キングダム ほう けん 最後。 【キングダム】龐煖の死亡が確定!?性格や実力、今後の予想まとめ

【キングダム】龐煖の死亡が確定!?性格や実力、今後の予想まとめ

キングダム ほう けん 最後

現在のキングダムにおいて最大の敵、それは 趙 ちょう の 李牧 りぼく と断言して間違いないでしょう。 かつて 龐煖 ほうけん をけしかけて王騎を挑発して葬り、合従軍編では秦の帝都 咸陽 かんよう まで肉薄し 秦王政 しんおうせい をギリギリまで追い詰めるような戦いぶりを見せ、現在の朱海平原での戦いでは自らワープ戦法を使い秦軍の左翼の総大将の 麻紘 まこう の首を獲り、一時は左翼を崩壊寸前に追い込みました。 さらに、史実の縛りから将来は 桓騎 かんき の軍を撃破してこれを殺害するか、または逃亡させるとされています。 正しく、秦キラーとも呼べる李牧ですが、どうして彼は強いのでしょうか? それは簡単に言うと、李牧の最後の死にザマが余りにも悲惨で救いがないからです。 だからこそ、その強さをアピールし最期の悲惨な死をドラマチックに仕立てようとするのでしょう。 今回は、李牧の最後の死にザマについて解説してみます。 この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• キングダムでの李牧の功績 キングダムの李牧は、知勇兼備で趙の新三大天の筆頭です。 初登場は秦趙戦争の終盤で四万の郡を率いて参戦し行軍の速さで王騎を出し抜き、これを討つという大手柄を挙げます。 そして、この功績から趙において宰相まで昇進しました。 次に秦を滅ぼす為に六カ国合従軍の発起人として函谷関に50万の大軍で押し寄せ、秦国を滅亡寸前まで追い詰めます。 しかし、 蕞 さい 攻略戦に失敗して咸陽を落とす事ができず合従軍も敗戦。 これにより失脚して 匈奴 きょうど との紛争地辺境の 雁門 がんもん へ飛ばされてしまいます。 ですが、その後、どこをどうしたのか始皇帝の八年に宰相に復帰しました。 ところが、趙では暗君の 悼襄王 とうじょうおう が即位して佞臣の 郭開 かくかい が政治を取り仕切きったので李牧は政治の実権はもっておらず、もっぱら軍事だけを担当しています。 その後李牧は、秦の中華統一事業を阻止しようと単身で咸陽に乗り込み、七カ国が平和同盟を結ぶ事で秦王政の中華統一の野望を諦めさせようとしますが、ただ一国の強大な国家による恒久平和を目指す政とは意見が合わず決裂。 秦を必ず叩き潰し滅ぼすと宣言し咸陽を後にしました。 現在は秦の狙いが黒羊丘の防御陣地ではなく、鄴である事を見抜いて逸早く王都から南下し戦陣を整えて、朱海平原で 王翦 おうせん と対峙しています。 李牧キングダム 史実の功績1 : 戦わない指揮官 一方で史実の李牧は、キングダムの李牧とは様子が違います。 李牧は最初から匈奴と趙の国境地帯の雁門で守備隊の長官をしていました。 その戦い方は地味の一言で、給料が安い兵士の為に都市に時々租税をかけては兵士の給与を厚くし、毎日数頭の牛を打ち殺しては宴会を開いて武将達をねぎらい同時に、匈奴のような騎射の術を習わして万が一に備えつつも、基本はスパイと 烽火 のろし を多用した情報網で逸早く匈奴の襲撃を察知して城内に逃げ被害を最小限度に抑えていました。 そして、兵士達には応戦する事を禁じて、破るものは死刑にすると命じました。 このお陰で雁門では、誰も匈奴の危害に遭いませんでしたが、匈奴は悔し紛れに李牧を戦が怖い臆病者と罵り、城内でも匈奴にバカにされても少しも応戦しない李牧に非難の声が上がりました。 その噂を聞いた趙王は李牧に 「たまには打って出て趙兵の強さを見せつけるように」と命じますが、頑固な李牧は自身のやりかたを一切変えませんでした。 怒った趙王は李牧をクビにして、別の将軍を雁門に派遣しました。 次の将軍は積極的に匈奴に戦いを挑みました、しかし、幾ら戦っても趙兵は匈奴に負ける事が多く牛や馬は奪われ物資は取られ、城内の人々はもはや安心して仕事に従事できなくなりました。 趙王は、雁門の治安が不安定になったので李牧を呼び戻そうとしますが、李牧は自宅の門を閉じて頑として招集に応じませんでした。 怒った趙王は無理やりに李牧を自宅から引っ張り出したので李牧は渋々受けますが 「今後、一切、私のやり方に口を出さない事」を趙王に約束させたのです。 キングダムの李牧もかなり頑固ですが、史実の李牧の頑固も相当なものでした。 そして、この李牧の融通が利かない頑固さこそが李牧の最後の悲惨な死に繋がるものだったのです。 李牧キングダム 史実の功績2: 匈奴騎兵十万を全滅させる 復帰した李牧は以前と同じように戦わなかったので、また雁門の将兵は不満を持つようになりました。 そこで、李牧は重い腰を上げ頑丈な兵車を一千三百、騎馬三千頭を選抜、さらに戦功で百金を得た勇者五万人に弓の名手十万人を配置して大演習を行います。 それから大いに家畜を放牧して人民を城外に開放しました。 これを見た匈奴が少し侵入してくると、李牧は勝とうとせずに偽って敗走わざと数千人を城外に置き去りにしました。 匈奴の王はこれを聞いてやはり李牧は臆病者と侮り大軍を率いて侵入してきます。 ここで李牧は砂漠に多くの陣を配置して匈奴の騎兵を翻弄し、 鶴翼 かくよく の陣を用いて匈奴軍を包囲十万騎の匈奴騎兵を殲滅してしまうのです。 これに震え上がった匈奴は、以後十年以上、雁門を襲撃しようとはしませんでした。 史実の李牧も将軍としては漫画の李牧に劣らぬ程に優秀だったのです。 李牧キングダム 史実の功績3 : 廉頗に代わり大将軍になり桓騎を破る 李牧が雁門の守備隊長から中央に招集されたのは、元々趙にいた 廉頗 れんぱ が趙王と折り合いが悪く紀元前244年に魏に亡命したからです。 そこで、趙王は雁門から李牧を呼び出して燕を攻めさせ、李牧は武遂・方城を落とします。 それから、二年後には龐煖が同じく燕の劇辛を撃破しました。 キングダムでは常にバーサクに掛かっている龐煖ですが本当は大変なインテリ武将です。 それから、七年後、秦の桓騎が趙に攻め寄せて趙の将軍、 扈輒 こちょう を破って戦死させ十万の趙兵を斬りました。 追い込まれた趙王は、李牧を大将軍にして秦に対抗させます。 李牧は秦軍を宜安で撃ってこれを撃破し、秦の将軍桓騎を敗走させました。 功績により李牧は、趙から武安君に封じられ王族に列する事になります。 さらに、それから3年後、李牧は秦が番吾を攻めた時にも迎撃して撃破して、秦が奪っていた南の韓や魏の領地まで取り返しました。 史実の秦は戦国時代の晩期はほとんど負けなしですが、唯一趙の李牧と楚の 項燕 こうえん にだけは大敗しています。 これだけ見ても、史実の李牧がいかに傑出した人物なのか分かります。 【次のページに続きます】.

次の

【キングダム】龐煖(ほうけん)の史実における強さと最期

キングダム ほう けん 最後

スポンサーリンク 龐夫妻を襲った悲劇 原泰久『キングダム』628話より引用 とある山間部に広がる小さな集落。 龐 ほう 夫妻の前には、長蛇の列ができていました。 膝を痛めたという青年。 龐先生の妻が足に手をあてます。 すると、不思議と歩けるではありませんか。 青年は大喜びです。 「あっ、歩ける 歩けるよ オイラの右足が治った」 それだけではありません。 龐先生自身も、辛そうにしている爺さんの左肩に手をあてます。 すると、どうでしょう。 動かせなかった左肩が回るではありませんか。 爺さんは治ったことが嬉し過ぎて、グルグルと腕を回転させます。 並んで待っている患者たちも驚いて声をあげました。 龐夫妻の活躍を遠くから眺めていた長老と側近の男。 驚くべき夫妻の力。 長老も「正に天の使いだ」と感服していました。 原泰久『キングダム』628話より引用 この集落は、半年前に流行り病が蔓延。 絶望的なところへ、龐夫妻が不思議な力で救ってくれたのです。 それ以来、話を聞きつけた他の集落の者までやってくるほどでした。 困っている患者が増えても、龐夫妻は笑顔で治していたのです。 龐夫妻はそのまま集落へ留まることを決断。 おかげで、この集落一帯は生気に満ち溢れていました。 全て龐夫妻のおかげです。 長老が感心していると、側近は微笑んで言いました。 「長老、二人ではありません」 側近が言う通り、龐夫妻の間には子供が生まれていました。 治療する二人の側で、カゴのなかで眠る小さな赤子がいたのです。 不思議な力を持った龐夫妻の子供です。 きっと強い力を持って生まれているはず。 長老と側近は微笑ましく眺めていました。 ところが、幸せな空気を壊す事件が発生します。 いつものように治療をしていた龐夫妻。 原泰久『キングダム』628話より引用 そこへ現れたのは、矛を握る大きな体をした謎の男。 なぜか、龐夫妻の赤子をじっと見ています。 謎の男は何も言わず、矛で集落の人達を攻撃。 体をバラバラにされてしまいました。 その場にいた龐夫妻も犠牲となってしまいます。 龐先生は即死。 妻は最後の力を振り絞って、赤子が眠るカゴに手を伸ばしました。 カゴはすでに真っ二つ。 なかにいたはずの赤子の姿がありません。 妻は涙を流してつぶやきました。 「・・・・けん」 原泰久『キングダム』628話より引用 赤子の名前をつぶやき、息を引き取ったのです。 謎の男は赤子をさらったあと、森の中を歩いていました。 泣きわめく赤子。 謎の男の右腕には、求道者の印が描かれていました。 きっと、赤子をさらった男は求道者のひとり。 そして、さらわれた赤子こそ、生まれてまもない龐煖 ほうけん だったのです。 スポンサーリンク 動き出した李牧 原泰久『キングダム』628話より引用 信に斬られた龐煖。 ゆっくりと目を閉じて、その場に倒れました。 目の前には、下を向いて立ち尽くす信がいます。 一瞬訪れる静寂。 信じられるでしょうか。 信が龐煖を倒したのです! 溢れる涙。 飛信隊の仲間達は声をあげます。 「ウオオオオオ 信が、信がっ・・ 龐煖を倒したァァ」 田永と田有は声をあげて男泣き。 河了貂は呆然としたまま涙を流します。 感極まって顔を手で抑える楚水。 慶 けい や昻 こう は尾平に駆け寄ります。 尾平は、信を龐煖から助けるために弟の尾到 びとう を失いました。 さらに、飛信隊の古株であることから、龐煖によって王騎将軍や麃公 ひょうこう 将軍が敗れたところを見ています。 でも、信は倒しました。 尾平は感極まって泣き叫びます。 「あの龐煖を・・ しっ、信が、うっ 俺達の信が討ち取ったァァ」 原泰久『キングダム』628話より引用 拳を空にかかげ、一緒に喜びの雄叫びを上げる飛信隊。 慶と昻も号泣して喜びを爆発させます。 その喚声の輪は、瞬く間に広がりました。 ほかで戦っていた仲間も、信が勝利したと気づきます。 当然、正面後方にいた王翦 おうせん にも伝えられました。 「何やら右翼の飛信隊 信が 趙三大天 龐煖を討ち取ったと」 王翦の周りにいた部下達は驚きを隠せません。 側にいた蒙恬 もうてん と王賁 おうほん も驚いていました。 一番驚いていたのは、二人の戦いを眺めていたカイネ。 周囲の部下も信じられず言葉を失います。 ただ、李牧だけは表情を変えることなく、倒れた龐煖をみていました。 原泰久『キングダム』628話より引用 李牧は導く者として、龐煖の最後をしかと見届けたのです。 そのまま、李牧は信を見つめていました。 信は一切動こうとはしません。 龐煖が敗れたとなれば、李牧本陣を守る壁はなくなりました。 部下は李牧へ逃げるように促します。 呆然としていたカイネ。 龐煖は求道者のひとり。 人の領域を超えた戦いこそが、人の救済に繋がると信じていました。 ところが、立ちはだかる信によって敗れた。 さらに李牧は結局、人は人でしかないと言い切っています。 カイネは声を振り絞るように、李牧へ尋ねました。 「つまり、人は 救われぬということなのですか?」 李牧は即答します。 「そうです 今のところ、龐煖のやり方では 無理だったということです」 カイネは「龐煖のやり方」という言い方に反応します。 ほかに人を救済する方法があるのでしょうか? 原泰久『キングダム』628話より引用 李牧は「人の世を救うと豪語する人間が西にいる」と指摘。 カイネは気づきました。 「・・・秦王 嬴政 えいせい 」 政は、中華統一によって戦のない世界を目指しています。 ですが、政の野望を趙国が許しはしません。 そのためにも、趙軍は敗れるわけにはいかないのです。 李牧は全軍撤退を指示。 ついに李牧が動き出したのです! スポンサーリンク 消えた信の火 原泰久『キングダム』628話より引用 そもそもこの戦いは、趙の巨大都市「鄴 ぎょう 」の攻防戦。 鄴の周りには、今も桓騎軍が包囲しています。 忍び込んだ王翦の部下によって、蔵を燃やして食料難へと追い込むことに成功。 王翦軍は足止めしようと李牧軍へ挑みました。 李牧も本当は王翦の首が欲しかったはず。 総大将の首こそ取れませんでしたが、敵の戦力を削ることができました。 朱海平原で引きはがすには十分の結果。 李牧は馬を走らせながら言ったのです。 「各将校達には後退戦術を伝えてあります 今すぐ全軍戦を解き南下 鄴を解放しに行きます」 李牧の指示によって、動き出す趙軍。 ここで逃がすわけにもいきません。 最初に反応したのは亜花錦 あかきん です。 「喜ぶのはあとにしろ 李牧が逃げるぞ」 つづいて楚水も勢いに乗り、周りへ呼びかけます。 「もはや難敵はいない 今すぐここを抜き李牧を討て!」 走り出す飛信隊の騎馬隊。 李牧に一番近い場所にいるのは飛信隊です。 このまま進めば、李牧を確実に狙えるでしょう。 ところが、右翼の主力だった飛信隊に異変が起こったのです。 原泰久『キングダム』628話より引用 未だに立ち尽くす信。 心配して仲間が駆け寄ります。 田考 でんこう は馬から下りて、自分の馬を使うように信へ話しかけました。 田永も信の体調を心配して話しかけます。 「もうお前は戦わなくて ついて来るだけでもいいし もちろん ここで休んでてもいいぞ」 2人に話しかけられても、信は返事をしません。 返事をしないどころか、ピクリとも動きません。 田考は不思議に思い、うつむいたままの信の顔をのぞきこみました。 「あっ」 大きく叫んで倒れ込む田考。 周りの仲間も、田考の反応を不思議に思います。 指示を出していた河了貂も動きが止まりました。 田永は馬からおりて、信を何度も呼びます。 近くにいた尾平は状況が理解できません。 すると、抱えられていた羌瘣がつぶやいたのです。 「つ・・・尽きていたんだ・・・ 尽きて・・・ ずっと前から もう・・・とっくに・・・」 原泰久『キングダム』628話より引用 悲しそうな表情をして、涙を流す羌瘣。 尾平は信をじっとみつめます。 すると、何かに気づきました。 信の手から落ちた矛。 返事をすることなく、信は力尽きたように倒れてしまいました。 尾平は目を見開き、つぶやいたのです。 「信 あいつ の・・・ 命の火は・・・ 消えていた・・・」 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 628-629 話のまとめ 原泰久『キングダム』628話より引用 今回は、龐煖を倒した喜びも束の間、信がどうやら生きていないという衝撃的な展開となってしまいました。 食糧不足による空腹。 連日の激しい戦いによる疲労。 趙峩龍を討つために負った深手。 けれど、龐煖に挑む信は疲労を微塵も感じさせず、力で圧倒していました。 支えてくれる仲間の思いによって、何度攻撃を受けても立ち上がれていたのです。 隊長として、同志として、自分の夢を叶えるためも、信は自らの命を削って戦い続けたのでしょう。 羌瘣は最初から信の異変に気づいていました。 必死に戦いを止めようとしていたのも分かる気がします。 ただ、気になるのは、このタイミングで龐夫妻について描かれたことです。 龐煖の両親である龐夫妻は不思議な力があり、病気やケガを治すことできました。 もし、龐煖も同じ力があるのならば、奇跡的なことが起こるかもしれませんね。 はたして、命の火が消えた信はどうなってしまうのか!? 次回の展開がとても気になります!.

次の

キングダムネタバレ!李牧と龐煖(ほうけん)の約束とは何か

キングダム ほう けん 最後

「」の人気記事• 龐煖 ほうけん は史実に実在したのか? 先に回答をいうと実在しました。 史実で龐煖という武将は趙にいました。 しかし、キングダムの龐煖とはまったく異なる人物です。 まず史実の龐煖は山籠もりをする人物ではなくどちらかというと武術はしないタイプです。 史実の龐煖は文武に優れた人物として紹介されています。 哲学などに知識が深く優れており、文官が向いているはずなのに大将軍になったという異色の経歴の持ち主です。 最初は文官あがりの将軍と舐められたそうですが、燕の将軍を討つなど大物を討っていき、その後に着実に武功を重ねていきます。 漫画でも劇辛将軍は龐煖によって討たれています。 最初に秦と趙が戦いを始めたときに最初に総大将に任命されたのは違う人でしたが急に王騎に変更されます。 これは相手に龐煖がでてくるという情報をつかんだので王騎がでることになりました。 実は王騎は昔、自分の将来の伴侶になる予定だった女性を龐煖に殺されています。 女性は実は先代の王、昭王の隠し子でした。 訳あって王騎が引き取り養女として育ててきましたが先代の昭王の武才をうけついでおり、その才能を戦場で発揮します。 彼女は 100 個の城を落としてときに、王騎と結婚すると約束をしていましたが、 99 個目の城を落とし次に 100 個目を落塗装とする前の晩、龐煖の奇襲にあい亡くなってしまいます。 こうして復讐劇を繰り広げるようになった 2 人ですがだんだん龐煖との戦いは秦国の王騎優位にすすめていました。 しかし、ギカと呼ばれる弓兵が背後から放った矢を受けたことにより、結局は龐煖に重傷を負わせられることになります。 龐煖は趙国の大将軍という位置づけです。 しかし、上に従うような扱いやすい人物ではなく基本的に彼は自らの実力をもっと高めるため山にこもって修行しています。 さて、龐煖はストーリー上においていつ出てくるかわからず、いきなり現れては戦場をめちゃくちゃにするという特徴的シーンもあります。 王騎を討った秦との戦いでも最初は戦場に姿を現わさなくて、最初は趙軍は一方的に負けていました。 しかし、単独で野営地を単独で襲い、相手の戦力を壊滅させる貢献をしたことで立場は大きく変わります。 結果的に王騎をたおしましたが王騎を超えた実態を得られずに戦後も再び山の中こもり、修行を続ける毎日を送りました。 戦いの終わりにとの一騎打ちで重傷を負ってしまい、彼との決着を着けずに名前だけ覚えておくようにと姿を消します。 王騎より強いわけではなく、しかも信すら重傷を負わされるというまさかの展開で彼の今後にとってある不安がよぎることとなったのです。 キングダムの中で強い武将として常に話題に上がる「龐煖」ですが、実はファンの間で死亡フラグが立っているのを知っていますか? 当初は最強をほしいままにしているような活躍を見せていた龐煖ですが物語が進むにつれて武神と呼べないようなか活躍・展開が起こります。 王騎に負けそうになり逃げてきたり、信との戦いで決着をつけるどころか重傷を負わされてしまいます。 これからの戦いから「自分勝手で命令を無視し、攻撃が遅い」という弱点を見抜かれてしまいます。 そのため、龐煖が「王騎の敵として信に討たれる」という成り行きや結果について前もって見当をつけることが現実味をおびにてきたとファンの間ではうわさされるようになっています。 もともと、王騎を討った相手として憎しみの標的にされる実現する見込みはありましたが、それでもかっこよく、強さとしては問題はないので死ぬようなことは考えにくいというものがありました。 ですから死亡フラグが立ち、近いうち死ぬと予想されています。 龐煖 ほうけん の名シーン・名場面 龐煖の名シーンや名場面について紹介していきます。 我 武神 龐煖也!.

次の