アルコール消毒液。 【通販モノタロウ】

アルコール消毒液の容器の選び方!素材や材質でPEやPPで市販の100均で代用できる?

アルコール消毒液

100均のプラスチックの「スプレーボトル」はアルコール消毒液を入れても大丈夫?• 100均に「消毒液対応」の容器はある?• ボトルで買った「 消毒用エタノール」や「 無水エタノール」で手作りした消毒液。 「100均のスプレーボトルに詰め替えて使えるかなぁ?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「 代わりの容器」についても書いています。 ぜひ参考になさってください。 「100均のスプレー容器」にアルコール消毒液を入れてもいいのか? 家で使っている100均のスプレー(プラスチック製)。 材質表示がなく、使えるか分からない物もありますよね。 ということで、「100均スプレーはアルコール消毒液を入れてもいいのか?」100円ショップに行って調べてみました。 100均のほとんどはPETのスプレーだった 調べた結果、100均商品のほとんどが、写真のような材質「 PET」でした。 PETとは?アルコールNGな材質(プラスチック)? PETとは、ポリエチレンテレフタラートといいます。 100均のPET素材に関しては、アルコールに不向きという認識でいた方がよいかと思います。 アルコールに耐久できる材質(プラスチック)は何? ちなみに、アルコールに耐久できる材質は、主にPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)などがあります。 しかしながら、 「PE・PP」とあっても、注意事項には「 水以外は使えない。 アルコール不可」と書いてあったり。。。 表面に「アルコール可」とあっても、裏面には「高濃度はダメ」と書いてある商品もありました。 【容器の異変】• ひび割れる• 変色する• 溶ける アルコールに弱い材質だと、「ひび割れてしまったり、色が変わったり、溶けだしたり」などの問題が生じるようです。 どれくらいの期間で劣化するのかは分かりません。 短期間なら大丈夫かもしれません。 でも、もしプラスチックが溶けた液で、手の消毒をしたとしたら、、、と想像すると、「 健康被害」が心配ですよね。 結論:アルコール対応か分からないときは控えた方がいいかも 「破損や変形」は目に見えるからすぐやめれる。 でも、もし「溶けた」場合は目に見えないから気づかず使ってしまいそう。 どんなリスクがあるか分からない。 高濃度のアルコール対応か確認できないときは、「手の消毒用に使うのは、なるべく控えた方がいいのかな」と個人的には思いました。 100均には「アルコール消毒液」に使えるスプレー容器もある! 中には、「アルコール消毒液」に対応しているスプレー容器もあります! こちらはダイソーの商品です。 注意書きに「構造上100%ではない」と記載があるけれど、飛行機など気圧の低い場所以外なら大丈夫。 問題なく使えると思います。 今は需要が高まっているので、入荷してもすぐ売り切れてしまうみたい。 欲しい方は、こまめにチェックしてみるといいですよ。 化粧水やシャンプーなど「詰め替え容器」のコーナーにありました。 アルコール消毒液「何に入れたらいい?代わりの入れ物はある?」 もしアルコール対応のプラ容器が手に入らない場合、「 何に入れたらいいのか」困ってしまいますよね。 「代わりにできる入れ物はありますか?」 消毒液を製造販売している会社に、直接聞いてみました。 <関連記事> メーカーの方によると、専用のプラ容器がないときは「 ガラス容器」に入れるとよいそうです。 蓋は ステンレスがいいとのこと。 アルミの蓋の場合は、「長時間浸水させなければ、大丈夫でしょう」とのことでした。 ガラスの瓶なら、100均に沢山あるので助かりますね。 100均・ガラス容器に入れての使い方 ガラス容器は、できれば口が狭い方が使いやすいかなと思います。 消毒するときは「 ガーゼやコットン」に含ませて。 消毒綿にしてしまえば、手に付けやすくいい感じです。 100均の「ガラスアトマイザー(香水スプレー)」・消毒容器に使える 私は携帯用として、100均のガラスアトマイザー(香水スプレー)を活用しています。 小さいもので5ml、大きいもので30mlくらいの容量。 (写真左・大きいのは、セリアの商品) 量が少ないと気休めにはなりますが、買い出しなど、ちょっとの外出には重宝します。 スプレー容器に落下対策をしておこう ガラスアトマイザーは薄くて割れやすいです。 なので、落下対策に「 マスティングテープ」で巻くといいですよ。 私は昔、2回ほど落として割りました。 職場でしたので、ささっと片付けできたけど、もし別の出先だったらと思うとヒヤッとします。 保護しておけば、「ガラスの飛び散り」を防止できるので、気持ち的に安心。 もしもの時のために、ひと手間加えておきましょう。 100均に売ってます。 最後に 100均のスプレー容器についてご紹介しました。 専用のプラ容器がなくて大丈夫。 ガラス容器に保存できると知れば、気持ち的にほっとしますね。 買えないときには、ガラス容器で代用してみてください。 いい容器が見つかりますように。 【関連記事】 この記事がお役に立ちましたら、ポチっとお願いします。

次の

アルコール消毒液の容器の材質や素材は何を選べばいいの?PE・PP・PVCの違いは何?

アルコール消毒液

今回は アルコール消毒液の消費期限について紹介します! 現在、日本全国でアルコール消毒液が品薄になっています。 新型コロナウイルスが問題になっている今、できるだけの予防はしておきたいところ。 アルコール消毒液は手の除菌にうってつけですが、需要が高まっている今、なかなか手に入らない人も多いです。 そんな時の非常用品です。 非常用品にアルコール消毒液を入れている人はかなり多いでしょう。 確認忘れで 使用期限が切れていても効果はあるのでしょうか。 使用期限が過ぎてから肌荒れ等の害があるのかも調査しました。 使用期限が過ぎているアルコール消毒液を捨てる前に、ぜひ読んでください。 スポンサードリンク アルコール消毒液に消費期限はあるのか? 自分でまとめた防災グッズの点検してたら、マスクやらなんなのやら、またでてきたよ、、、 無印のアルコールスプレー、 アルコール度数も75越えてたハズ。 (ただし期限切れであろう)販売は中止してしまったらしいけど再販するとよいですね。 基本的には開封後から3年以内に消費することを考えられて作られていますが、アルコール消毒液に含まれるエタノールは変質をあまりしません。 開封品でゴミや汚れが入り芽胞汚染をした場合以外では効果が著しく低下をしないそうです。 芽胞汚染とは過酷な環境でも自らで殻を作り冬眠のようなことができる菌が入り込んでしまうこと。 しかし、大手のアルコール消毒液に関しては中に異物が入り込みづらい容器になっているので、 過敏に心配する必要はありません。 消費期限がないことはわかりましたが、一部の製品に表記されている使用期限とは何でしょう。 そちらも調べましたので、見ていきましょう。 highmoon0313 がシェアした投稿 — 2020年 4月月12日午前2時42分PDT 一部のアルコール消毒液に表記されている使用期限についても調べてみました。 結果からいうと、 使用期限は消費者に確実な効果がある物を届けるための表記だそうです。 消費期限はないと紹介しましたが、開封後に時間が経ってしまうとアルコールが気化してしまい、アルコール濃度が下がることがあります。 市販の消毒用アルコールは70%程度で調整してあり、 アルコールの殺菌効果が最も強い濃度になっています。 アルコール濃度40%~70%が最も殺菌効果が強いと言われており、多少アルコール濃度が下がっても効果は問題なく殺菌できるようです。 もし 消毒用アルコールの使用期限が過ぎていて心配な方は、お部屋の掃除や消毒に使ってください。 自動車のハンドルやドアノブの除菌や、油汚れが酷いところにも使えます。 ものに使う際には目立たない部分で、色が変わったりしないか確かめてから使ってください。 n Choromatu721 アルコール消毒液で肌荒れするかも調査しました。 アルコール消毒液で肌がかゆくなったり、肌荒れが起こる人は必読です。 普段、アルコール消毒液を使わない人が使ってみたら痒くなったという人はいませんか? 実は アルコールにはアレルギーが存在します。 学生時代にパッチテストをした人もいますよね。 軽度のアルコールアレルギーの人であれば痒み程度で収まりますが、皮膚疾患やアナフィラキシーショックを起こしてしまう人もいます。 少しでも心配な人は 皮膚科などを受診しましょう。 アルコール消毒液は基本的に弱酸性のものが多いです。 人の肌も弱酸性なのでpHによっておこる肌荒れは考えづらいですね。 肌が油をなくし、水分を失って肌荒れが起こります。 アルコール消毒液だけではなく、過度な手洗いでも水分を失ってしまいます。 アルコール消毒液を使った後に ハンドクリームを使うことで肌荒れを抑えることができますので、肌が弱い人はハンドクリームも持ち歩きましょう。 最近では肌荒れ防止しづらいジェル状のアルコール消毒液も売っているので、そちらを買うのもオススメ。 筆者も肌荒れをしやすいので、無香料の携帯用ハンドクリームを持ち歩いています。 昨今では男性も持ち歩いている人が多いです。 肌を大切にしたい人は携帯しましょう。 アルコール消毒液濃度70がおすすめ kenzo6117 がシェアした投稿 — 2020年 4月月29日午前8時32分PDT 先に書いたようにアルコール消毒液の濃度は70%前後のものが最も多いです。 エタノール濃度が濃ければ殺菌効果が強いわけではないという事ですね。 アルコール消毒液が手に入りにくい今では、無水エタノールを水で薄めて使う人もいます。 濃度が高く作ると効果が弱まるだけではなく、 肌荒れになるリスクも高まるので注意しましょう。 実はアルコールが殺菌するメカニズムは完全に解明されている訳ではありません。 長年の実験や研究によって現代では 70%が最も効果的に殺菌をするという事が定説になっています。 濃度が70%以下のアルコール消毒液もありますが、殺菌に時間がかかってしまうので強くオススメは出来ません。 濃度が低いものは無水エタノールを加え、70%にすることをオススメします。 家にある使用期限切れのアルコール消毒液は捨てずに、有効に使いましょう。 新型コロナウイルスでアルコールの需要はまだまだあります。 使用期限切れのものでも、まだまだ 使用可能。 手に使うのが怖い方は掃除にも使えるのでぜひ活用しましょう。 他にもいろいろな記事があるので、ぜひご覧になってください。

次の

アルコール消毒液の販売特集【通販モノタロウ】

アルコール消毒液

アルコール消毒液の手作りでの作り方や効果的な使い方! アルコール消毒液は、先にお伝えしたようにドラッグストア等で簡単に購入できますよね。 アルコール消毒による感染症の予防定義として、 手洗いをしたり、1つ何か行動をしたら適度にアルコール消毒を と言われています。 そうなると消毒液はかなりの量必要になりますし、自宅用と携帯用を家族に持たせていたらすぐに無くなってしまいます。 しかし、アルコール消毒液は 自宅でも簡単に作ることができるんです。 アルコール消毒液を作るのに必要なものは? 無水エタノールと精製水があれば簡単に作ることができます。 無水エタノールは500mlのものが1000円前後で販売されており、精製水は、500ml100円程で販売されています。 どちらもお近くの ドラッグストアで簡単に購入できる商品です。 また、使用する水は精製水ではなく、 ミネラルウォーターでも水道水でも構いません。 ただし、水道水は精製水やミネラルウォーターと違って不純物が多く混入しているため、使用期限が非常に限られてきます。 大量に作っておきたいという方は水道水の使用は控えることをお勧めします。 ちなみに、アルコール消毒液は一般的に ノロウイルスには効果がないと言われています。 ノロウイルス対策には、アルコール消毒とは別に食品安全委員会が推奨している 「 次亜塩素酸ナトリウム」を希釈したものを作成すると効果的です。 今回はインフルエンザに効果があるアルコール消毒液の作り方を紹介していきます。 アルコール消毒液の作り方 作り方の過程はとても簡単です。 ・無水エタノールと精製水を7:3の割合に混ぜる。 これだけで70%濃度のアルコール消毒液ができるのです。 ではなぜ、精製水なしの100%エタノールではダメなのでしょうか。 エタノールは、 濃度が高ければ高いほど蒸発しやすいと言われています。 インフルエンザなどの菌に対して効果を発揮する前に蒸発してしまっては意味がありませんよね。 そのため、水を加えて70%にすることで、効き目と揮発性を安定させることがポイントなんです。 一般的な手作りアルコール消毒液はこれで完成です。 お好みで 抗ウイルス効果も期待できるペパーミントのアロマオイルを入れるのも良いでしょう。 その場合、 アロマオイル対応の容器が必要になることと、 元のアルコール消毒液に対して2~4%の濃度が適量と言われています。 しかしここまでの手作りアルコール消毒液には、市販のものと違う点がひとつあります。 それは 保湿成分が入っているか、入っていないかです。 市販の手指用のアルコール消毒ジェルにはなんらかの保湿成分が入っているものがほとんどです。 それは、アルコール消毒液は菌を取り除くだけではなく 肌に必要な皮脂も取り除かれます。 そのため、手が荒れやすい方は、使用頻度にもよりますが、手 作り消毒液を使う場合はいつも以上に保湿を心がける必要があります。 または、グリセリンなどの保湿成分を自分で配合させて作ることで、ある程度の保湿が期待出来ます。 しかし、その分 コストがかかってしまうというデメリットも出てきますよね。 手作りアルコール消毒液は、簡単に作れますが、手荒れ対策を考えなければ完全に市販のものと代用するのは難しいことが分かりました。 効果的な使い方とは一体? 手作りのアルコール消毒液ですが、いったいどのように使うことがより良い効果を発揮するのでしょうか。 水回りの除菌に 除菌スプレーとして手指消毒だけではなくて、キッチンなどの水回りの除菌にも使用する。 手指の消毒ももちろんですが、スプレー容器などに入れて、 キッチンなどの水回りを除菌して感染症を予防にも使用できます。 煮沸消毒に使用 大きな保存容器等の煮沸消毒に使用する。 ジャムや梅酒などの保存容器はなかなか鍋に入れて煮仏消毒が出来ないと悩まされますよね。 この場合食器洗剤で普通に洗浄した後に、 アルコール消毒液をスプレーしておけば煮沸消毒の代わりとして効果を発揮します。 手指のアルコール消毒用だけではなくて、さまざまな場面で活躍できそうです。 アロマ用や、スプレー用など容器を工夫することで使う用途も増えていきますね。 まとめ アルコール消毒液はご自分で作れそうですか。 自家製のアルコール消毒液を作る上で気をつけなければならない点は• エタノールと水の割合は7:3にして、最近予防効果と揮発性を安定させる。 保湿成分を入れない場合は、使用時の保湿を心がける。 といったところでしょうか。 作ることは簡単に出来ますが、保湿や保存には少し気を配る必要があります。 アロマを加えたり、マイボトルをデコレーションしたりして自分だけのアルコール消毒液を完成させることができれば、感染症対策だけではない日々の癒しにもなりますよね。

次の