ソニー av アンプ。 ソニーからエントリーAVアンプなどコンポーネントオーディオの新製品が一挙登場

AVアンプ・AVレシーバーのおすすめ人気機種の比較15選【2020】

ソニー av アンプ

最新のデジタルシネマサウンド技術を搭載し、さらにDTSにも対応したESシリーズのAVアンプ。 新デジタルシネマサウンド技術を導入しており、エディティングシアターの残響を加えるシネマスタジオ・モード、高さ方向の表現力とスクリーンとのつながりをさらに改善したバーチャル3D・モード、シネマスタジオ・モードとバーチャル3D・モードを組み合わせたバーチャル・シアターモードを搭載しています。 DSPによるサラウンドモードは全28モードを装備しています。 大規模な音場処理を余裕を持って行えるよう、音場処理専用の新開発32ビットDSPを搭載しています。 また、ドルビーデジタルとDTSのデコードには24ビットDSPを採用しています。 アンプ部にはダイナミック5アンプシステムを採用しており、5チャンネル全てを同一ステージとすることでより迫力のあるサラウンド再生を可能にしています。 電源部にはラップ詰めコアを用いた大型電源トランスを搭載しています。 通常のEIコアトランスではE形とI形の磁性鋼板をそれぞれ個別に積層したあと合体 溶接ないしは接着 してコアを形成しています。 ラップ詰め構造では、E形の上にI形といった具合に交互に積み重ねて形成しており、磁路に断層的に切れている部分がなくなるので、磁束も漏れが減り、オーディオ回路に与える影響を低減しています。 ヒートシンクには有害なフィンの鳴きを抑えるようにチューニングしたアルミ押し出し材使用の大型ヒートシンクを採用しています。 また、ヒートシンク自体もシャーシ本体に強固に固定することで構造的にも振動を低減しています。 脚部には偏心インシュレーターを搭載しています。 このインシュレーターではセンター位置を避けてビス穴を設けており、床から伝わる振動の位相を変えることで打ち消し、シャーシに伝わりにくくしています。 ドルビーデジタル対応のレーザーディスクにも対応するため、AC-3 RF入力を搭載しています。 1ch入力端子を搭載しています。 この端子は3-1方式ステレオの入力端子としても使用できます。 ワイヤレスリモコンが付属しています。 機種の定格 型式 AVアンプ 映像系機器 音声&映像 入力 5系統 映像系機器 音声&映像 出力 2系統 映像モニター出力 1系統 S映像入力 5系統 S映像出力 2系統 S映像モニター出力 1系統 デジタル入力 光:4系統 同軸:1系統 AC-3 RF:1系統 デジタル出力 光:1系統 オーディオ入力 Phono MM:1系統 Line:4系統 5. 5kg 付属 ワイヤレスリモコン RM-TP501•

次の

【レビュー】ソニーの低価格AVアンプ「STR

ソニー av アンプ

2018年4月3日、ソニーからコンポーネントオーディオの新製品が一挙発表された。 今回発表されたのは、AVアンプ2機種、2chアンプ1機種、Dolby Atmosイネーブルドスピーカー1機種。 いずれも、昨今のオーディオシーンを反映したモデルに仕上がっている。 ネットワーク機能を省いてコスパを高めたエントリー向けAVアンプ「STR-DH790」「STR-DH590」 AVアンプの新製品として発表されたのは、「STR-DH790」「STR-DH590」の2機種。 発売日は「STR-DH790」が6月16日、「STR-DH590」が4月21日で、価格は「STR-DH790」が44,500円、「STR-DH590」が33,500円(いずれも税別)となっている。 もともとこの価格帯には7. 1ch対応の「STR-DH770」がラインアップされていたが、「STR-DH770」の後継モデルとして「STR-DH790」をラインアップしたほか、新たに下のクラスに5. 1ch対応の「STR-DH590」を投入しラインアップを拡充させることで、リビングルームのテレビサイドで使うエントリーユーザー層にもアプローチしていくという。 なお、7. 1chの「STR-DH770」は、「Dolby Atmos」「DTS:X」といった昨今のAVアンプのトレンドであるオブジェクトベースのサラウンドフォーマットをサポートしており、7. 1ch構成や5. 2ch構成の本格的なサラウンド環境を構築できるが、「STR-DH590」は非対応となっている。 1ch対応AVアンプ「STR-DH790」 「STR-DH790」の背面 自動音場補正機能は、「STR-DH590」が「D. C(デジタル・シネマ・オート・キャリブレーション)」、「STR-DH770」が「D. C」の基本機能に31バンドのグラフィックイコライザー補正機能を追加した「アドバンストD. 」となっている。 独自のデジタル音場処理技術で、フロントスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」は両モデルとも搭載する。 自動音場補正機能で使用する付属マイク 専用リモコン ネットワーク機能は、Google「Chromecast」やAmazon「FireTV Stick」といった小型のメディアプレーヤーが普及してきたこともあり、コストパフォーマンスを高めるために省略。 また、両モデルともNFCとBluetooth機能を搭載し、NFC対応スマートフォンやウォークマンに保存されている音楽をワイヤレスで手軽に楽しめるようになっていることもあり、USB接続によるウォークマンのダイレクト再生は非サポートとなっている。 Xエンボスデザイン採用の新FBシャーシを採用し、高い剛性を維持しつつ、さらなる小型化を実現。 高さを133mmに抑えたことで、ラックの高さがあまりないようなローボードにも収納できるようになっている。 HDMIは入力4系統、出力1系統。 HDRは、HDR10、HLG、Dolby Visionに対応する。 レコードプレーヤーとの組み合わせに最適! フォノイコ内蔵2chアンプ「STR-DH190」 「STR-DH190」は、MMカートリッジ対応のフォノイコライザーを内蔵しており、レコードプレーヤーと組み合わせて簡単にレコードを楽しめる2Chアンプ。 ソニーとして久々の2chアンプで、昨今のアナログレコードと組み合わせて手軽に使える製品を目指して開発したという製品ということもあり、価格はなかなか手ごろな24,500円(税別)となっている。 2chアンプ「STR-DH190」 1系統のフォノ入力や4系統のアナログRCA入力に加え、Bluetooth機能も備えており、スマートフォンやウォークマン内蔵の音源なども手軽に楽しめるようになっている。 発売日は4月21日だ。 「STR-DH190」の背面 CSシリーズとの組み合わせに最適なDolby Atmosイネーブルドスピーカー「SS-CSE」 「SS-CSE」は、同社初となるDolby Atmosイネーブルドスピーカーだ。 パッケージは2本ペア。 発売日は4月21日で、価格は24,500円となる。 型番からも分かるとおり、CSシリーズとデザインや音響思想などを統一したモデルで、スピーカーユニットは、CSシリーズでおなじみの独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を振動板に採用した100mmのフルレンジ1発構成となっている。

次の

ソニー、待望のAtmos/DTS:X AVアンプ。TVラックに入る7万円台の「STR

ソニー av アンプ

最新のデジタルシネマサウンド技術を搭載し、さらにDTSにも対応したESシリーズのAVアンプ。 新デジタルシネマサウンド技術を導入しており、エディティングシアターの残響を加えるシネマスタジオ・モード、高さ方向の表現力とスクリーンとのつながりをさらに改善したバーチャル3D・モード、シネマスタジオ・モードとバーチャル3D・モードを組み合わせたバーチャル・シアターモードを搭載しています。 DSPによるサラウンドモードは全28モードを装備しています。 大規模な音場処理を余裕を持って行えるよう、音場処理専用の新開発32ビットDSPを搭載しています。 また、ドルビーデジタルとDTSのデコードには24ビットDSPを採用しています。 アンプ部にはダイナミック5アンプシステムを採用しており、5チャンネル全てを同一ステージとすることでより迫力のあるサラウンド再生を可能にしています。 電源部にはラップ詰めコアを用いた大型電源トランスを搭載しています。 通常のEIコアトランスではE形とI形の磁性鋼板をそれぞれ個別に積層したあと合体 溶接ないしは接着 してコアを形成しています。 ラップ詰め構造では、E形の上にI形といった具合に交互に積み重ねて形成しており、磁路に断層的に切れている部分がなくなるので、磁束も漏れが減り、オーディオ回路に与える影響を低減しています。 ヒートシンクには有害なフィンの鳴きを抑えるようにチューニングしたアルミ押し出し材使用の大型ヒートシンクを採用しています。 また、ヒートシンク自体もシャーシ本体に強固に固定することで構造的にも振動を低減しています。 脚部には偏心インシュレーターを搭載しています。 このインシュレーターではセンター位置を避けてビス穴を設けており、床から伝わる振動の位相を変えることで打ち消し、シャーシに伝わりにくくしています。 ドルビーデジタル対応のレーザーディスクにも対応するため、AC-3 RF入力を搭載しています。 1ch入力端子を搭載しています。 この端子は3-1方式ステレオの入力端子としても使用できます。 ワイヤレスリモコンが付属しています。 機種の定格 型式 AVアンプ 映像系機器 音声&映像 入力 5系統 映像系機器 音声&映像 出力 2系統 映像モニター出力 1系統 S映像入力 5系統 S映像出力 2系統 S映像モニター出力 1系統 デジタル入力 光:4系統 同軸:1系統 AC-3 RF:1系統 デジタル出力 光:1系統 オーディオ入力 Phono MM:1系統 Line:4系統 5. 5kg 付属 ワイヤレスリモコン RM-TP501•

次の