医師 転職 コンシェルジュ。 医師転職コンシェルジュの口コミ評判!メリットとデメリットを解説

医師の求人・転職・募集は【DtoDコンシェルジュ/総合メディカル】

医師 転職 コンシェルジュ

他の医師 医者 の転職理由・きっかけは? 医師が転職を考えるときは、どんな理由、きっかけなのか気になるところです。 ここからは、聞きたくてもなかなか聞けない医師の転職理由をご紹介しましょう。 転職を希望する多くの医師は、週60時間以上の長時間勤務を余儀なくされており、過重労働の傾向があります。 当直やオンコールが続き、ゆっくり休むこともできずに体調が悪くなってしまったり、急性期病院の勤務は体力が続かないと感じる医師は多いようです。 業務の負担を減らしたい方は、当直・オンコールの少ないケアミックス型病院、療養型病院やクリニックへの転職が適しています。 急性期病院の場合は、当直を非常勤医師が入り、常勤医師の負担を減らす病院を選ぶと良いでしょう。 結婚・子育てによる転居、家族との時間を確保するために新しい土地で転職活動をするケースです。 これまで働いていた勤務地を離れて新たな勤務先・エリアで転職する方は、地元の医療機関に精通している転職エージェントを活用しましょう。 医師転職もUターン・Iターン転職を希望する人が増えています。 スキルが成熟期に達しているにも関わらず、正当に評価されていないと感じると、転職によってハイポジションを狙う医師も少なくありません。 将来設計を実現させるために、まだ年齢が20代から30代の内に転職したいと考える医師は多いです。 スキルアップと年収アップのためにも、大学病院・医局を辞めて、開業を検討する医師も多いです。 医師 医者 の転職は多い? どの業界も、転職回数が多くなると良いイメージは持たれませんが、医師の転職に関しては、ケースバイケースです。 近年の医師転職は増加傾向にあり、明確な転職の理由であれば、5回程度までは気にされることはありません。 例えば、妊娠・出産による退職、キャリアアップによる理由であれば特に問題ありません。 医師 医者 の転職率 厚生労働省の有料職業紹介に関する報告資料によれば、平成27年度で紹介会社を通じて医師転職したケースは約2万件と増加傾向にあります。 医師全体数約31万人に対して、年間約2万件のケースで転職が行われているのは、多いといえるでしょう。 医師 医者 の転職の市場規模は? 医師の転職市場はどのぐらいになっているのでしょうか? 人材紹介会社の手数料徴収の合計金額は平成27年度で約154億円となっており、年々規模は大きくなっています。 医師 医者 の転職はドロッポ ドロップアウト ? 医師同士の会話の中で「ドロッポ」という言葉が使われますが、これは「大学医局から離れた医師 ドロップアウト 」を意味しています。 大学医局内でキャリアを積んでいる最中に辞めてしまった脱落者という意味があります。 ドロッポの年齢層は30代後半から40代が多く、経験年数は10年目~20年目に多く見られます。 しかし近年は、医療機関に即戦力として採用されやすい傾向にあり、将来のために働き方を見直す医師が増えているのです。 必ずしもドロッポは脱落者とは言えず、キャリアを前進させるためのきっかけとなることもあります。 出身大学関係なく転職している 転職する医師の出身大学は、特に国立・公立・私立に関係ありませんが、地域によって若干の違いは出ています。 どの大学出身の医師が多く転職しているという特徴はなく、全体的に増えていることは確かです。 転職する医師の出身大学、年齢、性別、診療科、地域は人それぞれ異なります。 転職した医師 医者 の満足率は高い 医師転職すると、満足度は高いのか気になるところです。 全国の病院に勤務する24歳以上の医師を対象とした「勤務医の就労実態と意識に関する調査」 労働政策研究・研修機構 によれば、勤務先の満足度は58. 6%となっています。 診療科別に見る満足度は、麻酔科69. 3%、産科・婦人科68. 7%、放射線科62. 3%、小児科61. 0%です。 医師は人それぞれ様々な事情があって転職しており、転職後は自身の選択に満足している結果となっています。 医師の転職 採用 の方法は? 医師の転職 採用 の方法は、全病院の75. 1%において大学 医局等 への依頼が利用されています。 大学医局の人事で異動する医師も多く、紹介会社を利用した医師の転職も増えてきています。 知人を通じて、直接医療機関へ応募して転職するいしも定番の方法と言えます。 直接応募するメリットは、医療機関に直接労働条件や年収を交渉できることです。 ただし、自分で面接日の設定や退職日の決定など全てのスケジュール管理をしなけばなりません。 忙しい医師はなかなか応募する準備ができずに転職活動が進まなくなることも…。 最低でも、勤務条件、勤務日数・時間、当直、残業や休日出勤の頻度、給与・待遇・福利厚生はチェックしましょう。 2位:紹介会社 転職サイト 経由 近年、医師転職で急増中なのが、紹介会社 転職サイト・転職エージェント を通じて転職する方法です。 忙しい医師も民間の人材紹介事業者に登録すれば、自分の希望する条件とピッタリ合った求人を紹介してもらえるのがメリット。 従来は、「ネット上で個人情報を渡すのは気が引ける…」という医師が多い傾向にありましたが、今では医師転職全体の46. 9%を占めるほど人気は急上昇しています。 転職エージェントは医療業界に精通しており、面接では何を聞かれるか、医師の経験やスキルのアピール方法を知り尽くしています。 希望の条件に合った求人を紹介してくれたり、キャリアアップ・年収アップに繫がる非公開求人の紹介もあるので期待できますね。 コミニュケーション能力が高く、患者や施設の職員と上手く関係が築けると判断されるように、しっかりした面接対策が行われます。 特に忙しい医者やキャリア相談しながら転職したい方、新しい土地で転職したい方におすすめです。 医師の転職は珍しくない【まとめ】 従来の医師のイメージは、転職する人が少なく、医局を離れることはドロップアウト 脱落者 と呼ばれるほどでした。 近年、医師の将来のキャリア設定が個人によって多様化しており、一概に「転職しない」ことが正解だとは言い切れなくなってきました。 実際に、キャリアアップ・年収アップのために転職を希望する医師は増えてます。 医師免許を取得した後、最初から医局に属さない医師が増えているのもキャリア多様化の流れだと言えます。 今後は、医師転職は当たり前の時代となり、医局を離れることもキャリアの選択肢となる日がやってくるでしょう。

次の

医師・看護師専門転職支援サービス|ドクター・ナースの転職相談室

医師 転職 コンシェルジュ

医師転職コンシェルジュの基本情報 医師転職コンシェルジュとはどのような会社が運営しているのでしょうか。 運営会社や所属するコンシェルジュは信頼できるのか気になるところです。 しっかりチェックしてから利用しましょう。 まず、基本情報とコンシェルジュの経歴をお伝えします。 運営会社・所在地 医師転職コンシェルジュの運営会社は、株式会社レイ・クルーズです。 2004年に創業した株式会社レイ・クルーズは、医療機関を対象とした人事コンサルティング事業や医師に特化した人材紹介事業などを行っている会社で、大阪(東淀川区)と東京(六本木)にオフィスがあります。 唯一のコンシェルジュはどんな人物? 医師転職コンシェルジュの代表者が、医療機関への転職支援、非常勤アルバイトの紹介などを1人で担当しています。 「医師が本当に自分らしく働けるように」 このような信念と情熱を持つ代表者が、自らサポートしてくれるのは心強いです。 1969年大阪生まれの代表者は、関西大学法学部法律学科卒業し総合商社ニチメン(現・双日株式会社)に入社しました。 商社マンとして国内外の営業、経営管理などに11年間携わった後、医師転職コンシェルジュの運営会社である株式会社レイ・クルーズを設立しています。 人間力と専門スキルを持つ医師を尊敬し、応援する強い思いを持った人物です。 医師の方々のパートナーとして理想の医療や生活、自己実現をサポートします。 医師転職コンシェルジュのサービス内容 医師転職コンシェルジュは、具体的にはどのようなことをしてくれるのでしょうか。 医師転職コンシェルジュが提供しているサービスの中から、転職支援・条件交渉・非常勤求人紹介の3つのサービス内容を詳しく見ていきます。 医師の転職支援に10年以上にわたり携わってきたコンシェルジュが、最初から最後まで一貫して丁寧なサポートを提供します。 医師の方々が自分らしく働ける環境への転職を重視し、ワークライフバランスや年収面など、納得のいく働き方ができる環境を提案してくれるのが、医師転職コンシェルジュの特徴です。 希望者は登録後にヒアリング・カウンセリングが可能です。 希望の場所も考慮してもらえるので、実際にコンシェルジュに会って、転職を決めたきっかけや希望の条件など、自身の希望を詳細に伝えることをおすすめします。 医師転職コンシェルジュは、求人への応募の前に自分では言い出しにくい条件面の確認や交渉を代行してくれます。 希望に沿う求人が無い場合は、調査開拓をして医療機関や施設から潜在的なニーズを発掘し、紹介するオーダーメイドな対応まで行っています。 面接には原則、コンシェルジュが同席し、細かな点までエージェントとしてしっかりと確認してくれるのも安心です。 さらに入職後に条件が違うなどのトラブルが発生しないよう、医師転職コンシェルジュを交えた覚書を勤務先と交わし、問題を未然に防止する策も講じています。 医師転職支援の豊富な経験を持つコンシェルジュが、非公開求人も含めた求人の中から、一人ひとりの希望条件に合わせて非常勤求人を紹介します。 希望条件にマッチするように、既存の求人情報を交渉してアレンジするなどの対応までしてくれるのが嬉しいところです。 医師転職コンシェルジュには、医師に特化した転職支援の長年の経験から、非常勤医師のメリット・デメリットや、非常勤転職の成功例・失敗例など豊富な知識や情報があります。 非常勤勤務での転職時に気を付けるポイントをコンシェルジュから教えてもらえることも、失敗のない転職への大きなポイントです。 医師転職コンシェルジュの評判は?メリット・デメリットまとめ 医師転職コンシェルジュの転職支援を実際に利用した人の感想、評判も気になるところです。 医師転職コンシェルジュは、比較的新しい転職エージェントのため、ネットの情報もそれほど多くありませんが、転職事例や口コミ情報からメリット・デメリットをまとめました。 海外への転職となると、自分一人の転職活動はハードルも高く、限界があります。 医師転職のプロであるコンシェルジュにまず相談してみることがおすすめです。 アジアの一部地域など、日本の医師免許と比較的簡素な手続きで、働くことができる国もあるものの、国によって日本人が医師として働くことができる要件が異なるのが実状です。 海外の求人情報を得られるだけでなく、海外で医師として働くための正確な情報を知り、ミスマッチのない海外への転職を成功させるために、医師転職コンシェルジュは役立ちます。 「応募先と条件面の交渉を粘り強く行ってくれた」「コンシェルジュが面接に同席し、助け舟を出してくれた」など、交渉面でも精神面でも力強い味方になってくれます。 転職事例や口コミには「自宅の近くで子連れで初回の面談を行ってくれた」「しっかり自分の希望や思いを先方の施設にもれなく伝え、時には直接現地におもむき担当者と折衝をしてくれた」など、親身な対応や豊富な知識への感謝の言葉が数多く出てきます。 掲載された求人情報やコンシェルジュから提案される求人が自分の条件とマッチしなければ、条件に極力合うようにコンシェルジュが病院側と交渉します。 求人件数は少なくても、自分に合った勤務先を見つける点においては、求人件数の少なさはそれほど大きなデメリットにはならないでしょう。 医師転職コンシェルジュを利用するなら、積極的にコンシェルジュに相談をして、自分の希望を詳細に伝えることがおすすめです。 医師転職のプロであるコンシェルジュの知識と経験、人脈をフルに生かしたサポートを活用し、既存の求人案件にはない転職先を見つけましょう。 丁寧なサポートと専門知識、経験が豊富で頼りになるコンシェルジュではありますが、一人だけで多くの件数をこなすのは困難です。 タイミングによっては手が回らず待たされる可能性もあります。 口コミの中にも「登録したもののかなりの期間待たされてしまい、結局他のエージェントを利用して転職した」との声がありました。 いつまでに必ず転職したいと転職の期限が決まっている人や、早急に対応して欲しい人は、他の転職エージェントと併用するのがおすすめです。 医師転職コンシェルジュよりおすすめの転職エージェント5選 医師の転職に強い転職エージェントは、医師転職コンシェルジュ以外にもいくつかあります。 ここでは、医師の転職の際に利用をおすすめする5つの転職エージェントを紹介します。 自分に合った転職エージェントを見つけてください。 28万人以上の医師が登録している日本最大級の医療情報専門サイトm3. comも、同じエムスリーグループが運営しています。 その認知度と情報量をもとに、信頼度の高い数多くの求人を持っているのが魅力です。 豊富な医師転職支援実績から、勤務体系の調整や年収の交渉など、病院側との条件交渉を強みにしています。 エムスリーキャリアエージェントのサイトには、医師転職支援コンサルタントの顔写真が掲載されています。 地域ごとに専任コンサルタントがいるので、都市部以外の勤務を希望している人にもおすすめです。 多数の紹介実績を誇り、全国の常勤・非常勤合わせて約18,000件あまりの求人案件の中から、転職先を選ぶことが可能です。 キャリアアドバイザーは求人情報の紹介だけでなく、あなたの希望に合うように条件交渉も行っています。 リクルートドクターズキャリアのサイトには、求人情報の他にも、年代別の転職のポイントや診療科目別転職動向など、自分らしい働き方や最適なキャリアについてヒントになる多数の役立つ情報が掲載されています。 転職を考え始めたばかりの方や迷っている方は、まずリクルートドクターズキャリアに登録して、情報を収集してみるのがおすすめです。 マイナビでは、医師向けの転職エージェントだけでなく、看護師や薬剤師など医療系専門職の転職支援サービスをそれぞれ展開しています。 多くの医療機関への転職支援実績から、国内トップレベルの取引実績を有し、様々な診療科目、勤務形態の求人が揃っています。 医療機関との取引実績と信頼関係から、院長の考え方や経営方針、職場環境、病診連携の状況なども把握し、納得のいく転職をするための支援を受けられます。 常勤、非常勤だけでなく、スポット勤務の求人もあり、多様な働き方に対応しています。 医師の転職なら必ず複数エージェントに登録を 医師転職コンシェルジュをはじめ、医師の転職に特化した転職エージェントは複数あります。 より良い条件や希望の働き方にマッチする転職先選びには、プロの力が不可欠です。 それぞれの転職エージェントに強みや特徴があります。 複数の医師転職エージェントに登録して、自分に合った転職エージェントを見つけることが転職成功への近道です。 あなたに代わって求人情報を見つけ、応募先との交渉を代行してくれる担当者との相性も大切です。 いくつかの転職エージェントの担当者と面談してみると良いでしょう。 転職エージェントには、あなたの条件や現在の状況を、詳細に積極的に相談することがポイントです。 医師転職エージェントを賢く利用して、より良い勤務先を見つけましょう。

次の

医師転職コンシェルジュに登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

医師 転職 コンシェルジュ

医師転職サイトの比較とランキング2020 年6 月版です。 6月のランキングは下の方に掲載しました。 転職業界の巨人が大きな動きを見せています。 3分ほどで読める内容に収めましたので、このまま読み進んでください。 令和も2年目の6月になりました。 毎年夏季休暇が見え始めるこのシーズンは、他の医療施設への転職を考え出す医師が増えるため、医療施設側から空きポストの求人が集まりやすいシーズンです。 転職サイト側も医師のニーズに答えるために高給の求人情報を掻き集めていますが、当然のこととして、良い転職会社にしか病院は好条件の非公開求人を回さないので、ご注意ください。 わたしがあなたに、このページでお伝えしたいことは、せまい上にしがらみが強い医師の世界で、安心して 転職を任せられる転職会社はいまも5社しかないという実態です。 2020年6月現在、集まった情報を整理すると、医師の転職サイトは116もあります。 わたしがネット情報過多の末、良くない転職サイトに登録したせいで、とんでもない目にあった医師の転職経験や、多くの転職経験医師の成功した転職要因と失敗した転職要因も、合わせてあなたにお話しいたします。 わたしは6年前に転職しました。 テレビで見る医師の姿と、医局で働くわたしの姿にあまりにも大きなギャップを感じたためです。 幸せな家族と都内の一戸建てに住み、休日は高級外車で趣味に出かけ、仕事では最先端医療の世界で自分の腕を磨く医師たち。 対するわたしは、患者さんの診察や入院患者の回診のみならず、手術や院内カンファレンス、医療情報担当者との打ち合わせ。 更には宿直勤務があり、宿直明けの翌日も通常どおりの勤務が日常茶飯事。 休日もオンコール。 ボロネズミのようでした。 このときのわたしの時給を計算したら、2400円足らず。 パートで来ている看護師さんと比較して大して変わりませんでした。 上を見れば教授や准教授の軌道は人が詰まっていて、とてもわたしが出世できる見込みはありません。 それどころか、次はどこに飛ばされるのかもわからないような状態。 本当にやりきれない気持ちでした。 どうしてこんなにちがうんだろう。 こんな毎日を一生続けていくんだろうか。 ふっとそう思ったとき、わたしはアパートのパソコンで医師の転職情報をしていました。 でも、これがわたしをとんでもない窮地に追い込む導火線となったのです。 ネットには、医師の転職に関して、膨大な量の情報がありました。 を変えては次々に出てくるサイトで医師の転職に関する記載を頭に詰め込んでいきました。 こんなことも考えなきゃいけない、あんなことも考えなきゃいけない。 あまりに情報が多過ぎて、なにから手をつければいいのかすらわからないほど頭の中が混乱してしまいました。 それでも、4日掛けてなんとか1社を選び出して登録しました。 8項目ほどの簡単な登録画面をにらんで、入力ミスが無いか何度も見直したあの日がつい数日前のように思い出されます。 登録をすますと、1時間ほどで携帯に電話がかかってきました。 ここからが大変だったんです。 出身校や医師としての経歴、勤務形態や年収、転職の動機、家族構成。 こんな個人情報まで話さなきゃいけないのかと思うくらい、根掘り葉掘り1時間近くも答えさせられました。 いま思うと住宅ローンの審査でもこれほど聞かれたりしません。 ここでおかしいと思うべきだったんでしょうが、すでに頭の中が転職へ踏み出してしまっているわたしはとまることができませんでした。 そして、とんでもないことが起こりました。 狭い世界です。 名前を言わなくても、所属と経験年数を言えば特定されてしまいます。 さらに紹介しようとした転職先は、わたしが勤める医局とつながりがあったため、わたしはすぐに呼び出されて、問いただされました。 手足から血の気が引き、凍り付きながらも、なんとかシラを切ってその場を切り抜けました。 しかし、その後も疑われ続け、医局にもわたしが転職しようとしているという噂が広がり、背中に感じる視線で、日に日にわたしの医師としての居場所は無くなっていきました。 あなたは、どうですか? わたしと同じ目にあう、一歩手前にいるんじゃありませんか? ネットに出ている医師の転職情報は実態とは異なる上、不要な情報まで出ているため、頭でっかちになって混乱するだけでした。 その結果がこれです。 患者さんでもいますよね。 ネットに出ている症状とそっくりなんですよ」と言って、こっちの診断をまともに取り合わない困った患者さん。 あれを地で行ってしまっている自分に、わたしは気づいていなかったんです。 そんなわたしを救ってくれたのは1本のTwitterでした。 リツイートで回ってきたツイートでしたが、転職して良かったという医師のつぶやき。 わたしは、自分ではつぶやかずに、ひとのツイートを見ていいるだけの人なので、そのツイートにだれもが見える形でのリプライをする勇気は無く、フォローした上で、ダイレクトメッセージを送りました。 親切にも彼は携帯の番号を教えてくれたので、すぐに電話で話をして、わたしの状況を説明しました。 そして、わかったこと。 医師が安心して使える転職会社は5社しかない。 1社だけでなく、複数社登録するべき。 転職に関することはすべて転職会社がやってくれるので、ネットで医師の転職情報を収集するのは無駄であるばかりでなく、危険。 これ、常識だったんですね。 わたしの周りには、当時、転職した医師がひとりもいなかったので知りませんでした。 複数社登録する理由は、• 1社だけでは出された転職案件の良し悪しが比較できない• どれほどしっかりした転職会社でもクジ運が悪ければ、経験の浅い力不足のコンサルタントに当たる可能性がある の2つです。 だいたい3サイトくらい登録する医師が多いそうです。 この日のうちに3社に登録し、登録完了の自動メールに返信の形で、聞かれるであろう事項と、希望の条件を記載して送りました。 この方法も、Twitterの彼から教えてもらったもので、複数社に登録すると、最初の電話で同じ質問に3社分答えなくてはならなくなるから、あらかじめ聞かれるとわかっている事項はメールで送っておくと、本当に後がすんなり行きました。 自動返信メールなので、返しても受け付けられないだろうと思っていたのですが、ちゃんと届きます。 転職条件は、医師としての自分の市場価値を知る前から細々と明確にしてしまうと、かえって話が進まなくなってしまうので、重要なポイントだけ押さえて、あとは転職アドバイザーと話して、現実を知りながら転職の条件を決めていく方が話が良い方向へ早く進みやすいという意見が多いです。 それともうひとつ。 最初は本人確認があるので、どうしても電話になりますが、そのあとはメールでのやり取りを中心にした方が良いです。 これは、自分の空いた時間に、周りの目を気にせずちゃんと比較して考えながら連絡ができる、文字として残るので、聞いた内容を忘れたり、思い違いが無くなるためです。 電話の方が済ませやすい簡単なやり取りも、電話の後で、話した内容をメールでもらうようにすると、どの転職会社との話だったかの混同も無くなり、比較もしやすくなります。 付いてくれる担当者も医師の繁忙さを知っているので、連絡をメールにすることは快諾してくれます。 世界には、医師が足らないどころか、女の子というだけで人権すら認められない国があります。 Planはこのような貧困国の子供たちを救うために活動している国連のNPO団体です。 バングラディシュでは早すぎる結婚を阻止するという偉業も成し遂げています。 当サイトはPlanの活動を応援しています。 当サイトが掲載している医師の転職会社へ、当サイトからのクリックで登録するとPlanへの寄付が発生します。 世界の恵まれない女の子を救うためにも、登録は是非当サイトから。 医師の世界はとにかく狭いです。 狭い上に、外科は慶応大学、麻酔科は獨協大学、消化器内科は東京女子医大といったように、医局員の派遣という形で全国にネットワークが張り巡らされていて、しがらみの多い世界です。 このため、医師の転職で現職場の辞め方には大きな注意が必要です。 例えば、わたしのように医局員だった場合、教授の機嫌を損なう形で転職したのでは、狭い世界なので、後々まで転職先で響き、ひどい場合は、転職先からどこか別の病院への再転職を促された医師もいます。 転職のために辞めたいと申し出ても、医局の力を維持するために、希望する場所へ派遣先を変更するなどの妥協案を持ち出され、辞めること自体できなくなっている人もいます。 わたしたち医師が転職する場合、こういった医師の世界のしがらみをすべて知った上で、転職先を見つけなければなりませんが、それぞれの病院と様々な教授との結びつきを個人で把握するのは不可能です。 この点こそが転職サイトを利用する最大のメリットだと言う意見が、転職を経験した医師にはとても多いです。 良い転職会社は単に求人情報を紹介するだけでなく、病院同士の結びつきや経営状況を理解しているため、あなたが無理なく良い職場へ転職できるプランをちゃんと立ててくれます。 事前に転職案件を比較して納得した上で進めてくれるので安心できます。 もちろん、一番厄介な辞め方についても、スムーズに辞められる方法をあなたの勤務先の状況から考えてくれます。 わたしはこの点が一番救われたと思っています。 転職会社から、「今はまだ転職しない方がいい」と言われたという医師も何人かいます。 これは、色々なケースがありますが、例えば有名な医局にいる場合、若いうちはハードな時期がありますが、そこをクリアすると「あそこで育った医師なら」という、いわゆるハクが付く場合があるので、しばらく転職は我慢した方がいいというものです。 逆に途中でやめてしまった場合、「ハードなところから逃げ出してきた医師」というネガティブな見方をされて、転職上、不利な比較材料となる場合があるそうです。 現職場から悪い影響が広がることなく、あなたが充実しで働ける転職先への転職プランを作り上げる。 これが安全な転職の仕方であり、わたしたち医師が求める転職会社の仕事です。 良い転職会社は、あなたがなにも心配しなくても、面接の仕方など、すべての段取りもちゃんと整えてくれます。 これは、転職を経験した医師のほとんどが言う意見ですが、転職に関することはすべて転職会社がやってくれるので、ネットであれこれ医師の転職に関する情報を仕入れたり比較するのは、無駄であるばかりでなく、本当に危険です。 ネット情報で頭でっかちになった患者さんと同じで、転職会社にとっても扱いにくい医師になってしまいます。 わたしのように、ネット情報で頭でっかちになった上に、良くない転職サイトを使った結果、致命的な支障を負わされた医師は非常に多いです。 ここは、本当に気をつけた方がいいポイントです。 ネットで医師の転職情報を見始めると、いつの間にか自分をコントロールできなくなって比較に没頭してしまうのです。 比較やランキングを作成するには、膨大な情報力を必要とします。 わたしのTwitter「医師転職サイトの比較口コミ収集」は、いまやフォロワー8,000人を超える巨大な医師転職サイトに関する比較と口コミの収集源となり、このページでは、Twitter とFacebookを中心に転職経験医師から収集した回答を比較してランキングを作成しました。 これらSNSを中心とした比較の利点は、• 大規模な比較情報がリアルタイムで収集できる。 1人1アカウントを基本としているので、比較やランキングの操作を目的とした不正投票や虚偽報告が入りにくい。 一般に知られていない隠れた比較情報も口コミの形で入手できる。 の3つです。 冒頭で申しあげましたが、比較情報を集計した結果、医師の転職をしっかりとサポートできる転職サイトは、わたしが転職してから6年たったいまでも5社しかありませんでした。 これは、上位5社の第一集団とその下の第二集団の差があまりにも大きすぎるためです。 このため、比較結果のランキングと言っても、5位までの掲載となりますが、この5社と他の転職サイトでは非常に差が大きく、この5社は医師の転職における特殊事情に精通しており、幅広いネットワークとレベルの高い医師専門の転職コンサルタント体制を有しているので安全に転職が行えますが、この5社と比較して他の転職サイトは未成熟な面が目立つため、利用するにはリスクが高いと思われます。 1位:エムスリーキャリア(96.2ポイント) 医師の転職業界では圧倒的な知名度があり、非公開の転職・求人案件を多数保有している点が有名です。 非公開求人の多さは、医療機関からの信頼が厚いためです。 ソニーのグループ企業、医師会員が20万人、転職希望医師登録数は 5年連続でNo. 1を継続中。 実際にエムスリーキャリアから転職する医師は年間1万人を超えています。 医師の転職業界ではダントツの知名度を誇り、常勤・非常勤を問わず医師の転職には強いです。 誰もがまず押さえている必須のサイトと言っても過言ではありません。 2位:マイナビDOCTOR(94.7ポイント) 転職業界の巨人マイナビの医師転職専門サイトです。 メディカル系の転職では、看護師、薬剤師と並んで電車の広告でもよく見かけるのでご存知の方が多いかと思います。 医師に限らず、一般の人も含めた場合、知名度の比較では現在圧倒的にNo. 1でしょう。 昨年の9月30日からは女優の波瑠さんを起用したTVCMの放送を開始しているように 利用者が多く絶好調の模様です。 転職業界の巨人だけあって、常勤・非常勤からスポットやアルバイトまで様々な医師の勤務形態を網羅的に、 首都圏のさまざまな医師転職をカバーしています。 また転職だけでなく、医学生の就活や留学経験者向けの求人も扱っている点はマイナビDOCTORならではのポイントです。 ありとあらゆる分野の転職を扱っているだけに、システムの膨大さはケタ違いであり、非常に教育レベルの高いコンサルタントを揃えています。 特に高給な非公開求人の豊富さでは群を抜いた強みがあります。 業界最大規模であり、医師専門としての歴史と知名度ではエムスリーキャリアと双璧と言えます。 提携医療機関数が7千施設もあり、独占・非公開求人が多いのが特徴です。 平均年収アップ率 146.6%、希望条件達成率 94.7%だそうです。 これは他と比較して60歳代の医師まで幅広くカバーしている強みと、独占案件が多いこと、そして年収の交渉力における強さが要因のようです。 ここの転職案件を見ると、年収ってこんなに違うものなのかと愕然とします。 ここもエムスリーキャリア同様、常勤・非常勤を問わず医師の転職には強いですが、アルバイトを望む方には不向きなようです。 転職なび(92.6ポイント) 現在は、株式会社エムステージという社名になっていますが、もともとはメディカル・ステージの社名で知られる医師専門の転職サイトとして長年の経験を誇る老舗のサイトです。 転職なびの一番の特徴は、 コンサルタント全員が一般社団法人「日本医療経営実践協会」で「医療経営士」の資格を取得しているという点です。 このため、将来的な独立・開業まで見通したうえで、有利な求人や転職の紹介が受けられ、その後の開設まで面倒を見てくれるという点です。 新専門医制度が2017年度の全面実施見送りとなり、日本専門医師機構ではなく、学会認定での実施が決定し、「今後、どのようなキャリアパスが有利なのか」を知る上で、医師にとって医療経営士のアドバイスは強力な力となります。 また、Dr. 転職なびは豊富な求人案件を握っているだけでなく、一定期間を経過した求人情報にはアラームが立つ仕組みを持っており、常に更新され、新鮮な求人を取りそろえている点でも多くの医師から高い評価を得ています。 日本全国に拠点を構えているので、込み入った悩みもじっくりと相談できると好評のようです。 他の求人サイトと比較してユニークなのは、アルバイトようには別サイトとしている点です。 トップページの「定期アルバイトを検索」、「スポットアルバイトを検索」のタブを押すとアルバイトの求人専門「Dr. アルなび」のサイトに飛びます。 日本で2番目にできたサイトであり、30年を超える実績があります。 常時2万件前後(常勤:非常勤=約2:1)の転職・求人が掲載されており、非公開求人では高給案件が多く、特に アルバイトや単発などの非常勤に強く、 当直1回で48万円という掲載もあります。 収入面だけでなく、QOL(quality of life、生活の質)に重点を置いた「 当直無し」「 週4日勤務」「 救急無し」「 土日休み」といったワークライフバランス指向の求人も数多く保有していることも特徴です。 これは「医師が何を望むのか」「他と比較して、もっと違った医師が働きがいを持てる職場は無いか」という観点でサイトを運営しているためだといわれています。 このためリクルートドクターズキャリアはその名の通り、外科医の手術スキルはもちろん、循環器内科医の心臓カテーテル検査、消化器内科医の内視鏡検査で、キャリアアップを真剣に考える医師の「 症例数を増やしたい」というニーズにも答えられる体制が整っています。 もちろん、どの転職サイトも無料です。 比較集計の結果、ランキングで6位の求人サイトは72.2ポイントとなり、比較結果の差が大きすぎるので、6位以下はランキングの掲載をやめました。 転職に関しては、あれこれ考えたり比較したりするよりも、まず医師の転職事情に精通した転職サイトに登録し、相談しながら考えとプランをまとめ上げていくことをお勧めします。 もちろん、その結果、あなたの判断として「転職しない」あるいは「いったん保留にして、しばらく考える」という判断もありです。 今回、ご紹介したランキング1位から4位の医師の転職サイトは、「転職ありき」で無理矢理転職を薦めたり、しつこく電話を掛けて来たりはしません。 安心して転職の相談をできる転職会社です。 あなたは医療のプロであり、転職のプロではありません。 医師の転職会社のコンサルタントがいくら医師のマネをしようとしても、知識と経験の蓄積の絶対的な差による考え方、考えるべき範囲、手際の良さ、処置の適切さのすべてにおいて、医療のプロであるあなたに勝てるはずがありません。 同様に、あなたが転職についていくら考えて比較したところで、多くの医師を転職させた経験を持つ転職のプロには勝てません。 無駄に悩んだりせずに、転職に関することは転職のプロに任せた方が本当に安全で確実です。 転職に際して、何から考え始めるべきで、どれだけの準備をしなければならないかを整理する上でも、信頼できる医師の転職サイトに登録して転職のプロであるコンサルタントと話をすれば、漏れ無く、きれいに整理してくれます。 いくつかの転職案件を提示して、比較のポイントを明確に説明してくれます。 私事になりますが、今は都内のマンションで家族三人幸せに暮らしています。 仕事でもじっくりと本気で腕を磨き、学会にも参加できています。 年収に関して言うと、転職した医師のほとんどが転職前の2倍くらいになったという話が多く、わたしの場合も3倍近くになっています。 とても忙しくて、趣味の時間までは取れませんが、毎日が本当に充実しています。 まずは転職会社に登録して相談してみましょう。 それこそが成功への近道です。 最後まで読んで下さったあなたに、良い未来が開けることを期待します。 わたしの話が少しでもお役に立てばうれしいです。 またランキング作成においては、今回の調査に協力してくれた多くの転職経験医師の方々に厚く御礼申し上げます。

次の