 おかげで十分検討した満足いく買い物ができました。 ありがとうございました。 購入から半年ほど経ったのでレビュー。 性能総評としては、夜の写りは良い(フロントのみ)その他は無難。 また日本製なので、習近平に金を払わなくて済みますし、安心感とサポートは充実。 また、操作等を考えると、年配者向けかなと思います。 唯一許せないのはマニュアル録画。 ボタン押して5秒前からしか録画しない(ちなみに家族の車に着けているコムテックZDR-015は、ちゃんとひとつ以上前の録画ファイルからを録画ロック)ので、煽り運転してくるクソボケ等を録画しようとすると、決定的瞬間を録れなかったりします。 これだけは本当に困るので、ファームウェアアップデート等で対処してほしいです。 なお、先日信号で追突されましたが、バッチリ仕事してくれまして、40万円の修理費を全て相手持ちにできました。 10対0で、こちらの保険にも一切響きませんでした(事故の程度からして免許もゴールド維持)。 相手は「何故か知らんが止まった」とぬかしましたが、信号が黄色になり、赤に変わるまでに止まりきれない距離であったことを証明できましたので、相手も相手の保険屋も黙らせることができました。 また、リアカメラ付ですので、衝撃録画が追突である証明、相手車両の証拠取りができたことは言うまでもありません。 gaia様 値段重視で決めるのもアリかと思いますが、サイトの特性上は全く同じものでなければ価格で推す事はあまりしていないですね。 理由は価格重視の方はそこまでネットでの情報収集を行わない方が多いと考えているからです。 要は店頭で店員の説明を参考にしたり、あまり深く考えず価格で決める事が多いだろうと言う前提です。 ドライブレコーダーは特性的に車と同じくらい多様なものが出て来ていますので、一概にどちらが優れている!とは言いにくい部分があります。 限られた予算、目的に合わせて最適な製品を提案する、というのが本筋かと思いますが、今回はざっくりしたご質問であったため、少しでも高性能なものをおすすめしています。 例えば「CSD-790FHG」が9000円で売られていたら、コスパが高くお買い得と言えますが、それがおすすめかどうかは選ばれる方の目的や考え方次第になります。 少しでも良いものを選ぶのか、ある程度のところで妥協すべきかはユーザーの裁量かと思いますので。 ただし、いろいろ良いものを見ている私としては「CSD-790FHG」はなんだかなぁ。。。 と言う事ですね(笑).

次の

「CSD

セルスター csd 790fhg

車用品・バイク用品ジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の