奥川 田中 将 大。 田中将大と斎藤佑樹 差つくのは「当たり前のレベル」の違い

【悲報】200勝達成出来そうなピッチャーがついに田中将大さんだけになってしまう

奥川 田中 将 大

来歴 [ ] 在籍時はラグビー部に所属し、に出場している。 卒業後はラグビー部での活動を経て1993年にに入門。 戦でデビューを果たした。 引退後は、と共にエースとして新生FMWを引っ張る立場となり、「弾丸戦士」として人気を博す。 に長期遠征しに惚れ込まれ、リングネームを「MASA TANAKA」としECWのトップレスラーの一人として活躍し、日本人で唯一にも就いた。 しかしながらFMWの経営危機による帰国要請によりECWを離脱し、FMWへ復帰した。 FMW復帰後、2001年2月に、、と共に「」を結成し、FMWを離脱。 とに参戦し、後にとのを申し込み(その際事務所に勝手に殴り込みをかけて橋本に直訴、当時橋本が保持していたを強奪し、ショップの商品を荒らし放題荒らし回るという実力行使に出た)2002年3月にでシングル対決が実現したが、半ばやられ放題で軍門に下った。 しかしその対決を機に橋本に見込まれてZERO-ONEに入団する。 しかし橋本という団体トップの人間を倒し、世代交代を提唱するにあたり、ライバルというスタンスは消えてはいないものの互いの力を結束しようと「 (エンブレム)」を結成し、他団体でも大車輪の活躍を見せつけ2002年にはベストタッグ賞を受賞する。 また同年には大谷とのタッグでへも登場している。 2004年2月19日に以前からタイトルマッチでありながらハードコアにこだわる田中と、ベルト防衛の意志を尊重する大谷と方向性の違いで仲違いを起こし炎武連夢を解散し、、らと共にZERO-ONE正規軍と敵対した(エロティックス結成)。 ZERO-ONE解散後は大谷らとともにZERO1-MAXに合流。 2005年の4月にとの要望を機に炎武連夢を再結成し、ヤングMAX軍と世代闘争を繰り広げている。 ZERO1-MAXの母体であるがとともに製作に関わるプロレスイベント、にもレギュラーとして参戦する。 ハッスル登場の際には、「HUSTLE 01」と書かれた赤い半そでのジャージを着て入場し、グレーの(2つともハッスル14から)を穿いて主に系で活躍している。 出場時は白いギター(叩くと白い粉が出てくる)を持参する。 HHH〜ハッスルハードコアヒーロー〜でチャンピオンになった時の初防衛した後に、人狼にゴールデンロットで頭を叩かれて頭から血が出て、更にはその後にに、「初防衛おめでとう、佐藤君。 いや、鈴木君だっけ? 」と言われたことがある。 その理由は、田中と言う苗字がとても地味なため。 その後も、とタッグになったときに控え室で「おっ鈴木!。 じゃなかった佐藤! 」と言われたり、から「地味なチャンピオン」とも言われたりしていた。 その後、金村キンタローとタッグを組んだ時は、金村のよき突っ込み役? として共に頑張っている。 ちなみに、田中はハッスル16以外は全てのハッスルのシリーズに出場していたが、肩の手術のために欠場した。 2005年6月12日には、のであるに出場。 との試合はECWファンに賞賛された。 翌年にも同大会に参戦した。 2006年には、にて、とのタッグを結成(6人タッグのときは、金村キンタローも参加)。 田中を目標としているとの世代闘争を展開した。 また2005年から始まったとの抗争においては、金村キンタローや黒田哲広らとタッグを組み、、邪道、外道らのジュニア戦士と対戦した。 2006年7月、ZERO1-MAX「 '06」において悲願の初制覇を遂げる。 「火祭り」開催から6年、毎年エントリーされ出場してきたが、ZERO1-MAX最高峰の称号である「火祭り」制覇を遂に現実のものとした。 2006年11月29日に右肩手術を行なった。 2008年4月6日、とのタイトルマッチを行い、ベルトを防衛。 この抗争の中で生まれたとの確執から金本の挑戦を受け勝利しベルト防衛、その後もに火祭り2008決勝で勝利し、との抗争を開始し世界ヘビー級選手権を賭け対戦するも敗れ、2009年1月4日大会でリターンマッチを行なうも連敗した。 その後、ZERO1としては初めての両国大会でリベンジを果たした。 2007年から体重を絞り始め、現在は90kg(以前は108kg)とジュニアヘビー級の体重となっている(体脂肪だけを落とした)。 2008年10月のではライバル関本大介とタッグを結成し、大陸別タッグトーナメントで優勝を果たした。 (準優勝は) 2009年、率いるヒールユニット「」に加入。 またFMW時代の盟友である邪道、外道と3人で「コンプリート・プレーヤーズ」を再始動させる。 新日本プロレス「」にも出場した。 2010年、1月4日のレッスルキングダムでとタッグを組み、永田裕志、組と対戦しこれに勝利。 この年のG1には出場しなかったが、同大会でに敗北し、ベスト4で終わった前年度G1覇者で当時IWGP王者だった真壁刀義を襲撃しIWGPベルト挑戦を表明、9月6日にIWGP戦を行うも敗北する。 しかしその後も遺恨は続き、同年のG1タッグリーグに出場(パートナーは)し、対戦組となった真壁、組と対戦した際、場外で真壁を机の上に垂直落下式ブレーンバスターを行い、真壁のを破壊し途中欠場に追い込んだ。 2011年、1月4日のレッスルキングダムで復讐を胸に出場した真壁と対戦、持ち前のハードコア殺法で執拗に真壁の負傷個所である首を攻撃し優位に立つが、真壁が田中のお株を奪う折りたたみ式テーブルへのパワーボムを敢行、形勢逆転を許し最後はキンコングニードロップで敗北する。 3月のにも出場、1回戦にを下すも2回戦で永田裕志に敗北。 4月3日、IWGPヘビー級王座で棚橋弘至からベルト奪取に失敗した永田に試合後マイクで対戦表明をし、5月3日の博多で永田と対決。 負傷個所となっていた左ひざを徹底攻撃するもバックドロップホールドで敗退。 翌25日には完全分裂したのに加担し、高橋と同じコンプリート・プレーヤーズの邪道、外道の4人で内藤哲也を袋叩きにしてCHAOSから追放する。 7月18日、新日本札幌大会の戦で、を相手に2度目の防衛を果たしたを試合後に襲撃。 その流れから同王座に挑戦表明、10月10日にMVPをスライディングDで沈め、2代目IWGPインターコンチネンタル王者に輝き、試合後のバックステージで2年近い抗争を展開したことのあるから挑戦表明を受ける。 11月12日、にて行われたIWGPインターコンチネンタル選手権。 挑戦表明を受けていた後藤洋央紀と対戦しスライディングDで初防衛に成功した。 12月4日愛知大会、MVPとのIWGPインターコンチネンタル王座2度目の防衛戦。 レフェリーのブラインドをつきコンプリート・プレイヤーズの高橋裕二郎がMVPに東京ピンプスを喰らわせた直後にスライディングDで田中がV2に成功した。 後日、12月23日の後楽園大会でとの同王座V3戦が決定した。 12月23日後楽園大会、本間朋晃をスライディングDで破り、IWGPインターコンチネンタル王座3度目の防衛に成功した。 2012年2月21日大阪大会で後藤洋央紀の昇天 改 をくらいIWGPインターコンチネンタル王座を4度目の防衛に失敗した。 2012年夏、の第12回火祭りでプロレスリングNOAH(当時)から参戦したを破り4年ぶり4度目の優勝を果たした。 通算優勝回数は大谷晋二郎と並ぶ歴代一位。 2012年10月5日新日本プロレスの若手選手興行のリニューアルに伴うの初代王者決定トーナメントにエントリーされる。 トーナメントはで、11月15日と11月19日の二日間にわたって開催された。 CHAOSの僚友・石井智宏とベストバウトの呼び声も高い肉弾戦を披露するなど快進撃を見せ、決勝戦ではその年のG1で準優勝の成績を収めたを破りNEVER無差別級王座の初代王者に輝いた。 2013年1月4日、新日本プロレス・東京ドーム大会でをスライディングDで破りNEVER無差別級王座の初防衛に成功した。 2013年2月3日、新日本プロレス・後楽園ホール大会のメインイベントで石井智宏と再戦。 スライディングDで破りNEVER無差別級王座2度目の防衛に成功。 なおこの試合は2013年のベストバウト候補にもなった。 2013年5月3日、新日本プロレス・福岡国際センター大会「レスリングどんたく 2013」で本間朋晃をスライディングDで破りNEVER無差別級王座3度目の防衛に成功。 2013年5月4日、ZERO1・後楽園ホール大会のデビュー20周年記念試合で炎武連夢の盟友・大谷晋二郎とシングルマッチで対戦。 スパイラルボムで敗れた。 2013年7月20日、新日本プロレス・秋田市立体育館大会「Presents KIZUNA ROAD 2013」で内藤哲也をスライディングDで破りNEVER無差別級王座4度目の防衛に成功。 2013年夏、ZERO1の第13回火祭り に出場。 8月4日後楽園ホールでの最終戦でを撃破しAブロック一位通過で決勝戦進出を果たす。 歴代優勝記録更新に王手をかけるが、Bブロックを一位通過し決勝戦に駒を進めた22歳のに敗れ準優勝に終わった。 2013年9月29日、大会で内藤哲也相手にNEVER無差別級王座4度目の防衛に失敗。 2014年より新ユニットを小幡優作やとを結成。 2019年12月28日、に初出場し初優勝。 得意技 [ ] フィニッシュ・ホールド [ ] スライディング弾丸エルボーの略。 2007年の火祭り中に披露され、以後フィニッシュムーブとして定着して数多くの対戦相手を倒している。 右手を高々と上げてアピールしてからロープに走り、腰を落としている相手に向かって全力で弾丸エルボーを打ちつける。 強敵相手には後頭部への一撃も見せる。 さらにレアなバージョンとして側頭部にエルボーを叩き込むバージョンもあるがこれは大一番でしか見せない。 2010年2月14日のとのハードコアマッチ戦では鉄パイプをサポーターに差し込んで敢行、ピンフォールを奪っている。 かつてはとどちらもフィニッシュムーブとして使っており、現在も両方併用している。 打撃技 [ ] 相手の攻撃を体勢を低くして交わしつつその場で回転し、その勢いで相手の顔面にエルボーを打ち込む技。 その他得意技 [ ] ダイヤモンドダスト コーナー上でドラゴン・スリーパーに捕らえた状態から自らが前方回転してを決める。 コンプリートダスト の体勢から相手を、自分から見て前に向かって180度回転させて落としていく。 のの友情とほぼ同形だが、こちらはの色が濃い。 2006年に右肩の手術を行って以降使用頻度が少なくなり、かなりのレア技。 ダイヤモンドトルネード の体勢から旋回させてで叩きつけていく。 開発して以降ほとんど出していないレア技。 ショットガン の体勢で相手を持ち上げて空中で相手の体に右方向へと捻りを180度加えて自身の頭の上を通過させ、うつ伏せの状態で自身の背後に落下してきた相手の喉に自身の左肩に着地させて尻餅をついた衝撃で相手の顎や喉に自身の左肩をめり込ませる。 同型の技にの ブラック・クラッシュがある。 (スイングDDT) ECW時代の田中の代名詞技。 相手をイスの上、机の上に脳天から突き刺すことが多い。 まとめてー! で相手2人がリング上にいる時に両手で2人をし「まとめてー! 」の甲高い田中の声とともにとを2人に同時に行う技でタイミングの良さは絶妙。 時々終盤に使用している。 通常の、 投げっぱなし式ジャーマン、 ローリング式ジャーマンスープレックスの3種類使用する。 やる前にはと叫ぶ。 かつての同志、外道も同じ技を同じムーブで使用する。 タイトル履歴 [ ]• FMW二冠統一王座(第10代・ 第3代・第8代)• 第2代• 第10代(パートナーは)• 初代HHH(ハッスル・ハードコア・ヒーロー)王座• 第39代• 初代・第5代・第21代・第23代• 優勝(5回/2006年・2007年・2008年・2012年・2017年)• 優勝(1回/2007年)• 第2代• 第31代(パートナーは杉浦貴)• (2回/2014年・2015年)(パートナーは)• 第15代(パートナーは)• 第7代• 第2代(パートナーは)• 優勝(1回/2020年)• 第74代• 1995年プロレス大賞 新人賞• 2008年プロレス大賞 敢闘賞 入場テーマ曲 [ ]• 弾丸 -D・A・N・G・A・N- 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

田中将斗が緊急決定試合で青木真也を破りKO

奥川 田中 将 大

田中将大 18 駒澤大学附属苫小牧高等学校-東北楽天ゴールデンイーグルス 2007 - 2013 -ニューヨーク・ヤンキース 2014 - 2013年成績 28試合 212回 24勝 1S 防御率1. 24 勝率 1. 000 高校時代から怪物と騒がれ、夏の甲子園では斎藤佑樹と決勝引き分け再試合の激戦を演じた日本球界のエース。 愛称はマー君 高卒1年目から楽天のローテーション投手として活躍し順調に成長。 2011年には19勝を挙げ日本球界を代表する投手になった。 そして2013年、開幕から圧倒的なピッチングと負けそうになっても味方打線が打つ援護運で去年から負け無しの28連勝はギネス世界記録にも認定。 シーズン勝率100%は歴代記録。 シーズン無敗での最多勝はNPB史上初、シーズン24連勝は日本プロ野球記録とどこかおかしいとしか思えない破格な成績を残し本人2度目の沢村賞を受賞。 優勝決定試合では抑えとして登板しセーブを記録し楽天初のリーグ優勝胴上げ投手に。 日本シリーズでも9回に登板しセーブを記録。 球団史上初の日本一が決定と共に再び胴上げ投手になった。 4回は1失点、5回に至ってはシーズン通して無失点。 なんやねんこいつ。 力 配分 デフォ田中にマスクデータとしてあり。 いいんじゃないかと思います 対ピンチA 無走者時. 228 一塁時. 256 得点圏. 159 とそこまで絶対的な差があるわけではないが 注目したいのが被本塁打。 無走者時には5本、一塁時には1本許しているが 得点圏時には0本。 2013年のマー君はソロホームランぐらいしか得点パターンがなかった。 ギアチェンジも搭載しているっちゃいますが、それを際立たせるためにもAに.

次の

高校野球甲子園球速ランキングスピードガン導入以降(甲子園球速)

奥川 田中 将 大

出場49校が全て登場し、元日本ハムスカウトの芝草宇宙氏(49)が今大会の注目選手を挙げた。 高校時代は帝京のエースとして春夏3度の甲子園に出場し87年夏にはノーヒットノーランを達成。 プロでも通算46勝を挙げた芝草氏が独自の視点で分析した。 星稜の奥川は、投手「四天王」の中で唯一の出場。 改めて見ると、沈み込んで投げるタイプではない。 このようなタイプの投手がプロに入ってどう成長するかが興味深い。 これだけ甲子園で活躍して、ピッチングがうまいところは田中将大のようだ。 当然2位などに残る選手ではない。 その状況でスカウトがどう見極めていくか。 習志野の飯塚は気持ちの強さとセンスの良さがある。 星稜や智弁和歌山と渡り合った旭川大高の能登、米子東の森下も十分に力を見せた。 また、将来的な伸びしろを感じたのが八戸学院光星の山田。 直球が生きていたし、シンカーが有効。 死球を与えても崩れないのが良かった。 野手では八戸学院光星・武岡が光った。 智弁学園戦で打った中越えソロ。 低めのボールに対応していた。 3割打てる打者は低めを捉えられる。 智弁和歌山の黒川は順調に育っていると感じた。 5季連続出場と野球の運もある。 日の当たるところでやれるものを持っているのだろう。 (元日本ハムスカウト).

次の