手作り マスク 人気。 立体マスクの手作りレシピまとめ!簡単な作り方を覚えてマスク不足に対応しよう

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

手作り マスク 人気

家族のためのサイズ別立体マスクの型紙 家族みんなに立体マスクを手作りしてあげたいけど、それぞれサイズがわからないという方におすすめのサイズ別立体マスクの型紙レシピです。 こちらでは、L、M、S、SSとサイズごとに型紙を紹介しています。 キレイな立体マスクを作るために、お家にカッティングボードと方眼紙がある方は、しっかりとサイズを測りながら型紙を作ってみてくださいね。 お皿を使った簡単型紙作りのアイデア 立体マスクを手作りする前に準備する型紙。 その型紙にもカーブが付いていて、カットが面倒そうだと思っちゃいますよね。 こちらでは、カッティングボードと定規を使って型紙のサイズを測ってから、コンパスの代わりにお家にあるお皿で型紙のカーブを描いています。 お家にある身の回りのアイテムで簡単に代用できちゃうなんて嬉しいですよね。 是非試してみてくださいね。 人気のノーズワイヤー入り立体マスク 自分の顔のサイズに合わせられると人気の、ノーズワイヤー入り立体マスクの作り方です。 こちらでは手作り立体マスクの材料に使う手ぬぐい、ガーゼハンカチ、マスクゴム、フェルト生地を全て100円ショップで揃えています。 材料を安く簡単手軽に揃えられるのが嬉しいですね。 ノーズワイヤーには、市販の大人用使い捨てマスクのワイヤーを使用しています。 A4用紙を折って作る簡単型紙の作り方 お家にあるA4のコピー用紙を折って、簡単に立体マスクの型紙を作ってみましょう。 A4用紙を半分に折ってサイズを測り、また用紙を折るだけで立体マスクの表面、裏面生地の型紙を1度に作れますよ。 カッティングボードがなくてもお家にあるA4用紙とペン、はさみがあれば誰でも手軽に作れちゃうところが嬉しいですね。 立体マスクの手作り方法《子供用》 手縫いで作れる人気の子供用立体マスク こちらの子供用立体マスクは、市販の子供用立体マスクを使って型紙を作り、手縫いで仕上げています。 まだお家に市販の立体マスクがあるという方は、使い切る前に是非型紙としても活用してみてくださいね。 子供が好きな模様の端切れとフェイスタオルで簡単に作れちゃいますよ。 ミシンがない方でも簡単手軽に作れるので、挑戦してみましょう。 1歳児から使える立体マスクの作り方 まだ子供が小さくて、子供用マスクでも大きすぎるくらいという方におすすめの人気の子供用立体マスクの作り方です。 こちらでは、1歳から4歳児までの小さい子供向けに小さいサイズのマスクの作り方を紹介しています。 手縫いでも簡単に作れるので、ミシンがない方にもおすすめです。 小さい子供でも、手作りマスクがあるだけで外出時の心配を減らせます。 コーヒーフィルターで簡単子供用立体マスク 子供用の立体マスクを手作りしたいけど、まず型紙を作るのが面倒という方におすすめなのがコーヒーフィルターを使った簡単な作り方です。 コーヒーフィルターがお家にない方は、市販のコーヒーフィルターを使ってみてください。 こちらでは100円ショップのコーヒーフィルターを使用しています。 大きさを測る手間がかなり省けるので、とても人気のある作り方ですよ。 アイロンを活用した子供用立体マスクの作り方 こちらでは、アイロンを活用した子供用立体マスクの作り方を紹介しています。 子供用マスクのサイズは12cmと15cmの2パターン紹介していて、幼児から小学生向けに作られています。 アイロンで折り目を付け、立体にさせたい部分をきちんと縫っていけばキレイな立体マスクが作れちゃいますよ。 ノーズワイヤーには針金を使用しています。 人気キャラクターの手作り立体マスク マスクを着けたがらない子供でも楽しく着けられる、人気キャラクターの手作り立体マスクです。 こちらでは、立体マスクの材料にダブルガーゼ、カラーフェルトを使用しています。 お家にフェルトが余ってるという方にもおすすめの立体マスクです。 キティちゃんやピカチュウ、くまモンなど、子供の好きなキャラクターで楽しく手作りしてみてくださいね。 立体マスクの手作り方法《大人用》 簡単型紙で作る立体マスクのレシピ こちらは手作り立体マスクの応用編、簡単な型紙で作る立体マスクの手作りレシピです。 型紙を使っていない分、ミシンで縫う箇所が通常よりも少し多くなります。 ミシンが得意な方にも是非トライしてみてほしい人気の手作りレシピです。 上質で丁寧な印象の仕上がりになるので、思わずママたちからも作り方を聞かれそうな立体マスクです。 立体マスク作りに便利なアイロンテープ 立体マスクを作ってみたいけど、ミシンもないし手縫いにも自信がないという方には、アイロンテープを使った作り方がおすすめですよ。 裾上げなどに便利で人気のアイロンテープ。 まだ使ってないのが余ってるという方は是非こちらの作り方にトライしてみてください。 アイロンテープを貼ってアイロンをかける作業を繰り返すだけで簡単に大人用立体マスクが作れます。 Tシャツをリメイクして作る立体マスク 着なくなったTシャツ、捨てるのはちょっと待ってください。 こちらでは、材料にTシャツ生地を使って立体マスクを手作りする方法を紹介しています。 わざわざガーゼ生地を用意しなくても、家にある材料で手軽に作れるところが嬉しいですね。 Tシャツ生地の立体マスクをそのまま付けるのは心配という方にも安心のフィルターポケット、人気のノーズワイヤー付きの手作りレシピです。 ニット生地を使った人気の手作り立体マスク こちらは手作り立体マスクにニット生地を使用しています。 寒暖差があったり風が強かったりと天候が変化する中、手触りの良いニット生地を使ったマスクも人気ですよ。 大人用には、こちらのようなシンプルなボーダー柄もおすすめです。 こちらでは立体マスクの型紙に市販の使い捨てマスクを使用しています。 ゴムの作り方も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。 針も糸もいらない手作り立体マスク 立体マスクを手作りしてみたいけど、裁縫道具を揃えたり細かい作業をするのが苦手という方におすすめの作り方をご紹介します。 100円ショップでも購入できるカラーフェルトの生地を、市販の立体マスクを型紙にしてカットします。 鼻と口の部分は、市販の衣料用接着剤でくっつけるだけ、人気の立体マスクもこんなに簡単に手作り出来ちゃいますよ。 立体マスクを手作りしてみよう いかがでしたか?今回は手作り立体マスクのレシピをご紹介しました。 人気の立体マスクも、作り方さえ覚えてしまえば身近な材料で簡単に作れちゃいますよ。 色々な作り方を試して、お気に入りの1枚を手作りしてみてくださいね。

次の

手作りマスクは立体型がいい?それともプリーツ型?実際に作ってみた

手作り マスク 人気

(2020. 1 追記) 当ページのマスク型紙について、 紙媒体でご紹介いただく場合は、以下の条件となります。 ウイルス予防にはならないまでも、布製のマスクにもある程度の効果が期待されます。 布マスクの効果としては、 ・保湿(喉や鼻の乾燥防止、乾燥による粘膜のバリア機能の低下を防ぐ) ・くしゃみや咳の飛散防止 ・鼻や口を無意識で触る事を防ぐ などがあります。 それに何よりも、好きな柄で作ったマスクはなんだか気分が上がるものです。 洋服に合わせて色々なマスクを選ぶのもおすすめですよ。 一見作るのが難しそうな立体マスクですが、型紙を使えば20分程度で作れます。 原寸大の型紙を用意したので、ぜひ作ってみてください。 (人によっては少し小さい、というお声もいただいています。 お好みで拡大してください) 男性用や子供用を作りたい場合は、型紙を拡大・縮小してください。 顔のサイズにもよりますが、小学生低学年だと90%程度、男性用だと110%程度です。 小学校高学年であれば、ゴムの長さの調整のみで型紙そのまま使えると思いますよ。 裏布の型紙を裏地カットラインの線で折り、裏布を合わせてカットします。 2.表布同士・裏布同士を縫い合わせる 表布同士・裏布同士を中表で合わせ、カーブの部分をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 3.表布と裏布を縫い合わせる カーブ部分のぬいしろに1cm間隔で切れ目を入れます。 縫い目から2mm程度離れたところまで切れ目を入れましょう。 ぬいしろをアイロンで割ります。 広げてアイロンをかけるのではなく、折った状態で片側ずつアイロンをかけた方がやりやすいです。 洗濯後もぬいしろがごわつかないので、その方が良いかもしれません。 お好みでご変更ください。 ぬいしろを割るとこうなります。 表布と裏布を中表で合わせてまち針でとめます。 センターでぴったり合わせましょう。 上下をぬいしろ1cmで縫い合わせます。 縫うのは裏地の端から端まで、です。 4.ゴム通し口を作る 横から手を入れ、表にひっくり返します。 アイロンで形を整えます。 三つ折りしたところにステッチをかけます。 縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。 4.ひもを通す ひも通しや安全ピンを使ってマスク用ゴムひもを通します。 ゴムひもの先をそろえて玉結びします。 立体マスクが完成! 装着して長さを調節したら、ゴムひもをまわして玉結びをゴム通し口の中に隠して、立体マスクの完成です! さっそくスタッフにつけてもらいました。 参考にしてくださいね。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の

「手作りマスク」の人気で手芸店が悲鳴 不慣れな層が殺到し従業員は疲弊

手作り マスク 人気

使い捨ての品薄が続く中、スポットライトが当たるのが「手作りマスク」だ。 自分や身近な人のためはもちろんのこと、施設などへの寄付のためにも、全国で多くの人がマスク作りを手掛けている。 一方で、その材料や道具を求めて、人々が各地の手芸店に詰めかける状況も起きてしまっている。 現場の従業員からは悲鳴が上がり、「#手芸店コロナSOS」といったハッシュタグも、ツイッターでは拡散する。 「感染リスク拡大 クラスター発生しかねない」 「31日まで手芸店休ませてくれないか。 疲れたよ。 客減るどころか増えて感染リスク拡大クラスター発生しかねないんだけど。 どうにかしてよ」 「絶えぬ行列、30cmカット地獄、釣銭切れ、容赦ない家族連れの大騒ぎ、どこからでも飛び交う質問の嵐、GW、始まったんだなぁ...... マスク何個作るんだよ、10反30cm買ってさー(怒)」 「ゴムもガーゼもたくさんのお客様に行き渡るよう1世帯1つにしていますが、何度も並ぶおば様が多く本当に困っています。 注意すると逆ギレするのは何故ですか?ポップが見えませんか?忙しい中でも従業員はお客様の顔覚えてます。 最近は特に覚えるようにしてます」 これは、ツイッターで「#手芸店コロナSOS」というハッシュタグとともに書き込まれているつぶやきの、ほんの一部だ。 の流行拡大の中で起きたマスク不足問題。 こうした中、代用品として注目を浴びたのが「手作りマスク」。 Googleトレンドのデータによれば、「マスク 手作り」「マスク 作り方」といったキーワードの検索件数は、ピークの2020年4月前半には、1月時点の100倍以上に増加している。 テレビからネットまで、メディアもこぞってこれを取り上げたほか、最近では単なる代用品ではなく、小池百合子都知事のような、デザインにもこだわった「おしゃれ」なマスクも話題だ。 また、子どもたちも含め、ボランティアでマスクを作り、自治体や学校、各種の施設などに寄付する動きも。 自治体や企業、メディアなどが、買い上げという形で、広くマスク作りを呼び掛けるようなアクションも出ている。 不慣れな層が殺到し、従業員は疲弊 こうした「手作りマスク」人気の影響を受けているのは、しかし現場だ。 上に挙げた「#手芸店コロナSOS」のハッシュタグのほか、J-CASTニュースの情報提供フォームにも、4月半ば以降、複数の手芸店関係者を名乗る人物からのメールが複数寄せられた。 そこからは、材料となる生地やゴム、そして作るためのミシンなどを求めて、手芸店に客、しかも不慣れな層が殺到し、従業員を疲弊させている姿がうかがえる。 「ガーゼはどこ?この色しかないの?この柄しかないの?どのくらい買えばいいの?ゴムはどこ?この太さしかないの?糸はどこ?どれ選ぶの?どうやって作るの?型紙ないの?うまくできないんだけど?作ってくれないの?ミシンないんだけど等等等等等......... 当店は洋裁教室ではありません。 自分で使う素材を決めて、自分で用尺を決めて購入する、手芸屋はそういう店なんです」(都内の手芸店で働いているというAさん) 「目の回るような忙しさの中で働いています。 自分が感染していないか、家族にうつしてしまわないか、恐怖と隣り合わせの毎日です。 店長は過去にないほどの売り上げに喜んでいますが、私達には関係のない話です。 何の見返りもありません。 新聞・テレビ・ネットで、マスクを手作りしよう、という記事をよく見掛けますが、現場はこうなっていることを知って頂きたいです」(関西地方の手芸店で働いているというBさん) マスコミ報道で広まった「寄付マスク」も一因 こうした情報提供者の一人である、中部地方で手芸店を営んでいるという女性に電話で話を聞いた。 女性の店でも、新型コロナウイルスの流行以来、客の数は2〜3倍に増えているという。 時短営業を行い、入場制限などもかけているのに、この数字だ。 「スーパーがよくテレビでは取り上げられますが、実際には客の流れもある程度決まっていますし、空間も広く、『密』になるのはレジくらいでしょう。 しかし手芸店は一般的にお店も狭いし、客もあっち見たりこっち見たりと時間がかかる。 店員も、生地のカット、そしてレジと客と接することになります。 特にガーゼだと、普通より切るのに時間もかかる。 『3密』という意味では、パチンコどころではありません」 来る客層も、普段の手芸愛好者とは明らかに違い、上にも挙げた「購入制限を無視しての逆ギレ」「店員への質問攻勢」「家族連れの大騒ぎ」といったトラブルが、女性の店でも相次ぐ。 特にこの女性が疑問だというのは、「寄付のためにマスクを作る」というムーブメントだ。 こうした話題がニュースに取り上げられて以来、学生など若い層も含め、マスクの材料を求めて来店する客が増えている。 「寄付ではなくて、自分や自分の大切な人のためのマスクなら、着古した衣類など、手元にあるもので作れます。 そういうことが、本来大切なんです。 それでも足りないものがあれば、お店に行く。 それが不要不急の外出を控える、自粛するということじゃないでしょうか」 テレビなど、マスコミの影響も感じている。 普段ならば、取り上げてもらえることは嬉しいが、過熱する状況には「責任を取って」という本音も。 小池都知事などの「おしゃれマスク」が話題になると、「自分も作りたい」という客が押し寄せ、またそれが負担になる。 「テレビでも手作りや工作などをいろいろ特集していますが、もっと『家にあるものを使って』という方向に工夫してもらえないでしょうか。 そして、どこのチャンネルを見ても、スーパーやパチンコばかりが取り上げられています。 手芸店も含め、それ以外のお店の状況ももっと伝えてほしい」 <J-CASTニュースでは、新型コロナウイルス流行に伴い、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」「#現場を知って」といった声を受け付けています。

次の