グランディ羽鳥湖スキーリゾート。 グランディ羽鳥湖スキーリゾート 第3レストハウス

福島交通

グランディ羽鳥湖スキーリゾート

概要 [ ] 東北農政局が管理するで、流域の地域におけるを目的としたダムである。 堤高37. 1mので、アースダムの規模としては全国屈指である。 ダムによって形成されたは 羽鳥湖(はとりこ)と呼ばれ、周辺地域がリゾート地域として開発されたこともあり、ダムよりも有名となっている。 (平成17年)には天栄村の推薦でが選定する「」に選ばれている。 沿革 [ ] 福島県中通りを貫流するは福島県の中核都市を流域に持つが流域は必ずしも穀倉地帯とはいえなかった。 には(幕府領20万石)、(10万石)、白河(15万石)の3か所を除き石高10万石以下の小藩がひしめき、流域の新田開発はなかなか進捗しなかった。 これは阿武隈川より離れた地域は水の便が悪く、さらに阿武隈川自体も(1,865. 2平方キロメートル)の割には平均流量が少なく(毎秒52. 07トン)、少雨の際には容易にの被害を招きやすかった。 このため阿武隈川の平均流量より約8倍(毎秒395. 86トン)の豊富な流量を有する阿賀野川(福島県内ではと呼称される)から取水することが考えられた。 に入り、を水源としたが(明治15年)に完成し不毛の土地であったが開墾されたことから、阿賀野川水系を利用した新規農地開拓に弾みが付き、同じく水源確保に難渋していた白河・地域への開拓を促進するため(昭和16年)より国直轄事業として「 国営白河矢吹開拓建設事業」が策定された。 阿賀野川水系より流域変更を行って阿武隈川水系への農業用水供給を図るため、その水源として計画されたのが 羽鳥ダムである。 目的 [ ] 「国営白河矢吹開拓建設事業」は戦争のため中断し、戦後は農林省に事業が継承され直轄事業として再開された。 羽鳥ダムは予備調査を経て(昭和25年)より現在の地点に建設が開始され、6年の歳月を掛けて(昭和31年)に完成した。 当時は全国各地で「国営農業水利事業」が展開されていたが、羽鳥ダムは当時としては日本最大級の規模を誇るかんがい用ダムであった。 ダムによって貯えられた水はを貫くトンネルによってを越え、阿武隈川水系隈戸川へ導水される。 そして隈戸川に建設された日和田より取水されて白河地域・矢吹地域へ農業用水が供給される。 受給対象となるのは、・、岩瀬郡・天栄村の1市2町2村に及び、水田1,600と畑560haの新規に用水が供給された。 こうして「国営白河矢吹開拓建設事業」はその後さらに整備が行われ、(昭和39年)に全事業が完了した。 農林水産省が施工したダムは、その多くが「国営農業水利事業」などの完了後ダムの管理が所在()へ移管されるか、当該地域のへ委託管理をさせるのが常であるが、羽鳥ダムについては阿賀野川水系から阿武隈川水系に流域変更を行っているため、利害調整などを円滑に行う必要があることから完成より一貫して農林水産省が直轄で管理を行っている。 現在は農林水産省阿武隈土地改良調査管理事務所が所管している。 羽鳥湖 [ ] 羽鳥湖空撮画像 ダムは右下の茶色の部分 ダムによって出来た 羽鳥湖は、アースダムの中で現在でも屈指の規模を誇っている。 現在既設のアースダムではとにおいて日本一であり、で現在建設が進められているが完成すると二位になる。 羽鳥湖は周辺がリゾート地域として早くから開発が行われている。 夏は羽鳥湖畔や羽鳥湖高原レジーナの森キャンプ場といったキャンプ場、冬はといったレジャー施設、のゴルフ場があり、多くの観光客が訪れる。 秋はの名所である他、冬は湖面が結氷する。 下流にはやもあり、南会津地域の観光地として賑わいを見せる。 しかし、湖底には57戸の集落が沈んでおり、白河地域の開発のために故郷を離れた約300名の住民の労苦を偲ばせる。 アクセス [ ] 羽鳥ダム・羽鳥湖へは白河方面からは・より経由でを北上するか、あるいはより経由 で(茨城街道)・天栄バイパスに入り、に進むと到着する。 一方・方面からはより国道118号に入り、羽鳥湖・天栄方面へ進むと到着する。 公共交通機関では・が最寄の下車駅となる。 関連項目 [ ]• 君島主一 脚注 [ ].

次の

グランディ羽鳥湖スキーリゾート|東京発 リフト券付き格安日帰りスキーツアー・スノボーツアー 予約サイト

グランディ羽鳥湖スキーリゾート

含まれるもの 上記、旅行日程に明示した運送機関の運賃・料金、宿泊費、食事代及び消費税等諸税。 これらの費用は、お客様のご都合により一部利用されなくても払い戻しは致しません。 (コースに含まれない交通費などの諸費用及び個人的費用は含みません。 ) 添乗員・ガイド 添乗員・ガイドは付きません。 催行に当たって 当ページでご案内しているツアーは全てスキーまたはスノーボードを目的とするツアーとして催行しております。 スキー場直行バスのようにバス単体商品であっても当社はスキーまたはスノーボードをする目的のためのバスまたはそこから帰るためのバスとして催行しております(都市間を結ぶ高速バスのように純粋に移動を目的としたものではございません)。 そのためスキーを目的とする旅行における降雪量の不足のように、当社があらかじめ明示した旅行実施条件を成就しないとき、あるいはそのおそれが極めて大きいときは催行を中止する場合があります。 降雪量不足による催行中止の決定は旅行開始日の3日前を目安とします。 ただし、一部滑走可能な場合(一部でもリフトが運行している場合)は、催行する場合があります。 対応サイズは、各プランによって異なります。 各プランの「レンタルについて」をご確認ください。

次の

グランディ羽鳥湖スキーリゾート

グランディ羽鳥湖スキーリゾート

今回は息子と2人で那須高原エリアの... スクランブルBコース後半一部だけ土が出てましたが。 そこから2,000mのロングクルージングが楽しめます。 東北自動車道白河ICから45分でアクセス。 コースは、パウダースノーと開放的なコース幅が多くのスキーヤーに好評。 パークは初心者から楽しめるアイテムを設置。 ゲレンデにはポールバーン・ウェーブが整備され、変化に富んだ滑りが期待できます。 キッズエリアには2基のスノーエスカレーターを設置。 キッズゲレンデ・ソリコース・林間の雪遊び広場の空間が一日を楽しく演出してくれます。 また、広場には森の動物などの遊具が設置され、パパ・ママと子供達の歓声が聞こえてくるようです。

次の