ダニ 噛ま れ た。 マダニに噛まれたら処置はどうする?症状や取り方、病院へのかかり方

マダニに噛まれた時の取り方は?噛み跡の特徴や消えない場合の対処も

ダニ 噛ま れ た

この記事でわかること• ダニの繁殖条件• 人やペットへの健康被害• ダニが好む場所とダニ対策• 大量発生時の駆除方法• ダニ対策用の便利グッズ• プロのダニ駆除と料金相場 目次 1.ダニの特長 ダニといえば、掃除をしていない場合に増え、刺されると痒い害虫というイメージを持っている方が多いと思います。 間違ってはいませんが、ダニが大量繁殖する場合の条件はもっと細かく、また痒み以外にもさまざまな健康被害の原因となる場合があります。 以下でダニが大量に増えてしまう場合の環境の詳細と、ダニによって引き起こされる健康被害やペットへの影響についてご説明します。 1-1.繁殖条件 ダニはどんなに掃除が行き届いている家でも必ず潜んでいるもので、生息数をゼロにすることは不可能です。 「ダニが必ずいる」と聞くとあまり気持ちのいいものではありませんが、健康被害が出ていなければそこまで神経質になって駆除を考える必要はありません。 しかし、大量発生した場合のみ、刺されて痒みが出たり、アレルギーの原因になったりするなど、健康被害を被る危険が出てきます。 以下の条件を満たした環境で、ダニは大量に繁殖すると言われています。 気温20~30度(特に25~28度)• エサ(ホコリや食べカス、人間のフケ、カビなど)が豊富にある• 身を潜められる場所がある 気温と湿度は特に梅雨の時期が要注意ですが、最近の住宅は密閉性が高く、冬でも温かいのでダニが繁殖するケースも少なくありません。 また、人間にとって汚いと感じる汚れやホコリはほぼすべてダニのエサになると思ってください。 よって、掃除を怠っている部屋や、干していない布団や敷きっぱなしのカーペットはダニにとってエサが豊富な環境となります。 なお、ダニは非常に小さい虫なので隠れる場所はどこにでもありますが、特に要注意なのが閉めっぱなしのクローゼットや押入れです。 冬場に使われフケや汚れが付いたままの衣類や布団などが入れっぱなしの夏場のクローゼットや押入れは、気温・湿度・エサ・身を潜める場所のすべてが揃った、ダニにとってパラダイスともいえる環境となってしまいます。 1-2.人間やペットに与える影響 ダニが人に与える健康被害として代表的なものは、刺されたことによる痒みや炎症です。 ダニの中でも「イエダニ」や「ツメダニ」は人を刺す種類のダニで、刺されると蚊と同じように腫れあがりますが、その期間は長く一週間から長いときで数か月治らないこともあります。 また、「ヒョウダニ」などは人を刺しませんが、ダニ自体やそのフンなどが大量にあると、喘息や鼻炎などのアレルギーの発症を招く恐れがあります。 さらに、最近メディアでもよく取り上げられていますが、 その危険性から別名「殺人ダニ」とも呼ばれる「マダニ」には要注意です。 マダニは他のダニに比べて体長が3mm程度と肉眼で確認できるほど大きく、通常は山の中や公園などの屋外に生息しています。 犬や猫などに寄生するダニなので、散歩などでペットを外に出したときに寄生され家に侵入する恐れがあります。 マダニはペットのみならず、人間にも感染する危険な感染症を媒介するダニなので、刺されると発熱や嘔吐、最悪の場合死に至るケースもあります。 2.場所ごとに! 日頃から行うダニ対策の仕方 ダニ対策の基本は住まいをきれいにしておくことですが、家の中でも特にダニが繁殖しやすい場所があります。 最近少し痒いような……と感じている方や、小さな子供がいて絶対にダニ被害に遭いたくない!という方は、そういった場所を念入りにお手入れする必要があります。 以下でダニが増えやすい場所ごとに、効果的な対策を詳しく説明します。 2-1.布団 布団は家の中でもっとも多くダニが発生する場所だと言われています。 少し前までは、布団のダニ対策でもっとも有名な方法はこまめな天日干しだと言われていましたが、最近ではそれでは不十分という説が濃厚です。 天日干しの場合、布団表面にいるダニしか効果がないので、奥に潜んでいるダニの退治までは難しいようです。 また、布団に掃除機をかけてダニを吸ってしまうという方法も有名ですが、ダニが布団の繊維にしがみついて掃除機の吸引から逃れたり、布団奥のダニまでは吸い出せていなかったという実験結果もあります。 そんな布団のもっとも効果的なダニ対策は、ズバリ高温乾燥です。 家庭用の乾燥機で布団の乾燥は難しいですが、コインランドリーの多くに大型の高温乾燥機が設置されていて、それなら厚手の布団も乾燥可能です。 ものの30分程度高温乾燥するだけで、布団に生息しているほとんどのダニを駆除することができます。 ただし、布団を乾燥機にかけるだけではダニの死骸が布団についたたままです。 死骸は人を刺すことはありませんが、アレルギー発症の原因になる可能性があるので、乾燥後は必ず掃除機をかけて、死骸を除去するのを忘れないようにしましょう。 なお、 ダニを寄せ付けないためには、布団の高温乾燥を、3か月に一度くらいの頻度で行うのがおすすめ。 あとはこまめに天日干しもし、そのあと掃除機でかけるようにすれば、布団のダニに悩まされることはなくなるでしょう。 家庭用の布団乾燥機の使用もおすすめです。 ちなみに、天日干し後の布団叩きはNGです。 もし、ダニが布団の中に産卵していた場合、叩くことで卵が飛び散ってしまうためです。 2-2.マットレス マットレスも布団と同様で、もっともダニが繁殖しやすい場所であり、対策も布団と同じ方法が効果的です。 しかし、マットレスは布団と違ってコインランドリーの高温乾燥機は使えず、干すのも手軽には行えないので、対策が難しいですよね。 よってマットレスは布団よりも日頃からこまめに対策を行う必要があります。 掛け布団を外してのこまめな掃除機がけは、毎日の掃除のついでに行ってください。 ダニは頭のフケやアカなどを特に餌として好むので、特に枕元を念入りに。 そして天気がいい日は窓を開けて寝室に風を入れ、マットレスを乾燥させましょう。 時間があるときは、ベッドからマットレスを外して立てかけ、窓際に干すとマットレスの奥まで乾燥させることができます。 そして家庭でできるマットレスのダニ対策でもっともおすすめなのが、布団乾燥機の使用です。 やはりダニは熱に弱いので、布団乾燥機で温風を送ってマットレスの湿気を飛ばすことが非常に有効です。 天気の悪い日でも天日干し以上の効果が得られるため、小さな子供がいる家庭など、特にダニに注意しなければならない場合は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。 また、徹底的にマットレスをきれいにしたい!という方は、プロによるがおすすめです。 2-3.カーペット 床の上に敷いているカーペットは、髪の毛やホコリ、食べカスなどのゴミが溜まりがち。 湿気もこもりやすいためダニが繁殖するのに打ってつけの場所です。 カーペットも、布団と同じように高温乾燥がもっとも効果的ですが、布団と違ってコインランドリーの乾燥機は使用できないカーペットも多いですよね。 そんな場合におすすめなのが、スチームアイロンです。 焦げ付き防止のためにカーペットの上に湿ったタオルを載せてから、熱をカーペットの奥まで浸透させるように、ゆっくりアイロンをかけましょう。 そしてそのあと、死骸除去のために掃除機をかければOKです。 2-4.畳 畳はイ草という天然素材が使われています。 このイ草は湿気を吸収する性質があり、部屋の湿度を快適にする役目があるのですが、その分畳には湿気が溜まってしまいます。 また、畳の目にはホコリや食べカスといったダニのエサが入り込みやすいため、畳はダニにとって絶好の繁殖地ともいえます。 そんな畳の効果的なダニ対策の仕方は、畳を外して天日干しにすることです。 日当たりのいい日に、風通しのよい場所に干して畳を乾燥させることで、ダニが寄り付きにくくなります。 干したあとは、畳全体に掃除機をしっかりかけて死骸の除去を行うのを忘れないようにしてください。 また、天日干し後はダニを寄せ付けないために、毎日の掃除機がけと、一週間に一度の拭き掃除(固く絞った雑巾で)を行うようにしましょう。 2-5.ソファ ダニといえば布団や畳が発生しやすいというイメージが強いようですが、布張りのソファも要注意です。 家族が毎日腰掛けるソファは、皮脂汚れや食べカスなどが付着しやすく、湿気もたまりやすいので、布団、カーペットに次いでダニが繁殖しやすい場所と言われています。 ソファのダニ対策は、表面の布カバーが外せるなら簡単で、カバーを洗って乾かし、カバーを付ける前にソファ本体に念入りに掃除機をかければOKです。 布ソファのほとんどはウレタンという素材で作られていますが、ウレタンは布団に使われている綿と違って、内部にまでダニが侵入することはあまりありません。 よって、布カバーに生息しているダニを除去し、ソファ本体のホコリを掃除すれば十分なダニ対策となります。 しかし布カバーが外せないソファの場合は、カバーを丸洗いすることができないため、別の方法でソファ表面のダニを除去しなければなりません。 おすすめはマットレスの場合と同様、布団乾燥機でダニを死滅させてから、掃除機で死骸を除去する方法です。 もし布団乾燥機がないなら、ドライヤーでもある程度の効果が期待できます。 なお、アイロンの使用もダニ対策には効果的ですが、スチームアイロンを使うとソファが濡れてしまい、物によっては劣化をさせてしまう恐れもあります。 スチームアイロンの使用は、取扱説明書などでソファの耐水性を調べてから行うようにしてください。 また、ソファを徹底的にきれいにしたいという方は、プロによるというサービスがあるので、依頼を検討してみてはいかがでしょうか。 3.ダニが大量発生してしまった場合の駆除の仕方 最近少し痒いかも、たまに刺されている……というぐらいなら、前項であげた対策を行い、こまめな掃除と換気をして湿度を下げるようにすれば、ダニの被害がそこまで広がることはないでしょう。 しかし、寝る度に刺されている、ダニが動いているのが見える、という場合は、ダニが大量発生しているので、一刻も早く徹底的な駆除を行う必要があります。 以下に、ダニが大量発生してしまった場合の駆除の手順を詳しく説明するので、早急に行ってください。 3-1.燻煙剤を使う まずは、いま生息しているダニを死滅させましょう。 部屋を閉め切った状態で、市販のダニ駆除用の燻煙剤を使います。 使い方は商品にもよりますが、一般的には 戸棚・引き出し・クローゼットなど、ダニが生息してそうな場所はすべて開放した状態にし、 家電・観葉植物・ペットなどは別の部屋に移動したり、カバーをかけるなどしてから使用します。 そして既定の時間が過ぎたら、薬剤を吸い込まないように注意して部屋に入り、部屋の換気を十分に行います。 ダニが大量発生している場合、一度の使用ではダニを退治しきれず、すぐにまた増えてしまうケースが多いので、短いスパンで何度か使用してください。 なお、小さな子供やアレルギーを持っている家族がいるけど、使って大丈夫なの?と心配な方もいると思いますが、使用上の注意をしっかり守れば問題なく使用することができます。 それでも不安な方は、殺虫作用は低くなりますが、低刺激の燻煙剤も販売されているので、そちらを使用するとよいでしょう。 3-2.徹底掃除を行う 燻煙剤でダニを駆除したら、部屋を入念に掃除します。 毎日の掃除機掛けはもちろんのこと、前項で説明したソファやカーペットなどのダニ対策も、できることはすべてやりましょう。 ホコリや食べカス、人間のフケなど、人が汚いと思うものはすべてダニの餌といっても過言ではありません。 部屋をとにかく清潔することが、ダニの駆除では大切です。 3-3.湿度を低めに保つ ダニは条件が揃うと爆発的に繁殖してしまう厄介な生き物ですが、乾燥に弱く、脱水すると数日から二週間程度で死滅してしまうという脆弱な一面もあります。 よって住まいの湿度を低めに保つことに気を付けるだけで、ダニが大量発生することはほぼありえません。 梅雨などの湿潤な時期は、除湿器やエアコンの除湿機能を使用して湿度を下げてください。 4.ダニ対策のためのおすすめグッズ ダニの増殖を防ぐためには、上述した通り、こまめな掃除とダニが集まりやすい場所の念入りお手入れが大切です。 しかし布団やマットレス、ソファなどへの頻繁な対策は時間も取られますし、なかなかの重労働ですよね。 そこで、ダニ駆除の負担を少しでも減らすためのおすすめグッズをいくつかご紹介します。 布団や畳の下へ敷くだけのものや、スプレーするだけで1か月はダニを寄せ付けない効果のあるものなど、少しの労力で高い効果が得られるものが多いので、自分に合ったグッズをぜひ使ってみてください。 4-1.シート・マット ダニ対策グッズの中でもっとも人気なのが、ダニを退治する成分や、忌避剤の効果のあるシートです。 布団とシーツの間や、ソファの隙間などに置いておくだけで効果があります。 手入れのしづらいマットレスや畳などにも使えますし、使用期限が過ぎたらゴミ箱に捨てるだけでいいので使用方法もとても簡単です。 4-2.スプレータイプの忌避剤 ハーブや体に安全な薬剤の力でダニを寄せ付けない効果のあるスプレーです。 人間に害のある成分は含まれていないので、カーペットや布団、ぬいぐるみなどにも安心して使用することができます。 商品にもよりますが、一度スプレーすれば一か月程度効果が持続します。 4-3.置くタイプの忌避剤 ダニの忌避に効果のあるハーブの成分がメインで内包されている、置くタイプの忌避剤です。 クローゼットや押入れなどの密封空間に置いておくと高い効果が得られます。 匂いが若干強いかもしれませんが、安全な成分しか使われていないので、子供やペットがいる家でも安心して使うことができます。 4-4.布団乾燥機 ダニ対策の仕方でも何回も登場しましたが、熱と乾燥に弱いダニに効果的なのが、布団乾燥機です。 使用するだけで、 熱と乾燥のWの力でダニを徹底的に駆除してくれるので、非常に高い効果を発揮します。 また、上述した通り布団だけではなく、マットレスやソファにも使用できる優れものです。 天気が悪い日でも天日干し以上の効果が得られるので、特におすすめのダニ対策グッズです。 5.ダニの駆除をプロに依頼した時の詳細 5-1.サービスの流れ プロにダニの駆除を依頼した場合、まず駆除作業前に被害状況や使用する薬剤の安全性の確認などのヒアリングがあります。 そのあと、自宅にプロが訪問して実際に駆除作業を行います。 ダニの繁殖状況によっては、後日再度訪問してもう一度駆除作業を行う場合もあります。 プロに駆除してもらったのに、すぐにまたダニが繁殖してしまった……という声も多いですが、優良な事業者では駆除後一定の期間内にダニの被害にあったら、無償で再度駆除してくれるという保証を行っているところが多いです。 依頼時に確認してみましょう。 5-2.料金相場 ダニ駆除の料金は、事業者の料金設定や駆除する部屋の広さによって異なります。 広さごとに基本料金が設定されてる場合が多く、 平均的な基本料金の相場は10平米あたり15,000~25,000円ほどです。 基本料金で設定されている部屋の広さよりも広い場合に、1平米辺り2,000円プラスなどというように料金を加算していく事業者が多いです。 中には、期間を開けての2回目の駆除を割安で行ってくれるおトクなプランや、年間契約をすると定期的に駆除作業をしてくれるサービスを行っている事業者もあるので、予約時に確認してみましょう。 6.ダニ駆除のプロ選びに困ったら ダニが大量発生してしまった場合は、薬剤の使用や徹底的な掃除によって自力での駆除が可能な場合もあります。 しかし一度大量に増えてしまうと、駆除しても駆除しきれなかったダニが繁殖をしてすぐに増えてしまうので、健康被害がなくなるレベルにまでダニを減らすには相当な努力が必要です。 よって、毎日のようにダニに刺されて痒みに悩んでいる場合は、早急なプロへの依頼をおすすめします。 くらしのマーケットには、が多数出店しています。

次の

マダニに噛まれたら治療は皮膚科へ行くべき?治療薬や治療方法は?

ダニ 噛ま れ た

被災地でも危惧される大型ダニ 「フジロック・フェスティバル」は終了しましたが、いわゆる『夏フェス』は、まだまだ各地で開催されます。 会場が自然に囲まれたロケーションもあるでしょう。 また、この季節は山や河川にレジャーに出かけることも多いと思います。 そうした場所の草むらに、 「殺人ダニ」とも呼ばれるダニが潜んでいることがあります。 それが「マダニ」です。 「殺人ダニ」と呼ばれる所以は、「マダニ」に噛まれたことで感染症になり、死亡してしまう例が、ここ数年相次いだからです。 「ダニ」と聞くと、家の中の畳やカーペットに住む、目に見えない小さな生物を連想しますが、「マダニ」はそれとはまったく別の種類の生き物です。 家ダニより、ずっと体が大きく、通常時でも3mm~4mm程度、小型のテントウムシぐらいの大きさです。 北海道から南西諸島まで、日本全国に生息しています。 主に、山中の茂み、裏山や畑、河川近辺に生息しますが、郊外の住宅地や都市部の草かげにも潜んでいます。 草むらがあるところなら、どこにでも生息しているのです。 「マダニ」の活動は、気温が高いと活発化することから、今後は豪雨被災地での「マダニ」発生も危惧されています。 強力に食いつき、1週間にわたって吸血 「マダニ」の最大の特徴は、とりついた相手(宿主)から吸血すること。 「マダニ」は、草むらの葉陰で、動物や人を待ち伏せしています。 葉っぱに潜みながら、体温、振動、二酸化炭素、匂いなどで宿主を感知するのです。 そして、宿主(人間やイヌ・ネコ等)が直接植物に触れたときに、うまく乗り移って寄生します。 このとき、「マダニ」はノミのようにジャンプしたりはしません。 そのため、気が付かないうちに衣類や肌に付着していることがあります。 宿主の体表に乗り移れた「マダニ」は、まずその動物の皮膚が薄くて吸血しやすい部分を探します。 わきの下、足首、膝の裏、髪の毛の中などが吸血ポイントです。 ポイントを選んだ「マダニ」は、鋭い歯で咬みつきます。 さらに、ノコギリのような歯を皮膚の奥に差し込み、セメント物質を分泌して固着するのです。 ちょっとやそっとでは取れません。 そうして、宿主から1週間以上の時間をかけてゆっくりと、そしてたっぷりと血を吸い上げていきます。 吸血で肥え太り、ついには宿主の体で交尾も! 寄生から日が経つにつれ、「マダニ」は吸った血でどんどん大きくなっていき、ついには風船のようにパンパンに膨れ上がります! 何と、体重は100倍以上に。 全長は1cmを超えるぐらいにまで大きくなります。 1週間以上にわたる吸血を済ませたあとは、一度宿主の体から外れ、脱皮の時間を設けます。 その後、再び別の宿主を見つけて吸血し、それが終わればまた脱皮。 このサイクルを3回繰り返し、3度目の吸血の際には、宿主の体の上で交尾を行うのです。 無理に引きはがすのは絶対NG! ちょっとゾっとしてしまいますが、「マダニ」の唾液には麻酔物質が含まれており、吸血されていても、気付かないことが多いようです。 血を吸ってどんどん大きくなっていく過程で、寄生されていることに気付くようです。 ただし、寄生に気付いても「マダニ」を無理にひきはがすことは止めて下さい。 無理に引き抜こうとすると、「マダニ」の頭部や差し込まれている突起物が体内に残ってしまいます。 「マダニ」の体が一部でも残ると、後に炎症や感染症をきたすことがあります。 これが怖いのです。 また、「マダニ」を強く掴むことで、「マダニ」の体液が逆流、自分のからだに「注射」することになりかねません。 こちらも感染症のリスクが高まってしまいます。 では、「マダニ」の寄生に気づいたら、どうすればいいでしょうか。 「マダニ」専用のピンセットも売られていますが、一番確実なのは病院にいくことです。 最寄りの皮膚科を受診し、除去してもらいましょう。 ただしメスを入れて切開することもあります。 噛まれることで、致死率高い感染症に! さらに、最も怖いのは、「マダニ」に寄生・吸血されることで感染症になることです。 「日本紅斑熱」「ライム病」「重症熱性血小板減少症候群SFTS」などの感染症を媒介されることがあります。 中でも、 「重症熱性血小板減少症候群SFTS」は、6%から30%と致死率が高い疾患です。 感染者も増加傾向にあり、近年 死亡例が相次ぎました。 「SFTS」は11年に中国で発見され、日本でも13年に初めて患者が報告されました。 現在までに,全国で355例の症例が確認されており、うち63例で死亡しているのです(平成30年6月27日現在)。 感染すると6日~2週間の潜伏期を経て、嘔吐、下痢、頭痛などを引き起こし、倦怠感、リンパ節のはれ、出血症状などの症状が現れます。 意識障害が起きて重症化することがあり、最悪の場合、死に至ります。 ただ、初期症状は風邪に似ているため、患者本人が「SFTS」だと気づかないことが多いようです。 感染の報告は「マダニ」の活動が活発な、3月から11月ごろまでに集中します。 「SFTS」に抜本的な治療法はありません。 有効な薬剤やワクチンは無く、対症療法的な治療を施すしかありません。 さらに16年、50代の女性が、「SFTS」に感染した野良猫にかまれたことで「SFTS」を発症し、数日後に死亡するという例が報道されました。 自分自身はマダニに噛まれていなくても、「SFTS」を発症している動物の体液に触れることで、人にも感染することが確認されたのです。 厚労省でも、ペットが体調を崩したら動物病院を受診するように注意喚起しています。 温暖化などの気候変動、自然環境の変化によって、「マダニ」の生息域が広がりつつあり、世界各国で警戒が呼びかけられています。 20cm以上の草があれば、「マダニ」がいる可能性は十分にあります。 これから秋にかけて、草むら等に近づく際には、肌の露出を避けましょう。 長袖・長ズボンを着用し、帽子や手袋なども利用しましょう。 また、帰宅時には衣類をチェックし、家の中に「マダニ」を持ち込まないことも大切です。 人間だけでなく、ペットのイヌやネコにも寄生しますので、同様の注意が必要です。 千春皮フ科クリニック 院長 渡邊千春(医学博士).

次の

マダニに噛まれた時の取り方は?噛み跡の特徴や消えない場合の対処も

ダニ 噛ま れ た

高温・多湿を好むダニは5~9月に特に繁殖しますが、近年は暖房が普及しているため冬でも多く生息しています。 繁殖しやすい条件が揃うと、1組のつがいが2ヵ月後には約3,000匹、さらに4ヵ月後には約450万匹…というように爆発的に増殖してしまうダニ。 また、フケやアカなどのエサがたった1gあれば、約300匹が生息できてしまいます。 繁殖力が驚異的です。 家にいるダニの7~9割を占めるのがヒョウヒダニ類。 その中でも比率の高いヤケヒョウヒダニは0. 2~0. 4mm程度のサイズです。 肉眼では判別が難しいですが、ほぼ1年中いるダニで、布団、カーペット、布製のソファなどをはじめ、人間が生活しているほとんどの場所に生息していると言われています。 肉眼で確認できないから実感がなく、つい油断してしまいがち。 でも、確実にいるのがダニなのです。 (左)コナヒョウヒダ二 (右)ヤケヒョウヒダニ 覚えておきたい、人を刺す2種類のダニ。 家にいるダニの7~9割を占めるヒョウヒダニ類は死骸やフンがアレルゲンになってしまうため困った存在ですが、人を刺すことはありません。 このヒョウヒダニや食品につくコナダニを捕まえてその体液を吸って生息しているのが ツメダニで、刺されると赤く腫れてかゆみが1週間ほど続きます。 もう1種類の人間を刺すダニが イエダニ。 刺すだけではなく、ときには吸血して感染症を媒介することもある迷惑な存在です。 主にネズミに寄生していますが、ネズミが死ぬと、新たな寄生先として人間をターゲットにすることも…。 その際、太ももや腹部など、皮膚の柔らかい場所を探して吸血します。 もしもネズミを家で見かけた際は、ダニの駆除も同時にしておくと良いでしょう。 (左)ツメダ二 (右)イエダニ 布団に3億匹のダニがいることも! 天日干しや布団叩きは効果がある?.

次の