エクセル プルダウン 複数 選択。 エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する

エクセル プルダウン 複数 選択

入力規則を使う 【1】入力規則をつけたいセルを選択 【2】データタブを選択 【3】データの入力規則を選択 【4】設定を選択 【5】入力値の種類をクリック 【5】リストを選択 【6】元の値の欄にリストにしたい文字を入力 この時に文字を入れた後は「,」で区切ってください。 例えば「男」「女」と入れたいのであれば「男,女」と言う感じで入れてください。 ちなみに、複数はいります。 2つ以上でも大丈夫です。 その都度「,」で区切ってください。 これで設定は完了です。 下記動画の文字起こしです 【今回行うこと】 「エクセルの複数選択肢が出来る入力規則・ドロップダウンリスト」についてお話したいと思います。 【複数選択肢が出来る入力規則・ドロップダウンリストとは】 表の「セル」に入力する際、「顧客番号」など決まった番号を自分で1つ1つ入力するよりも複数の選択肢から選べるとスムーズに入力することができます。 今回は複数選択肢が出来る入力設定についてお話します。 【具体的操作方法】 今回は、表の「顧客番号」の「セル」に複数選択肢が出来る設定をします。 【1】ドロップダウンリストの設定の仕方 「顧客番号」下の入力予定空白の「セル」をすべて範囲選択します。 「データツールグループ」に表示されています。 例 110,111, 必ず区切りに「,カンマ」を入れます。 「データの入力規則」設定画面の右下に表示されています。

次の

Excel プルダウンで複数選択する方法

エクセル プルダウン 複数 選択

二つの方法と特徴 実現方法は二つあります。 チェックボックス• 簡単に実現できる利点がありますが、選択肢が増えると場所を使ってしまうのと 手間が大きくなってしまうのが欠点です。 スクロールすることが出来るため選択肢が増えても場所を取らず 更に手間も大きくならない利点があります。 ただしリストボックスを複数選択にする場合、 を使用する必要があるためハードルが高いのが欠点です。 設定手順 共通・「開発」メニューを追加 どちらの方法を使うにしても「開発」を使用します。 もしメニューに「開発」がない場合は追加しておきましょう。 メニューの何もない場所を右クリックし、「リボンのユーザー設定」を選択します。 「開発」にチェックを入れます。 すると「開発」がメニューに表示されます。 次にチェックボックスを置きたい場所をクリックすると チェックボックスが一つ追加されます。 チェックボックスを右クリックしその状態で チェック1となっている表記を左クリックすると編集可能です。 次に右クリックしてメニューを開き「コントロールの書式設定」をクリックします。 次にリンクするセルを設定します。 この状態でチェックボックスを押すと リンクしたセルに論理値が反映されます。 なおチェック状態を数式に組み込む必要がない場合は リンクするセルは設定の必要がありません。 「リストボックス」シートに複数選択リストボックスを置いてあります。 このサンプルを利用するだけならマクロの知識は不要です。 「Work」シートの内容です。 A2セルから下に選択肢を記述します。 B2セルには選択した一覧がカンマ区切りで表示されます。 C2セルから右にはセル別に選択した一覧が表示されます。 この複数選択リストボックスは、そのままでは大きさの変更などが不可能です。 変更するには「開発」より「デザインモード」を選択します。 この状態でリストボックスを選択すると大きさの変更が可能です。 このデザインモードはオンのままだと項目選択が出来なくなるため 編集が終わったら再度、クリックして解除しましょう。 なお初期状態では選択肢は4個までです。 これを増やすためにはデザインモードにして リストボックスを右クリックし、メニューの中から「プロパティ」を選択します。 「プロパティ」ウインドウが表示され、「ListFillRange」が選択肢のセル範囲です。 ここの範囲を大きくすると4つ以上の選択肢に対応可能です。 作り方とソースコード コメントによる解説 自力で1から作成したり、リストボックスを増やしたい方向けに 手順とソースコードを紹介します。 まず「開発」「挿入」「ActiveXコントール」より 「リストボックス」を選択し配置する場所をクリックします。 (フォームコントロールの方は設定がうまく出来ませんでした) リストボックスが配置されます。 次に任意の位置に選択肢と選択状態をリンクするセルを用意します。 そして「デザインモード」の状態で右クリックし「プロパティ」を選択します。 プロパティの内容を変更します。 セルを指定する箇所はマウスで設定出来ません。 アドレスをキー入力する必要がある点に注意が必要です。 プロパティ 設定値と説明 オブジェクト名 マクロ・VBAからアクセスする変数名です。 必要であれば変更します。 LinkedCell 選択肢の状態をリンクするセルです。 Workシートではリンクセル(結合)の位置を設定します。 リストボックスを増やす場合は それぞれ異なるセルを設定。 ListFillRange 選択肢の一覧を設定します。 Workシートに用意した選択肢セルを範囲で記述します。 MultiSelect 「1 — fmMultiSelectMulti」に 変更すると複数選択になります。 プロパティ設定完了後、デザインモードのまま右クリックし「コードの表示」を選択します。 下記がChangeのコードです。 ListBox1はオブジェクト名によって変わる箇所です。 リストボックスを増やす場合は、ここを適宜変えていく必要があります。 ListCount - 1 ' リンクセル 分割 を一つづつ空白に戻す 'Evaluate…アドレスから範囲を取得。 シート名指定! がある場合はRangeでなくEvaluate Evaluate ListBox1. LinkedCell. LinkedCell. Offset 0, j. LinkedCell.

次の

[EXCEL]プルダウンリストで選択式にする|EXCEL屋(エクセルや)

エクセル プルダウン 複数 選択

エクセルのプルダウンを連動させる プルダウンリストとは ドロップダウンリスト メニュー と呼ばれたりもしますが、プルダウンリストとは Excelのセルに入力する値を限定させたいときに、あらかじめ設定されたメニューの中からユーザーに値を選択させる機能です。 プルダウンを連動させる手順 Step1: リストの元データを作る まず、プルダウンリストのメニュー内容の元となるリストを下図のように作ります。 各列のヘッダー部分(1行目:ピンク部分)のセルA1からセルD1がひとつ目のリストに表示される選択肢になります。 セルやセル範囲に名前を付ける「名前の管理」機能 プルダウンリストを作成するときに便利なのが「名前の管理」機能です。 あらかじめセル範囲に『任意の名前』をつけて管理する機能です。 名前の付け方は簡単で、名前を付けたいセル範囲を選択し、数式バーの左にある 名前ボックス(通常はセル位置が表示)に任意の名前を入力するだけです。 さしずめ、今回のセルA1からD1のセル範囲には「カテゴリ」という名前を付けます。 手順としては、対象のセル範囲(例:セルA1~A5)を選択する 「名前の管理」>「選択範囲から作成」>「上端行」を選んでOK これでセルA1からA5のセル範囲に「AV・情報家電」という名前が付きました。 これを、A列からD列まで繰り返し、それぞれに1行目の名前を与えて準備完了です。 Step2: 入力用シートで プルダウンを連動させる つぎに、Step1で作成したメニュー項目をプルダウンとして選択できるシートを作ります。 このシートが本来の主役です。 セルB3 を選択した状態で、「データ」>「データの入力規則」とすすみます。 つぎに「入力値の種類 A 」に「 リスト」を、下の「元の値 S 」には「 =カテゴリ」と入力しOKをクリックします。 すると、 セルB3 にはプルダウンリストが表示され、そこには Step1 で登録した表の「カテゴリ」の一覧が表示されているはずです。 つぎに、右隣の セルC3 を選択した状態で、再び「データ」>「データの入力規則」とすすみます。 「入力値の種類 A 」には先ほどと同じ「リスト」を、下の「元の値 S 」には数式「 =INDIRECT(B3)」と入力しOKをクリックします。 試しに、セルB4をつかってリストから「パソコン」を選択します。 すると、セルC4のプルダウンリストには、大項目「パソコン」に属するメニューアイテムが表示されます。 INDIRECT関数 INDIRECT関数とは 最後に、2つ目のプルダウンの設定で「元の値」に入力された INDIRECT関数について触れておきます。 INDIRECT関数とは、指定された文字列への参照を返す関数で; =INDIRECT(参照文字列 [,参照形式]) のように表されます。 要は参照先が変動する場合に便利な関数というわけです。 INDIRECT関数については、過去記事で別な目的でピックアップしています。 より詳しく INDIRECT関数について知りたい方はこちらの記事も参照してください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 入力規則 エクセルの入力規則をマスターしよう。 結果による色分けや入力規則の解除方法、ユーザー設定を使用した数式による条件指定や入力規則をコピーする方法など完全網羅しました。 シート操作・並べて表示 エクセルの複数の シートやファイルを横に並べて表示する方法・並べて比較する方法について解説。 よく寄せられる『並べて表示できない』『並べて比較できない』といった質問にお答えします。 INDIRECT関数・集計 別シートの同一セルに入力された値を参照し、リスト化・集計する方法について解説します。 Excelで複数シートの同一セルの値を一覧にまとめるワザがあるのです。 シート操作 エクセルでシートをコピー・移動する方法とエラー対策についてまとめました。 Excelでシートのコピーが できない、エラーになるという方は是非ご覧ください。 VLOOKUP関数 Excelで VLOOKUP の使い方について解説します。 VLOOKUPの数式から具体的な使い方まで詳しく説明しています。 VLOOKUPが使えない、エラーが出るという方... 関数・文字列操作 Excelの特定の文字を削除したり文字列を置換(置き換え)したり、文字列に含まれる余分なスペースや文字を削除したりする方法のまとめです。 置換の関数や削除の関数をパターン別に例示し... グループ化 行や列を折りたたむ「グループ化」の機能について解説。 たたむ・展開するの切替えはワンタッチで簡単!この グループ化 で見た目もすっきり、そして機能的な作表に挑戦しましょう。

次の