カウパー 大量。 カウパー液とは?カウパー液でも妊娠するなどのウワサの真相を調査してみた

先走り汁 (さきばしりじる)とは【ピクシブ百科事典】

カウパー 大量

Q よく、カウパー腺で妊娠したと言っている人が ネット上にはいますが、それって本当にカウパー腺なのでしょうか?? 手についたカウパー腺などでは 妊娠できなくないですか?? 誤りがありましたら、ご指摘お願い致します。 A ベストアンサー >誤りがありましたら、ご指摘お願い致します。 誤りはありません。 全て、貴女の得ている知識どおりです。 既に21世紀の世の中です。 カウパー腺液(尿道球腺液)で妊娠出来るなら、とっくの昔に科学的に証明されているでしょう。 その様な文献も研究レポートも見たことがありません。 信憑性や信頼性の高い外国医学界や、日本産婦人科学会のレポートでは、その様な馬鹿げた質問に対して否定される情報ばかりが見つかります。 もし、それが事実なら平均寿命が30歳代の太古の昔で、コンドームなどの避妊具も無く、未成年でも物心ついたらセックスしていた時代に人類は人口爆発を起こしています。 或は、口減らしのために大量殺人が行われていたでしょう。 しかし、その様な歴史的事実もありません。 人間の生殖に関しては宗教や倫理の観点から、実行してなならない実験?(施術)があります。 しかし、家畜(牛や馬など)に関しては、遺伝子のレベルまで踏み込んだ、実験どころか運用までが既にされています。 哺乳類の生殖に関する事実は、既に、かなりの部分まで解明されているのです。 人間を牛や馬と一緒にするなと批判する人もいるでしょうが、大部分は全く同じであると言えます。 もし、尿道球腺液で妊娠出来るなら、家畜の繁殖方法として使われているはずです。 しかし、その様な事実もありません。 驚くべきことにお医者さんのサイトや、日本産婦人科学会の一部の資料には「尿道球腺液にも精子が混入する場合がある。 」とする記述を見かけます。 しかし、その「場合」とは何なのか?を解説している説明は一切ありません。 個人的に調べた限りでは、糖尿病や性感染症のクラミジアに罹ったり、前立腺肥大になった人が精管に変形を起こしたり、治療の薬剤などで精液が漏れ出す人は居るようです。 しかしこれらを、その「場合」と定義しているのかもさえ説明が成されていません。 あたかも健康で普通の人でも起こり得るように採れてします記述には、大いに問題があると言わざるを得ません。 100%間違いなく断言できるのは、「ガマン汁(尿道球腺液)で妊娠した。 」は、セックス伝説で、真っ赤なウソだということです。 >誤りがありましたら、ご指摘お願い致します。 誤りはありません。 全て、貴女の得ている知識どおりです。 既に21世紀の世の中です。 カウパー腺液(尿道球腺液)で妊娠出来るなら、とっくの昔に科学的に証明されているでしょう。 その様な文献も研究レポートも見たことがありません。 信憑性や信頼性の高い外国医学界や、日本産婦人科学会のレポートでは、その様な馬鹿げた質問に対して否定される情報ばかりが見つかります。 もし、それが事実なら平均寿命が30歳代の太古の昔で、コンドームなどの避妊具も無... A ベストアンサー ANo.3です。 これは、失礼しました。 で、どのあたりから心房に行ってるかですが、言葉で説明すると、冠状静脈洞は、心臓の後ろ側で、左心房と左心室の間にある冠状溝を左上方から、右下方に斜めに走り、下大静脈の開口部より右心室寄りの部分で、右心房に開口します。 ちなみに、洞結節(洞房結節)は右心房の中でも、もっと上大静脈の開口部寄りで、冠状静脈洞から見て、下大静脈の開口部をはさんだ反対側です。 分かりにくかったらごめんなさい。 言葉で説明するのは結構難しいです。 図で見ても結構分かりにくいですから。。 自分でも今、こういうご質問に答えていて、もう少し解剖実習の時にしっかり見ておけばよかったと勉強になりました。 Q こんにちは。 今すごい悩んでるものがあって、 膣の左側にしこりがあるのを見つけました。 お風呂に入ってるとき 洗っていたら指にひっかかるような感じで 3日くらい前からあるのですが 最初はそんなに気にしてなかったのですが 昨日触ったら前よりちょっと大きく なってて触ると痛かったです・・・。 皮膚の表面にできているのではなく 内側にかたまりがあるという感じです。 普通に生活をしてる分には 痛みや違和感は全くありません。 癌や性病なのでしょうか? 親 母 には話しました。 様子を見て病院に行こうと 言われましたが、 どこの病院行けばいいの? と聞かれました。 出来ることなら女の先生に診て もらいたいんです・・・。 切らないと 切開 いけないのでしょうか? 回答お願いします! A ベストアンサー こんにちは。 37歳の女性です。 場所が場所だけに、先生に見せづらいですよね。 皮膚科で恥ずかしかったら、産婦人科や婦人科で大丈夫ですよ。 そういう場所を診察するのは、産婦人科の先生の方が慣れています。 毎日見ていますから、歯医者さんが口の中を見るのと同じ感覚です。 多分、膿がたまっているのだと思います。 私は、太ももの付け根にしこりができてしまい、歩くのに痛かったので、 産婦人科で切ってもらい、膿を出しました。 抗生剤を処方されて、それを飲みきって終わりでした。 女性の先生がいるところは、ネットで探すと見つかるかもしれません。 【お住まいの地域 産婦人科 女医】で検索してみてください。 若い人患者さんもいますし、病気ではなくて検診で来る人もたくさんいます。 自然に治ることもありますが、芯が残っていると、またできるかもしれません。 痛みが続いたら、受診した方が良いと思います。 彼氏のカウパー腺液(我慢汁)がまったく出ません。 今まで付き合った人はみんなそういう雰囲気になって、 触るってみるとすぐぬるぬるが出ていたので、こういうのが初めてでちょっと心配です。 ちなみに入れる直前まで舐めていたりしますが、カウパー腺液が出ているような感覚(味や感触)はありません。 また、出ていないからといって特に行為に支障もなく(あえて言えば、手でしごくときに我慢汁の潤滑剤がないので唾で濡らさないといけない)、早すぎたり遅すぎたりすることもありませんし、普通にSEXをしたがるので気持ちよくないというわけでもないと思うのですが・・・。 ちなみに彼とは結婚を考えていて将来的に子供も欲しいと思っています。 ご回答どうぞよろしくお願いいたします。 彼氏のカウパー腺液(我慢汁)がまったく出ません。 今まで付き合った人はみんなそういう雰囲気になって、 触るってみるとすぐぬるぬるが出ていたので、こういうのが初めてでちょっと心配です。 ちなみに入れる直前まで舐めていたりしますが、カウパー腺液が出ているような感覚(味や感触)はありません。 また、出ていないからといって特に行為に支障もなく(あえて言えば、手でしごくときに我慢汁の潤滑剤がないので唾で濡らさないといけない)、早すぎたり遅すぎたりすることもありませ... A ベストアンサー カウパー腺液なんて、女性のラブジュースと違ってそんなに大量に出るものではありません。 基本的には、普通のSEXで感知できるようなものでもないと思います。 「今まで付き合った人はみんなそういう雰囲気になって、触るってみるとすぐぬるぬるが出ていたので」 どちらかというと、そちらの方が珍しいかもしれません。 私の場合、若いときに、2、3時間、相当に好みのAVを見た時などに「あ、出てる出てる」と認識できるぐらいで、普通にSEXしているときにどれほど認識できたかなど憶えていません。 思うに、「あなたが今まで付き合った方々を、かなりガマンさせていたのではないか」または、「あなたもしくはあなたの技が、かなり魅力的かつ刺激的なのではないか」と思われます。 ま、ま、カウパー腺液なんて、私の知る限り、SEXにも妊娠にも大した影響はありませんので、気になさらなくとも良いかと思います。 それより、「カウパー腺液が少ないんじゃないの?」とか、間違っても言われないようにお願いします。 100年の恋も冷めますよ。 A ベストアンサー こんにちは 結論から申しますと心配なさらずとも結構でしょう。 ultraklutzさんに限ったことではありません。 ultraklutzさんは会社員の方でしょうか?だとすると年一回健康診断を受診されていると思いますが、その時に何も所見されないのであれば気にすることはありません。 精液は蛋白質ですが、上述の蛋白は意味が違います。 また、前立腺の肥大からくるものではありません。 前立腺肥大は加齢等に伴いみられるもので排尿がスマートにゆかない等で自覚症状を感じます。 (若いときからセンズリしすぎると肥大になると言うような話も聞いたことがあります。 ) ultraklutzさんが高齢でなく、かつ排尿に違和感を感じないようでなければ前立腺肥大を疑う必要はありません。 当方、専門医ではないため「一般人」としてコメントしましたが、これらを読んで「まだ気持ちがすっきりしない・・・」と言うことであれば、何かの機会(健康診断等)のときに「ついでに」程度に質問してみてください。 おそらく「特に心配はいらないが経過観察してください」程度しか言われないと思います。 こんにちは 結論から申しますと心配なさらずとも結構でしょう。 ultraklutzさんに限ったことではありません。 ultraklutzさんは会社員の方でしょうか?だとすると年一回健康診断を受診されていると思いますが、その時に何も所見されないのであれば気にすることはありません。 Q 一週間位前に気がついたのですが、外陰部のところにプクッとしたものができました。 最初気がついた時は、すぐに無くなるかな・・・と思い、あまり気にしていなかったのですが、少し大きくなってきたような気がするので困っています。 別に痛いとか痒いなどの症状はないのですが、さわると固い小さな丸いものが中に入っている・・・という感じのできものです。 体調も熱が出たり、だるいなどの症状もなくいつもと変わりません。 できものの症状の場所が陰部なので、チョットはずかしくて病院に行くのもためらってしまいます。 症状を上手に説明出来ませんでしたが、何か良いアドバイスがありましたら教えて下さい。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー わたしも大陰唇にぷくっとしたできものができたことが何度もあります。 最初は小さいのですが、どんどん大きくなって、たぶん直径5ミリくらいにはなったと思います。 メンソレータムを何日か頻繁に塗って、触ると痛くてフニャフニャになってきたころ、ティッシュをあててこすると、血と膿がでました。 やっぱりニキビみたいだなと思いました。 特に病院で見てもらったことはありませんが、病院で診てもらったほうが安心できると思います。 男性の先生が多いですが、医者はもう何人もの女性の陰部 というか患部 を見ているのです。 私も恥ずかしいので行くのをかなりためらいましたが、行ったら「なぁんだ、こんなもんか」って思いました。 大丈夫ですよ^^ A ベストアンサー 気になりますよね。 同じものかどうかは分かりませんが、私もできます。 私の場合は、ニキビのような感じだったり、 米粒大くらいの小さなしこりだったりするのですが、 原因はわかりません。 質問者様と同じように触ると痛い程度で いずれも生活に支障はなくいつの間にか治るんですが 一度、足の付け根のちょうど下着のゴムのあたる辺りにでき 擦れて痛むので、病院に行ってみました。 脂肪の固まりだったそうで、少し切開し、その脂肪を出しました。 一週間ほど傷が残りましたがすぐに消え、完治しましたよ。 あくまでも「私の場合」ですので、 質問者様の場合とは違うかもしれませんが ご参考までに書かせていただきました。 早く治るといいですね。 お大事になさってください。

次の

意外と知られていない射精前に出てくる「カウパー液」の謎

カウパー 大量

カウパー腺液が異常に分泌してしまいます。 少し性的興奮をしても、まだ勃起すらしていないにも関わらず、パンツにカウパー腺液が染み出てしまいます。 何か病気だと思うのですが詳しい方お教えください。 以前から、カウパー腺液の量が多く非常に悩んでいました。 最近では、勃起をしていなくても、性的興奮を感じたらカウパー腺液がすぐに分泌されて、異常だと思います。 射精するまでの時間もかなり短く、尿道の締まりというのか分からないのですが、緩いのが原因なのでしょうか。 一体、どういう病気が考えられますでしょうか。 また病院に行ったとして、恥ずかしさがあり、どのように伝えるのが良いのでしょうか。 どういう診察があるのでしょうか。 色々と質問してすみません。 どなたかお教えください。 年齢は31歳です。

次の

カウパー液とは?カウパー液でも妊娠するなどのウワサの真相を調査してみた

カウパー 大量

そもそも我慢汁って何だろう? さてまずは「我慢汁(ガマン汁)」の正体を簡単に解説。 そういえばその特徴をとらえたように「先走り汁」と呼ばれることもあり、英語では「precum」…pre(前、あらかじめ)、cum(精子、精液、射精)と表記されるそう。 ちなみに自分は我慢汁が出ないという人に会ったことがありません。 それくらい男性においてはポピュラーな存在かなとも思っております。 我慢汁は一般的に男性が性的興奮を感じることによって、ペニスの先っちょである尿道口から自然と無意識にトロッと出てくる体液のことをさしており、射精のときにドピュッと大量放出される精液とは別物になります。 絵面的には突出したペニスの先っちょからトロトロとあふれてくるため、どうしたってその様はやや不格好に感じることが多い。 その見た目を恥ずかしいと感じる男子が多くても仕方なし。 …ちなみに我慢汁に対してほとんど知識がないという女性は少なくないので、「なんか出てる?」とやっぱり驚くケースが多いようです。 しかし「相手も興奮してくれているのかと思うと嬉しい」といったアンケートの回答もあるように、自分に対して性的興奮を感じてくれるひとつの分かりやすいサインとして安心や嬉しさを感じる人も多いようです。 もちろん我慢汁に対しては肯定的な意見ばかりではありませんが、女性はそれほど悪い印象を感じていないことが多いようですね。 続いて語るカウパー液のこと ここからはもうちょっと深く掘り下げてカウパー液の話。 最近ではかなり知られる存在となったカウパー液ですが、これはエンドウ豆ほどの大きさの「尿道球腺」でつくられている分泌液のこと。 このカウパー液は見た目が乳白色の精液と違って無色透明であり、ぬるぬるとしたほどよいぬめり感とそれなりの粘り気を帯びています。 そのため手についたりするとそこそこびよーんと伸びる。 その粘り具合についてはおそらく個人差があるのでしょうが。 これは見た目の違いもさることながら触った感じも精液とはちょっと違ったもので、女性が性的興奮時に愛液によって濡れるのと同じように、カウパー液の流出は男性版の「愛液で濡れる現象」といったところ。 …せっかくなので役割の話も少ししておくと、カウパー液の役割はどちらかと言えば周りをサポートしてくれる感じのお仕事。 まず潤滑油のようなものとして精液の排出を滑らかにしてくれています。 先走りなんてちょっと残念っぽい印象の呼ばれ方もありますが、先行してスムーズな射精放出のお手伝いをしてくれていたんですね。 他のお仕事にも関連してくるのがカウパー液のpH。 カウパー液のpHはアルカリ性で、尿道の酸性度(健常者の尿は弱酸性)によって精子が弱ってしまわないようカウパー液が中和してくれています。 あと普段から酸性の状態に維持されている膣内部において、カウパー液は精液と共に精子を守る役割も担っています。 カウパー液は決して目立つことはないが縁の下の力持ちといった感じで、そっと陰から支えてくれる存在となっているわけです。 我慢汁の出し方とは? 「我慢汁ってどうやったら出るの?」という質問もあるので簡単に解説。 もともと我慢汁が出てくるのはあくまで生理現象であり、射精感を我慢することとは関係なく性的興奮時に自然と生じるものです。 まぁある意味我慢しているタイミングで出ていることも少なくないので、我慢しているから出る…といった誤解を招いても仕方ないのかもしれませんが。 例えば男性がキスや愛撫などの前戯をじっくり楽しんでいるときであっても、我慢することとは無関係に我慢汁が出てくることは珍しくありません。 他にも人によってはそこまでオナニーをしたいというタイミングでなかったとしても、ちょっと心に響くようなエッチなシーンを見てしまい、しばらくそれを見ているだけでもそのうちじんわりと出てくることもあります。 まぁ自分の意志ではコントロールできないというのが困ったものですね。 いずれにしても我慢汁の出し方は基本的に簡単でコツはいりません。 一般的には性的興奮によって本人の意思とは無関係に出てくるものなので、アダルト動画をそのまま長時間見ていても出やすい。 もちろんオカズになり得る興奮度の高いものであるほどよくて、ピクリとも興奮しないような駄作では長時間見ても出てこない可能性あり。 本番での前戯においても、男性が我慢できなくなるほど女性がリードしてお預け状態にすればかなり出やすくなるでしょうね。 射精感を我慢できるのであれば普通にオナニーしてみるのもOKで、ほどよく刺激して性的興奮度を高めてあげればあとは自然と出てくるかなと思います。 関連記事: 妊娠とカウパー液と我慢汁 ここでは最初にわざわざ我慢汁とカウパー液を別々にして解説していますが、これにはあえてそうした理由がそれなりにあります。 そう…いつからかカウパー液は予期せぬタイミングでの妊娠において、要はそこそこ多くのケースで真っ先に悪者扱いされることが多い。 しかし厳密に言えばカウパー液そのものが悪いわけではなく、このように広まってしまった事情にはちょっとした誤解もあるのです。 …そもそもただの純粋なカウパー液では妊娠することはありません。 これについては「カウパー液でも妊娠することがあります。 」と言われることもありますが、厳密かつ実際にはただのカウパー液で妊娠することはありません。 まずカウパー液を分泌している尿道球腺という部位では精子をつくっておらず、構造上においてここに精子を直接送り込む手段もないため、ただのカウパー液自体には精子が含まれることはなく、カウパー液だけでは妊娠したくてもできないのです。 一般的には悪者扱いされて一躍有名になった感じもしますが、純粋なカウパー液自体が妊娠の引き金になることは構造上ないわけなんですね。 …それと色々調べてみると「我慢汁は厳密にはカウパー液のこと。 」と言っている人も多いのですが、これも本当の意味で厳密な言い方をすれば我慢汁はカウパー液だけをさすものではないのでこれも若干正しい表現とは言えません。 我慢汁はあえて言うなら単に興奮時に出てくる体液の総称をさしているだけで、これをそもそもカウパー液だけと考えるのが間違いなのかもしれません。 女性の愛液が複合液であるように、男性の愛液…いわゆる我慢汁も人によっては複合液であることがあるので単にカウパー液だけとは限らないのです。 我慢汁とカウパー液の真実 …ではなんでこうもカウパー液がこれだけ悪者扱いされているか。 それは前項目でも触れたように純粋なカウパー液だけでは妊娠しませんが、実は「射精以外で精液が流出していることがある」というだけなのです。 その射精以外のときに流出したごく少量の精液が尿道にてカウパー液と混じり、いわゆる我慢汁…いわゆる愛液…すなわち複合液となって出てくるのです。 これは正直なところ男女の性別に関係なくほとんどの人が知らないことかもしれませんが、あの妊娠で最も避けたい精液が射精以外でも流出しているなんて、知らなかった人にとってはなかなか驚愕の事実かもしれませんね。 精子は意識して射精する以外にも少しずつもれていることがあります。 男性自身がそういったタイプなのかどうかを調べようと思えば調べられると思いますが、基本的にそこまでして特定している人はほぼいないはず。 しかし精液の流出の可能性がある以上、これまでやや警戒の緩かった我慢汁もしっかり警戒対象にしておくのが無難と言えるでしょう。 つまり「我慢汁=カウパー液+精液(可能性)」と考えるのが、妊娠を回避するための賢明で安全な対策となるわけなんですね。 Hum Fertil Camb. doi:10. 2010. 520798) これは人数の少ないやや小規模な調査だったので、大規模な調査においてはもっと割合も変動するかと思いますが、いずれにしても重要なのは射精以外でも精液流出の可能性があるという事実でしょう。 このテーマのひとつの回答にもなるかと思いますが、先にも触れたように純粋なカウパー液には精子が含まれていないので受精することはありません。 しかし男性の構造上において射精以外でも精液流出の可能性があり、場合によっては「我慢汁=カウパー液+精液」となる可能性があるため、厳密にはカウパー液ではなく単に精液流出によっての妊娠もしくは我慢汁によっての妊娠はあるということ。 関連記事: 我慢汁の危険性と外出しの話 我慢汁の話でつながりの深い話が「外出し」。 外出しをするということは自然と挿入は「生挿入」を行うということであり、最終的にはタイミングを見計らって外出し(膣外射精)をすることになるわけですよね。 もうお気づきの方も少なくないと思いますが、そう…つまり生挿入を行った時点でもうすでに妊娠する「可能性がある」ということ。 それは前項目でも書いた通り射精の有無には関係がない…。 「外出しで失敗した!」…といったエピソードは珍しくありません。 しかしそもそも生挿入を行った時点で、人によっては射精以外のピストン中などにも精液が流出している可能性があるわけで…。 もちろん射精時ほどの精液量が出ているわけではないので、理論上では妊娠する確率はかなり低くなります。 それでもまだ妊娠を望んでいないといったタイミングであれば、しっかりと我慢汁も警戒すべきということ。 これは補足になりますが、とある研究調査において「使用1年妊娠率」での理想的な外出しで4. Ardent Media, 2011. ) 同データにおいて避妊しなかった場合の1年での妊娠率が85. まぁ実際のところ精液流出の可能性の有無、流出していたとしても少量といったことを含めて考慮すると、妊娠率が大幅に減少する理由も納得のいく数値。 …とはいえ外出しはもともと男性主導の選択肢であり、事故が起これば防ぎようがないわけですが下手な人は事故が多い。 そういった事故というリスクまでも考えていくと、一般的な方法で22. もともと外出しもかなり警戒すべき選択肢ではありましたが、我慢汁というものの正体を知るとこれを警戒した対策も必須なのかもしれません。 ところで性的興奮時に出てくる体液を、我慢汁ではなく「先走り汁」という言い方をすることもあるという話をしましたよね。 こうやって調べてみて明らかになったことではありますが、先走り汁という表現はある意味その真意に近しい言い得て妙な言い回しなのかもしれませんね。 関連記事:.

次の