ドコモ光 特典。 ドコモ光セット割

ドコモ光 豪華WEB特典お申し込みサイト

ドコモ光 特典

【ドコモショップでドコモ光を契約するデメリット】• 申し込み時に適用されるキャンペーンがイマイチ• 店員さんがネット回線に全く詳しくない可能性もある• いつの間にか無駄なオプションが契約される可能性がある それぞれについて詳しく見ていきましょう。 申し込み時に適用されるキャンペーンがイマイチ 最大のデメリットとも言えるのが、冒頭でも記載したキャンペーンについてです。 申し込みを行う店舗によっては独自のキャンペーンを導入していることもありますが、多くのドコモショップで適用される申し込み時のキャンペーンは以下のものしかありません。 【ドコモショップで適用されるドコモ光の申し込みキャンペーン】• ドコモ光の開通工事費が無料 期間限定• 最大10,000ptのdポイントプレゼント 確かに何もなしで契約するのと比べるとお得に見えるかもしれませんが、 他の申し込み方法と比較するとこのキャンペーン内容はかなりイマイチであることが分かります。 【コラム:どうしてドコモショップはキャンペーンが少ないの?】 ここで紹介している通り、ドコモショップのキャンペーンはイマイチです。 「どうしてドコモショップのキャンペーンはイマイチなの?」と思う人がいるかもしれませんが、理由はシンプルに 『様々な点で費用がかかる』からになります。 例えば、店舗でのドコモ光販売には『人件費・施設費・公共費』など様々な費用がかかりますが、ネットでの申し込みの場合、こういった費用を大幅に削減することが可能です。 そこで浮いたお金をキャッシュバックなどに回しているということになります。 店員さんがネット回線に全く詳しくない可能性もある ドコモショップに行くと、店員さんの案内に従ってドコモ光を契約します。 「店員さんに案内してもらえるなら安心して契約できる」と思っている人もいるかもしれませんが、 必ずしも店員さんがネット回線に詳しいというわけではありません。 実際以下のような口コミもある程度見受けられます。 親がドコモ使ってて、携帯変えたときにネット回線も一緒にした方が得ですよってことで今回の感じになってんだけど、 軽く調べたら工事の日程決まるまで時間かかる、ショップ店員が最初に言ってたことと違って料金かかるとか色々ひどいのがボロボロ出てくんな — 茂吉。 mokichimaru いやマジでドコモショップの店員もっと勉強しろと思う。 対応遅いしネット回線引っ越しの件曖昧だし説明が下手すぎる。 ドコモマジ。 そのため、 お店で言われたことを鵜呑みにしないことも重要になります。 しかし、もちろん店員さんの中にはしっかりと細かい点まで教えてくれる人もいますので、そういった人を引けた場合は満足のいく説明を受けることが可能です。 いずれにしろ、店員さんが常に全てを教えてくれるわけではないということを覚えておくといいかもしれません。 いつの間にか無駄なオプションが契約される可能性がある 上の話と少し被りますが、店頭での契約はオプションにも注意しなくてはなりません。 先日、ドワンゴ ニコニコ動画などを運営している会社 の社長『夏野剛さん』のツイートでも話題になりましたが、 不必要なオプションを知らぬ間に契約させられる可能性があります。 最近スマホの名義替えしたので請求書を紙で届くようにしたら、こんなの発見。 76歳の母になんてひどい押し売りしてるんだろう。 いくら本人同意とはいえ総務省はこういうのをやめさせるべきじゃないのか。 もちろん母は契約時のショップ店員トークを覚えてない。 OBとして情けない。 — 夏野 剛 Takeshi Natsuno tnatsu これはスマホの話ですが、ネット回線でも同じように起きる可能性は十分にあります。 ある程度知識がある人であればしっかりと断ることができますが、そうでない人であればいつの間にか契約させられ、高額な月額料金が請求されるかもしれません。 もちろん上記同様、しっかりとした店員さんであれば何の問題もありませんが、そういった可能性があるのは大きなデメリット言えるでしょう。 良い店員さんか、はたまた悪い店員さんかを見極めるのは難しい作業になりますので、ドコモショップで契約する際は、一通り内容を聞いた後にその場で契約せず、 一度持って帰ってから再検討することでリスクを避けることができます。 営業に負けてその場で契約しないように注意しましょう。 ここまで、ドコモショップで申し込みをする場合のメリット・デメリットを紹介しました。 人によってどう考えるかは違うと思いますが、総合的に見るとデメリットの方が多く、 オススメの申し込み方法とは言えない状況になっていると言わざるを得ません。 特にベテランの店員さんは営業トークが非常に上手いです。 初めから契約したい内容が決まっている上でドコモショップで契約するのであれば良いですが、そうでなければ流されてしまう人が多いのは言うまでもないでしょう。 とはいえ、 店員さんも悪い人ばかりではありません。 むしろ良い人の方が多いという可能性も十分にありますので、ある程度は店員さんを信用してドコモショップで申し込みをする完了するのもありかもしれません。 ただし、家電量販店でもドコモショップ同様に 知らぬ間にオプションを契約されてしまうことがありますので、そういった点には十分に注意した上で契約するようにしましょう。 なお、各家電量販店のキャンペーンについても、別記事「」でまとめていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。 ドコモ光はネットから申し込むことで最もお得に契約できる 【ドコモ光をインターネットから申し込む3つの方法】• ドコモ光公式サイトから申し込みを行う• ドコモ光の代理店を通して申し込みを行う• そのため、プロバイダからの申し込みが最もお得に契約できます。 ただし、プロバイダから直接申し込みを行う方法にもデメリットがあり、それは 『どのプロバイダに契約するかを事前に決めておく必要がある』という点です。 人によってプロバイダを選ぶ基準 料金が安いか・キャンペーンが良いか悪いか・v6プラスに対応しているかなど があると思いますので、細かい点は別記事「」をチェックすることをオススメします。 なお、 「オススメのプロバイダを教えて!」という人には、これから紹介する がドコモ光の中でも人気なプロバイダになっておりオススメできます。 オススメの窓口はドコモ光の中でも人気な『GMOとくとくBB』 GMOとくとくBBは、 ドコモ光の中でも屈指の人気を誇るプロバイダです。 月額料金が安いタイプAのプロバイダでありながら、v6プラス通信を利用した安定の高速回線、高額キャッシュバックや高性能ルーターの無料レンタルキャンペーンなど、多くの点でオススメできます。 【ドコモ光GMOとくとくBBのサービス詳細】• 5,500円~20,000円のキャッシュバック プロバイダ限定特典• 10,000円相当の高性能ルーター無料レンタル プロバイダ限定特典• 月額500円のセキュリティソフト『Mcafee』が12ヶ月無料 プロバイダ限定特典• 初期工事費18,000円相当が無料 ドコモ公式キャンペーン• 最大10,000dポイントプレゼント ドコモ光公式キャンペーン キャンペーンだけでも ドコモ光公式と比較して最大30,000円~40,000円程お得です。 さらに、ネットから申し込みを行うことになりますので、対面での申し込みでありがちな営業を受けることもなくスムーズに契約することができるのも魅力の1つと言えるでしょう。 またGMOとくとくBBでは、 「ネットに詳しくなくて不安…」という人向けにインターネット回線の初期設定などを行って貰える『無料出張サポート』を導入しています。 まとめ:ドコモ光をドコモショップで申し込むのはオススメできない 今回は、ドコモショップでのドコモ光申し込みについて解説しました。 ドコモ光を契約する際に「相談することができるから」という理由でドコモショップを選択する人が多くいますが、 実際ドコモショップでの契約はあまりオススメできません。 また、どうしても相談したい場合は家電量販店を利用することで、相談しつつキャンペーンも少しお得に契約することができますので、そういったところを利用するのはアリでしょう。 いずれにしても、 最もお得に契約出来るのはネットを通しての申し込みです。 『契約したいプロバイダを決めておかなければならない』というデメリットこそあるものの、それ以上にメリットが多い申し込み方法になります。 困った人はGMOとくとくBBからの申し込みを検討してみると良いでしょう。

次の

ドコモ光を未成年が契約。名義はどうなる?同意書や必要書類と特典のまとめ

ドコモ光 特典

全窓口 同順1位 (どこで申し込んでも一緒!)• 公式サイト• ネットナビ• ディーナビ• Wiz• GMOとくとくBB• 詳しくはにてご確認下さい。 順位 窓口 キャッシュバック金額 詳細 ネットナビ 最大 20,000円 キャッシュバック! ドコモショップ• 家電量販店• ドコモ光の公式サイト• WEB代理店• プロバイダー系代理店 それぞれのメリット・デメリットを簡単に説明します! ドコモショップ メリット デメリット• ・対面の手続きなので安心感がある• ・わからないことをその場で質問できる• ・ショップごとに特典や条件が異なる• ・キャッシュバック金額は高くないことが多い 「ドコモショップ」と言うと公式の店舗のように感じますが、全国にあるドコモショップのほとんどは代理店です。 なので、キャッシュバックなどの特典も店舗によって違いますし、その条件なども異なります。 中には強制的にオプションに加入させられるケースもあるので、損をしてしまうリスクは高いです。 店舗や店員がずっとそこにいる分のコストもあるので、キャンペーンや特典で言うとWEB代理店のほうが良いです。 それでも対面が絶対にイイという方は、不必要なオプションなど加入しないように十分気を付けてください! 家電量販店 メリット デメリット• ・最寄りの店舗で契約できる• ・対面の手続きなので安心感がある• ・パソコンと一緒にインターネットの同時加入で割引といった抱き合わせ販売が多い。 ・ポイント、商品券での還元が多い。 パソコンやその他の家電と同時購入するといったら家電量販店が多いですね! その際に「いまならドコモ光に申し込むと〇〇円現金値引き!」や「ポイント還元!」といった旗やパネルをみたことがあると思います。 量販店の多くは商品値引きや、ポイント還元、商品券での還元が多く、近くの量販店に負けないために値引額や還元額が変わったります。 店舗によってキャンペーンが違うので、お近くの店舗を回って情報を集めてみてください。 面倒かもしれませんが、1円でも多く還元額をもらうためにはそのくらいの手間は覚悟しましょう。 新しくインターネットを始めると同時にパソコンやタブレットなどの購入を検討中であれば、同時に手間なく申し込めるので便利かもしれません。 ドコモ公式サイト メリット デメリット• ・安心感がある• ・手続きが簡単• ・公式のキャンペーンしか適用されない• ・対面の手続きではないので人によっては不安 公式サイトからの申し込みは安心感があります。 ネット上の手続で簡単ですが、お得かどうかで言えばあまりお得ではないです。 なぜなら、公式サイトからの申し込みだと「公式キャンペーンのみ」適用になりますが、 WEB代理店では「代理店独自のキャンペーン+公式キャンペーン」の二つを併用できる場合が多いからです。 最終的に利用するサービスは一緒なら、できるだけお得に申し込みたいですよね。 プロバイダー系代理店 メリット デメリット• ・キャッシュバック金額が高いところが多い• ・手続きが簡単• ・対象のプロバイダーしか選べないため、プロバイダー別に特典やサービス内容を比較して選べない• ・対面の手続きではないので人によっては不安 プロバイダー系の代理店もWeb代理店と同様独自の特典が充実しているのが特徴です。 しかし、Web代理店とは違って、あくまで自社のプロバイダーとセットでのドコモ光の取次ぎを行うことが前提のため、 プロバイダー別の特典やサービス内容を比較できないという点でWeb代理店よりも若干おトクさが薄れてしまうという難点がありますね。 Web代理店 メリット デメリット• ・キャッシュバック金額や特典など おトクになることが多い• ・手続きが簡単• ・対面の手続きではないので人によっては不安 Web代理店は、実店舗と違い人件費があまりかかりません。 その分の費用を月額割引やキャッシュバックに充てられるので、Web代理店はおトクに申し込める事が多いです。 ただ、代理店と言ってもそのサービスや対応には大きな差があり、 ユーザー目線に立ったサービスを提供してくれる代理店もあれば、自社の利益しか考えていないような代理店もあります。 問い合わせ時にはしっかりと確認をした上でキャッシュバックを手に入れよう! 比較2プロバイダーの特典を受けれるか! 各プロバイダーによって受けられる特典、受けられない特典があります。 プロバイダーによっては回線速度の速さや、セキュリティサービス無料であったりと、内容に大きく違いがでてきています。 その中でもアナタにあったプロバイダーを選ぶためには、そもそも「プロバイダーを選べるかどうか」が重要です。 比較3その他サポート内容は窓口対応が肝! 店舗もWEB代理店も公式も量販店も、やはり大切なのは親切さとわかりやすさ! どこも自社利益が第1優先となっている中、本当にユーザー目線に立っているところでは、 不安が残らないように過不足のある説明や手間のかかる手続きは行わない! わからないことや不安なことが1つでもあれば申し込み自体やめることもあるため、安心感があるところから一番。 サポート内容で疑問に思うことがすぐに解決できる窓口が、安心できる申し込みに繫がりそうです!.

次の

ドコモ光のキャンペーンまとめ/2019年12月最新版

ドコモ光 特典

キャッシュバック額 適応条件 20,000円• ・新規でお申込みのお客様• ・からお申込みいただいたお客様 18,000円• ・新規でお申込みのお客様• ・ひかりTV for docomoをご契約の方• ・からお申込みいただいたお客様 17,000円• ・新規でお申込みのお客様• ・DAZN for docomoを新規でご契約の方• ・からお申込みいただいたお客様 15,000円• ・新規でお申込みのお客様• ・からお申込みいただいたお客様 10,000円• ・新規でお申込みのお客様• ・新規でお申込みのお客様• ・ひかりTV for docomoをご契約の方 7,000円• ・新規でお申込みのお客様• ・DAZN for docomoを新規でご契約の方 5,000円• ・新規でお申込みのお客様 事業者変更でお申込みのお客様 キャッシュバック額 適応条件 20,000円• ・事業者変更でお申込みのお客様• ・からお申込みいただいたお客様 18,000円• ・事業者変更でお申込みのお客様• ・ひかりTV for docomoをご契約の方• ・からお申込みいただいたお客様 17,000円• ・事業者変更でお申込みのお客様• ・DAZN for docomoを新規でご契約の方• ・からお申込みいただいたお客様 15,000円• ・事業者変更でお申込みのお客様• ・からお申込みいただいたお客様 10,000円• ・事業者変更でお申込みのお客様• ・事業者変更でお申込みのお客様• ・ひかりTV for docomoをご契約の方 7,000円• ・事業者変更でお申込みのお客様• ・DAZN for docomoを新規でご契約の方 5,000円• ・事業者変更でお申込みのお客様 転用でお申込みのお客様 キャッシュバック額 適応条件 20,000円• ・転用でお申込みのお客様• ・からお申込みいただいたお客様 18,000円• ・転用でお申込みのお客様• ・ひかりTV for docomoをご契約の方• ・からお申込みいただいたお客様 17,000円• ・転用でお申込みのお客様• ・DAZN for docomoを新規でご契約の方• ・からお申込みいただいたお客様 15,000円• ・転用でお申込みのお客様• ・からお申込みいただいたお客様 10,000円• ・転用でお申込みのお客様• ・転用でお申込みのお客様• ・ひかりTV for docomoをご契約の方 7,000円• ・転用でお申込みのお客様• ・DAZN for docomoを新規でご契約の方 5,000円• ・転用でお申込みのお客様 円• ・当サイト内または、お申込み受付窓口からお申込みされた方。 ・お申込受付の際担当オペレーターへ、キャッシュバック希望の旨を申告頂いた方。 ・お申込みされたサービスを特典受け取りまで継続利用された方。 ・ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに必要な申請を完了している方。 特典期間 終了日未定 お申込み方法• キャッシュバック申請情報をお申込後に、お客様のメールに送信いたします。 (内容は以下3点) ・お客様ID ・キャッシュバックの申請手続きを行って頂くサイトのURL ・キャッシュバック申込書(PDF)をダウンロード頂くURL• (1)で記載したキャッシュバックの申請サイトのURLにアクセス頂き、お客様を特定する情報(お客様ID等)及び口座情報等の登録をお願い致します。 申込登録が完了すると、完了メールが自動返信で配信されます。 (1)で記載したキャッシュバックの申請書(PDF)のURLにアクセス頂き、キャッシュバック申込書(pdf)をダウンロード・印刷してください。 キャッシュバック申込書へは、必要項目の記載と特典に関する規約に同意いただく旨、ご契約者様本人のご捺印が必要です。 工事完了翌月末日までに、工事完了受領書もしくは開通後に届く契約申込書とキャッシュバック申請書を「株式会社ネットナビ ドコモ光キャッシュバックお申込み窓口」にご郵送ください。 ご注意点・その他• 〇キャッシュバックの金額はお申込み条件によって異なります。 〇お申込みの際、担当オペレーターにお問い合わせください。 〇お申込受付の際キャッシュバック希望の旨を、担当のオペレーターへ申告していただけなかった場合は、特典の適用ができません。 〇当特典は株式会社ネットナビが取り次いだ申込が開通することにより、適応となります。 〇当特典は株式会社ネットナビが独自に実施しており、その責務は株式会社ネットナビにあります。 〇当特典は、予告なく終了または、変更する場合がございます。 〇キャッシュバックは開通確認後、翌月末にお振込みいたします。 〇下記項目のいずれかに該当する方は、当特典適用の対象外となります。 2)現在ドコモ光をご利用中の方も対象外となります。 〇お申込後にキャンセルし、再度お申込頂いた場合は、当特典適用の対象外となります。 〇上記「お申込み方法」の手順でキャッシュバックのお手続きされなかった場合は当特典適用の対象外となります。 〇キャッシュバックお申込手続きの内容に不備があり、お手続きが完了されなかった場合は、当特典適用の対象外となります。 〇ドコモ光回線工事完了の翌月末日までに必要な申請が完了されていない場合、キャッシュバック適応外となります。

次の