電子マネー おすすめ。 電子マネー比較2019!おすすめの電子決済人気ランキングTOP5

おすすめ電子マネー×チャージ用最強クレジットカード3選

電子マネー おすすめ

電子決済とは? 電子決済とは、商品やサービスの代金の支払いをするときに小銭や紙幣などの現金を使わず、電子的なデータのやりとりで決済を処理する決済方式のことです。 電子決済の種類としては、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなどの他に、SuicaやiD、QUICPayなどの非接触式決済で支払う電子マネーがあります。 最近では、PayPayや楽天PayなどのQRコード決済も新たな電子決済の1つとして広まりを見せています。 電子決済のメリットとしては、現金を持たなくてもスマホだけで支払いができるため手軽で財布も重くならないことや、現金決済と比べてポイントなどによる恩恵が受けやすいことが挙げられます。 電子マネーの基礎知識 電子マネーとは、電子決済サービスの一種です。 ポイントも商品を購入したりできるのであれば電子マネーの一部になります。 おすすめ電子決済アプリを種類別に比較 電子マネーの種類は大きく分けて以下の2つです。 非接触型決済(Suica・楽天Edyなど)• リアルカード• おサイフケータイ• QRコード決済(PayPay・LINE Payなど) 支払い方法も2つに分けられ、以下のような違いがあります。 プリペイド型(予めチャージ(入金)した残高で支払い)• コンビニチャージ• 銀行振込• チャージ機(主に交通系IC)• ポストペイ(支払い額に応じて請求・後払い)• クレジットカード• 口座引き落とし• スマホ料金合算払い 特にQRコード決済では、プリペイドとポストペイの両方に対応しているもの存在。 「プリペイドの残高が無くなってしまった…!」なんて場合も、 クレジットカードを利用したポストペイで金額を補うことができます。 電子マネーアプリ分類表 プリペイド ポストペイ 非接触型 iD QUICPay 他 Suica 楽天Edy他 LINE Pay メルペイ QRコード メルペイ PayPay 楽天Pay 他 ここからはQRコード決済と非接触電子マネーを分けておすすめランキングを紹介します。 さらに今だけと楽天Payの初回利用、合わせて 12,000ポイントがもらえるので、使わない理由がありません!11月18日まで限定のキャンペーンです。 ただし、クレジットカードを作れない事情のある方は、やのほうがオトクに使えます。 ドコモユーザーなら、携帯料金の支払いにdカードを設定で+1%還元、利用状況次第で+6%の 8. 運営 ドコモ 形式 ポストペイ型 ポイント 0. メルカリでの売上を手数料無しでチャージできるのがポイントです。 また、「メルペイあと払い」機能で、 利用額に応じて後日コンビニなどでまとめて1ヶ月分の支払いをすることが可能。 クレジットカードを持っていなくてもクレジットカードのように使えるのは嬉しいですね! iDも利用可能で、店舗が対応していればタッチするだけで支払いできるのも嬉しいところ。 1位 楽天Edy と組み合わせてさらにお得に! 楽天Edyの特徴 発行元 楽天 形式 プリペイド型 ポイント 独自ポイント『Edyでポイント』 発行手数料 提携クレジットカード・ポイントカード等に準ずる 加盟店数 45万店 「(エディ)」はSuicaと並んで全国各地で使える一般的な電子マネーアプリのひとつです。 おすすめの使い方は、楽天edy対応のクレジットカードを上でも紹介した楽天Payに登録すること。 携帯アプリ…無料(ただしiD対応クレジットカードが別途必要)• クレジットカード一体型…カードに準じる 加盟店数 87. 1万 「」はスマホやカードをかざして支払う電子マネーアプリ。 プリペイド型、デビット型、ポストペイ型など複数種類の支払い方法を使うことが可能。 元々、ドコモがおサイフケータイfelica用に運営していた電子マネーで、 iPhoneのApplePayやAndroidスマホで利用するととても便利! リアルカードもほとんどの銀行やクレジットカードと一体化することができて、Amazonなどの通販サイトでもポイントが貯めることができるため非常に使用用途が広いと感じます。 昔はiDでキャッシングもできたと言うから、信用の高さが伺えますね。 モバイルSuica…無料• ビューカード…無料(ただし別途カード年会費が必要な場合あり)• しかしながら交通系ICは、地方の管轄のJR,私鉄が各々発行したため、発行枚数と加盟店数にはやや伸び悩みも。 おすすめの利用方法はApple Payに入れ、さらにオートチャージにする方法!定期も同様に使えます。 オートチャージにすると一切の面倒から解放されます。 (ただし使い過ぎ、スマホの紛失には注意!) 2019年末をめどに、ついに国民悲願のSuicaだけで新幹線全線に乗ることができるそうです!むしろなぜ今まで乗れなかったのでしょうか。 WAONカード…300円(税込)• イオンカード・イオンカードセレクト・モバイルWAON…無料 加盟店数 29万店 は、イオングループが発行するショッピング系電子マネーアプリです。 イオンは郊外型大型ショッピングモールを有するため、都市部より地方に強みがあります。 5位 nanaco セブン系列の電子マネーアプリ!! nanaco(ナナコ)の特徴 発行体 セブン・カードサービス 形式 プリペイド型 ポイント 独自ポイント『nanacoポイント』 発行手数料• nanacoカード…300円 税込)• nanacoモバイル…無料 加盟店数 25万店 は、セブンイレブンが発行するショッピング系電子マネー。 系列のコンビニなどの店舗で使用ことができます。 電子マネーアプリを選ぶときはそれぞれのライフスタイルに合わせて選ぶようにするのがおすすめ! 住んでる場所によっても少しばらつきが出てくるので、よく比較・検討ください。 よく行くお店によってもかわります。 最寄りのスーパーがヨーカドーならnanaco、イオンならWAONといった風に生活圏で選んでみるのもおすすめ。 また、iDやEdy付きのクレジットカードも便利でおすすめですよ。 関西に多いローソンやセイコーマートなどのコンビニだけでなく自販機や楽天市場やレストラン・さらには海外でもお買い物でポイントがどんどん貯まるのは嬉しいですよね。 種類は多いですが、いろいろ試して自分にあったスマホ決済の無料アプリを見つけてみてはいかがでしょうか? \SuicaやiDはApple Payに入れると便利/.

次の

電子マネーのおすすめをタイプ別に比較。選び方のポイントとは

電子マネー おすすめ

電子マネー決済端末(読み取り機)とは 電子マネー決済端末とはクレジットカードやQRコード、スマホ決済といった電子決済の読み取り機器を指します。 Edyやnanaco・PASMOなどの交通系ICカードにも対応しています。 オリンピック需要による海外からのインバウンド消費を加速するために、キャッシュレス還元事業など国が旗を振って電子マネーの浸透には力をいれています。 そうした背景もあり現在は 店舗側では期間限定で、無料で電子マネー決済端末の導入も可能です。 今回は電子マネー決済端末のメリットや対応決済、注目されている理由を解説しながら、おすすめの決済端末機器を紹介していきます。 サービス 3つのポイント キャンペーン Air PAY(エアペイ) ・キャッシュレス導入0円 ・iPad、決済端末が無料 ・紹介キャンペーン中 ・導入・カードリーダー:無料 ・iPadを今なら無料提供 ・月額固定費が0円 STORESターミナル 旧:Coiney ・クレジット、QR決済対応 ・最短3営業日開始 ・端末0円キャンペーン中 ・初期、月額費用0円 ・決済端末代金0円 ・月6回の振込依頼が可能 Square(スクエア) ・簡単3ステップ登録 ・POSレジ、会計ソフト連携 ・最短翌日から導入可能 ・初期月額費用:無料 ・決済端末:今なら無料 ・手数料:今なら2. 1つの端末でさまざまなキャッシュレス決済に対応• 訪日外国人・インバウンド顧客の囲い込み• レジ会計業務の効率化・人件費の削減• POSシステムとの連携で顧客情報の蓄積• リピーター獲得によるマーケティング施策の展開 読み取りリーダーの導入を行うことでさまざまな決済手法に対応が可能です。 オリンピックイヤーである今年は、 海外からの観光客も多く来訪することが予想され消費も増えることでしょう。 また、これまで現金で行っていたレジ業務も電子マネーを活用することで、効率化にもつながります。 蓄積されたPOSデータをマーケティングに活用していくことも期待ができます。 電子マネー決済端末(読み取り機)の対応決済方法• クレジットカード決済• デビットカード決済• 電子マネー決済(交通系ICカードなど)• スマホ・キャリア決済• QR・バーコード決済 電子マネー決済端末では上記のようにさまざまな決済手法に対応しているため、現金以外の支払いを行う顧客も取りこぼさないようにできます。 近年はICカード決済にはじまり、携帯キャリアでの決済など多様な手法が広がっています。 に対応していくことで売上アップにつなげていきましょう。 キャッシュレスで観光客増加・今なら無料導入の電子マネー決済端末 電子マネー決済端末(読み取り機)が店舗に必要な理由 電子マネー決済が注目されている理由は、上述で触れたようにオリンピックによる需要増加にあります。 日本は海外と比較するとキャッシュレス化が遅れています。 地域ブランディング研究所の調査では、 店舗が電子マネー対応を行っていないことで109億ドルの機会損失にもなると予想されています。 それだけオリンピックの経済効果は高く、日本国内での消費にも大きなインパクトがあるのです。 具体的には電子マネー決済端末などの導入を実施する際と、次のようなメリットがあります。 決済手数料が安くなる・端末代金が無料といったキャンペーンは 2020年6月までの期間限定です。 海外観光客の売上獲得、導入コストが無料になるため 今がおすすめといえます。 電子マネー決済端末(読み取り機)メーカーのシェアトップ5選 Panasonic(パナソニック)• 用途に合わせた多彩な端末機• 決済に必要なセキュリティ認定を取得• 拡張性と安全性を両立 Panasonic(パナソニック)の特徴は用途に合わせた多彩な端末機があります。 そのため、店舗や利用環境によって、利用する端末を決定することが可能で、決済に必要なセキュリティの認定を取得しているため、安心して利用をすることが可能です。 詳細はこちら: NECプラットフォームズ• 優れた操作性とあらゆる業務に適応するための機能を搭載• スタイリッシュなデザインとコンパクトボディ• 設置場所を選ばずさまざまなシーンに利用可能 NECプラットフォームズの特徴は優れた操作性とあらゆる業務に適応するための機能を搭載しています。 また設置場所を選ばないコンパクトボディで、さまざまなシーンで利用することが可能です。 スタイリッシュなデザインなので、さまざまな店舗で利用可能です。 詳細はこちら: 東芝テック• フルフラットなタッチパネルを採用• POS連動で無駄な作業を排除• 高度なセキュリティ性 東芝テックの特徴はフルフラットなタッチパネルを採用しており、POS連動で無駄な作業を排除することが可能です。 またPOS連動を行うことで顧客のデータを蓄積して、分析を行うことで業務の改善が可能です。 さらに高度なセキュリティ性で安心して導入することが可能です。 詳細はこちら: JR東日本メカトロニクス JREM• 業務効率向上• 提供から運用までワンストップサービス• オフィスのワークスタイルを変革・セキュリティ向上 JR東日本メカトロニクス JREM の特徴は導入することで業務効率を向上することが可能です。 また導入には提供から運用までワンストップサービスで行うことができるため、手軽に導入可能です。 オフィスのワークスタイルを変えたいと考えている企業や店舗におすすめです。 詳細はこちら: セイコーインツル株式会社 — CREPiCO• 短納期・低コストでクレジット決済システムを提供• 各種の決済サービスを一元的に提供• 決済データを処理・中継するサーバー設置やソフトの新規開発が不要 CREPiCOの特徴は短納期・低コストでクレジット決済システムを提供することが可能です。 各種の決済サービスを一元的に提供してくれるため、管理もしやすいのが魅力です。 また決済データを処理・中継するサーバー設置やソフトの新規開発が不要なため、小規模店舗にもおすすめです。 全ての決済方法を1台のカードリーダーで対応• 導入・運用費用が無料• クレジット・アプリ・電子マネー決済に対応 は現在無料キャンペーン中で、 キャッシュレス導入が0円のマルチ決済端末です。 キャッシュレス・消費者還元事業で今なら決済手数料3. また店舗に必要なiPadやカードリーダーもなど 決済端末が全て無料で導入でき、全ての決済方法を1台のカードリーダーで対応することが可能です。 クレジットカードや、電子マネー、アプリなど豊富な決済方法に対応したキャッシュレスにおすすめのマルチ決済端末です。 初期費用 月額費用 決済手数料 無料 無料 3. シンプルな決済端末• 登録・入金が直ぐ• 誰でも使える料金体系 Square(スクエア)はキャッシュレスをシンプルにを売りにした、 今なら月額・導入費用無料のマルチ決済端末です。 最短即日導入も可能で翌日入金が可能です。 こちらもキャッシュレス・消費者還元事業で 今なら決済手数料が2. 審査にも時間がかからずスマホや電子マネー決済ユーザーをすぐに獲得し、売上アップを見込めるおすすめのキャッシュレス決済端末です。 初期費用 月額費用 決済手数料 無料 無料 3. 大手カード決済会社がサービス提供で安心• 期間限定で初期・月額・手数料が0円• さまざまなレジアプリと連携 おてがるペイはJCB・三菱UFJニコス・UCSカードの大手カード決済会社が提供するキャッシュレス決済端末です。 クレジットカードや電子決済を一元管理することが可能で、ユビレジやスマレジなどの主要なタブレットPOSとも連携しています。 また 2020年9月30日までの期間限定で 月額費用・カードリーダー・プリンター・振込手数料の無料キャンペーンを実施しています。 ぜひこの機会にキャッシュレスをはじめましょう。 初期費用 月額費用 決済手数料 無料 無料 3. 事業の申請をCoineyだけで可能• 決済端末を無償提供• 消費者還元事業者登録で実質2. また決済方法の種類が多く中国のモバイル決済にも対応をしています。 オリンピックでの 多くの中国人観光客の来訪が見込まれており、中国決済にも対応しているため大きな売上に期待ができます。 月額費用は無料なため、小規模店舗にもおすすめです。 また2020年6月以降も 決済手数料が2. 初期費用 月額費用 決済手数料 対応決済 19,800円(今だけ0円) 無料 3. 還元事業登録で機器3点が無料• 振込手数料無料• 年中無休のコールセンター Times Pay(タイムズペイ) は初期費用が35,000円かかりますが、 今だけ還元事業登録で機器3点が無料で手に入ります。 振込手数料が無料なのも特徴の1つです。 年中無休のコールセンターがあるため、わからないことがあればすぐに対応してもらえます。 クレジット・電子マネー決済を簡単導入が可能で、タブレット・カードリーダー・プリンターの3つが無料。 回線工事は必要なく、追加費用も不要なキャッシュレス導入におすすめのマルチ決済端末です。 初期費用 月額費用 決済手数料 35,000円(今だけ0円) 無料 3. レンタルで利用したい方におすすめ• 契約1つで各電子マネーを導入可能• イベントなどさまざまな場所で利用可能 マルチ電子マネーサービスでは導入費用はお問い合わせする必要があります。 対応している決済方法は電子マネー決済のみですが、イベントなどさまざまな場所で利用することが可能で、レンタルで利用したい方におすすめです。 契約1つで各電子マネーを導入することができるため、検討してみてください。 初期費用 月額費用 決済手数料 お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ 詳細はこちら: セイコーソリューションズ株式会社 — CREPiCO決済サービス• ペイジー口座振替受付• 幅広い決済に対応• 必要な決済をワンストップ セイコーソリューションズでは上述でも紹介したCREPiCOのレンタルサービスを提供しています。 各種電子マネーに加えてギフトカードにも対応している決済端末のレンタルが可能です。 詳細はこちら: 株式会社USEN — 決済端末レンタル無料サービス「Uペイ」• 端末レンタル無料• 決済手数料が割引• 強固なセキュリティ UペイはUSEN社が提供している電子マネー決済端末レンタルサービスです。 キャッシュレス還元事業の適用対象でもあり、レンタル代金は無料・決済手数料も安くなります。 詳細はこちら: 株式会社ゼウス — イベント向けクレジット決済端末機レンタルサービス• イベント出店時のクレジットレンタル• 最短1日からレンタル可能• 3G回線でいつでも接続 株式会社ゼウスでは決済代行サービスに加えて、の連絡も行っています。 イベントなどの短い期間でも利用することが可能で、現金のやり取りなくしてイベント効率を高めることが可能です。 詳細はこちら: 電子マネー決済端末(読み取り機器)の無料導入でキャッシュレスをスタート オリンピックが近づき徐々に導入を検討している店舗もいるのではないでしょうか。 キャッシュレス化はオリンピック以降の観光客や電子マネー顧客に有効でしょう。 無料導入のこのタイミングでぜひ導入しましょう。

次の

おすすめ電子マネー10選

電子マネー おすすめ

「」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。 電子マネーの種類は4つ まずは、電子マネーとはそもそも何かを説明していきます。 電子マネーは、現金の代わりにレジなどで「ピッ」っとかざすだけで支払いができるものです。 また、クレジットカード支払いのように面倒なサインや暗証番号の入力も必要ありません。 ただ、電子マネーと一口に言っても支払い方で2つ、さらに使うシチュエーションで2つに分けることができます。 プリペイド型 前もって現金やクレジットカードで チャージをしてから使うタイプの電子マネーをプリペイド型といいます。 プリペイド型はチャージをするときにクレジットカードを使えば、電子マネーのポイントとクレジットカードのポイントが二重取りできるというメリットがあります。 また、クレジットカードと連携して設定金額以下になると自動的にチャージされるオートチャージ機能付きの電子マネーもあります。 その上、チャージの上限額が決まっているので使いすぎを防止することもできます。 ポストペイ型 クレジットカードと紐づけして、 後日利用した額だけ銀行口座から引き落とされるタイプの電子マネーをポストペイ型といいます。 クレジットカードの上限額まで利用でき、引き落としの際にクレジットカードのポイントが貯まるのが特徴です。 チャージの手間が省け、残高不足で支払いが滞ることもないのでスムーズにお買い物ができます。 交通系電子マネー SuicaやPASMOなどの 電車やバスの利用時に利用する電子マネーです。 改札を通るだけでなく、コンビニや駅ビルなどでも使うことができます。 通勤・通学に公共交通機関を利用しているなら、ほとんどの方が持っていると思われます。 どの電子マネーもそのエリアに合ったサービスを展開しているので、自分の住んでいるエリアで最適な電子マネーを選ぶとよいでしょう。 商業系電子マネー 交通機関の利用はできないですが、お買い物の際に大活躍するのが楽天Edyやnanacoなどの商業系電子マネーです。 加盟店であればどこでも使え、現金を用意する必要がありません。 以上が電子マネーの主な種類です。 次章では電子マネーの使い方を紹介します。 電子マネーの選び方 では、プリペイド型とポストペイ型、交通系と商業系、自分にぴったりなのはどれ?という疑問に答えていきます。 学生、主婦、サラリーマンという3つのライフスタイル別に電子マネーの選び方を紹介します。 学生の電子マネー選び方 学生の方であれば、通学やお出かけの際に電車を利用することが多いでしょう。 ここで活躍するのが プリペイド型の交通系電子マネーです。 交通系電子マネーなら駅チカのコンビニやショップなどでも利用でき、便利です。 チャージ上限が決まっているので金欠に陥りがちな学生にも安心です。 主婦の電子マネー選び方 主婦の方は、ポイントをコツコツ貯めてお買い物をお得にしたいと思う方が多いでしょう。 そんな方には、 プリペイド型の商業系電子マネーがぴったりです。 近所に買い物に行くときにいちいち財布を持つ必要がなくなり、なおかつポイントを貯めることができます。 サラリーマンの電子マネー選び方 サラリーマンの方は奥様に家計を管理され、お小遣いをもらいながら生活している方が多いでしょう。 そんなサラリーマンの方には、 ポストペイ型の電子マネーがおすすめです。 ポストペイ型なら、もらったお小遣いをチャージする必要がないので、小さな買い物でいちいちお小遣いが減っていくという悲しい思いをせずに済みます。 家族で共通のクレジットカードから引き落とされるように設定すれば、ポイントもたまります。 ただし、使いすぎて奥様に怒られることのないようにしましょう。 交通系電子マネーのおすすめ Suicaのチャージはビューカードで Suicaと相性がいいクレジットカードに「ビューカード」が挙げられます。 ビューカードがあれば、Suicaが事前に設定した金額以下のチャージ額になると、首都圏・新潟・仙台の各SuicaエリアとPASMOエリアの改札を通過する際に自動的に設定金額をチャージする オートチャージ機能を利用することができます。 さらに、このオートチャージや定期券の購入の際にビューカードを使えば通常の 3倍のポイントが得られます。 貯まったポイントはSuicaにチャージできるので、すぐに普段の生活に還元できます。 モバイルSuicaの登録クレジットカードをビューカードにすれば、よりお得に電車を利用できますね。 オートチャージ機能は、自動改札出場時、一部の簡易Suica改札機、私鉄との乗換改札機、新幹線自動改札機の通過時、仙台市地下鉄icscaエリアで利用不可です。 出典: PASMO(パスモ) 電車もバスも「PASMO」で知られている、首都圏の私鉄、地下鉄、バス各社で発行されているプリペイド型の電子マネーです。 首都圏でJR線以外を利用している方なら、ほとんどの方が持っていると思います。 チャージ方法はSuicaと変わりませんが、PASMOにはモバイルSuicaのようにおサイフケータイに対応したサービスがないのが少々残念。 しかし、Suicaでは「ビューカード」でしかオートチャージ機能を利用することができないのに対し、PASMOは私鉄各社のクレジットカードでオートチャージ機能を利用することができます。 参照: 以下に各社のオートチャージの利用によるサービスをまとめてみました。 PASMOは利用する交通事業者によって、オートチャージにおすすめなクレジットカードが異なってきます。 自分に合ったクレジットカードとともにPASMOを利用しましょう。 また、京王の電車(京王線・井の頭線)と京王のバス(京王バス・西東京バス)または京王のタクシーを同じ日に利用すると、「京王グループ共通ポイント」が、1日につき10ポイント貯まります。 定期券、モットクパス、IC金額式定期券の区間内のみの利用、「どっちーも」の新宿駅または渋谷駅と定期券区間内のみの利用は対象となりません。 貯まったポイントは、「ポイントみ~る」で1,000円相当の「ポイント券」に引換えることができます。 ポイント券は、京王グループ共通ポイントサービス加盟店で利用できます。 参照: Tokyo Metro To Me CARD(東京メトロ) オートチャージ金額の0. 5%分の「メトロポイント」が貯まります。 また、メトロポイントPlusに登録するとメトロに乗るだけでポイントが貯まります(定期区間を除く)。 この乗車ポイントは、カードのランクによって付与率が異なっています(ゴールドカードは1乗車につき20ポイント、Primeは1乗車につき10ポイント、ソラチカカードは1乗車につき5ポイント、一般カードは1乗車につき2ポイント)。 土休日はゴールドカードとPrimeは 平日の2倍、ソラチカカードと一般カードは 3倍の乗車ポイントが貯まります。 さらに、PASMO電子マネーでの支払いでもポイントが貯まります。 自販機での利用100円につきゴールドカードであれば2ポイント、Primeとソラチカカードでは1ポイント貯まります。 店舗での利用200円につきゴールドカードであれば2ポイント、Primeとソラチカカードでは1ポイント貯まります。 一般カードでは電子マネーポイントが貯まらないので注意が必要です。 貯まったポイントは、10ポイント=10円分としてPASMOにチャージして使えます。 参照: hama-eco card(横浜交通) オートチャージ金額の1%分のポイントが貯まります。 貯まったポイントはVISAワールドプレゼントのポイントとして利用したり、横浜市交通局の景品と交換することができます。 参照: 東海地方(愛知)おすすめ 東海地方での利用におすすめの交通系電子マネーを紹介します。 愛知県を含む東海地方はJR東海の発行するTOICA(トイカ)という交通系電子マネーがありますが、TOICAにはポイントサービスがついていません。 現在、ほとんどの交通系電子マネーは「ICマーク」のついている路線であれば全国で相互利用が可能なため、TOICAではなく、 ポイントサービスのついているmanaca(マナカ)の方を東海地方のおすすめ電子マネーをとしました。 参照: manaca(マナカ) manacaマイレージポイント 貯めたmanacaマイレージポイントは、利用した翌月の10日以降にmanacaに還元することができますが、カードに還元しないとmanacaマイレージポイントは1年間経過すると失効してしまいます。 またこの還元したポイントの利用は、電車やバスなどの交通機関のみに限られており、電子マネーとして使うことができないことにも注意が必要です。 なおSuicaのようにおサイフケータイには対応しておらず、オートチャージ機能はありません。 manacaマイレージポイントは、manacaエリアでの鉄道やバスの利用でポイントを貯めることができます。 ポイント付与の条件を、各鉄道やバスごとにみてみましょう。 ポイント付与の条件 名古屋市交通局 1カ月間(毎月1日~末日)に市バス・地下鉄を2,000円以上(小児用及び割引用は1,000円以上)manacaで利用すると、合計利用金額に応じてポイントが貯まります。 ポイントは平日(昼間10時~16時を除く)の利用で獲得できる通常ポイント(付与率10~13%)と平日(昼間10時~16時)及び土・日・休日の利用で獲得できる昼間ポイント(付与率20~30%)に分かれています。 昼間ポイントは通常ポイントより 約2倍ほどポイント率が高くなっています。 参照: 名古屋鉄道、名鉄バス、豊鉄渥美線・市内線 名古屋鉄道は利用金額と利用回数のそれぞれでポイントがつき、名鉄バスは利用金額、豊鉄渥美線・市内線はそれぞれの利用回数に応じてポイントがつきます。 参照: 名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線の1ヶ月間の利用金額の合計が2000円以上(小児用及び割引用は1,000円以上)の場合、利用金額に応じてポイント付与率が10~13%に変化します。 参照: 名古屋ガイドウェイバス ゆとりーとラインの1カ月間の利用金額の合計が2000円以上(小児用及び割引用は1,000円以上)の場合、利用金額に応じてポイントが貯まります。 名古屋市交通局同様、通常ポイント(付与率10~13%)の他に、平日(昼間10時~16時)及び土・日・休日の利用で昼間ポイント(付与率30%)が貯まるサービスを行っています。 参照: 愛知高速交通 リニモの利用金額と利用回数のそれぞれに応じてポイントが貯まります。 利用金額ポイントは0~8%、利用回数ポイントは0~6%の付与率となっています。 ポイントサービスを利用するにはミュースター会員登録が必要です。 参照: 関西地方おすすめ 関西地方での利用におすすめの交通系電子マネーを紹介します。 PiTaPa(ピタパ) J-WESTポイント SMART ICOCAを利用するとJ-WESTポイントが貯まります。 具体的には、JR西日本エリアの列車をSMART ICOCAのチャージ分で利用すると、毎月の列車利用合計金額200円につき1ポイント貯まります。 また、ICOCA電子マネー加盟店での支払いをSMART ICOCAで行うと、ポイントが貯まります。 さらにJ-WESTカードでSMART ICOCAの決済を行えば、1000円チャージするごとに5ポイント貯まります。 貯まったJ-WESTポイントは1000ポイント=1000円分からSMART ICOCAにチャージするか、JR西日本ならではの商品や特典と交換することができます。 参照: 「バスにも、電車にも、お買い物にも、いろいろ使えるオールラウンドなカード」、「nice money card」の略称であるnimoca。 ポイントサービスやオートチャージ機能を搭載しており、クレジットカード一体型のものもあります。 nimocaでお得なサービスはやはり、ポイントサービスでしょう。 nimocaエリアに在住の方は、ポイントサービスをじょうずに使えば交通機関はもちろん、お買い物もお得にできますよ! 参照: 電車・バスの利用やお買い物の際にnimocaを利用すると、nimocaポイントが貯まります。 ただし、お買い物でポイントを貯めるには、会員登録をしたスターnimocaまたはクレジットnimocaを作る必要があります。 以下にポイントの貯め方、使い方を記載していきます。 オートチャージ SUGOCAでオートチャージ機能を利用するには、「JQ CARD」への入会が必要です。 つまり、オートチャージ1000円を設定していれば、チャージされるたびに5ポイント貯まるというわけです。 Suicaがビューカードでしかオートチャージできないのと同様に、SUGOCAもJQカードのみの対応となっているので少し不便ですが、ポイントの二重取りも可能となっているのでぜひ利用してみてください。 お買い物で使える電子マネーのおすすめ ここからは、商業系電子マネーをプリペイド型とポストペイ型の2つに分けて紹介していきます。 それぞれに特色があるので自分に合ったものを選ぶようにしましょう。 まずはプリペイド型から紹介していきます。 プリペイドの商業系電子マネーおすすめ 楽天Edy(エディ) おサイフケータイで楽天Edyを利用する なんと、おサイフケータイ対応のスマートフォンであれば、アプリをダウンロードして設定すればスマートフォン1つでEdy支払いが可能となります。 また、おサイフケータイであれば、貯めるポイントを選択することができます。 また、貯めるポイントを楽天スーパーポイントに設定すれば、もれなく 400ポイントがもらえるキャンペーンもやっています。 参照: そして、なんといってもおサイフケータイはチャージ方法が豊富です。 現金チャージやクレジットカードからのチャージはもちろん、 オートチャージを行うことができます。 オートチャージはあらかじめチャージ方法と金額を設定すると、1時間に1回残高を確認し、設定された金額以下となった場合に自動的にチャージされる仕組みとなっています。 オートチャージの引き落としに楽天カードを設定しておけば、楽天スーパーポイントの2重取りも可能です(チャージ金額200円につき1ポイント)! またEdy機能付き楽天カードでは、ローソンやファミリーマートなどのEdyオートチャージ対象店舗のレジでの支払い時にオートチャージが可能となっています。 おサイフケータイでは「そろそろチャージ」という通知機能を利用することで、残高不足を事前に知ることもできます。 参照: nanacoポイント nanacoポイントの貯め方には、支払い時に即時に貯める方法と、後日所定の場所で受け取り貯める方法の2つがあります。 後日所定の場所でポイントを受け取り貯める nanacoマークのある全国の加盟店での支払いで、後日手続きをしてもらいポイント(センターお預り分)を貯めることができます。 このセンターお預り分ポイントは、先ほど紹介したnanacoモバイルであれば所定の場所へ行かなくてもポイントを受け取ることができます。 上記のほかにも対象商品を買うともらえるボーナスポイントやメルマガを読むとポイントがもらえるnanacoクリックなど、様々なポイントの貯め方があります。 また、500ポイントを250ANAマイレージに交換することもできます。 参照: WAONポイント WAONでの支払い 200円につきWAONポイント1ポイントが自動的に加算されます。 さらにWAONは、ポイントアップキャンペーンや割引キャンペーンが充実しています。 せっかくWAONでお買い物をするなら、キャンペーン期間を狙うとお得ですよ! 火曜市 WAONトクトクポイント プレゼント 毎週火曜日に対象店舗で3,000円以上WAONで支払うと、 100WAONポイントが貯まる。 毎週土日はタッチで電子マネーWAONポイントプレゼント 毎週土曜日と日曜日に、対象店舗に設置のハッピーゲート端末に電子マネーWAONカードをタッチすると、2WAONポイントがもらえる。 お客さまわくわくデー 毎月の5の付く日(5日・15日・25日)に対象店舗でWAONで支払うとWAONポイントが通常の 2倍もらえる。 毎月10日はありが10デー 毎月10日に対象店舗でWAONで支払うとWAONポイントが通常の 5倍もらえる。 参照: ネットショッピングもできる お買い物をした店舗がローソンであれば100円につき1ポイント、Ponta加盟店であれば100円または200円につき1ポイント(店舗によりポイント付与率が異なる)、JCBマークの店舗であれば500円につき1ポイントのPontaポイントがそれぞれ貯まります。 つまり JCB加盟店かつPonta加盟店であれば、ポイントの二重取りをすることができるんです! もちろん貯まったポイントは1ポイント1円としてお買い物の際に利用可能です。 さらにインターネットでのお買い物で、クレジットカード支払いの選択をしておさいふPontaの残高から支払うことも可能です。 残高以内で買い物できるから、ついつい使いすぎるなんてことも防げますね。 参照: ポストペイ型の商業系電子マネーおすすめ 次は、ポストペイ型の商業系電子マネーのおすすめを紹介します。 iD(アイディー) 自分に合った電子マネーの選び方のコツ• 交通系電子マネーは自分の住んでいるエリアのものを選ぶ• よく利用する店舗でポイントが貯まる電子マネーを選ぶ• クレジットカード決済をするときは、電子マネーとの相性を確認する 特にクレジットカードとの相性は、よく確認しないとポイントの取りこぼしなんていうことにもつながるので、注意が必要です。 それぞれの電子マネーに特色があるので、メリットを最大限活用できるような使い方を心がけましょう。 電気代を節約してもっとお得に!あなたに合った電力会社選びをはじめませんか? 電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。 でも、多くの電力会社の様々なプランから選ぶのは大変ですよね。 自分のライフスタイルにあったプランは何かを知って電気代を節約しましょう!手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の