東北 医科 薬科 大学 薬学部。 東北医科薬科大学医学部は志願者減か?(2020

受験生必見!東北医科薬科大学薬学部データを徹底解説

東北 医科 薬科 大学 薬学部

薬学・生命科学に携わる人としての心豊かな人間性と倫理観を持ち、医学と薬学の2つの領域にまたがる生命科学を探究するとともに高度の専門知識を修得し、健康に関する様々な分野で活躍する人材の養成を目指します。 薬に関わる幅広い知識や生命科学を身につけ、大学院への進学などを通じて将来、薬の開発やバイオテクノロジー等の研究分野で活躍できる人材を育成。 卒業後の大学院進学については、本学大学院をはじめ、本学ならではのネットワークと実績を駆使し進学をサポート。 大学院修了後は、医薬品メーカーや食品工業系企業、化学系企業の研究員などの道が開かれています。 もちろん、4年間で卒業して製薬企業へ就職し、医薬情報を医師や薬剤師に的確に伝達する医薬情報担当者(MR)として、また医薬品や食品に関わる公務員として活躍することもできます。 さらにドラッグストアなどの経営・販売部門、公共機関・大学なども、薬学と生命科学を学んだ人材を求めています。 アドミッションポリシー(入学者受入方針)• くすりの科学に興味を持ち、最新の生命科学の専門知識を学び、新しい視点からくすりの問題に取り組もうとする探究心の強い学生を求めています。 くすりとヒトの関わりについて、生命科学を応用して、新たな問題に挑戦する意欲を持った学生を求めています。 高等学校で、理科の基礎的な分野、特に化学あるいは生物をしっかり学ぶとともに、英語および数学の素養や自ら考える姿勢、着実な学習習慣を身につけている学生を求めています。 カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針) 薬に関わる幅広い知識や先端的な生命科学を学び、将来、薬の開発やバイオテクノロジー等の研究分野、人々の健康や生活環境の向上など様々な分野で活躍できる多様な人材の養成を目指し、以下の教育課程を編成しています。 初年次は履修履歴の異なる学生のために高等学校からの接続学習科目を配置し、さらに薬学基礎科目の理解と定着へと導くための演習科目を配置します。 生命薬科学を通して社会に貢献するという意識を持って学習を続けるよう、1年次から製薬会社等の施設見学、基礎の化学系および生物学系実習科目を提供します。 低学年での教養教育や薬学・生命科学教育を通じて、生命の尊厳に関する高い意識と倫理観の醸成を図ります。 また、低学年から能動的学習の機会を設け、研究者・技術者を目指して学ぶ自覚と責任感を獲得できるよう工夫した授業を提供します。 医薬品とその関連物質の生体に対する作用を理解し、研究者・技術者として創薬研究を行う上で必要な専門的な知識・技能・態度を修得できる講義と実習科目を配置します。 さらに学生自身が、自分の将来を見据え適切な選択が行えるよう、生命科学と創薬に関する多様な科目を提供します。 国内のみならず国際的にも社会の幅広い分野で活躍でき、薬学・生命科学の学習成果や研究成果を積極的に発信できる人材を養成するため各学年で専門領域の英文論文講読科目を提供します。 低学年から職業観の醸成を図るためのキャリア開発講座やキャリア支援講座を導入し、3年次では、企業での就業体験(インターンシップ)を実施します。 これらの科目を通じ、大学で学んだ薬学・生命科学の学修成果を活かし、各自がどのように社会に貢献していくかを考える機会を提供します。 演習や実習、さらに1年半にわたる卒業研究を通じ、課題を発見し、解決する能力の向上を図ります。 これら一連の活動により、リーダーとしての自覚を促すと共に強い探究心の醸成を図り、生涯にわたって自己研鑽できる人材の養成を目指します。 ディプロマポリシー(学位授与の方針) 本学の教育理念に基づく教育課程を通じて、以下に示す薬学・生命科学分野の研究者や技術者として必要な知識・技能・態度を身につけ、所定の単位を修得した学生に学位(学士(薬科学))を授与します。 教養と倫理 薬学・生命科学に携わる人としての豊かな教養と人間性を備え、生命の尊厳について深い認識をもち、社会で自身が果たす役割に対する使命感、責任感を身につけている。 情報発信とコミュニケーション 薬学・生命科学の研鑚を積んだ者として積極的に社会と関わりを持ち、幅広い分野で自ら情報収集・分析を行い、その成果を効果的に発信できる。 生命科学領域の専門性 医薬品とその関連物質の生体に対する作用を理解し、ゲノム創薬や生命科学の追求に不可欠である生化学、分子生物学、遺伝子工学等に関する専門的な知識と技能を身につけている。 創薬を担う力 創薬研究の基礎となる物理・分析化学、有機化学、衛生化学、免疫学、薬理学、薬剤学、薬物治療学等に関する専門的な知識と技能を身につけている。 課題発見と解決 「われら真理の扉をひらかむ」の建学の精神のもと、常に真理を探究する姿勢を忘れず、自ら課題を求め自分の力で解決できる。 自己研鑽 生涯に亘って科学・医療の進歩の恩恵を社会で暮らす人々に提供できるよう、高い学習意欲を持って自己研鑽を続けることができる。 東北医科薬科大学 アセスメント・ポリシー 東北医科薬科大学では、内部質保証の一環として、ディプロマ・ポリシーを始めとした、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシーの3ポリシーを踏まえ、学生の学修成果を評価・測定するアセスメント・ポリシーを定めています。 本ポリシーに基づく評価・測定を、学生の入学時から卒業時にかけて、機関レベル(大学)、教育課程レベル(学部・学科)、科目レベルの3段階に分けて行い、教育の改善につなげます。 1.機関レベル(大学) 学生の卒業率、就職率等から学修成果の達成状況を評価します。 2.教育課程レベル(学部・学科) 学部・学科の所定の教育課程におけるGPA、国家試験合格率等から学修成果の達成状況を評価します。 3.科目レベル シラバスで提示された学修目標に対する評価、授業アンケート等の結果から学修成果の達成状況を評価します。

次の

【2020年最新】東北医科薬科大学薬学部の偏差値

東北 医科 薬科 大学 薬学部

2版」を発刊いたしました。 「第2版」と比較し、感染予防の内容等に修正はございません。 また、「第2. 2版」の動画をYouTubeで公開いたしました。 加えて、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・ベトナム語・モンゴル語の多言語版につきましても、「第2. 2版」を発刊いたしました。 ご利用の際は出典名を明記してください。 英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・ベトナム語・モンゴル語の5言語がございます。 ぜひ、ご活用ください。 主な更新内容は以下の通りです。 ・デザインを一新しました。 ・現在の発生状況に合わせ、情報を更新しました。 ・P8について、気になる症状があるときの条件に「感染が確認された人に濃厚接触する機会があり」文言を追加しました。 ・消毒について、日本環境感染学会のガイドラインに準拠し、環境消毒のための次亜塩素酸ナトリウム希釈液濃度を0. また、「第2版」の動画をYouTubeで公開いたしました。 中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年、令和元年(2019年)12月、原因となる病原体が特定されていない肺炎の発生が複数報告されました。 現在、日本を含む140カ国以上から15万人をこえる感染者が報告されていますが、そのほとんどは、人から人への感染によるものであると考えられています。 皆様が感染症予防について正しく理解した上で安心して生活していただくために、このたび、ハンドブックの内容を更新いたしました。 この「新型コロナウイルス感染症 ~市民向け感染予防ハンドブック[第2版]」をご家庭での新型コロナウイルス感染症を含む呼吸器感染症予防の一助としていただければ幸いです。 本ハンドブックは、令和2(2020)年3月15日現在の情報を元に作成しており、今後、最新の情報に沿い変更することがあります。 1版」をYouTubeで公開いたしました。 ご自身の端末にPDFデータをダウンロードできない方は、ぜひ動画をご覧ください。 1版」を発刊いたしました。 「第1版」と比較し、感染予防の内容等に修正はございません。 現在、日本を含む29カ国から約8万人の感染者が報告されています。 日本においても調査、対応がすすめられていますが、新型コロナウイルスとその感染症については現時点ではわかっていないことが多くあります。 人から人への感染も一部確認されていますが、どれぐらいの広がりになるのかもわかりません。 皆様が感染症予防について正しく理解した上で安心して生活していただくことを目標に、このハンドブックを作りました。 ご家庭での新型コロナウイルス感染症を含む呼吸器感染症予防の一助となれば幸いです。 本ハンドブックは、令和2(2020)年2月現在の情報を元に作成しており、今後、最新の情報に沿い変更することがあります。 令和2(2020)年2月25日 東北医科薬科大学病院 病院長 近藤 丘 東北医科薬科大学 医学部 感染症学教室 特任教授 賀来 満夫.

次の

東北医科薬科大学

東北 医科 薬科 大学 薬学部

概観 [ ] 大学全体 [ ] 東北薬科大学はに設置された東北薬学専門学校を前身とし、に設置された。 に、日本の私立で当時は唯一の附属研究所を設立 した。 に私立薬科大学で初の大学院を設置する。 2016年に医学部を開設し、東北薬科大学から東北医科薬科大学に改称した。 建学の精神(校訓・理念・学是) [ ] 期から初期にかけて、仙台に存在していた国立薬学教育機関が廃止された後、とには教育体制が存在しない時代が存在していた。 東北薬科大学の前身である財団法人東北薬学専門学校(五十嵐豊吉初代理事長)は、東北地方に薬学教育機関を設立することを目的として建学された。 現在でも大学の理念として「東北地方の薬学教育・研究の先導的役割」を掲げている。 医学部設置へ [ ] 日本政府は1980年代から医師数の抑制政策をとり、2003年にはが医学部の新設禁止を告示した。 2011年に発生したを受けて、東北地方の医師不足への対応と被災地復興の支援のため、東北地方で1校に限り医学部新設を認める方針を打ち出した。 この動きを受けて東北薬科大学は10月11日、の設置を目指す意向を表明した。 同大の学長は、設置に確信を持っていたとされるが 、がとからの協力要請によるへの医学部開設(若しくは、宮城県立の医科大学開設)計画をに申請しており 、のなどを運営する一般財団法人脳神経疾患研究所も医学部新設に名乗りを上げていた。 8月28日、東北地方に医学部を新設する構想で、文部科学省の構想審査会は、同大が改称して設立する「東北医科薬科大学」(仙台市)を選定したと発表した。 翌15年3月31日には、薬科大が文部科学省に医学部の設置認可を申請した。 同大の構想によると16年4月の開設をめざし、キャンパスはに所在する東北薬科大学病院の隣接地を買収や賃借して整備。 さらに、医学部の学費が6年間で3400万円となる見込みであるほか 、学生定員は100人、教員医師は183人の採用を予定している。 4月1日、医学部を新設した上で東北医科薬科大学に改称。 さらに同日付で、東北薬科大学病院もに改称、加えて、から取得した(、199床)はに改称した。 医学部は震災を受けて開学を認められた経緯から、地域医療への貢献に重点を置いている。 1学年100人のうち55人を枠として、6年間で3000万円程度の減免を与える代わりに、合格後8~10年間は大学が指定する東北地方の医療機関のいずれかに勤務してもらう条件である。 地域医療ネットワーク病院(19カ所)、関連教育病院(と)などと連携して医療現場でのなどを行うほか、被災地訪問や災害医療教育を教育に取り入れている。 沿革 [ ] 年表 [ ]• - 東北薬学専門学校設立。 - へ移行、東北薬科大学設立(薬学部薬学科)。 - 大学院修士課程開設(薬学研究科)。 - 大学院博士課程開設(薬学研究科)。 - 衛生薬学科増設。 - 製薬学科増設。 - 学科を再編、六年制の薬学科と四年制の生命薬科学科の二学科体制へ移行。 - 附属病院として 旧・東北厚生年金病院より改称 を設置。 - を開設、これに伴い「東北薬科大学」から「東北医科薬科大学」、「東北薬科大学病院」を「東北医科薬科大学病院」へ改称。 - 「」開設。 3月 - と「連携協力に関する協定」締結• - 「東北医科薬科大学名取守病院」開設。 - 東北医科薬科大学病院 新大学病院棟(地上 8 階建 15,073. 82 ㎡)完成 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 小松島キャンパス(宮城県仙台市青葉区小松島4-4-1)• 福室キャンパス 宮城県仙台市福室1丁目12-1 象徴 [ ]• 校歌は、作詞が、作曲がである。 創立記念日は5月20日である。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学部 [ ]• 医学科• 薬学科(六年制)• 生命薬科学科(四年制) 大学院 [ ]• 薬学専攻 博士課程:4年課程• 薬科学専攻 博士前期課程:2年課程• 薬科学専攻 博士後期課程:3年課程 附属機関 [ ]• 研究所• 分子生体膜研究所• ハイテク・リサーチ・センター• 附属薬用植物園 附属病院 [ ]• (旧 )• (旧 )• 東北医科薬科大学名取守病院 (旧 医療法人社団健守会守病院) 研究 [ ] 私立大学学術研究高度化推進事業 [ ]• ハイテク・リサーチ・センター整備事業• 創薬研究センター(2005年度採択) 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ]• 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ]• Wiki関係他プロジェクトリンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ]• のちに発展的に解消した。 文部科学省(2018年7月5日閲覧)。 共同通信. 2013年10月11日. 2013年12月17日閲覧。 日本経済新聞. 2013年10月11日. 2013年12月17日閲覧。 日本経済新聞. 2014年5月30日. 2014年5月30日閲覧。 日本経済新聞. 2014年4月14日. 2014年5月5日閲覧。 河北新報. 2013年12月14日. 2013年12月17日閲覧。 日本経済新聞. 2014年8月28日. 2014年8月29日閲覧。 河北新報. 2014年8月29日. 2014年8月29日閲覧。 文部科学省. 2014年9月2日. 2015年4月21日閲覧。 河北新報. 2014年8月29日. 2014年8月29日閲覧。 河北新報. 2015年4月1日. 2015年4月21日閲覧。 東北薬科大学. 2015年4月21日閲覧。 河北新報. 2016年4月2日. 2016年4月3日閲覧。 河北新報. 2015年6月17日. 2015年6月19日閲覧。 プレスリリース , 東日本電信電話株式会社, 2015年9月30日 , 2016年4月3日閲覧。 『日本経済新聞』朝刊2018年7月2日(医療・健康面)2018年7月5日閲覧。 共同通信. 2012年12月11日. 2014年8月29日閲覧。 公式サイト [ ]•

次の