キムタク 香川 照之 ドラマ。 香川照之、木村拓哉と時代劇初共演「熱意に惚れ惚れ」

TBS ドラマ 『 static.xtreeem.com (ミスターブレイン) 』

キムタク 香川 照之 ドラマ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で放送延期になっていた4月期の連続ドラマが、続々とスタートした。 6月1日から撮影が再開した主演の『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)も18日に放送され、初回視聴率は17. 0%と好発進(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 2018年に放送されていたシーズン1に続いて斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗が続投し、新キャストには仲村トオル、勝村政信、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr. )らが加わった。 シーズン1はキャストの豪華さに加え、木村と山口智子の22年ぶりの共演も話題となり、こちらも平均視聴率15. 2%(同)と大ヒット。 「前シーズンからすでにキムタクの代表作になるとの声があがり、もっとも彼のよさが出ていると好評でした」 こう話すのはスポーツ紙記者だ。 これまでも、ピアニスト、美容師、検察官、パイロット、総理大臣、医師など20種類以上の職業を演じ、前述の『グランメゾン東京』では天才シェフ、『教場』では警察学校の教官。 ニュース 特集」におけるインタビューで語っていた内容からもうかがえる。 《一つのスペシャリストを演じると、表向きだけではなくて、そのバックヤードを知ることもあって。 それは時に汚れた面だったり、人が知らない陰の努力だったりする。 例えばホテルにお邪魔する時、ヘアサロンを訪れた時、飛行機に乗った時、国会議事堂や検察庁の前を通った時、そのバックヤードが垣間見えるような感覚を覚える瞬間はあります。 さらに、スポーツ誌記者はこう証言する。 それは単に職業的な動作をマスターするだけではなく、役柄自体を鋭く洞察して自分のなかで熟成させ、体現しているように見えます。 積み重ねてきたキャリアや年齢的なものによる部分もありますが、家族の支えも大きいのではないでしょうか。 特に、長女のCocomiと妹のKoki,がデビューしてからは封印していたファミリー感を全開にし、SNSでは妻の工藤静香との仲睦まじさがうかがえるような投稿も多く、これまでとは真逆です。 『BG』ではどこまでの輝きを見せてくれるのか、期待がかかる。 (取材・文/小窪 誠子) 外部サイト.

次の

スニッファー 嗅覚捜査官 スペシャル

キムタク 香川 照之 ドラマ

『スニッファー』とは? 原作「The Sniffer」は、2013年にウクライナで制作された、世界的な大ヒットドラマ。 ロシアでは過去5年のドラマの中でNo. 1視聴率を獲得し、海外テレビドラマ祭で数々の賞を受賞。 すでに60か国以上が放映権を取得、2017年、世界に先駆け日本でリメイクされた。 今回は事件もキャストも豪華に、エンタメ満載の8Kスペシャルバージョン。 謎の美人プロファイラーも捜査チームに加わり、バイオテロに立ち向かう! ドラマのあらすじ 死体が花びらで彩られた謎の連続殺人事件。 嗅覚捜査官・華岡信一郎(阿部寛)は細菌を培養したような謎の匂いを遺体から嗅ぐ。 一方、小向達郎(香川照之)は捜査チームから外され、代わりにFBIで学んだプロファイラー七条香奈(波瑠)がチームに加わることになる。 達郎は独自に捜査をすすめていくが、謎の男に拉致、監禁されてしまう。 華岡は遺体から嗅ぎ取った匂いの正体を突き止めようと、かつての同僚の研究者・岩渕幸雄(松尾スズキ)を訪ねていく。 そこで細菌兵器によるバイオテロの可能性が浮上。 薬害で家族を失った男・佐伯誠二や、かつての厚生労働大臣(西村まさ彦)ら裏で糸引く男たちの思惑が絡み合うなか、華岡はバイオテロを防ぐことが出来るのか! 制作統括のことば…土屋勝裕 隠れて生き延びている悪人の匂いを嗅ぎ分ける、そんな特殊能力があれば、犯罪捜査はどれほど楽になるだろう。 ウクライナ原作のドラマがロシアで大ヒットしたのは、そんな人びとの願望が見事に描かれていたからだと思います。 でも、善と悪、そう簡単には切り分けられないのが現実というもの。 ただ無心に、謎の匂いの正体を追い求める華岡にとって、善も悪も関係ありません。 匂いを求めて暴走する華岡を阿部寛さんが大熱演してくれました。 香川照之さんはじめレギュラー出演者の皆さんとのアドリブ交えた掛け合いも磨きがかかり、豪華ゲストを迎えてパワーアップした今回のスペシャル版スニッファー、ぜひ御覧ください。 演出のことば…堀切園健太郎 ウクライナ発の大ヒットドラマを原作に、世界に通用するドラマを目指した前シリーズ。 主演に阿部寛さんと香川照之さんという最強タッグを迎え、バディものをベースに、サスペンスあり、コメディあり、骨太な社会派な面あり、恋愛や家族ものとしての要素も入れながら、感動的で、おじさんの哀愁を漂わせ、且つスタイリッシュに、とにかくエンターテイメントとして欲張って、すべて盛り込めるだけ盛り込みました。 今回はスペシャルということで、さらに原作にはないオリジナルエピソードに、警察庁の謎の女として波瑠さんが加わり、扱う事件はバイオテロ、しかも、初の本格的8Kドラマに挑戦!高密度で高精細な73分に乞うご期待! 放送日時・スタッフ 放送:総合・3月21日 水・祝 よる10時 原作:「The Sniffer」Film.

次の

キムタクが脳科学者のドラマ「static.xtreeem.com」は動画配信サービス(VOD)で見逃し配信無料視聴できる?あらすじ、キャスト、口コミ、感想は?

キムタク 香川 照之 ドラマ

『スニッファー』とは? 原作「The Sniffer」は、2013年にウクライナで制作された、世界的な大ヒットドラマ。 ロシアでは過去5年のドラマの中でNo. 1視聴率を獲得し、海外テレビドラマ祭で数々の賞を受賞。 すでに60か国以上が放映権を取得、2017年、世界に先駆け日本でリメイクされた。 今回は事件もキャストも豪華に、エンタメ満載の8Kスペシャルバージョン。 謎の美人プロファイラーも捜査チームに加わり、バイオテロに立ち向かう! ドラマのあらすじ 死体が花びらで彩られた謎の連続殺人事件。 嗅覚捜査官・華岡信一郎(阿部寛)は細菌を培養したような謎の匂いを遺体から嗅ぐ。 一方、小向達郎(香川照之)は捜査チームから外され、代わりにFBIで学んだプロファイラー七条香奈(波瑠)がチームに加わることになる。 達郎は独自に捜査をすすめていくが、謎の男に拉致、監禁されてしまう。 華岡は遺体から嗅ぎ取った匂いの正体を突き止めようと、かつての同僚の研究者・岩渕幸雄(松尾スズキ)を訪ねていく。 そこで細菌兵器によるバイオテロの可能性が浮上。 薬害で家族を失った男・佐伯誠二や、かつての厚生労働大臣(西村まさ彦)ら裏で糸引く男たちの思惑が絡み合うなか、華岡はバイオテロを防ぐことが出来るのか! 制作統括のことば…土屋勝裕 隠れて生き延びている悪人の匂いを嗅ぎ分ける、そんな特殊能力があれば、犯罪捜査はどれほど楽になるだろう。 ウクライナ原作のドラマがロシアで大ヒットしたのは、そんな人びとの願望が見事に描かれていたからだと思います。 でも、善と悪、そう簡単には切り分けられないのが現実というもの。 ただ無心に、謎の匂いの正体を追い求める華岡にとって、善も悪も関係ありません。 匂いを求めて暴走する華岡を阿部寛さんが大熱演してくれました。 香川照之さんはじめレギュラー出演者の皆さんとのアドリブ交えた掛け合いも磨きがかかり、豪華ゲストを迎えてパワーアップした今回のスペシャル版スニッファー、ぜひ御覧ください。 演出のことば…堀切園健太郎 ウクライナ発の大ヒットドラマを原作に、世界に通用するドラマを目指した前シリーズ。 主演に阿部寛さんと香川照之さんという最強タッグを迎え、バディものをベースに、サスペンスあり、コメディあり、骨太な社会派な面あり、恋愛や家族ものとしての要素も入れながら、感動的で、おじさんの哀愁を漂わせ、且つスタイリッシュに、とにかくエンターテイメントとして欲張って、すべて盛り込めるだけ盛り込みました。 今回はスペシャルということで、さらに原作にはないオリジナルエピソードに、警察庁の謎の女として波瑠さんが加わり、扱う事件はバイオテロ、しかも、初の本格的8Kドラマに挑戦!高密度で高精細な73分に乞うご期待! 放送日時・スタッフ 放送:総合・3月21日 水・祝 よる10時 原作:「The Sniffer」Film.

次の