嘴平伊之助 素顔 かっこいい。 【鬼滅の刃】伊之助は最終回のその後、アオイと結婚!?子孫は嘴平青葉!なぜ植物学者になったのか理由を解説!(最終回のネタバレ注意)

鬼滅の刃のかっこいい・イケメンキャラクターランキング!名シーンや名言も!

嘴平伊之助 素顔 かっこいい

嘴平伊之助とは? 鬼殺隊の剣士であり、主人公・炭治郎の数少ない同期です。 猪の被り物をしていて、上半身は裸。 刃がボロボロの刀を2本着用している。 その奇抜な見た目のせいで、初めて伊之助を見た善逸には「化け物」と恐れられた。 口癖は「 猪突猛進」。 まさにこの言葉は伊之助の行動を表していると言えますね。 とにかく狙った獲物に向かって刃を振るう伊之助は多少驚異的ですが、それは相手が敵だった場合に限ります。 敵意のない人間を巻き込むようなことはせず、鬼の攻撃から一般人を守るという常識的なところもありますよ。 しかし、それは攻撃をしないだけであって、 少女を踏みつけにすることもあり・・・(オイオイ)。 他にも、埋葬の意味が分からなかったり、食べ物を素手で食べたりする一面もあるため、 人間としてはやや未熟な部分があることは否めないです。 弱者には興味を示さず、常に強者を倒して自分が成長することだけを考えているため、危険な場所にも恐れず突撃していく。 まさに「 猪突猛進」! 母に捨てられ、猪として成長する 見た目も行動もワイルド、人間的には未熟で乱暴…その理由は、彼の生い立ちにあります。 伊之助は母に捨てられた後、猪に育てられたからです。 人間は、一定の年まで言語に触れなかった場合、言語習得は困難になります。 ではなぜ伊之助は言葉を覚えたのか? それは、たかはる青年とその祖父のおかげでした。 たかはる青年が留守中の間に、祖父は自分のもとにやってきた変な動物に餌を与えていました。 その変な動物が伊之助なわけですが、当時から猪の被り物を着用していたため、たかはる青年は伊之助を人間と思わず追い払ってしまう。 後日、たかはる青年が出先から帰ると、 祖父が伊之助に 百人一首を教えていたのです。 いくら注意されても祖父はボケているので分からないのだろう、伊之助を初孫のようにかわいがっていた。 また後日、伊之助はふんどしに書かれている文字を読んだ祖父に、自分の名前を教えられる。 素顔は超美人……!? 口が悪く、粗暴な伊之助だが、その 素顔は非常に美しいと評されています。 鍛え抜かれた筋肉とはミスマッチな顔つきに、その素顔を初めて見た善逸は「むきむきしてるのに女の子みたいな顔が乗っかってる……」と引いてしまう。 その整った顔は敵である上弦の陸・ 堕姫(だき)にまで「 美しい」と認められる。 そんなこだわりをもった相手にすら称賛されるとは、 伊之助の顔はとても可愛いのだろう……! 嘴平伊之助の能力 触覚 炭治郎が嗅覚に優れている一方で、 伊之助は触覚が優れてる。 伊之助が上半身裸でいるのも、敏感な性質ゆえに鬼殺隊の隊服は邪魔になるから。 優れた触覚で炭治郎が驚くほど、人の視線・敵意をすぐに感知できる。 無限夢列車での戦闘において、目を合わせることで相手を撹乱する下弦の鬼・魘夢(えんむ)にも「 並外れて勘が鋭い」と言わしめ、炭治郎を庇いながら戦えるほどです。 高い身体能力と柔軟性 身体能力も通常の剣士よりずば抜けて高い。 幼い頃から野生として育ったため十分に鍛え上げられているが、なによりすごいのは体の柔軟性です。 強靭な筋肉をまといながら、そのしなやかさをもってどんな悪い環境でも強い攻撃が繰り出せる。 さらに、肋骨を折られてもなお戦う精神を持っていることから、痛みに対する耐性も人一倍強いことが伺えます。 加えて、 全身の関節を自由自在に付け外しが可能なため、頭が入る穴であれば通ることもできる。 遊郭編ではこの特技を活かし穴を通ることで、堕姫によって地下に捕らえられた人間たちを救いました。 これだけでもすごいのですが、 伊之助は内臓の位置も自在に移動できます。 上弦・陸の心臓めがけた攻撃を、持ち前の直感とその特技によって即死を回避しました。 柔らかいとそんなことまでできるのか……。 普通であれば、炭治郎のように鱗滝左近次のような育手と呼ばれる剣士のもとでマスターするのが一般的・・・ しかし!伊之助は 我流で全集中の呼吸を習得したようです。 どれだけ猪突猛進したらそんなことが可能なのでしょうね。 また、獣の呼吸は炭治郎や善逸にはない、 探索系の技があります。 集中することにより、空気の微かな揺らぎすら感知し、直接見ていないものすら捉える便利な技。 那田蜘蛛山ではこの技を使うことで、母蜘蛛の居場所を感知!倒すチャンスをつかむまでに至りました。 粗暴だが、情に厚い一面も 基本的に粗暴な伊之助ですが、 決して冷たい人間ではありません。 煉獄さんが猗窩座(あかざ)にやられたときには、泣き崩れる炭治郎に対して と叱咤激励する、 自分も被り物から溢れ出るほどの涙を流しながら。 炭治郎たちと知り合うことで、仲間を思う気持ちも持った。 剣技と同時に、人間としても成長しているのが分かりますね。 「ホワホワ」の正体 伊之助のセリフで印象深いのは というセリフ。 相変わらず、原作者の言葉選びはおもしろいですね。 例えば、那田蜘蛛山に入ったとき、「ありがとう」という炭治郎の言葉を受けホワホワしています。 また、窮地を救ってもらったときや、藤の家紋のお婆ちゃんに親切にされたときも同様でした。 これまで戦いの場でしか喜びや楽しさを見いだせなかった伊之助が、炭治郎たちと一緒に旅をすることで他人からの親切や感謝にも幸せを感じるようになったのではないでしょうか。 伊之助はずっと猪に育てられたため、母親からの無償の愛も受けていません。 きっと慣れていないのでしょうね、「ありがとう」と言われた時のくすぐったいような幸せを。

次の

鬼滅の刃伊之助がかわいいシーン5選!野生児とは思えない!

嘴平伊之助 素顔 かっこいい

【鬼滅の刃】伊之助かっこいいだけでなく可愛い!そして獣(けだもの)の呼吸 嘴平伊之助(はしびら いのすけ)元気ですね。 伊之助はいつだって元気なのです。 そして伊之助はかっこいいのです。 そしてかつ可愛いところもあるのです。 嘴平伊之助とは何者なのでしょう? ちなみに猪のマスクを被っています。 育ての親の猪のマスクを被っています。 嘴平伊之助とは何者なのでしょう?• 嘴平伊之助の使う呼吸は? 伊之助は 獣(けだもの)の呼吸を使います。 けものの呼吸ではありません。 けだものの呼吸です。 けだもの意味 4足で歩く動物のこと。 そこから転じて、人間としての品位や理性が無い人間を罵る言葉。 伊之助が使う技 壱の牙 穿ち抜き(うがちぬき) 二本の刀をそろえて、一気に突き刺します。 弐の牙 切り裂き(きりさき) 腕を交差させて刀を振り切ります。 参の牙 喰い裂き 交差させた刀で相手の首の両側を挟み、外側へ振り抜く。 肆の牙 切細裂き(きりこまさき) 細かい斬撃をいれて切り裂きます。 伍の牙 狂い裂き 宙にまって周囲を四方八方に斬りつけます。 陸の牙 乱杭咬み(らんぐいがみ) 秩序なく切り裂くのです。 漆の牙 空間識覚 周囲のモノの姿をとらえます。 捌の型 爆裂猛進 防御をせずに一直線に突進します。 伊之助には育手がいません。 自己流で呼吸を会得しました。 そして山で遭遇した鬼殺隊の隊士と力比べをしたのち、 刀を奪い最終選別や鬼のことを聞き出しました。 そして自ら最終選別に参加して、合格。 規格外の男なのです。 伊之助の過去 伊之助は猪に育てられました。 実の母は、伊之助が鬼にあやめられないように逃がしたのです。 崖から泣きながら落として逃がしました。 で、その結果イノシシに育てられました。 ではなぜ、伊之助は人間の言葉が話せるのか? 山を下りた民家のおじいちゃんに言葉を習ったのです。 たかはる少年の祖父に言葉を教えてもらったのです。 またその話が美談ではないのです。 幼き伊之助は、たかはる少年の祖父に餌付けされています。 このころの祖父はもの忘れが酷くなっていたそうです。 たかはる少年、一度は伊之助を追っ払っています。 で、その後です。 その後、 伊之助が追っ払っらおうとするたかはる少年を蹴とばします。 伊之助は言います。 伊之助、この時には猪のお面を被っています。 この面は育ての親の面です。 ということは、この時点で伊之助は独りぼっちだったということですね。 伊之助の成長 伊之助、初登場の時は敵・味方見境なく戦いを挑んでいました。 なんなら小さい女の子を平然と踏んづけていました。 もはや悪役です。 ぼくは鬼の仲間なのかなと思っていた次第です。 我妻善逸をボコボコにして、 炭治郎とも戦います。 そんな伊之助でしたが炭治郎や我妻善逸との出会いで、 少しづつ変っていきます。 人の気持ちを考えたりするようになるのです。 伊之助の素顔 普段は猪の面を被っている伊之助ですが、 その素顔は美形なのです。 お母さん似です。 善逸は思います。 気持ち悪い奴だな・・・ むきむきしているのに 女の子みたいな顔が乗っかってる・・・ 吉原・遊郭に潜入したさいです。 遊郭の方々は色めきたつのです。 伊之助を売れっ子にしようとするのです。 今後も伊之助の美形エピソードが楽しみです。 伊之助の可愛いところ 伊之助は新しく打ってもらった刀を、 鍛冶屋の前で自分が好きな形に石で叩いて変えてしまいます。 自分で刃こぼれを作るのです。 鍛冶屋、もちろん激怒です。 お茶目ですね。 伊之助、自ら関節を外します。 そして刀を振るのです。 射程が伸びます。 外した関節は自ら元に戻せます。 カナヲもビックリです。 伊之助の名言 伊之助は言います。 音柱・天元の奥さん、三人のくの一が吉原の潜入しました。 上弦の鬼の調査のためです。 その誰とも連絡がとれません。 伊之助は言います。 鼻をほじりながら言います。 嫁もう 死んでんじゃねぇの? 即座に天元にぶっとばれさます。 伊之助、お茶目なのです。 伊之助は言います。 はあーーーーん!? できてやるっつーの 当然に!! 舐めんじゃねぇよ 乳もぎ取るぞコラ 蝶屋敷での修行中、伊之助あきらめ気味になっていたのです。 そこを蟲柱・胡蝶しのぶに焚きつけられて、伊之助は奮起して言い放つのです。 伊之助の今後の名言に期待したものなのです。 最後までお読みいただき ありがとうございました。 kotobatoasobi.

次の

【鬼滅の刃】嘴平伊之助の過去を紹介!イノシシ頭は出生の秘密が関係していた!【鬼滅の刃】

嘴平伊之助 素顔 かっこいい

最新記事 by 30代ライター• - 2020年7月3日• - 2020年7月1日• - 2020年6月26日 いつも 猪の毛皮を被り、「戦う」という行為が大好き。 好戦的な性格で自分よりも強い相手に対してゾクゾクして戦いを挑む。 ぶっ殺してやる この糞餓鬼!! 伊之助はあったかいねぇ 私の宝物 一緒にいられて幸せだねぇ 引用元: 満面の笑みで伊之助を抱く母親の姿が見られます。 落とした後、母親はすぐに童磨に殺され食べられます その後、川に落とされた伊之助がどうやって助かり猪に拾われ育てられたのかは不明ですが、母親は愛情を持って彼を育てていました。 童磨との戦いを終え、幼き自分が母親から愛されている姿が頭に浮かんだ伊之助からは涙が溢れます。 鬼滅の刃~嘴平伊之助のかっこいい名言集 猪突猛進!! 引用元: 猪に育てられた伊之助の人生訓となっています。 猪は直線的に真っすぐ突進する性質があるので例えとして使われている。 俺が先に行く!! お前はガクガク震えながら後ろをついて来な!! 腹が減るぜ!! 引用元: 私は とても笑いました。 「腕が鳴るだろ……」と善逸に突っ込まれています。 信じると言われたなら それに応えること以外考えんじゃねぇ!! 引用元: 煉獄さんが死ぬ間際、伊之助の表情は猪の被り物でわかりませんが、ずっと身体を震わせている姿がこちらの涙を誘います。 きしょ!! 引用元: 伊之助が意外と多く使っている、素直な心境を表した名言です 笑 鬼滅の刃~嘴平伊之助のその他エピソード ここからは伊之助に関するその他エピソードをご紹介していきます。 炭治郎の名前を憶えていない? 伊之助は炭治郎の名前を憶えていないのか、作中でちゃんと名前を呼んだ事がありません。 てめェェ!! これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇぇ!! また合格者が集まる集合場所でも「炭治郎・善逸・カナヲ・玄弥」の4人しかおらず猪の姿はありません。 伊之助は誰よりも早く入山し誰よりも早く下山していたのです。 」という印象を持っており、作中でも思いたったら即行動している様子が伺えます。 猪突猛進!! 列車の側面にヘッドバッドをカマします。 そうした不審な行動に駆け付けた駅員から追われながらも、無事に列車の中に乗り込み「主の腹の中だ!! 戦いの始まりだ!! 」と大はしゃぎします。 そして走り出した列車の速さに興奮し窓から降りて競争しようとしますが…善逸に止められます。 その家に住んでいる 妖怪のような お婆さんが3人の食事・宿泊・服などを用意してくれました。 そして月日が経ち、受けた傷も癒え始めた頃、緊急の指令に3人は呼び出されます。 そのお婆さんに対し.

次の