経済 産業 省 新型 コロナ。 【経団連発表 】新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン(経済産業省)

新型コロナウイルス感染症対策情報(経済産業省 九州経済産業局)

経済 産業 省 新型 コロナ

・小売業(飲食店を含む): 資本金5,000 万円以下 または従業員 50 人以下 ・サービス業: 資本金5,000 万円以下 または従業員 100 人以下 ・卸売業: 資本金1億円以下 または従業員 100 人以下 ・その他の業種: 資本金3億円以下 または従業員 300 人以下 本助成金の支給限度日数は原則として1年間で100日分、3年で150日分ですが、緊急対応期間中 令和2年4月1日~令和2年9月30日)に実施した休業などは、 この支給限度日数とは別に支給を受けることができます。 令和2年6月12日付けの特例措置により、助成金の 「上限額の引き上げ」と「助成率の拡充」を令和2年4月1日 にさかのぼって適用します。 既に支給決定を行っている事業主などに対して、追加の助成額をお支払いします。 ・差額(追加支給分)も含めて支給します。 ・すでに支給した額との差額(追加支給分)は後日支給します。 差額(追加支給分)は令和2年7月以降に順次お支払します。 ・令和2年9月30日までに次の書類をご提出ください。 15掲載 ・特例措置に関するリーフレット R2. 10掲載 R2. 17掲載 R2. 5掲載 R02. 5掲載 R2. 20掲載 R2. 20掲載 R2. 12掲載(R2. 13 一部修正) R2. 12掲載 (追加支給の詳細については、このリーフレットの裏面をご覧ください。 ) R02. 5掲載 R2.

次の

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について|厚生労働省

経済 産業 省 新型 コロナ

【2020年6月29日】「よくあるお問い合わせ」及び「関連資料」の更新を終了しました。 最新の情報や政府見解は、新しいニュースリリースや各省HPを参照ください。 【2020年6月2日発表資料差し替え】「よくあるお問い合わせ」を追記しました。 (独)製品評価技術基盤機構で行っている消毒方法の有効性評価について、第4回検討委員会が開催され、新たに2種類の界面活性剤が、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。 本件概要 新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、経済産業省の要請に応じ、消毒方法の有効性評価を実施しています。 昨日5月28日、有識者による検討委員会(第4回)が開催され、塩化ベンゼトニウム(0. 01%以上)について、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。 これにより、有効と判断された界面活性剤は次の7種となりました。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. アルキルグリコシド(0. アルキルアミンオキシド(0. 塩化ベンザルコニウム(0. 塩化ベンゼトニウム(0. 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0. 01%以上)【5月28日追加】• ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) これらの界面活性剤の活用について、ポスターを作成している()ほか、NITEのサイトに洗剤のリストを掲載していますので、御活用ください。 なお、「次亜塩素酸水」については、今回の委員会では判定に至らず、引き続き検証試験を実施することとされました。 また、事務局において、「次亜塩素酸水」の販売実態や空間噴霧について現時点での事実関係をまとめ、報告しています。 ( 、) さらに詳しくは、関連リンクにあります独立行政法人製品評価技術基盤機構サイトに、検討委員会資料として公表しておりますので、あわせてご覧ください。 よくあるお問い合わせ 更新を終了しました。 最新の情報や政府見解は、 や各省ホームページ( 、 )を参照ください。 問.「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか? 「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。 現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところですが、塩素濃度や酸性度 pH 等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。 今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。 0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。 問.新型コロナウイルスの消毒には、アルコール以外に何が使えますか? 石けんやハンドソープを用いた丁寧な手洗いで十分にウイルスを除去できます。 物品の消毒には、熱水(煮沸消毒)や塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)に加えて、家庭用洗剤などに含まれる一部の界面活性剤も有効であることが分かりました(本ニュースリリースにおいて発表)。 関連リンク 関連資料• 本委員会についてのお問合せ先 独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース 高見、加藤、吉田 E-Mail:• 電話:0570-550-612.

次の

【経団連発表 】新型コロナウイルス感染症予防ガイドライン(経済産業省)

経済 産業 省 新型 コロナ

【2020年6月29日】「よくあるお問い合わせ」及び「関連資料」の更新を終了しました。 最新の情報や政府見解は、新しいニュースリリースや各省HPを参照ください。 【2020年6月2日発表資料差し替え】「よくあるお問い合わせ」を追記しました。 (独)製品評価技術基盤機構で行っている消毒方法の有効性評価について、第4回検討委員会が開催され、新たに2種類の界面活性剤が、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。 本件概要 新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、経済産業省の要請に応じ、消毒方法の有効性評価を実施しています。 昨日5月28日、有識者による検討委員会(第4回)が開催され、塩化ベンゼトニウム(0. 01%以上)について、新型コロナウイルスに対して有効と判断されました。 これにより、有効と判断された界面活性剤は次の7種となりました。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. アルキルグリコシド(0. アルキルアミンオキシド(0. 塩化ベンザルコニウム(0. 塩化ベンゼトニウム(0. 塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0. 01%以上)【5月28日追加】• ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) これらの界面活性剤の活用について、ポスターを作成している()ほか、NITEのサイトに洗剤のリストを掲載していますので、御活用ください。 なお、「次亜塩素酸水」については、今回の委員会では判定に至らず、引き続き検証試験を実施することとされました。 また、事務局において、「次亜塩素酸水」の販売実態や空間噴霧について現時点での事実関係をまとめ、報告しています。 ( 、) さらに詳しくは、関連リンクにあります独立行政法人製品評価技術基盤機構サイトに、検討委員会資料として公表しておりますので、あわせてご覧ください。 よくあるお問い合わせ 更新を終了しました。 最新の情報や政府見解は、 や各省ホームページ( 、 )を参照ください。 問.「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに効果がないのですか? 「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスに対する効果については、検証試験が継続中であり、まだ結論は出ていません。 現在、効果の検証作業を、関係機関の協力を得て進めているところですが、塩素濃度や酸性度 pH 等の条件によって効果が変化しうるため、評価にあたっては、様々な条件での検証を行う必要があります。 今後、早期に結論を得ることを目標に、検証作業を続けてまいります。 0)で、20秒で感染力を1000分の1まで減少させた例がありました。 問.新型コロナウイルスの消毒には、アルコール以外に何が使えますか? 石けんやハンドソープを用いた丁寧な手洗いで十分にウイルスを除去できます。 物品の消毒には、熱水(煮沸消毒)や塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)に加えて、家庭用洗剤などに含まれる一部の界面活性剤も有効であることが分かりました(本ニュースリリースにおいて発表)。 関連リンク 関連資料• 本委員会についてのお問合せ先 独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース 高見、加藤、吉田 E-Mail:• 電話:0570-550-612.

次の