長野 梅雨明け。 2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

関東の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

長野 梅雨明け

スポンサーリンク 関東の梅雨入りと梅雨明けについて 「関東」とは? 一般的に「関東」というと、一般的には1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)をイメージする方が多いのではないでしょうか。 でも、気象庁のデータは「関東甲信」地方となっています。 これは、1都6県に甲信地方(山梨県、長野県)を加えた地域を意味していて、一般的な「関東」よりもやや広いエリアを指しています。 このサイトでも気象庁の発表に基づき、「関東甲信」としていきます。 「梅雨入り」・「梅雨明け」とは? 実は、梅雨入りや梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまでの移り変わりの期間がおおむね5日間程度ありますが、その5日間の真ん中の日を「梅雨入り日」としているのです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方気象台の観測結果と、1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、今後数日間は天気が悪く雨模様だろうという予想(中期予報)を出し、実際に雨が降りだした日を梅雨入りとしているのです。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 関東甲信の梅雨入り 2020年はいつごろ? 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨入りは「6月8日ごろ」となっています。 最も早い梅雨入りは1963年の「5月6日ごろ」で、最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の「6月22日ごろ」になります。 スポンサーリンク 関東甲信の梅雨明け 2020年はいつごろ? 続いて、2020年の関東甲信の梅雨明け予想をしてみたいと思います。 梅雨入りと同様に、気象庁発表の過去のデータを参照してみます。 2017年までの最も早い梅雨明けは2001年の「7月1日ごろ」でしたが、2018年の梅雨明けは「6月29日ごろ」と、2019年は「7月24日ごろ」との確定値が発表されています。 一方、最も遅い梅雨明けは、1982年の「8月4日ごろ」でした。 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨明けは「7月21日ごろ」となっています。 また、関東甲信の梅雨明け時期のトレンドは遅くなっている傾向がありましたが、2018年は一度早まったものの、昨年は以前のトレンドに戻っています。 過去5年間はどうなっているの? 関東甲信地方の過去5年間の梅雨明けの確定値は、• 関東甲信の梅雨入りは、 6月5日ごろから6月10日ごろの間くらい• 関東地方の梅雨明けは、 7月15日ごろから7月25日ごろの間くらい となります。 2017年から2018年にかけては、平年よりかなり早い梅雨明けとなっていますが、関東の梅雨は長いスパンで見ると長期化していると言えます。 関東では、過去に九州地方の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、基本的にはジメジメと降り続く一般的な雨模様ですが、天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いようです。 ただ、梅雨の時期は、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、降ったり止んだりという天気は少ないようです。 梅雨入りから梅雨明けの期間の平均雨量は、2016年から2017年にかけては平年の平均雨量より25%以上少なく、最も梅雨明けの早かった2018年ではほぼ平年並みの降水量になっていますが、梅雨明けの遅かった2019年は平年より30%以上も多く降りました。 梅雨でなくても雨の日は何となく憂鬱な気分になりますが、元気に乗り切って、楽しい夏を待ち受けましょうね。

次の

長野県(関東甲信地方)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

長野 梅雨明け

スポンサーリンク 関東の梅雨入りと梅雨明けについて 「関東」とは? 一般的に「関東」というと、一般的には1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)をイメージする方が多いのではないでしょうか。 でも、気象庁のデータは「関東甲信」地方となっています。 これは、1都6県に甲信地方(山梨県、長野県)を加えた地域を意味していて、一般的な「関東」よりもやや広いエリアを指しています。 このサイトでも気象庁の発表に基づき、「関東甲信」としていきます。 「梅雨入り」・「梅雨明け」とは? 実は、梅雨入りや梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまでの移り変わりの期間がおおむね5日間程度ありますが、その5日間の真ん中の日を「梅雨入り日」としているのです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方気象台の観測結果と、1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、今後数日間は天気が悪く雨模様だろうという予想(中期予報)を出し、実際に雨が降りだした日を梅雨入りとしているのです。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 関東甲信の梅雨入り 2020年はいつごろ? 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨入りは「6月8日ごろ」となっています。 最も早い梅雨入りは1963年の「5月6日ごろ」で、最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の「6月22日ごろ」になります。 スポンサーリンク 関東甲信の梅雨明け 2020年はいつごろ? 続いて、2020年の関東甲信の梅雨明け予想をしてみたいと思います。 梅雨入りと同様に、気象庁発表の過去のデータを参照してみます。 2017年までの最も早い梅雨明けは2001年の「7月1日ごろ」でしたが、2018年の梅雨明けは「6月29日ごろ」と、2019年は「7月24日ごろ」との確定値が発表されています。 一方、最も遅い梅雨明けは、1982年の「8月4日ごろ」でした。 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨明けは「7月21日ごろ」となっています。 また、関東甲信の梅雨明け時期のトレンドは遅くなっている傾向がありましたが、2018年は一度早まったものの、昨年は以前のトレンドに戻っています。 過去5年間はどうなっているの? 関東甲信地方の過去5年間の梅雨明けの確定値は、• 関東甲信の梅雨入りは、 6月5日ごろから6月10日ごろの間くらい• 関東地方の梅雨明けは、 7月15日ごろから7月25日ごろの間くらい となります。 2017年から2018年にかけては、平年よりかなり早い梅雨明けとなっていますが、関東の梅雨は長いスパンで見ると長期化していると言えます。 関東では、過去に九州地方の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、基本的にはジメジメと降り続く一般的な雨模様ですが、天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いようです。 ただ、梅雨の時期は、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、降ったり止んだりという天気は少ないようです。 梅雨入りから梅雨明けの期間の平均雨量は、2016年から2017年にかけては平年の平均雨量より25%以上少なく、最も梅雨明けの早かった2018年ではほぼ平年並みの降水量になっていますが、梅雨明けの遅かった2019年は平年より30%以上も多く降りました。 梅雨でなくても雨の日は何となく憂鬱な気分になりますが、元気に乗り切って、楽しい夏を待ち受けましょうね。

次の

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

長野 梅雨明け

ここでは長野県の梅雨入り、梅雨明けを気象庁予報や独自の見解で予想していきます。 せっかく長野県に行くのならスカッと晴れた日に行きたいですよね! 今年の長野県は、いつ梅雨入りしていつ梅雨明けするのか? 早速、予想に入っていきたいと思います。 スポンサーリンク 梅雨入り・梅雨明け正しく予想するために覚えておきたいポイント! 毎年のことですが、梅雨入りや梅雨あけの時期に、よく天気予報士や気象庁が「今年は平年並みなら~」と言いながら、思い切り外れる場合があります。 梅雨入りや梅雨明けの時期に関しても、天気予報と同じように「よく、外れよるよな~」と思ったことはありませんか? 実はその理由には、気象庁も採用している「平年」という言葉にポイントがあります。 よく、天気予報士が「平年(へいねん)では~」「平年並みなら~」などと、当たり前に口にしている言葉。 これは、 「気象庁が過去30年間のデータを基に、その数値を平均化した数値や時期のこと」 を指しています。 さらに極端に分かり易く、その「平年」という言葉を梅雨入りした時期で例として挙げてみます。 例えば、過去30年間で実際に梅雨入りした時期が「5月1日頃に15回」、「5月30日頃に15回」あったとします。 すると、「平年」とは、この30回に対する平均値ですので、間の 「5月15日頃」が気象庁の梅雨入り予想になるわけです。 実際には「5月1日と「5月30日」しか梅雨入りしていないのに、間をとって「5月15日頃」というのは、ちょっと曖昧ですね。 このことを理解した上で、2019年の長野県の「梅雨入り」を予想していきましょう! また、「梅雨入り」と「梅雨明け」にはある「基準」がありますので、「梅雨入り明けの基準」をご存知で無い方は、下記の記事を併せて読まれてみてください。 2019年の長野県の「梅雨入り」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) それでは、実際に長野県が梅雨入りした時期を「過去30年間」で見ていきましょう! 年 梅雨入り 降水量(%) 1989年 6月 9日頃 132 1990年 6月 1日頃 51 1991年 5月31日頃 91 1992年 6月 7日頃 89 1993年 5月30日頃 147 1994年 6月 7日頃 55 1995年 6月 3日頃 120 1996年 6月 8日頃 96 1997年 6月 9日頃 95 1998年 6月 2日頃 103 1999年 6月17日頃 126 2000年 6月 9日頃 124 2001年 6月 5日頃 63 2002年 6月11日頃 112 2003年 6月10日頃 85 2004年 6月 6日頃 66 2005年 6月10日頃 110 2006年 6月 9日頃 120 2007年 6月22日頃 114 2008年 5月29日頃 91 2009年 6月 3日頃 95 2010年 6月13日頃 101 2011年 5月27日頃 83 2012年 6月 9日頃 100 2013年 6月10日頃 77 2014年 6月 5日頃 116 2015年 6月 3日頃 128 2016年 6月 5日頃 74 2017年 6月 7日頃 71 2018年 6月 6日頃 92 気象庁が公表している実際の梅雨入り時期で、 一番早い時期に長野県が梅雨入りしたのは2011年 「 5月27日頃(過去30年間による)」 一番遅い時期で、2007年 「 6月22日頃 (過去30年間による)」 30年間で実に 「約1ヶ月弱」も梅雨入りの時期がズレていることが分かります。 さらに細かく、このデータを 「直近10年間」として見てみると、 年 梅雨入り 降水量(%) 2009年 6月 3日頃 95 2010年 6月13日頃 101 2011年 5月27日頃 83 2012年 6月 9日頃 100 2013年 6月10日頃 77 2014年 6月 5日頃 116 2015年 6月 3日頃 128 2016年 6月 5日頃 74 2017年 6月 7日頃 71 2018年 6月 6日頃 92 一番早い時期で、2011年 「 5月27日頃 」一番遅い時期で2017年 「 6月13日頃 」ですので、直近10年間においては、梅雨入りの時期は「 約2週間強」のズレがあります。 「 6月 3日頃 」に2回ずつ梅雨入りしたというデータがありますが、直近10年間のデータでは2週間強のズレしかないため明確な基準はありません。 また、直近10年間では「 6月の初旬から中旬にかけて梅雨入りする傾向にある」という判断はできるかと思います。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、長野県の梅雨入り時期」を見てみると、 平年並みなら 6 月8日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 あくまでも「予測」ですので、決して正確な情報とは捉えずに「梅雨の時期が到来するおおよその期間」という認識で準備しておきましょう! 2019年の長野県の「梅雨明け」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) 続いて、同じように気象庁が公開している過去データ30年間の梅雨明け時期を見てきましょう! 梅雨明けの時期を狙って予定を立てたい方は必見です。 年 梅雨明け 1989年 7月19日頃 1990年 7月18日頃 1991年 7月23日頃 1992年 7月19日頃 1993年 - 1994年 7月12日頃 1995年 7月23日頃 1996年 7月11日頃 1997年 7月19日頃 1998年 8月 2日頃 1999年 7月23日頃 2000年 7月16日頃 2001年 7月 1日頃 2002年 7月20日頃 2003年 8月 2日頃 2004年 7月13日頃 2005年 7月18日頃 2006年 7月30日頃 2007年 8月 1日頃 2008年 7月19日頃 2009年 7月14日頃 2010年 7月17日頃 2011年 7月 9日頃 2012年 7月25日頃 2013年 7月 6日頃 2014年 7月21日頃 2015年 7月10日頃 2016年 7月29日頃 2017年 7月 6日頃 2018年 6月29日頃 気象庁が公表している実際の梅雨明け時期で、 一番早い時期に長野県が梅雨明けしたのは2018年「 6月29日頃 (過去30年間による)」 一番遅い時期で、1998・2003年「 8月2日頃(過去30年間による)」 30年間の過去データを見てみると梅雨入りと違って 「約1ヶ月以上」のズレがあります。 また、このデータを 「直近10年間」として見てみてると、 年 梅雨明け 2009年 7月14日頃 2010年 7月17日頃 2011年 7月 9日頃 2012年 7月25日頃 2013年 7月 6日頃 2014年 7月21日頃 2015年 7月10日頃 2016年 7月29日頃 2017年 7月 6日頃 2018年 6月29日頃 過去30年間のデータと同じく、一番早い時期で、2018年「 6月29日頃」一番遅い時期で、2009年 「 7月29日頃」となります。 直近10年間と30年間の過去データの梅雨明けは同じように「 約1ヶ月程度」のズレがあることが分かります。 直近10年間のデータでは 、6 月は「29日」が1回、7月は「6日」が2回、「9日、10日、14日、17日、20日、21日、25日、29日」が1回ずつとなっております。 「 7月 6日頃 に 2回」のデータがありますが、2019年の梅雨入りの時期である「 6月8日頃」を考えると、「 梅雨の日数は40日以上は続く」というデータがはっきりと出ているので、 「7月上旬から下旬にかけて梅雨明けしているケースが多い」という判断になります。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、長野県の梅雨明け時期」を見てみると、 平年並みなら 7月21 日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 梅雨明けの長野を狙われている方は、この期間を参考にされてみてもいいかもしれませんね。 まとめ この記事では、長野県の梅雨入りと梅雨明けについて気象庁予報と独自の見解で予想してまいりました。 もう一度、お伝えすると「気象庁が公表の2019年の長野県の梅雨入り時期」は、 平年並みなら 6 月8日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 また、「気象庁が公表の2019年の長野県の梅雨明け時期」は、 平年並みなら 7月21日頃 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 天気予報と同じように「おおむね」の意味はありますが、より長野県の梅雨入りと梅雨明けの時期は把握して頂けたかと思います。 よろしければ参考にされてください。 スポンサーリンク.

次の