三 回忌 家族 だけ。 三回忌って何?知っておくべき法要のマナーは?

三回忌って何?知っておくべき法要のマナーは?

三 回忌 家族 だけ

こんにちは。 北海道全域対応、札幌市の葬儀会社「北のお葬式」です。 お葬式の後も定期的に追善供養の法要や法事があります。 今回は法要の中でも「三回忌」について解説します。 三回忌を行う意味や内容、間違いやすい開催時期やマナーについてご紹介。 親族を呼ばずに家族だけで三回忌を行う場合の対応についても合わせてお話します。 三回忌の意味や目的とは?いつ行うもの? 葬儀の後も、故人を偲び供養を願う追善供養を定期的に行います。 ( ) 三回忌とは一周忌の次に行われる追善供養の法要で、故人が亡くなってから丸2年目の命日に行うもの。 「2年目なのに三回忌?」と思われる方も多いかもしれません。 仏教では亡くなった当日が1回目の忌日、丸1年目が2回目の忌日( )、2回目が3回目の忌日となり、3回目の忌日に行う法要なので「三回忌」となるのです。 三回忌では故人の成仏を願って遺族や親族が集まり、僧侶に読経をいただいて、焼香の後、会食を行います。 追善供養を行うことで、故人の来世がより恵まれたものになると言われています。 三回忌は亡くなってから丸2年目の命日に行うものですが、曜日の関係などで命日ピッタリに行えるとは限りません。 その場合は命日よりも前倒しの日程で、親族が集まりやすい土日などに日程を変更しても問題ありません。 ただし命日からあまり離れすぎるのは良くないので、1カ月以内程度での日程で調整したいところです。 三回忌は親族を呼ばずに、家族だけでも大丈夫? 葬儀後の法要は家族や親族を中心に行います。 故人と特別に親しい友人や、地域柄近所との付き合いが濃厚な場合は、友人や知人を呼ぶ場合もあります。 葬儀から時間が経つほど、法要へお呼びする範囲は狭くなっていくのが一般的です。 三回忌の場合は、付き合いのある親族へ声をかけることが多いと思います。 しかし、家族のみで三回忌を行うことがダメということではありません。 家族のみでこぢんまりと行いたい、親族へあまり気を使いたくない、遠方に住む親族が多く声をかけるのがはばかる、といった理由から親族を呼ばずに家族のみで行いたいという場合もありますよね。 家族のみで三回忌を行う場合は、親族には事前にその旨を丁寧に説明することが大事。 なかには「私も法要に参加したかった!」と思われる親族の方もいます。 法要後には無事に法要が終わった報告や、故人や家族がお世話になったお礼をお礼状にて伝えるようにしましょう。 三回忌の基礎知識。 親族を呼ぶ場合、家族だけの場合の注意点も 三回忌の準備やマナーについてご紹介します。 三回忌はどこで行う? 三回忌法要の会場として選択肢に上がるのは、自宅、お寺、斎場などです。 家族のみで行うのか、親族も呼ぶのかによって参加人数が変わりますので、それに合わせて検討するとよいでしょう。 場所がわかりやすい葬儀式場でも行える場合もあります。 斎場をはじめホテルやレストランの「法要プラン」を利用すると、会食もセットとなるので便利です。 服装は喪服を着用 三回忌に参列する際の服装は喪服です。 親族や参列者は家族の服装よりも格上の装いにならないように、略式喪服を着用するのがベター。 家族だけで行う場合は、地味な平服で行う場合もあります。 僧侶へのお布施を準備 お経をあげてくれる僧侶へはお布施を準備しましょう。 お寺以外の会場へ来ていただく場合はお車代、食事に参加しない場合は御膳代もあわせてお渡ししましょう。 お札は新札でないものを用意してください。 引き出物の準備 親族を呼ぶ場合は、法要に参加していただいたお礼として引き出物を準備しておきましょう。 2,000~5,000円程度の予算で、消耗品や食べ物などを用意することが多いです。 香典をいただいた場合のお返しとしての意味合いもありますが、いただいた香典の金額によらず、全員に同じ内容のものをお渡しします。 親族を呼ぶ場合には案内状を出す 三回忌に親族をお呼びする場合は、1~2ヵ月ほど前を目安に案内状を出しましょう。 電話でのご連絡でも問題ありませんが、日時や場所を正確に伝え、出欠の返事を後日もらえるように往復はがきでご案内すると丁寧です。 まとめ 三回忌は故人が亡くなってから丸2年目に行う追善供養の法要です。 家族や親族が集まって故人を偲び、僧侶に読経をいただき、焼香や墓参り、会食などを行います。 三回忌では家族や親族が集まって行うことが一般的ですが、家族だけで行ったとしても問題はありません。 ただしその場合は、三回忌は家族だけで行う旨を親族へ丁寧に説明し、法要終了後には法要が無事に終わった報告と、お世話になった感謝を伝えるお礼状を送るようにしましょう。 三回忌は自宅、お寺、斎場などで行います。 法要後には会食もあるので、斎場をはじめレストランやホテルなどの「法要プラン」を利用するのも便利です。 参加人数にあわせて開催場所を検討するとよいですね。 お呼びする方への案内状、服装マナーの確認やお布施、引き出物などの準備も忘れずに行いましょう。

次の

法事を家族だけで行いたい

三 回忌 家族 だけ

三回忌の服装の考え方、施主と参列者 一般的に、葬儀や四十九日、一周忌の法要では、施主や遺族は、正式な喪服を着用することがマナーとなっています。 施主や遺族側が参列者よりも軽い服装となることは避けるべきなので、これは当然と配慮といえるでしょう。 では、三回忌はどのような服装にすべきでしょうか。 考え方としては、やはり 施主や遺族が参列者よりも軽い服装となることは避けたいものです。 しかし、三回忌ともなれば、施主や遺族もでは正式な喪服でなく、 略式の喪服を着用することが多くなります。 そこで、 三回忌の案内状に、参列者に「 平服でお越しください」といった文面でお知らせすることもあります。 施主の男性の服装 施主は、 基本的には正式な喪服を着用するのが望ましいところです。 男性の正式な喪服とは、洋装はモーニングで、和装は紋付羽織袴となります。 しかし、これらの正式な喪服(礼服)を自前で持っていれば別ですが、持っていない場合は、三回忌のためにわざわざレンタルする必要はありません。 現代では、 略式の喪服でも大丈夫とされています。 略式といっても、黒い礼服(スーツ)のことなので、冠婚葬祭用として一着ぐらいはお持ちの人が多いでしょう。 男性の場合、この黒の礼服に葬儀用の黒いネクタイに白の無地のワイシャツを合わせます。 靴や靴下も黒で統一します。 施主の男性の服装 モーニングや紋付羽織袴がない場合は、黒のスーツ・ネクタイに白の無地のワイシャツの礼服を用いる 施主の女性の服装 女性の場合も、施主は男性の場合と考え方は一緒です。 基本的には正式な喪服を着用します。 和装、洋装ともにブラックフォーマルとして衣料店で扱っています。 正式な喪服は、和装の場合は紋付、洋装の場合は、黒のワンピースやアンサンブル、ツーピースとなります。 男性と同様にやはり 略式の準礼装でも構いません。 ただし、できるだけ 肌の露出を抑えた服装にすることがマナーといえます。 なるべく長袖を着用し、夏季などの暑い時期は薄手のジャケットを羽織るようにし、ノースリーブのものは避けるようにしましょう。 ストッキングや靴、ハンドバックなどの小物も黒で統一します。 施主の女性の服装 黒のワンピースなど、肌の露出を抑えたブラックフォーマルを着用する 男性参列者の服装 まず、先にあげたように「平服でお越しください」と案内状に書いてあるからと、ラフな格好や普段着で参列することは絶対に避けるべきです。 平服とは「正式な服装でなくてもよい」という意味です。 かといって、参列者の場合、正式な喪服で行くのも考えものです。 三回忌では施主や遺族も、略式の喪服を着ることが多いので、施主や遺族よりも格上の服装になることは避けるべきだからです。 平服とは略式の喪服、または法事という場に合わせた 地味な服装のことと考えるようにしましょう。 男性の場合、一般的に 黒のスーツを着用するようにします。 黒の礼服を着るのが一番ですが、なければグレーや紺色などの地味な色で、できれば無地のスーツを着用します。 女性参列者の服装 女性の場合も参列者であれば、やはり施主よりも格上の服装となることは避けるべきなので、 正式な喪服は着用しない方が無難です。 もちろん「平服でもOK」とある場合でも、華美な服装は避けるべきです。 できれば準礼服、なければ黒や紺など地味な色のワンピースを着用しましょう。 女性の場合、注意したいのは履物です。 夏場はサンダルやミュールなどを履いてしまいがちですが、 つま先が出る履物は厳禁です。 ストッキングもできれば黒かグレー、靴は黒でかかとの低いパンプスが基本です。 また、アクセサリーも光るものは控えた方がいいので、ネックレスや結婚指輪以外の指輪、ネイルやマニュキュアの類も避けた方がいいでしょう。 子供の服装は? 子どもの服装には特にルールがあるわけでありませんが、法事という場を考えて、やはり華美な服装は避けるべきです。 小学生や中学生ならば、あれば 制服を着用するといいでしょう。 普段着であれば、柄物を避けて、黒や紺など、地味色の服、男児であればブレザーやズボン、女児であればワンピースやスカート、白を基調としたシャツなど、 大人に準じた色使いのものを選ぶようにします。 法事の子供の服装 制服がある場合は制服を、未就学児などの場合はなるべく無地の地味な色の服を使う まとめ ・三回忌の服装は、男女ともに、正式な喪服ではなく、略式の喪服でもよい。 ・喪主は参列者よりも格上、参列者は喪主よりも格下の喪服を選ぼう。 ・「平服」といえども、ラフな服装はタブー。 マナーにあった服装をしよう。

次の

三回忌は家族のみで行える?家族のみの場合の香典や服装なども解説!|終活ねっとのお坊さん

三 回忌 家族 だけ

三回忌とは 三回忌は、故人が亡くなってから 満二年目の祥月命日に営む法要です。 一周忌が満一年目の祥月命日に行い、その翌年に三回忌を行います。 三回忌以降は満ではなく数えで年数を表す点に注意しましょう。 祥月命日に法要を営むことができない場合は、日程を前倒しにします。 法要は、年を重ねるごとに規模を小さくしていきます。 一般的には、一周忌までは家族、親族の他故人の友人や知人も招きます。 三回忌は、家族や親族だけで営みます。 三回忌は小規模にしてもいい? 三回忌は小規模で行いたいという人も多いのではないでしょうか。 三回忌は家族の他親族も招くのが一般的ですが、家族だけで行ったり、お坊さんを呼ばないで行ったりする人もいます。 こでは、小規模で行う三回忌について細かにご紹介しますので、ぜひ参考にしてください! 三回忌は家族だけでしてもいい? 三回忌は家族だけで行っても大丈夫です。 最近ではお葬式の縮小化に合わせて、法要も簡素に済まされることが多くなります。 そもそも法要に誰を呼ぶかは慣例的なものであり、法律や仏教の教義上定められているわけではありません。 ただし、一般的に三回忌までは親戚まで参列するので、親戚の中にはそのつもりでいる人もいるかもしれません。 三回忌を家族だけで営む場合は、四十九日、一周忌まで参列していただいた親族には丁重に断りを入れておきましょう。 三回忌にお坊さんを呼ばなくてもいい? 三回忌を含む法要は仏教の行事なので、「三回忌」をする場合は 原則お坊さんを呼びます。 お経は釈迦の教えを記したものです。 法要では僧侶に読経してもらうことで釈迦の教えを知り、故人の追善供養をします。 ですが、 仏教的な意味合いにはこだわらず、ただ命日から満二年故人を偲びたいという場合は、呼ばなくてもかまいません。 仏前や墓前で手を合わせるだけでもいいでしょう。 三回忌でお坊さんを呼ばないときに注意したい点は2つあります。 一つは、 菩提寺との関係です。 自分の家が特定の寺の檀家になっている場合は、三回忌にその寺の僧侶を呼ばなかったことで関係が悪化する場合もあります。 寺院にもよりますが、檀家の法要をすべてチェックしているところもあります。 他の檀家や親戚に話を聞いて、検討しましょう。 もう一つは、 参列者に事前に連絡をしておくことです。 法要と言えば当然僧侶を招くので、当日参列して僧侶がいないと違和感を感じる方は多いはずです。 お坊さんを呼ばないで三回忌をする場合は、必ず事前に断りを入れておきましょう。 三回忌は食事だけで済ましてもいい? 先述の通り、三回忌を含む法要とは仏教行事なので、食事だけで済ます場合は、「三回忌」とは言えないでしょう。 ですが、仏教的な意味合いにはこだわらず、命日から満二年に故人を偲ぶだけであれば、家族や親族で集まって食事をするだけでもいいでしょう。 ただし、三回忌を食事だけで済ませる場合は、三回忌とは言わず、「偲ぶ会」などという名目で参列者を招待することをおすすめします。 また、この場合は仏式などの慣例に従わない集まりになるため、香典、引き出物、服装などをどうするかは自分で考える必要があります。 三回忌は自宅の読経だけで済ましてもいい? 三回忌は自宅に僧侶を呼んで読経してもらうだけでも構いません。 特に家族だけなど小規模な法要の場合はなおさらです。 ただし、遠方からの親戚を招く場合は、わざわざ来てもらっているので食事の場を設けることをおすすめします。 また、菩提寺との関係もあるので、法要はかならずお寺でしなければならないのかは、他の檀家や親戚、あるいは直接住職に確認しておきましょう。 法要での読経のお布施は3~5万円が相場です。 この他、自宅まで来てもらう場合はお車代を別途5千~1万円程度包みます。 家族のみで三回忌を行う時の服装 家族だけが参列する三回忌では、服装はカジュアルにしてもいいのでしょうか。 服装のマナーについて解説します。 家族だけの三回忌も礼服が基本 家族だけで行う場合も、三回忌までは礼服を着用します。 男性は黒やグレーのダークスーツに黒無地のネクタイ、女性は黒やグレーのワンピースやアンサンブル、またはスーツなどです。 お寺との相談次第では礼服じゃなくてもOK 事前にお寺に相談してOKであれば、礼服でなくても構いません。 だたし、派手な服装や露出の多い服は控え、華美なアクセサリーなども避けましょう。 家族の食事会だけなら決まりはない もし僧侶も呼ばず、家族で集まって食事をするだけであれば、慣例的な服装の決まりはありません。 参列する家族で相談して、服装を合わせましょう。 まとめ 三回忌は、家族だけで行っても構いません。 ただし、一周忌まで参列していただいた親戚には、あらかじめ家族だけで済ますと断りを入れておきましょう。 また、家族だけの法事であれば、お寺と相談して、必ずしも礼服で行かなくても構いません。 ただし、華美な服装は避けましょう。 供養に大切なのは形式ではなく気持ちです。 ゆっくりと静かに故人を偲べる三回忌になるといいですね。

次の