クルーズ 船 感染 者 数。 新型コロナウイルス(COVID

クルーズ船コロナ(長崎港)感染者は何人?乗員の国籍・感染ルートなどまとめ!

クルーズ 船 感染 者 数

出典: 「コスタアトランチカ」は、イタリアのクルーズ客船です。 全長293m、旅客定員最大2680名、乗組員920名の大型船です。 内装もとても豪華で素敵な船です。 一度は乗ってみたいと思うような豪華な船ですね。 「コスタアトランチカ」の航路 長崎新聞の詳報 クルーズ船、イタリア船籍コスタアトランチカ号。 乗客なし乗組員623名。 ・1月29日 客室修繕工事のため長崎港に入港 ・2月20日 修繕工事のため、長崎造船所香焼工場(長崎市香焼町)に到着 ・3月25日 修繕完了 ・3月26日 物資補給のため、いったん出港。 長崎市の中心部、松が枝岸壁に移動。 ・4月1日 再び長崎造船所香焼工場(長崎市香焼町)に停泊 元々は中国で修繕工事を受ける予定でしたが、中国で新型コロナウイルスが蔓延したため、修繕先が日本に変更になったようです。 「コスタアトランチカ」の感染者数は?感染ルートは? 「コスタアトランチカ」の感染者数 ・4月20日 乗組員1名の感染が判明。 その後、濃厚接触者57人のPCR検査を実施。 ・4月22日 濃厚接触者33人の陽性を確認。 ・4月23日 新たに14人の感染確認。 4月23日現在、「コスタアトランチカ」には 48人の新型コロナウイルスの感染者がいることが判明しています。 乗客はいないため、乗組員623名の中から感染者が発生したということになります。 乗組員の多くは、中国人とフィリピン人だと言われております。 「コスタアトランチカ」の感染ルート 「コスタアトランチカ」では、検温に加えて健康状態チェック表の提出をするなど厳格に健康管理が行われていました。 感染ルートとして考えられるのが、乗組員は長崎で新型コロナウイルスに感染したということです。 なぜなら、 長崎県が3月6日に乗組員に対して下船しないように要請したが、船外へ出ていた乗組員がいたことが判明したからです。 どこに立ち寄ったかは現在のところ分かっていません。 このことについて、一部で非難の声があがっています。 クルーズ船迷惑かけすぎ。 乗組員は下船しないよう要請されていたのに内緒で下船。 もちろん長崎県には下船してないと虚偽の報告する有り様。 しかし市民は見ていた。 船籍のあるお国にさっさと帰れ! このままだと長崎県民がお気の毒です。 早々に賠償金請求しなさい。 そして日本に下ろすな — pinapin ploploploplolo 長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所に停泊中のクルーズ船「コスタアトランチカ」で新型コロナウイルス感染が拡大している問題で、長崎県が船側に乗下船の自粛を求めた以降も、県交通局の貸し切りバスで乗員が移動していたことが分かりました。 48人の感染が確認されています。 — 日経 九州沖縄 nkkyushuokinawa これだけ新型コロナウイルスが注目されているのだから、しっかりと対応して欲しかったですね。 「コスタアトランチカ」の感染対策は? 「コスタアトランチカ」の感染者は、重症者のみを病院に搬送して入院させ、治療にあたる方針です。 現在、 1人が指定の医療機関で人工呼吸器を使用し治療中。 軽症者や無症状者は、船内の個室に隔離した上で健康観察をしています。 勿論客室間の移動は禁止です。 陰性の乗組員は早期に帰国させるそうです。 現在、具体的な感染対策は公表されていませんが、長崎県はさらなる感染拡大を防ぐための対策を急いでいます。 ダイヤモンドプリンセス号での経験を活かして対応して欲しいですね。 「コスタアトランチカ」のまとめ いかがでしたでしょうか? 新型コロナウイルスのクラスター感染が発生した、「コスタアトランチカ」に関する情報を調査しまとめました。 長崎県民の方は非常に不安だと思います。 今後も動向に注視していきます! あなたとあなたの家族が健康でありますように。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

国内感染者1万8112人 死者966人(クルーズ船除く)新型コロナ 2020年6月24日 18時17分

クルーズ 船 感染 者 数

クルーズ船での感染者情報:感染者の詳細 過去に最新情報で記載していた情報です! 2020年2月3日 横浜から周遊している大型クルーズ船に乗っていた香港在住の男性から感染が確認されたとの事。 咳は横浜を出発する前日からしていたみたい・・そのため、乗客乗務員約3500人を乗せた船は着岸せずに停滞で、検疫を始めたみたいです。 (横浜到着前に那覇で検疫済だけど、異例の再検疫だそうです) 症状がある人のみ検査。 症状がない人は検査せずに下船・・。 感染が確認できたら医療機関に入院。 感染者と接触した人は自宅待機で健康状態をチェック。 現実的に全員検査は厳しいし、全員隔離も難しいからこれが最善の手なのかもしれないけど・・濃厚接触者を自宅待機にするのはチャーター機のときのようにクレームが出そうですよね。 また対応が変わるかもしれませんが。 2020年2月4日 検疫に時間がかかっており、4日中に着岸することはないようです。 まだ全員の検疫が終わっていませんが、すでに100人以上が検査の対象とのこと。 現在検査は時間がかかるため、100人以上の検査となると複数の場所に検体が運ばれ検査されるようです。 乗客の多くは高齢者との報道があったので、心配ですね・・船上ではパニックにはなっておらず、比較的落ち着いているとのこと。 数名は感染者が出そうな予感がしますが・・まずは皆さんの無事を願います。 2020年2月5日 検疫の際に症状のあった273人が検査をしましたが、本日 31人のみ結果が出て10人の感染が確認。 感染が確認された10人は神奈川県内の複数の医療機関へ搬送。 残りのおよそ3700人の乗客乗務員は原則14日間はそのまま船内にとどまり待機してもらう方針。 最初に感染が確認された香港の男性が参加していた鹿児島のバスツアーでは、男性含む40人が約半日かけて県内の観光地を回ったとのこと。 今回、同じバスツアーに参加していた2人の感染が確認されています。 クルーズ船の 日本人乗客は1281人。 検査結果が出ていない人がまだ242人もいるため、完全に結果が出るのはまだ数日かかるとのこと。 その間に症状が出てきて検査になる人もいそうですね・・ 感染確認されたのは乗務員1人(フィリピン国籍)、日本国籍3人、中国籍3人、オーストラリア国籍2人、アメリカ国籍1人。 重症者は今のところなし。 50代4人、60代4人、70代1人、80代1人の合計10人とのこと。 2020年2月6日 検体を採取した273人中、合計102人の検査が終了。 感染者は20人。 国籍は日本人4人、アメリカ2人、カナダ2人、ニュージーランド1人、台湾1人。 20人の感染者も高齢者がほとんどです。 他にもたくさんの高齢者が隔離されている状態なので、疲れ切って免疫が低下してしまわないか心配ですね・・ 感染の可能性が高い人から検査をしているといえど、なかなかの感染率ですね。 バスツアーで一緒だった方も感染している可能性も高いですね。 2020年2月7日 クルーズ船で感染者は合計61人出ましたが、WHOは日本上陸前のため日本国内の感染者に含めない事を決定しました。 クルーズ船で本日新たに感染が確認された41人中21人が日本人。 アメリカ8人、オーストラリア5人、カナダ5人、アルゼンチン1人、イギリス1人。 20~40代が3人、50代3人、60代8人、70代1人、80代6人。 クルーズ船内で6日までに確認されている1人が重症とのこと。 何らかの持病があったそうです。 アメリカ人が428人、イギリス人が70人、ロシア人が24人乗船しているとのこと。 各国は自国民に対し必要な支援を行っていくとしています。 2020年2月8日 新たに6人の検査結果が出て、3人の感染が確認。 3人はいずれも乗客、30代の中国籍女性、アメリカ国籍の60代女性と70代男性とのこと。 アメリカ政府は、船内のアメリカ人を本国に移送したいと打診しましたが、「船にとどまるのが最善」との結論で、対応については日本政府に任せると判断したそうです。 引き続き、必要な支援は行っていくとのこと。 2020年2月10日 本日新たに感染者が65人確認され、クルーズ船からの感染者合計は135人となりました。 65人中45人が日本人という発表もあったようですが、厚労省は「まだ詳細は判明していない」としているので、正確ではないようです。 隔離期間中に残り約3600人の乗客乗務員の検査も検討しているようですが、現段階では厳しいそうです。 隔離前のクルーズ旅行代金が全額返金になると決定されました。 2020年2月11日 体調不良を訴える人が439人いるそうですが、検査待ちの人もいる状況とのこと。 年齢は20~90代の男女。 日本43人、アメリカ12人、オーストラリア4人、フィリピン3人、イギリス1人、カナダ1人、ウクライナ1人。 乗客の2666人の年齢は、60代910人、70代1008人、80代215人、90代11人。 全体の8割が60代以上で、新型コロナウイルスが重症化すると言われる糖尿病や高血圧などの持病がある人も少なくないそうです。 乗務員の感染者は、レストラン2人、バー2人、配膳係1人の感染が確認されているようです。 2020年2月12日 新たに検査した53人のうち39人の感染が確認されました。 うち日本人は10人。 乗客29人、乗員10人で、10代女性の感染も確認されたようです。 4人が重症で、うち3人は日本人。 60代男性1人、70代男性2人。 外国人は70代男性1人とのこと。 やはり高齢者にとってはとても危険なウイルスですね・・ICUで治療や、気管に酸素を送るなどの呼吸管理が必要な状態だそうです。 楽しいはずのクルーズ旅行の結末がこんなのはとても残念ですよね。 そして、検疫官1人(50代男性)も感染が確認されました。 と、菅官房長官から発表があったようなので、近いうちに全員検査という方向になるかもしれませんね! 2020年2月13日 新たに221人の検査をした結果、44人の感染確認。 乗客43人、乗務員1人、日本人は29人・・ うち70代が7人、80代が33人もいるそうです。 14日から、80歳以上で持病のある人または窓のない部屋に滞在している人で陰性が確認された人は希望があれば下船していく。 80歳以上の乗客約200人は検査を終えているとのこと。 下船したあとは潜伏期間が終わるまでは政府が用意する宿泊施設に滞在予定。 今後、80歳以上で持病のない人や70代の乗客についても検討していくとのこと。 下船の優先順位については柔軟な対応をしていくようです。 まだ検査結果が出ていない人と感染が確認されていない人の2人も重症とのこと。 【現時点での感染者の情報】 国別:日本が110人、アメリカが40人、オーストラリアが16人、カナダとフィリピンが12人、中国が6人、香港が4人、イギリスとインドが3人、アルゼンチン、ウクライナ、台湾が2人、ニュージーランド、タイ、ポルトガル、マケドニア、ルーマニア、フランスがそれぞれ1人。 18カ国の国と地域。 年齢別:20代が10人、30代が7人、40代が7人、50代が20人、60代が50人、70代が73人、80代が49人、90代が2人と、60代以上がおよそ8割。 うち無症状が38人。 これで乗客乗務員約3700人のうち930人の検査が終了し、合計285人の感染が確認。 新たに感染が確認されたのは乗客47人、乗務員20人の計67人。 感染が確認された285人のうち、日本人は半数近い137人で、そのほか、アメリカやオーストラリアなど合わせて20の国と地域の人たちの感染も確認されています。 年齢別では20代が14人、30代が13人、40代が16人、50代が25人、60代が52人、70代が113人、80代が50人、90代が2人と、60代以上が7割とのこと。 船内に残っている乗客乗務員約3400人も全員検査する方針を発表した。 陰性が確認できれば19日以降に下船できる予定とのことです。 感染者と同室で陰性だった人は、感染者と離れてから14日間、健康状態に問題がなければ下船してもらうとのこと。 2020年2月16日 289人の検査結果が出たうち、新たに感染者70人。 うち、無症状感染者38人。 全体では1219人の検査が終了し、感染者合計355人。 無症状患者は111人。 本日の感染者の国籍内訳は、日本32人、アメリカ10人、カナダ9人、中国5人(うち2人の国籍は香港)、香港4人、オーストラリア3人、イスラエル3人、台湾1人、イギリス1人、フランス1人、チリ1人 年代別では、20代1人、40代2人、50代5人、60代23人、70代38人、80代1人 やっぱり高齢者が多いです・・ 船内は医者72人、看護師66人、薬剤師25人で対応中とのこと。 うち70人は無症状とのこと。 クルーズ船内での日本人の感染者は合計212人になりました。 これまでに1,723人の検査が終了し、454人の感染が確認されています。 うち189人は無症状。 2020年2月18日 本日検査結果が出た681人のうち、88人の感染が確認されました。 (うち65人が無症状感染者) これまでに感染確認されている542人のうち、247人が日本人です。 2020年2月19日 新たに検査結果が判明した607人のうち、79人の感染確認。 うち、無症状感染者は68人。 これまで検査が終了した3011人中、621人が陽性。 うち無症状感染者は322人となりました。 14日間の健康管理期間が経過し、陰性が確認されていた方のうち443人が下船。 また、陰性が確認され本人の希望で税務大学和光校舎に移動していた52人も全員解散したとのこと。 2020年2月20日 新たに検査結果が判明した52人のうち、13人の感染確認。 うち無症状感染者は6人。 これまで検査が終了した3063人のうち、感染者は634人。 14日間の健康管理期間が経過し、陰性が確認されていた方のうち274人が下船。 クルーズ船に乗車していて感染が確認され治療中だった方が2人、本日亡くなられました。 ご冥福をお祈りします。 マスクにより酸素を投入。 呼吸状態の改善を認めず。 2020年2月21日 潜伏期間が終了し、検査が陰性だった253人が下船しました。 2020年2月22日 ・クルーズ船に乗車していたが既に下船している23人について、症状がなかったため検査をしていなかったことを明らかにしました。 信じられないですが、正直に公表してくれたのはよかったです・・。 23人については今後検査を実施するとのこと。 ・ロシア人で無症状患者として施設に滞在していた2人が、国の指示で帰国するため退所しました。 無症状感染者の退院の基準として2度目の検査が必要だったが、検査をしておらず退院時に陰性だったかは確認されていないとのこと。 ・クルーズ船内で事務作業などをしていた厚生労働省職員41人を検査すると発表がありました。 下船後2週間は自宅勤務になるとのこと。 ・これまでに感染が確認された人と同室で過ごされた方に関しては、接触がなくなってからの潜伏期間が終了するまでの間、税務大学和光校舎で過ごすとこになるため89人(うち70人が日本人)が下船しました。 潜伏期間が終了した後に検査で陰性であれば帰宅できる方針です。 2020年2月23日 クルーズ船に乗船しており感染が確認され治療中だった方が1人亡くなられました。 国内での死亡者はこれで4人目となりました。 全員80代でした。 ご冥福をお祈りします。 内訳としては乗員819人中55人、乗客12人中2人。 これでクルーズ船での感染者は合計691人となりました。 2020年2月25日 クルーズ船内で感染確認された方が本日1人お亡くなりになりました。 ご冥福をお祈りします。 クルーズ船内での死亡者は4人目で、国内の死亡者は合わせて5人目です。 肺炎像を認め酸素投与開始。 呼吸状態は悪く、人工呼吸管理を開始。 抗ウイルス剤等の肺炎治療を行うも状態は改善せず。 乗員94人中、9人。 乗客73人中、5人。 全員無症状患者とのこと。 これまで4,061人を検査し、感染者は705人となりました。 およそ380人のアメリカ国籍の人とその家族が乗船している。 カリフォルニア州とテキサス州の空軍基地に帰国後、検疫を受けるとのこと。 その後14日間は隔離予定。 チャーター機への搭乗を拒否した場合、一定期間はアメリカに戻れないとのこと。 搭乗したうち14人が感染していることが判明。 数日前に船内で検査を受けており、チャーター機出発前に検査結果が出たとのこと。 14人に関しては機内で隔離することにより他の乗客への感染を防ぐことができると判断し帰国させることにしたということです。 帰国を希望した4人と、その配偶者の1人の合計5人を移送する計画。 クルーズ船に乗っている14人の韓国人については感染確認されていないようですが、韓国に移送される5人は2週間インチョンにある施設で隔離されるとのこと。 オーストラリア、ニュージーランド チャーター機を派遣し、希望する自国民らが下船・帰国した。 判断の理由については「乗客たちが直面している特異な状況、および日本の医療システムへの負担の軽減を考慮しての決断だ」と説明しています。 チャーター機をいつ派遣するかは不明。 その他、香港や台湾やオーストラリアも自国民の乗船者が速やかに帰国できるようにチャーター機を派遣しようという方向で動いているようです。

次の

クルーズ客船における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

クルーズ 船 感染 者 数

出典: 「コスタアトランチカ」は、イタリアのクルーズ客船です。 全長293m、旅客定員最大2680名、乗組員920名の大型船です。 内装もとても豪華で素敵な船です。 一度は乗ってみたいと思うような豪華な船ですね。 「コスタアトランチカ」の航路 長崎新聞の詳報 クルーズ船、イタリア船籍コスタアトランチカ号。 乗客なし乗組員623名。 ・1月29日 客室修繕工事のため長崎港に入港 ・2月20日 修繕工事のため、長崎造船所香焼工場(長崎市香焼町)に到着 ・3月25日 修繕完了 ・3月26日 物資補給のため、いったん出港。 長崎市の中心部、松が枝岸壁に移動。 ・4月1日 再び長崎造船所香焼工場(長崎市香焼町)に停泊 元々は中国で修繕工事を受ける予定でしたが、中国で新型コロナウイルスが蔓延したため、修繕先が日本に変更になったようです。 「コスタアトランチカ」の感染者数は?感染ルートは? 「コスタアトランチカ」の感染者数 ・4月20日 乗組員1名の感染が判明。 その後、濃厚接触者57人のPCR検査を実施。 ・4月22日 濃厚接触者33人の陽性を確認。 ・4月23日 新たに14人の感染確認。 4月23日現在、「コスタアトランチカ」には 48人の新型コロナウイルスの感染者がいることが判明しています。 乗客はいないため、乗組員623名の中から感染者が発生したということになります。 乗組員の多くは、中国人とフィリピン人だと言われております。 「コスタアトランチカ」の感染ルート 「コスタアトランチカ」では、検温に加えて健康状態チェック表の提出をするなど厳格に健康管理が行われていました。 感染ルートとして考えられるのが、乗組員は長崎で新型コロナウイルスに感染したということです。 なぜなら、 長崎県が3月6日に乗組員に対して下船しないように要請したが、船外へ出ていた乗組員がいたことが判明したからです。 どこに立ち寄ったかは現在のところ分かっていません。 このことについて、一部で非難の声があがっています。 クルーズ船迷惑かけすぎ。 乗組員は下船しないよう要請されていたのに内緒で下船。 もちろん長崎県には下船してないと虚偽の報告する有り様。 しかし市民は見ていた。 船籍のあるお国にさっさと帰れ! このままだと長崎県民がお気の毒です。 早々に賠償金請求しなさい。 そして日本に下ろすな — pinapin ploploploplolo 長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所に停泊中のクルーズ船「コスタアトランチカ」で新型コロナウイルス感染が拡大している問題で、長崎県が船側に乗下船の自粛を求めた以降も、県交通局の貸し切りバスで乗員が移動していたことが分かりました。 48人の感染が確認されています。 — 日経 九州沖縄 nkkyushuokinawa これだけ新型コロナウイルスが注目されているのだから、しっかりと対応して欲しかったですね。 「コスタアトランチカ」の感染対策は? 「コスタアトランチカ」の感染者は、重症者のみを病院に搬送して入院させ、治療にあたる方針です。 現在、 1人が指定の医療機関で人工呼吸器を使用し治療中。 軽症者や無症状者は、船内の個室に隔離した上で健康観察をしています。 勿論客室間の移動は禁止です。 陰性の乗組員は早期に帰国させるそうです。 現在、具体的な感染対策は公表されていませんが、長崎県はさらなる感染拡大を防ぐための対策を急いでいます。 ダイヤモンドプリンセス号での経験を活かして対応して欲しいですね。 「コスタアトランチカ」のまとめ いかがでしたでしょうか? 新型コロナウイルスのクラスター感染が発生した、「コスタアトランチカ」に関する情報を調査しまとめました。 長崎県民の方は非常に不安だと思います。 今後も動向に注視していきます! あなたとあなたの家族が健康でありますように。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の