ダイナー 評価。 ネタバレ&感想!映画『Diner ダイナー』蜷川ワールド炸裂の世界観も、豪華キャストは無駄遣い?

映画「ダイナー」がつまらないし面白くない!駄作だと感じる理由や評価・感想についても

ダイナー 評価

本作の主人公は、殺し屋ばかりが集まる定食屋のウェイトレス・ オオバカナコ。 その定食屋の名前は、「キャンティーン」、シェフはボンベロという人物でした。 とても冷徹であり、彼自身も人を殺した経験があります。 しかし、料理の腕は超一流。 その腕を買われて、シェフをしているのです。 この世のものとは思えないくらい絶品のハンバーガーを味わえるキャンティーンに集まる人々は、殺し屋と言われる人たち。 それを仕事として生きる、プロたちなのです。 殺しを始めた理由は、人それぞれいろんな事情がありました。 そんな彼らは、異常な精神状態の者ばかり。 そんな人たちが集まるこの店で、カナコは無事にウェイトレスを続けていくことができるのでしょうか。 彼女は超がつくほどの一般人。 なぜ殺し屋ばかりが集まる定食屋で、ウェイトレスを始めることになったのでしょうか。 仕事が長続きせず、自堕落な生活を送っていたある日、ふと、高額なアルバイト募集が目に止まります。 なんと1日、運転するだけで30万円もらえるというのです。 普通は怪しんで応募しないと思いますが、カナコはこれに応募してしまいます。 この瞬間から、彼女の悪夢は始まりました。 雇い主はやばい事件を起こし、ある組織に捕まり、カナコも同様に捕まりました。 壮絶な拷問の末に人身売買にかけられ、彼女はある人物に買い取られます。 それが、ボンベロがシェフをしているキャンティーンのオーナー・コフィでした。 カナコは働くか死ぬかを選ぶしかなく、キャンティーンで働くこととなったのです。 しかしここでの仕事は、普通のウェイトレスとは少し違います。 自分の考えや意見をいうことは許されず、あくまでボンベロの命令に従うだけ。 そして、客に殺される可能性もあるというのです。 キャンティーンの客は殺し屋ばかり。 お客さんに殺されそうになっても、ボンベロは助けない。 そういう約束なのです。 過去にも何人かウェイトレスがいましたが、客に殺されるか、ボンベロに殺されるか、そのどちらかだったのです。 そんな死体たちが、店内にはゴロゴロと転がっており……。 カナコの命がけのウェイトレス生活が始まりました。 子どもの姿をした人殺し・キッドは、フェイクで教授を連れています。 彼は望まれない子どもとして、この世に生を受けました。 キッドの母と祖母は淫売をしており、母は子どもができては堕ろし、できては堕ろしをくり返していました。 彼ができたときも堕ろそうとしたのですが、医者に「この子を堕ろすと2度と子どもはできない」と言われ、産むことにしたのです。 そして、そんな彼の産まれ方は普通ではありませんでした。 なんと祖母と母の客をたくさん集めて、客の目の前で産んだのです。 そうして産まれた彼も祖母と母によって売られ、淫売をする生活が始まりました。 この暮らしが、彼の異常を精神にした原因でしょう。 キッドは普通の殺し屋とは異なり、殺す行為を楽しんでいます。 さらには子どもばかりを相手にして、残虐な殺し方をしているのです。 カナコも殺そうとしましたが、ボンベロの逆鱗に触れ、キャンティーンには2度と来られなくなってしまいました。 登場人物4:想像と違って優しい・スキン! 炎眉は、ボンベロに惚れている女性の殺し屋です。 とても美しく容姿で、女であるカナコからみても惚れ惚れしてしまうほど。 ボンベロを想う気持ちは強く、いつも近くにいるカナコに強い嫉妬心を抱いています。 そんな炎眉も、育った環境は異常といえるものでした。 カルト宗教に入れ込んでいた両親の犠牲になっていたのです。 鶏の首を切り落として、ミルクにその血を注いで飲まされるなど、想像に耐え難いものがあります。 そんな彼女に殺しを教えたのが、ボンベロでした。 彼女の想い人であり、自身の師匠でもあったのです。 炎眉もキッド同様、カナコのことを殺そうとします。 彼女にこれといった恨みはなくても、ボンベロの近くにいるものや、大事なものを全て壊そうとしてしまう炎眉。 彼への愛情を突き詰めた結果として、彼女はそのような人生を送るようになってしまったのでした。 小説『ダイナー』は漫画でも楽しめる! キャンティーンには多くの殺し屋が訪れ、食事を楽しんだり、時には人を殺したり、思い思いの時間を過ごしています。 その中で、カナコはどのように過ごしていくのでしょうか。 ボンベロは最初、カナコのことをすぐに殺そうとしていました。 殺されることがわかった彼女は、ある手段に出ます。 キャンティーンで1番高級な酒「歌姫」を隠したのです。 これはボンベロのボスが心から楽しみにしていた酒でした。 歌姫がなくなっては、ボンベロもボスに殺されていまいます。 彼女は殺されたくない一心で、これを隠し、彼と取引したのです。 結果的にこの作戦が功を奏し、生き続けることができたのですが、この状況がいつまで続くかはわかりません。 隠した場所はとても単純な場所。 見つかれば彼女は殺されてしまいます。

次の

映画『ダイナー』はつまらない?面白い、面白くない評判評価の口コミまとめ

ダイナー 評価

お父様は確かに名演出家でしたよ。 でも娘がその才能を受け継いでるとは到底思えない。 写真家を名乗ってる時からそうだったけど、ただ色の濃い写真を垂れ流すだけで何も感じられない。 人間失格はまだ観てないですが、映画監督としての才能は無いと思う。 今作に限って言えば、豪華なキャスト陣、それだけです良さは。 そのキャストの良さを一つも引き出せず、無駄なカットも多い、音楽の使い方も下手くそ、カメラワークもセンスが感じられない、音が大きすぎてセリフが聞きづらい、スマホゲームのようなキャラ紹介、原作未読ですけど原作にするくらいだから面白い作品なのでしょう、でも原作の良さはほとんど生かされてないのでは。 蜷川幸雄の名前がなければここまでいいスタッフ、いいキャストは集まらないでしょう、それを踏みにじっているのは全て監督です。 群像劇にするならもっとキャラ一人一人を上手く描くべきだし、アクションシーンもスローを多用しすぎでメリハリがない、なんなんでしょう、最後の2人揃ってビョーンって飛んで、ジョン・ウーの映画を観なさい。 ジョンといえばジョン・ウィックなんて殺し屋がたくさん出てくるけどスタイリッシュでまあまあのグロさ。 今作みたいに赤い筋スパーって終わらすんじゃ興醒めです。 予算節約なのか本郷奏多の子供姿を顔のアップショットやバックショットでやり過ごす苦労が垣間見れます。 とにかくおうち時間が余ってしょうがない方はみてください、観て次の駄作のために課金しましょう。 公開された時に見れなかったので、鑑賞。 評価があまり良くないので覚悟の上で。 トッテモエガキレイダナ〜 ハナトショクノイイコラボレーションヤー 親にも捨てられ料理が得意というのが唯一の取り柄であるオオバカナコは、日給30万というダイナーにウェイトレスとして働くことになった。 そのダイナーの店主は元殺し屋の天才シェフで実はその店は殺し屋専用で...。 評価を見ても初めを見てもらっても分かるが、 あまり面白くなかったので毎度のようにまずはいい所から。 とりあえず、玉城ティナが可愛い。 フェイトレス姿はとても似合うし、藤原竜也とのタッグも抜群。 かなりこの映画は玉城ティナに救われている 藤原竜也も今回は珍しく地の底人間じゃない。 Sっ気強い役も向いとるやないか。 んで、問題点ですよ とにかくタイトルでも書いてますが、 蛇足なのにも関わらず物足りない。 余計なところに力入れてて、色々と雑になってる。 まぢで勿体ない。 始まりから下手くそ 独特な世界観に引き込む必要があるのに、 入りが適当で何も伝わってこないまま「ダイナー」と出てくる。 なんじゃこりゃ エンドロールから20分前?ぐらいになるまでが、 ホントに飽きる。 何を伝えたいんだ。 思いっきり殺し屋要素入れるならR指定にして思いっきりグロくするべきだし、 なにか伝えたいなら心情の変化を丁寧に書くべきだし、ダイナーと言うからにはもっと料理を見せるべきだし。 逆いえば、エンドロールから20分前は良かった。 これだよこれ。 今までの何だったんだと呟きながら見ていると、またもや「?」となる。 最後にあのセリフを言ってくれたのは嬉しかったが、 シーンが変わってからこれは必要なのかとなった。 映画館で見なくてよかったよ。 監督、自分出しすぎですよ。

次の

映画『Diner ダイナー』ネタバレ感想 ハンバーガー大好きな藤原竜也と殺し屋と。│今日も映画ですか?

ダイナー 評価

報酬画面に足跡が現れた後、一定確率でイベクエ一覧にダイナ【EX】が登場する。 ダイナのクエストは、24時間以内に1回のみ挑戦可能で、スタミナも消費しない。 ノーコンテニューだがハクアと違い、挑戦する前に編成を変えることができる。 また、性能は現時点では、即戦力にしにくいもの。 そのため無理してまで運極にする必要はない。 1体だけ所持していれば十分なモンスター。 SSを使ったダイナは含まずに、範囲内の味方1体あたり 合計HPの約17%回復できる。 更に貫通タイプの自強化SSのため、弱点往復をすれば火力を出しやすい。 しかし弱点往復などで火力を出す場合、狙って味方の周囲に止まることは困難。 敵と味方の配置によっては、火力と回復を両立することは難しい。 手持ちが少なければ、編成の選択肢にも十分入る。 狙って入手するのは難しいが、もし手に入れたら育成しておいても損は無い。 95 タス後限界値 22690 26068 347.

次の