紀子 さま ヤフー。 紀子さま「皇嗣妃の覚悟を感じる」 海外で着物姿が美しいと大絶賛

悠仁さまのお隣には紀子さまおひとり、なぜなのか|NEWSポストセブン

紀子 さま ヤフー

この関係者によれば、紀子妃は悠仁親王がNHKの番組を見る際は英語の副音声を聞かせたり、朝の登校前にクラシック音楽を流すなど、さまざまな工夫をこらしているという。 これほどまでに紀子妃が教育に神経を尖らせるのも無理はないと語るのは、前出の宮内庁関係者だ。 「悠仁さまは皇室の存続が危ぶまれる最中、41年ぶりに皇室に誕生した男児。 大事なお世継ぎですが、単純にそれだけではないのです。 江戸時代の光格天皇以降、皇位は天皇である父から長男である皇太子へ、7代にわたり受け継がれてきました。 秋篠宮家は現状では直系ですが、皇太子が天皇になった時から傍系になる。 そして、秋篠宮さまや悠仁さまに皇位が継承された時、直系の伝統は途切れ、傍系から天皇が生まれることになります。 二百数十年ぶりに皇位継承の形が変わる—。 天皇家は今後、秋篠宮家の血を継いでいくという事実が、紀子妃に尋常ではない重圧を与えているのです」 その表れか、悠仁親王の警備についても、紀子妃は過敏になっているという。 「紀子さまの申し入れにより、赤坂御用地の宮邸から悠仁さまが通っているお茶の水女子大附属小学校までの道は毎日、通学時間に合わせ、交差点ごとに所轄の各警察署が警官を配置しています」 警察関係者 マスコミに対しても固いガードが敷かれている。 「5月25日に、お茶の水小の運動会が行われました。 1年生の悠仁さまにとって初めての運動会なので、ぜひ取材させてほしいとお願いをしたのですが、一切ダメだという。 この一件で、宮内庁の記者クラブからは『紀子さまのガードは固すぎる』という不満が噴出しました」 全国紙宮内庁担当記者 実際、運動会に平服で潜り込んだ警備関係者は50人前後。 総勢100人を超える、ものものしい警備体制が敷かれたという。 スタッフを信頼できない 「紀子さまは、とにかく悠仁さまがマスコミに取り上げられないよう注意なさっています。 しかし、これは天皇皇后両陛下が推し進めてきた『開かれた皇室』とは、スタンスが異なっている。 紀子さまの厳重すぎる悠仁さまへのガードに、両陛下も戸惑われているとお聞きしています。 女性天皇を巡る議論が一段落し、悠仁さまが皇位を継承する流れに落ち着いた頃から、紀子さまは周囲に過度な緊張感をもって接するようになりました。 とりわけ、皇宮警察に対しては『情報管理が甘い』と猜疑の目を向けています。 愛子さまの校外学習に雅子さまが同行した際の行動について、逐一報道がなされたことも、皇宮警察のせいだとお思いのようです」 前出・秋篠宮家に近い関係者.

次の

鮮烈デビューの皇后雅子さま 紀子さまと明暗分かれた|NEWSポストセブン

紀子 さま ヤフー

文/編集部 揺れる日本社会 社会情勢を受けて、安倍首相は28日、全国の小中高の臨時休校を要請する考えを示した。 来月2日から春休みに入るまでの臨時対応となり、各省庁は対応に追われている。 また、民間でも休園・休業の動きが広がり、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、2月29日から3月15日までの臨時休園を発表。 国内アーティストらの大型コンサートなども自粛が相次いでいる。 皇室に於いても、各行事や皇族方が担う地方公務が相次いで中止となり、天皇陛下のお誕生日に際して、例年約5万人の人が訪れる一般参賀が取りやめられ、4月の立皇嗣の礼も中止にすべきではないかとの声が挙がっている。 紀子さま、訪欧に意欲 不安が広がる日本社会。 しかし、いつまでに事態が収束するかの見通しなどが立たないため、皇族方は先々の公務の準備も滞りなく進めておられるという。 特に、今年5月と7月にスペイン、オランダを私的訪問される予定の紀子さまは、今から訪欧準備に邁進されているとのことだ。 「紀子さまは今回の訪欧に並々ならぬ熱意を燃やされています。 紀子さまのご信条は『見栄えがなによりも大事』であり、今回は昨年の北欧訪問以上に衣装面に気合を入れておられるのです」(秋篠宮家関係者) 秋篠宮ご夫妻は昨年、ポーランドとフィンランドを公式訪問されたが、その際も紀子さまの衣装は大きな話題となった。 紀子さまが注力される衣装代をはじめ、現地までの渡航費や警備などにも多額の経費がかかる。 社会情勢を鑑みて、まだ衣装などの準備は待っていただきたいとの声が宮内庁内で挙がっているというが…。 ある宮内庁幹部は以下のように吐露する。 「実は、この状況を鑑みて天皇陛下と雅子さまの訪英も危うくなっています。 状況次第で紀子さまの訪欧も中止せざるを得なくなるかもしれません。 私的訪問とは言え扱いの上では海外公務ですから、衣装代以外にも莫大な公費がかかります。 ですが紀子さまは『夏には収まるでしょう。 準備もできないのはおかしいわ』と仰るばかりで、先日などはこの訪問に備えて大量の衣服を購入されたとか。 一体紀子さまはどこに向かっておられるのか…。 我々の諫言も取り合っていただけません。 せめて衣装だけでもお手持ちのもので済ませていただくのが、国民に寄り添う姿勢かと存じますが…」(宮内庁幹部) 相次ぐ災害に見舞われる日本。 紀子さまには皇室の一員として、あるべき姿を再考していただきたいものだ。 両陛下の訪英は実現してほしいけれど キーコの海外公務は、税金の無駄。 そもそも、訪問先の要人から嫌われて 会う予定も無いとか? だから「私的」だけど「公務」とか わけのわからない定義を作ったと。 そこまでして、なぜ行く? 恥をさらすだけなので キーコをはじめ秋一家には 海外に行く予算をつけるべきではない! その分、コロナや去年からの災害の復興に予算を回すべき! 新居の予算も減額せよ! だいたい、どうしたら 40億も建築費がかかるのか? そこからキックバックしているとの噂もあり。 ナニヲオメシニナラレテモ 全くお似合いになっておりませんから! この人、ただお金をかければ自分に似合うとでも思ってません? オートクチュールの服がこの人着ると バーゲン品に見えてしまうのは何故かな? あんたには『華』が全くごさいません。 生まれ持った貧相さと内面から湧き出る 卑しさ、下品さ、無能、まだまだ言い足りない程ありますが、これも皆あなた自身。 今更どうあがいても変われるわけはなく これがこの人のウンメイ。 宮内庁の方々に申し上げます。 何故この人の言い分ばかり聴く? 皇族らしくしてほしいなら 正すのもあなた方の務めではないのか? この人を調子に乗らせない事です。 いや、皇籍剥奪してください。 それが世のため人の為。

次の

皇室特別レポート 紀子妃の大研究(週刊現代)

紀子 さま ヤフー

周囲が案じる「過干渉」(撮影/JMPA) 「秋篠宮家は今まで経験したことのない強い逆風にさらされています。 特に肩を落とされているのは、宮家を切り盛りされてきた紀子さまです。 皇位継承順位第2位の悠仁さまにとって初の海外ご訪問となる。 元宮内庁職員で、皇室ジャーナリストの山下晋司さんが言う。 「上皇上皇后両陛下は東宮時代、3人のお子さまに、それぞれ中学3年生の夏休みに最初の外国旅行を経験させておられます。 浩宮殿下はオーストラリアに、礼宮殿下はニュージーランドに、紀宮殿下はイギリスにそれぞれ約2週間滞在されました。 皇族方は成年になると外国訪問など、皇室の国際親善を担いますので、両陛下は若いうちに外国の空気に触れ、国際感覚を身につけることは重要とお考えになられたのでしょう。 事件を受け、お茶の水中では5月末に予定されていた体育大会を延期。 6月初旬に厳戒態勢の中で行われた。 「観客席に紀子さまの姿もありました。 ママ友と笑顔を見せながら、手持ちのカメラで熱心に悠仁さまのお姿を追っていらっしゃいました。 たとえば昨年の夏休み。 8月2日から3日間、おふたりで北アルプスの名峰・槍ヶ岳(長野県)登山に出かけられた。 10日にもおふたりで広島を訪問され、平和記念公園の原爆死没者慰霊碑で拝礼。 さらに、19、20日で河口湖に行かれたのもおふたりだった。 2017年の夏休みにも、6泊7日の日程で東京・小笠原諸島を私的にご旅行され、海でシュノーケリングを楽しまれたり、戦没者慰霊碑に献花をされたりした。 それも紀子さまと悠仁さまのおふたりだった。

次の