ワキガ。 【コラム】意外と多い女性の「ワキガ」!そのメカニズムとケア方法

ワキガ疑惑の芸能人・有名人衝撃ランキングTO13!脇が臭い?

ワキガ

独特な臭いを放つワキガとはどのようなものなのでしょうか? 臭いのことはとてもデリケートな問題ですし、体臭に対して敏感な人もいるでしょう。 特に脇の臭いが強いと気になりますし、 ワキガなのではないかと心配してしまう人もいるかもしれません。 人は同じ臭いを嗅いでいると慣れてしまうため、自身の体臭には 鈍感であると言われています。 そのためワキガということに気づいていない人も多いのです。 ワキガとは?どのような症状なのか ワキガとは脇から独特の臭いがする体質のことです。 臭いというのは客観的に判断することが難しいものなのですが、 ツンとする刺激臭などと表現されることがあります。 欧米では8割の人がこの体質とされていますが、日本人は 1割程度とされています。 そのため海外ではあまり体臭を気にしない人も多いのです。 ワキガは単なる汗の臭いとは全く異なるものであり、その原因や対策をしっかり知っておくことが大切です。 ちなみに、ワキガの悩みを抱えている人は 勘違いであることも多いと言われています。 ワキガの原因とは?どのようなものがあるのか ワキガの臭いは汗がきっかけになることが多いです。 しかし、汗をかいたら必ず臭いが出るというわけではありません。 汗腺には エクリン汗腺と アポクリン汗腺という2つの種類がありますが、臭いに大きく関係しているのはアポクリン汗腺から分泌される汗です。 アポクリン汗腺から出る汗自体は無臭ですが、栄養分が多く含まれているため、 その汗を細菌が分解することで独特の体臭が発生してしまうのです。 さらに、皮脂腺から分泌された脂質が汗と混ざることにより、さらに臭いが強くなります。 ワキガに明確な基準はあるの? 一般的に アポクリン汗腺から出る汗の臭いで悩んでいる場合、ワキガであると考えられます。 実は 明確な定義などはなく、どのくらい臭ったらこの体質なのかということや どのくらいアポクリン汗腺があったらこの体質なのかといったことは決まっていません。 症状がどの程度でも脇の独特の臭いが気になったらワキガであると言えるため、病院を受診してみましょう。 病院に行くことが難しい場合は自宅でできるケアを実践することが大切です。 ワキガの特徴 1 ワキの下から独特な匂いがする ワキガの特徴として、脇からツンとするような 独特の臭いがするということが挙げられます。 そうは言っても実際には臭いの感じ方は人によって異なりますし、さまざまな臭いに例えられます。 さらに、臭いの強さも人によって変わってくるということです。 離れたところにいても判別できることもありますが、臭いがあまり出ない場合は近くにいないと気づきません。 そのため臭いだけでこの体質かどうかをチェックするのは難しいかもしれません。 2 親がワキガ 子供がワキガの場合、 親も同じ体質であることが多いとされています。 これは脇にあるアポクリン汗腺の量が 遺伝によって決まるためだと言われています。 脇の臭いが気になる場合、親の体質について聞いてみると良いでしょう。 自覚がない場合は耳垢の状態や脇毛の状態などを聞いてみるのがおすすめです。 ちなみに、 両親がこの体質であっても、必ずしも子供に遺伝するというわけではありません。 そのため他の特徴についても確認しておく必要があります。 3 服の下に色のあるシミが付く 服の脇の下に色のあるシミが付くことも特徴の一つです。 黄色や茶色っぽいシミがよく付いているという人は 注意が必要です。 なぜシミが付くとワキガの可能性が高まるのかということですが、汗腺であるエクリン汗腺から出る汗には色の付く成分が含まれていませんが、もう一つのアポクリン汗腺から出る汗にはシミの原因となる成分が含まれているためです。 ちなみに、普段から制汗剤を使っている場合、制汗剤でシミが付いてしまうこともありますのでシミがついているからといってワキガだとは限りません。 4 汗をよくかく ワキガの特徴として、 脇の下に汗をよくかくということも挙げられます。 多汗症などで汗が多いという人もいるかもしれませんが、季節に関係なく汗をかいている場合や状況に関係なく汗をかいている場合などは注意が必要です。 アポクリン汗腺から出る汗は季節や心理状態とは あまり関係ないとされています。 暑い時にかく汗や緊張してかく汗はアポクリン汗腺ではなくエクリン汗腺から出ると言われており、これらの汗には臭いがしないことが特徴です。 5 脇毛に白い粉 脇毛に白い粉が付くこともこの体質の特徴の一つであると言われています。 この白い粉はアポクリン汗腺から出た汗が結晶になったものだということです。 ちなみに、制汗剤を使っている場合は制汗剤の成分が固まっただけということも考えられます。 そのため制汗剤を使っていない時に 脇の下をチェックしましょう。 また、 白い粉が付くだけで判断するのは早いかもしれません。 その白い粉からツンとした臭いがするかどうかも確認してみることがポイントです。 6 耳垢が湿っている ワキガの人は耳垢が湿っていることが多いとされています。 乾燥した耳垢とは異なり、溶けた飴のようにベタついていることが特徴です。 色については黄色や茶色っぽい色をしているということです。 耳には基本的に汗腺がありませんが、 臭いの原因となるアポクリン汗腺は 耳の中にも存在していることがあります。 そして、アポクリン汗腺の多い人は耳垢が湿っているということです。 耳垢は病院での診断の基準にもなりますが、必ずしも耳垢が湿っていたらこの体質とは言い切れません。 ワキガはどんな匂い? ワキガはツンとする独特の臭いが特徴的な症状です。 しかし、実際にはどのようなものなのかよく分からないという人もいるかもしれません。 この臭いの例としてよく挙げられるのは、 スパイスや鉛筆の芯、硫黄、ニラ、玉ねぎ、長ねぎなどとなっています。 しかし、症状の特徴や強さは人によって変わってくるため、なかなか判断できないということもあります。 臭いの感じ方についても 個人差があるため、あくまで参考程度にしておくことが大切です。 ワキガの匂いと汗の匂いの違いとは? 1 汗腺 ワキガの臭いと普通の汗の臭いは異なっていますが、 汗の出てくる汗腺が異なっていることがその理由です。 ワキガはアポクリン汗腺から出る汗が原因であり、汗臭い臭いはエクリン汗腺から出る汗によって引き起こされるということです。 アポクリン汗腺とエクリン汗腺から出る汗は成分が異なっています。 汗が雑菌に分解されることにより、 臭いが発生するのですが、アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や脂質、糖質などが含まれているため、 臭いが強くなると言われています。 2 ただの汗の匂い ワキガも汗が原因で発生するものなのですが、普通の汗の臭いとは特徴が異なっています。 エクリン汗腺から出る汗は 生乾きの洗濯物のような臭いと表現されることが多いです。 また、 酸っぱい臭いや 古い雑巾のような臭いがすることもあるとされています。 このような臭いはワキガとは異なりますが、身近で馴染みが深いと感じるかもしれません。 普通の汗の臭いは暑い季節や運動の後などに気になりますが、清潔を保つように心がけましょう。 ワキガのセルフチェック・確認方法は? 1 両親がワキガかチェック ワキガは病気ではなく、体質によるものであり、子供に遺伝することもあります。 臭いの主な原因はアポクリン汗腺から出る汗と雑菌なのですが、 両親から遺伝したアポクリン汗腺の数が多い場合はこの体質であると言えるのです。 どちらか一方の親がこの体質でも遺伝してしまうことがありますし、両親ともにこの体質の場合は かなり高い確率で体質を受け継ぐことになるのです。 しかし、両親の体質を受け継いでも必ずしも臭いが出るとは限りません。 2 綿棒で耳垢が湿っているかチェック ワキガ体質の人は耳の中にもアポクリン汗腺が多いため、耳垢が湿っていることが多いとされています。 耳垢が水っぽくなっている人は特に臭いが出やすいですし、少し湿っている程度ならあまり臭いは出ないかもしれません。 しかし、耳垢が湿っているというだけでこの体質であると判断するのは早いです。 耳垢が湿っていても臭いが出ないという人もいるでしょう。 耳垢が乾いているという人は臭いが出にくいということです。 耳垢については綿棒でチェックすることができます。 3 ワキガ臭がしないかチェック ワキガのセルフチェック方法として、 まずは自身の脇の臭いを確認してみるという方法があります。 ネギのようなツンとした臭いや香辛料のようなスパイシーな臭い、 鉛筆の芯のような臭いがしたら注意が必要です。 自身の脇を直接嗅ぐことは難しいため、ティッシュやガーゼなどを脇の下に挟み、汗をかいたらその臭いをチェックしてみましょう。 ちなみに、チェックは入浴をした後に行うのがおすすめです。 嗅覚がリセットされるため、臭いを嗅ぎ分けやすくなるのです。 ワキガの対策方法とは? 1 洗濯の仕方に気をつける ワキガの臭いの強い洗濯物は黄ばんでしまうこともあります。 衣類の臭いを抑えたいという場合、洗濯の仕方に少し気を付けることが大切です。 他の衣類に臭いが移ってしまうのを防ぎたいという場合、臭いの強いものだけ 別に洗濯するのがおすすめです。 また、 漂白剤を入れて洗濯するという方法も良いでしょう。 衣類の強い臭いや黄ばみが気になる場合、重曹を使うという方法もあります。 20分くらい重曹に浸けてから洗濯をすると臭いや黄ばみが取れやすくなります。 2 体の洗い方に気をつける 臭いが気になると強く擦って体を洗ってしまうかもしれません。 しかし、強く擦ってしまうと肌を守っている皮脂も一緒に洗い流してしまいます。 皮脂が流れてしまうと 乾燥を引き起こすので注意しましょう。 対策をしたいという場合、 柔らかいタオルなどを使って丁寧に体を洗うことがポイントです。 石鹸をしっかり泡立てたら臭いの気になる脇の下を優しく洗いましょう。 石鹸はきちんと洗い流すことがポイントであり、水気を拭き取る時もあまり力を入れないことが大切です。 3 食生活の改善 臭いを防止するためには食生活の改善も重要なポイントです。 肉などの動物性の脂質を多く摂取している人は注意しましょう。 欧米化した 高カロリーな食生活を送っている場合、アポクリン汗腺の働きが活性化してしまいます。 そして、アポクリン汗腺が活性化することで汗をよくかくようになるのです。 アポクリン汗腺から出る汗にはタンパク質や脂質などが含まれており、 臭いの原因になってしまうということです。 悩みを解消するためには野菜もしっかり食べましょう。 4 脇毛の処理 女性は脇毛を処理している人は多いですが、男性はあまり脇毛の処理をしていないという人もいるかもしれません。 脇毛の濃さや太さは人によって異なっていますが、 脇毛が濃い人や太い人は汗をかきやすいとされています。 アポクリン汗腺から出た汗は脇毛の根本で繁殖して臭いを発することになります。 そのため軽減するためには 脇毛を処理しておくことが大切です。 男性で脇毛を剃ることに抵抗がある場合、短くカットするだけでも症状を軽減することに繋がります。 ワキガの対策方法として専用のクリームを使う方法がおすすめ! 専用のクリームは肌への密着性も高く、 症状の元となる雑菌をしっかり殺菌してくれるものが多いです。 また、皮脂の分泌量をコントロールすることにより、 保湿力を高める効果も期待できます。 水などにも強いですし、汗をかきやすい脇にも安心して使うことができます。 また、一度塗れば 消臭効果が長く続くこともポイントです。 臭いを防ぐ効果があることはもちろん、汗を抑える効果が強いこともクリームの特徴です。 薬局やドラッグストアなどで探してみるのがおすすめです。

次の

ワキガ手術の体験談ブログ集|成功&失敗など状況別に集めました

ワキガ

ワキの下の黄ばんだ汗染み、臭いも気になる...... まずはセルフチェック! 【ワキガ セルフチェック】 1. 耳垢が溶けたキャラメル状だ 2. 下着が黄ばむ 3. ワキ毛が多い 4. 両親のどちらかがワキガだ 5. 耳垢が溶けたキャラメル状だ 「耳垢が湿っているだけで「ワキガ!」と思う方もいますが、ただ湿っているだけでは問題なし。 溶けたキャラメルのように茶色くドロっとしたものだと要注意」 五味先生、以下同 2. 下着が黄ばむ 「汗染みを"黄ばみ"と混合しがちですが、ワキガの方の黄土色のような濃い染みになります」 3. ワキ毛が多い 「ワキガの原因でもあるアポクリン腺は毛の部分にあるので、ワキ毛が多い方の可能性が高いです」 4. 両親のどちらかがワキガだ 「ワキガは遺伝です。 両親のどちらかがワキガでない場合は子どもはワキガになりません」 5. ワキ汗が多い 「アポクリン腺は粘着性があって、それだけでは蒸発することができません。 サラサラしたエクリン腺と一緒になることで、臭いが強くなります。 このエクリン腺の数は体質によって異なり、エクリン腺が多いと汗の量も増えます。 ストレスが原因で汗をかいてしまう"精神性発汗"の方がワキガだと誤解されることが多いので注意してください!」.

次の

「ワキガ」の原因、予防法・対処法について

ワキガ

ワキの下の黄ばんだ汗染み、臭いも気になる...... まずはセルフチェック! 【ワキガ セルフチェック】 1. 耳垢が溶けたキャラメル状だ 2. 下着が黄ばむ 3. ワキ毛が多い 4. 両親のどちらかがワキガだ 5. 耳垢が溶けたキャラメル状だ 「耳垢が湿っているだけで「ワキガ!」と思う方もいますが、ただ湿っているだけでは問題なし。 溶けたキャラメルのように茶色くドロっとしたものだと要注意」 五味先生、以下同 2. 下着が黄ばむ 「汗染みを"黄ばみ"と混合しがちですが、ワキガの方の黄土色のような濃い染みになります」 3. ワキ毛が多い 「ワキガの原因でもあるアポクリン腺は毛の部分にあるので、ワキ毛が多い方の可能性が高いです」 4. 両親のどちらかがワキガだ 「ワキガは遺伝です。 両親のどちらかがワキガでない場合は子どもはワキガになりません」 5. ワキ汗が多い 「アポクリン腺は粘着性があって、それだけでは蒸発することができません。 サラサラしたエクリン腺と一緒になることで、臭いが強くなります。 このエクリン腺の数は体質によって異なり、エクリン腺が多いと汗の量も増えます。 ストレスが原因で汗をかいてしまう"精神性発汗"の方がワキガだと誤解されることが多いので注意してください!」.

次の